修理や車検って気軽に考えてない?

車検の点検項目って凄く多いんだけど、「必要最低限コレだけは見て下さいよ!」という内容が整備点検記録簿に記載されてる。これは人間の病院で言うカルテに該当するから何かトラブルが出た時に…整備士なら誰でも、どの整備工場でも記録簿を診れば修理内容や故障履歴が分かる

ただ項目が、デストリビューターのキャップ点検や保安基準適合維持項目の表示が「後写鏡」や「チョークバルブの状態」等、令和の時代感に合ってない部分も有るんだけど…令和らしい内容も追加されたの知ってる?それは「車載式故障診断装置の結果」(OBDでチェックした結果)項目と

フロントガラスやバンパー等に設置されたカメラやレーダーで自動ブレーキや前車追尾走行等のシステムが正常に制御されてるかどうかの項目

これはバンパーやガラスを交換した場合に、センサーやレーダーがズレる事が有り診断機等で校正しないと、キチンと作動しない時が有る。最近よく耳にする踏み間違い等での事故の場合、ガラスやバンパーを交換したのに校正をして無くて自動ブレーキ制御が効か無かったとなると…作業した人が責任を問われますよ!

点検記録簿には書いて無いけど、ウチは車検時スペアタイヤの空気圧も必ずチェック!最近はスペアタイヤ自体が無くなって来たけど、古い車輌はスペアを積んでるので確認して空気圧は多めに補充します。このフィットも出先でタイヤが切れてしまい、ペチャンコ状態で走行不能で助けて欲しいとTEL

ウチで車検時にスペアタイヤを確認してるので現地でスペアに交換し、後日新品タイヤに付け替えて事なきを得ました。普段、目につかない所もキャドカーズはキッチリ確認してますよ(^^