和泉の国から

涼しくなってきたね(^^ …ってか、寒いくらい( ;∀;)

そうそう、24日はセントラルサーキットで「K-CARミーテイング」が開催されますよ!今回は緊急事態宣言も解除なので、どんどん参加して下さい!!当店からも多数、参加(^^ なので、現場作業はテキパキ熟してますよ!!

ノーマルからHKSサイレントマフラーに交換したワークス、ターボ車のマフラー交換は必須、一番先に手を付ける箇所の一つ!

こちらはレクサスLS460、作業内容はオイル漏れやライト関係で入庫。オイル漏れは定番のフィルターブロックOリングから

11万円のレンズユニットを交換し、点灯しなくなったフォグの修理に着手し配線図を見ながら診断、リレーが駄目なので交換しようと探したら…何と、安いリレー単体供給が無いじゃんッ!供給はジャンクションBOXアッシーしか無く15000円やて…嫌がらせや

こちらは経年劣化したパーツの交換で入庫したコペン、ダンパーをカヤバ製に交換し、ATフルードとフィルターも同時に交換しリフレッシュ!一部でATオイルパンを外すには車体やオイルパンを削るとか言われてるらしいけど、普通に無加工で外れますよ?!頭、使えばね(・・;

こちらの東海から入庫したワークス、現状のモンスター100psキットから、一気にF5タービン仕様にアップデートするので、前置きICや燃料系もフルに手を加えてF-CONを追加してモンスターECUを補正予定、まづは現状のパワーを計測

キット名通り100PSピッタリをマーク!!凄いキットやわ…ここから、どう変わるか楽しみな一台(^^    そしてこちらは、「も。ファク」から入庫の派手なGTR仕様の400コペン、丁度修理で入庫してた本物GTRとのショット(^^ ターボはギャレットGT、F-CONiSで補正

メイン書き換えECUをF-CONで補正するので、燃料や点火学習値、VVTの作動量を診断機でモニタリングしながら現車セッティング、約116psで完成!!

こちらも同じ400コペンでギャレットターボのF-CONiS仕様だけど、こっちにはハイカムを組んだので特性が少し違う…まぁ、完成するまで色々有りながら問題を解決し最終、約122psで完成!!

駆動系モディファイもフル稼働!

最近、セッティング作業と並んで多いギヤ関係の御依頼、ビミョーに合わないシフトタイミングや最高速を上げたい、ギヤの入りが悪い等、ご要望内容は様々、関東から入庫のワークスはギヤの入りが悪いとの事で、まづは降ろして点検

シンクロが同調して無い形跡有り、クラッチ切れてない状態でシフトチェンジすると起こりやすい症状。傷んでるギヤやシンクロハブは新品に交換。クラッチの切れ不良とは関係無いが組み込まれてる外品クラッチのスリーブのゲタが長く、フォークレバーが戻りきれてないので高さも調整して組み込みます!

こちらも関東から入庫のKei、ファイナル変更とパワーアップの御依頼で入庫。先にミッションを降ろして各部点検

シムが合わず在庫でも合わなかったので部品待ち、車輌搭載後はパワーアップキットを装着!

こちらは遥々熊本から入庫頂いたターボ化されたエッセ、こちらもパワーアップと同時にギヤファイナルの変更なので、まずは入庫時のパワーを計測(この時はジェットPCが壊れる5秒前)

I/Cは上置きで全然走行風が当たらず効率悪いので前置きに変更、オイルクーラーも装着されて無かったので、バンバーサイドに追加。ミッションも降ろしてファイナル変更完成

ファイナル変更前と変更後の写真だけど…違いは分からない(笑)車両に搭載され、もうすぐエンジン掛ける所まで来ています。次はF-CON関係の作業に入ります

Dyno Jetフル稼働中(^^

ここ最近、色々なトラブルが一気に集中しギヤが上手く嚙み合わずだったけど…少しづつ解決してきたので、ここも更新頻度は上がると思う。トラブルで結構、ダメージ大きかったのがホームページが見れないトラブルと(今は見れますよ)

