和泉の国から

蔓延防止出ましたね

朝、出勤した時に見て感動したコレ!!何やと思う??

店の店頭中古車の表面の水分が、夜の冷気で凍って出来た綺麗な結晶やねん。自然って神秘的な所も有るけど、ウィルスのように恐ろしい面も有る。各地で頻発してる地震や火山活動…人間なんて何も出来ないじゃん

思い出すとコロナ全国感染者数が100人を超えた辺りで前安部首相が緊急事態宣言を発令!これには初めての体験で連日静まり返ったスクランブル交差点の映像や、マスクやティッシュが店先から消える程、みんなパニック状態だったよね。その年の「GW期間中の高速道路の渋滞、交通事故ゼロ」は、この先塗り替えられることの無いだろうって言われてる。アジア人は感染しにくい何かが有るとか言われてたりもしたけど

日に日に増える感染者数を報道されてるのを聞くと次第に数が麻痺するよね!入院ベッドが足らずに妊婦さんが出産した子供が亡くなるとか…考えられない状況にもなった去年。年末は専門家も分からない程、感染者数の急激な減少も束の間、オミクロンが猛威を振るってる最中で今日の感染者数は全国で6万人超えてる…

100人超えでビビりまくってたのが、今では6万人。数字や体感の慣れ過ぎは絶対に良くない事を肝に銘じ、これから先のの感染予防やチューニングライフには細心の注意をお願いします!!

660ccでこの数字…リッター338psエンジン…3Lのエンジンだと1014psとイコール

修理や車検って気軽に考えてない?

車検の点検項目って凄く多いんだけど、「必要最低限コレだけは見て下さいよ!」という内容が整備点検記録簿に記載されてる。これは人間の病院で言うカルテに該当するから何かトラブルが出た時に…整備士なら誰でも、どの整備工場でも記録簿を診れば修理内容や故障履歴が分かる

ただ項目が、デストリビューターのキャップ点検や保安基準適合維持項目の表示が「後写鏡」や「チョークバルブの状態」等、令和の時代感に合ってない部分も有るんだけど…令和らしい内容も追加されたの知ってる?それは「車載式故障診断装置の結果」(OBDでチェックした結果)項目と

フロントガラスやバンパー等に設置されたカメラやレーダーで自動ブレーキや前車追尾走行等のシステムが正常に制御されてるかどうかの項目

これはバンパーやガラスを交換した場合に、センサーやレーダーがズレる事が有り診断機等で校正しないと、キチンと作動しない時が有る。最近よく耳にする踏み間違い等での事故の場合、ガラスやバンパーを交換したのに校正をして無くて自動ブレーキ制御が効か無かったとなると…作業した人が責任を問われますよ!

点検記録簿には書いて無いけど、ウチは車検時スペアタイヤの空気圧も必ずチェック!最近はスペアタイヤ自体が無くなって来たけど、古い車輌はスペアを積んでるので確認して空気圧は多めに補充します。このフィットも出先でタイヤが切れてしまい、ペチャンコ状態で走行不能で助けて欲しいとTEL

ウチで車検時にスペアタイヤを確認してるので現地でスペアに交換し、後日新品タイヤに付け替えて事なきを得ました。普段、目につかない所もキャドカーズはキッチリ確認してますよ(^^

スンなり行かない修理’s

車の色々な制御がアナログからデジタルになって性能が格段に上がった分、費用が高く付いたり診断は難しくなる傾向…今回車検で入庫したLS460、フォグランプが点灯しないので調べると「リレーが壊れとる」との診断結果。一般大衆車ならリレー本体を交換すれば治るのに、流石はレクサスLS

フォグランプや燃料ポンプといった重要なリレーは、この大きなジャンクションボックス内に組み込まれてて、分解出来ずASSY交換が必要…普通の車なら¥1000程度で治るのに、レクサスはリレーの修理だけで¥20000以上…(・・; 

こちらも診断が難しいスリップコントロールの警告灯が常時点滅してるスープラ…HKSハイパーダンパーと、クラッチをエクセディーからHKSツインに交換後、警告灯の修理に着手、でも整備書や配線図が手元に無いので…

調べると「この型はCPU内のコンデンサが壊れやすい」とのネット情報…「ホンマかいな?」と、専門で修理してる業者さんも有るようなので、トラコンCPUを開けて見ると

ホンマに壊れてるコンデンサを発見!!コレを交換すれば治るかもしれない、と早速、同じ規格のコンデンサを取得し、小さすぎて見にくい基盤をルーペで拡大しながらハンダ付け

テスターで装着に問題無い事を確認後、淡い期待を持って始動すると、やっぱ他にも原因が有るようで警告灯は点滅のまま…ダイアグで調べるとABSも絡んでるようで、やはり難儀です(^^;

今日は大寒です…このフレーズ、何回ラジオで聞いたか

12月決算、1月登録車輌が多いのか、毎年1月は車検の入庫も多く車検場もババ込み…勿論、整備して検査ラインに並ぶので時間のロスは最小限、バモスもカプチもハイエースもキャストもMRワゴンもプリウスもベルファイヤも1発OKです(^^

キャストは当店でF-CON iSブーストアップ済みなんだけど、今回メインCPUで書き換え出来ないか確認中!!このキャストは400コペンと同じスポーツCVTのターボモデル、ブースト120kpa程に抑えておかないと、いずれ100%CVTが壊れるのは過去に実証済み!!出力は70ps程の快適仕様がベストです!!

