ホンダの2台!

最近、コロナ禍で皆の外出が減ったせいか、空の青さが深く感じるような…車が電気自動車だけの日が来たらもっと澄んだ青い色になるんかな?

「コイツ空ばっかり見て仕事してんのか?」と思われてもアレなので…仕事はやってます(^^ エンジン掛からず修理から、車検、修理、そしてV-Proセッティングのビート、ようやく完成納車しました!

入庫時はエンジン始動せず、原因は長期保管で燃料タンク錆、ポンプ不動、他にも色々手直しし、車検も問題無くOK!ここで終了となるハズが、エンジン掛からずの症状再発…

原因は、ビートアルアルのメインECUブロー、開封すると既にコンデンサー等交換済みで、書き換えロム追加仕様…これを修理しても信頼無いよね…って事で

V-Pro3.4でのエンジン制御に変更!燃料ポンプや電ファン駆動もV-Proが制御してるので、メインCPUは、メーター動かしたり電源を供給してる程度で仕事サボりまくってます(笑)

NAなのでフルコンセッティングしても、そんなに違いが…バルタイとか調整すれば変化が出やけど今回はパワーアップが主目的じゃ無いからね!!

セッティングビフォーアフターは、僅か約3psのアップ(^^;  全開時の比較なので充填効率も何も変わらないから当然っちゃ当然なんだが…ただパーシャルとか踏みかえしは、V-Pro制御の方が圧倒的に軽い!

もう一台、ホンダのビートの血を受け継ぐS660のフラッシュエディター現車セッティング。今回、ブースト制御を純正ソレノイドからEVCに交換し燃料も強化し、エンジンも強化したとの事でコンロッド問題は心配なし

ブーストをEVCと純正ソレノイドで制御してるGT100の比較グラフ、ピークパワーは同じだけど3500rpmからのトルクが全然違う、同じ101psでもどちらが速いか答えは簡単!皆さんも数字に惑わされないようにね(^^