セッティングで使用していたシャシダイナモのダイノジェット用PCがブローした事…何とか復旧出来ないか試しけど、万事休す。どうしようも出来ないと諦め、今回はPCをノートタイプに変更

ソフトも最新バージョンにアップデートし、作動環境の改善でトラブル回避。最終バックアップ以降のデータが無くなってしまったので、毎回バックアップを取る!!…つもり…の予定…かも知れない(^^; ジェットが復活したので早速フル稼働!!

そんな新しいPCで計測した社外CPUが付いたワークス5MTを紹介、ウチの3685仕様にするには、新たにFCON.EVC(¥22万)を付けて現車セッティング(¥10万~)が必要になりコストが掛かる。なのでセッティング不要な3685Max仕様(¥28万)を施工。入庫じの社外CPUのパワー計測後、エディターで初期化しノーマル状態にして新規データを書き込む

そしてFCONを配線しブーストはEVC制御、VVTとリミッターはフラッシュエディター制御でビフォーアフターを計測すると約11馬力.15%のアップで完成

「そんだけ金掛けて、たった11馬力?」と思う人は論外。圧倒的なパフォーマンスの違いは一目瞭然。見せかけの数字やネット情報を鵜呑みにしてる人が多いけど、気を付けてね~!!ま、この画面もネット情報なんだけどね(笑)

他にも色々有るので

順次アップしますね(^^;

四国から(^^

車検整備や点検、トラブル診断にカスタムや通販車輌販売とやる事多いCADCARSなので、ここは空いた時にしか更新出来ず。最近エンジン作業が立て込んでるんだけど、何故か今月は四国からの作業依頼も多い…こちらの徳島ナンバハイゼットカーゴはエンジンのO/Hと仕様変更で入庫したので、エンジンMTを車両から降ろして各部検証中、排気漏はエキマニスタッドボルト折れが原因

これからシリンダーのやヘッドの加工を進めて行きます!

こちらは店頭中古車御成約頂いたカプチーノは香川県へ納車準備中、もう30年前の車輌ですが未だ高い人気のカプチーノ、不具合が出ないよう各部点検整備中、F-CONでの補正で快適街乗り仕様に仕上げます

こちらのワークスは、ノーマルターボから、HKSタービン、F-CON、EVCと一気に仕様変更した愛媛から入庫頂いたワークスの詳細は後日(^^ 

エアコン修理にPC修理

「エンジン冷えてる時や走ってる時はエアコン効くけど、信号等で停まってるとエアコンが効かない」との症状で入庫したタント。確かに確認するとスイッチはオンになってるのに、コンプレッサーがオンになって無いので、冷風が出ない。そして走るとエアコンが効くって事は…

ガス圧を見るまでも無く…ダイハツあるあるのファンモーターが壊れて動いて無い事が原因。運が良けりゃメーター内のヒートランプが点灯して、オーバーヒートに気が付くけど水温が110°辺りの軽い?オーバーヒートだと赤ランプは点灯しない代わりにコンプレッサーを強制オフする。走り出すと走行風が当たって何となく水温が下がるのでコンプレッサーが入りエアコンが効く。以前に同じ症状でエアコンが効かなくてガソリンスタンドでガスを補充され、さらに悪化してるタントを見た事が有るので、皆さんも気を付けて!