こちらのアルトAGS、クラッチ残量が少なく滑り気味だったので、小倉クラッチシングルに交換!!強化クラッチを組むと癖の出やすいAGSでも、これは乗りやすい!ただマルチシングルなので、エンジン掛かってる間、ずっとシャラシャラ音がします

ネットには載ってないけど、店頭車は続々入庫中!!ワークス3台入荷したので、随時アップ予定!!その中の1台…空が見えるワークスAGSが入庫、開放感最高!!早い者勝ち

何回ミッション修理したのか分からない周回専用カプチーノ、ミッションの純正部品が廃版のモノも出て来たので、ますます簡単に修理出来なくなりそうです( ;∀;)

New アルト来たバイ!

タイトル通り、代車として加わった新顔のNewアルトが来ました!(^^

ドライングサポートシステム付きのCVT仕様、オプションのバックアイカメラ付きなので、モニター付きオーディオが装着されてます!!

CDは何処から入れるのか探してたんだけど…CD再生機能、既に廃盤やん!!

抜群の排気効率!!HA36.4WD用スポーツマフラー新発売!!

4WD専用の高効率マフラーが少ないので、今回、トコトン排気効率に拘ったマフラーを発売します!!排気効率重視なので爆音では無いけど完全割り切りの競技用で製作しました!!車検対応はイッパイ出てるしね(^^

で、競技用スポーツマフラーの構成パーツは写真の4点、専用のフロントパイプ付き!!何でフロントパイプもセットなのか?それはセンターパイプに繋がる、赤丸部分の球面フランジを専用のΦ50で設定したからです。純正はココが絞られててメッチャ細いんです

φ38 の細い純正フロントパイプはφ50を使用しメインパイプとテールまではφ60!!純正のフロントパイプ、マフラーは一切加工せず、全部取り変えタイプです!!

テールパイプはシンプルな形で、目立たないけど太く「実はヤッてます!!」感をさりげなくアピール!!  価格は 専用フロントパイプ付きで、一式¥86000+税 で発売!!トラクション抜群の4WDワークスに、ハイパワーマフラーの組み合わせ…最高です(^^

※現在2WD用も開発中!!

祝)成人の日!!

今日は成人の日、ウチらの時代は1/15だったよね。大阪に出て来て「世間の成人式は大人しいな~!」と思ってたら、どうやら私の地元:北九州の成人式が異常だったみたいバイ(笑)来年から18才で成人との事、若者よ!未来の日本を背負ってくれ!!

さてエンジンやミッション作業は確変継続中、2機入庫してたKFはバラシて内部点検、仕様に合わせてコンプレッションやクリアランス等を決めて行きます

製作中の競技用K6エンジン、ヘッド加工はほぼ終わり修正作業、バルブ擦り合わせの確認後、組み込んで腰下の作業へ入ります

こちらはLSDのOH仕様変更でバラしたミッション、何かの破片がおる…

こちらは四国から人気の3670+施工のワークス、本体+データ込みで¥7万+税で、気持ちよく走れる仕様になります!作業時間も20分程でOK(^^

通販も可能なのでお問い合わせ下さい!

寒くなり凍結が心配の方には、早めに予約頂ければスタッドレスタイヤを履いた代車も御用意出来ますよ(^^

強化アクチュエーター

今更感あるかもだけど、強化アクチュエーターを発売!!最近の軽自動車はハイブースト志向になってきてるので、一般的な純正アクチュエーターのイニシャル作動圧は0.4k~0.7k程度で、アクチュエーターが開きながらブーストが立ち上がり安定しなかったり、2k近いブーストを掛けるには無理が有る

ブーストを上げて行くと排圧に負けてアクチュエーターが開いてしまうタイプも有るので、加給が安定しない、ハンチングが出る等の車種に有効。イニシャル作動圧は約1.1kで開くタイプと、約1.9kで開く2種類

価格は1個¥9800+税 画像左の汎用ステー付きは1個¥12000+税 ご注文お待ちしています 

特選ハイチューンワークス中古車!

正月明けたのに、もう3連休らしい…世間はどんだけ休むねん(笑)キャドカーズは3連休は営業してるので御来店お待ちしてます!(^^  さて先行で特選中古車の御紹介ですが今回はかなり手の入った36ワークス5MT!! CAD100ターボ、ハイカム、F-CON,EVC,エディター、前置きIC、オイルクーラー、HKS車高調etc

度々ブログにも登場した、既にCAD36100Max仕様のワークス、早い者勝ちなのでピンと来た方は即TELしてね!(^^ 

新年明けて作業も色々、組み上げ中だった新規KFエンジン

今回はハーフウェイピストン、コンロッド、ヘッドガスケットを組み込んでハイパワーにも耐えれる仕様で完成!これに組み合わされるターボはギャレットのNewGT15、楽しみです(^^  エンジン1機納品して2機入庫とエンジンは増える一方(^^;

こちらは久し振りに触るスズキのK6エンジン、ブローしたエンジンを開けた所

落ちたバルブの傘で再利用不可な競技用エンジン…代わりのエンジンで新規製作してるんだけど、まぁまぁのスラッジ汚れ具合

1番時間の掛かるヘッドの加工から着手!K6はノーマルヘッドガスケット、ピストン、コンロッドでも170psくらいは耐えれるからイイよね(^^