こちらは遠路遥々、熊本から入庫したエッセ改ターボ!ターボ化されてるけどI/C位置や補機類が難ありで、冷却効率とパワーを上げる予定なので、まづは現状のパワーチェックの用意を…

していた所、ダイノジェット用PCが起動しないトラブルが発生…復旧を試みるも、成す術無しのようでどうしたもんか考え中…

エンジンやミッション、ギヤ関係の作業は随時入庫バラシ組み立て作業してますが

軽自動車のエンジンはコンパクトで軽量なので、エンジンスタンド無しでの分解、組み立て作業が可能!ハイカム、キャレコン仕様のKFも合間で進め

弱すぎるバルブシールは当然全数交換、燃焼室で圧縮比を調整しバルブの当たりを修正、腰下よりヘッドの方が作業時間掛かるのは調整部分が多いから

腰下はキャレコンを組む場合、ブロックとオイルジェットの加工が必要、新品のメタルを組みクランクを手でクランクを回せば凡そ交差は分かります。問題無くKF140エンジン:1機完成 

※こんなエンジンの画像は、オイルまみれの手を綺麗にしてから撮影してる事を知っておいて下さいね(笑)

久し振りの更新(^^;

トラブルで入庫した2台のカプチーノ

シルバーのカプチーノは「走行中エンジンが停まった」との連絡で引き取り後、点検すると確かに始動しそうになるけど掛からない。ガソリンのゲージは半分以上を指してるけどガス欠症状に似てるので色々調べると…

燃料タンクを車両から降ろすには、リヤメンバーASSYを先に下ろします。原因は燃料タンクに設置してる2ウェイバルブが詰まり燃料タンクが変形して、ガソリンの残量を計るフロートが燃料ポンプのセパレーターに干渉して引っ掛かり、結構多いトラブルらしい…燃料ゲージの表示がズレてる車輌は要注意

もう一台のカプチーノは定番の室内に水が浸入するとの事で、カーペットや内装を全て捲って状況を確認すると

運転席と助手席側の前や後ろから水が浸入し、ボディの一部は穴が空いてる状態。かなり前から侵入してるので、車輌側の侵入箇所を特定し対策に掛かります

運転席側のシート交換で入庫した3685に見えるナンバーのワークス、BRIDEの車検対応シートと、専用のシートレールに交換

シートが車検対応でも、シートレールも専用品が使われてるか陸運局では底面のモデルシールまで確認します。「前回はコレで通った!」等、IQ低い言い訳は通用しないので、不適合のレールの方は車種専用車検対応レールに交換をお願いします

エンジン作業は組み立て待ちなので順次組み立て中、約1か月待ちなので余裕を持っての御依頼をお願いします。こちらはエンジン単体で送られてきたJB、オーバーホールを兼ねて各部リファイン

距離相応のヘタリ具合、所々、割れも有ったので各部測定検証し組み立て作業、ピストンを加工して組み込み、クランクはラッピングしてクリアランスを確認、すり合わせしたバルブで気密を上げ、ハイコンプレッション仕様で完成

コロナが落ち着いてないので、無金利ローンは…

今夏から始めた人気の無金利ローンは、まだまだ継続中!!駆動系の変更やターボ交換等にも利用出来るけど、毎月8000円弱で購入可能なフラッシュエディターが人気!!

3670と3670+の違いや「データを両方入れて貰うと幾らですか?」との問い合わせが有るので…3670はスピードリミッター解除、レブリミッター、バルタイマップ、ブーストマップ等を変更してるけど、ガソリンはレギュラーでもハイオクでも対応データで約70ps

3670+は、3670より更にパワー志向のハイオク専用データなので、ブーストも高めで吸排気交換が前提で約80ps

レギュラー仕様で充分という方には3670データを書き込んだフラッシュエディターを本体価格と同じ¥6万で販売

新規で3670+を購入される場合は、エディター本体価格¥6万と3670+データ¥1万、計¥7万ですが¥6万には3670データが含まれるので、本体のフェイズ2に3670データをインストールし

パワーライターに3670+データをインストールしてるので、70+を購入すると、漏れなく3670データが付いてきます(笑) 既に3670仕様のエディターを過去に購入されてるお客さんが3670+にアップデートする場合は¥1万で3670と3670+の両方をインストールして発送!!  通販や他店でエディターを購入された方は、¥2.5万で3670+データを書き込みしていますよ(^^

この時期のセッティングは数字出ないけど…

170psオーバーのエアコンレスTD04.C系ワークスや極上AZ-1.V-Pro仕様を所有するスズキマニアのお客さんが、「普段の足に快適に乗れるAT車両」と、安く購入したAT.NA仕様のラパンに乗って、間もなく…

「何か壊れてるんじゃ無いかと思うほど遅いんだけど…」と、車両本体価格以上の費用でターボエンジンを換装(笑)VVT付きNAで加速感なんか求めたらダメなのに、「やはりターボがイイ」との事でMターボ仕様で納車したのが4カ月前…それなのに

「何か壊れてるんじゃ無いかと思うほど遅いんだけど…」と、再度入庫したMターボ仕様のラパン、「じゃあブース上げましょか」とブーストアップを施工(笑)外観やマフラーエアクリはノーマルのままがイイとの事なので、大人しめのブーストでセッティングで合わせた結果

ノーマルとの比較で分かるように、120kpaと控えブーストでも全体的に24%アップで完成!!ラパンSS等に搭載されてるSターボとは違うのでAT仕様にはMターボ仕様が乗りやすい(^^

こちらはハイカムキャレコン強化KFエンジンを搭載して、「も。ふぁく」でF5タービンをフィッティングして持ち込まれた400GRコペン!電動スロットルは触れないV-Pro3.4での制御、まづは結線してVVT作動やエラーの確認後

大容量燃料ポンプとインジェクターに交換し、リターンシステムに変更して現車セッティング、この暑い時期でも142psで完成!!簡単に見えるけど…KF-DETをこの出力で量産出来るショップって、「も。ファク」以外に無いよね?!(^^

他にも、よーけ有るけど追々ね(^^;

ネット掲載前、早い者勝ちワークス!!

H28年式 ワークス5MT 修復無し 走行3.4万km 検2年付き 

トラストCPU LSD ロールケージ HKS サイレントハイパワーマフラー 社外ホイル リヤキャンバーシム 追加メーター トラスト車高調 スポーツローターetc… 早い者勝ち

車両本体価格、和泉登録諸費用検査込み 総額171万円(税抜き155.5万円)!!

ワークスにwa-kusuにわーくすにWorks三昧!

盆休みが開けて、早速バタバ…の書き出しのまま放置する事5日目、車検修理カスタムと色々進んでいます、わざわざ他府県からの車検の入庫も有り有難う御座います(^^ 車検後に即エンジンが降ろされ修理中のワークスは例のトラブルです

駆動系のカスタム、東海から入庫のワークスは、ファイナル変更、1.5WAYLSD、OS強化クラッチセット組み込み完成!3685ナンバーAGSもLSDのアップデートと高速ギヤに変更完成!

こちらのワークスは、EVC、F-CONiS、フラッシュエディターの3685MAXの最強メニューを施工したんだけど

社外書き換えECUが付いてたので、そのままだと現車セッティングが必要になり、3685セットの22万とは別に10万円程コストが掛かる…でもエディター本体を購入(6万円)し、メインECUをノーマルに書き換えて当店のエディター3685MAXデータを入れるだけで完成するし安く済む、この先のタービン交換やカム交換等のアップデート時にもVVTやレブを任意に変更できるので、この先の計画に合わせて決めてね(^^

こちらは、3685→36100→前置き化→ハイカム→との流れからの次のステップ:F5タービン取り付けで入庫したワークス4WD5MT、作業中の写真が見当たらず、いきなりセッティング風景で申し訳ない(^^;

青は今までの36100前置きI/Cハイカム仕様時のラインで赤が今回のF5タービン仕様、フラッシュエディターでVVTマップとF-CONで燃料点火を 現車セッティング、結果はブースト170Kpaで140psで完成!!樹脂マニが割れる心配が無ければ、まだブースト上げれるんだけどね(^^;