Dyno Jetフル稼働中(^^

ここ最近、色々なトラブルが一気に集中しギヤが上手く嚙み合わずだったけど…少しづつ解決してきたので、ここも更新頻度は上がると思う。トラブルで結構、ダメージ大きかったのがホームページが見れないトラブルと(今は見れますよ)

セッティングで使用していたシャシダイナモのダイノジェット用PCがブローした事…何とか復旧出来ないか試しけど、万事休す。どうしようも出来ないと諦め、今回はPCをノートタイプに変更

ソフトも最新バージョンにアップデートし、作動環境の改善でトラブル回避。最終バックアップ以降のデータが無くなってしまったので、毎回バックアップを取る!!…つもり…の予定…かも知れない(^^; ジェットが復活したので早速フル稼働!!

そんな新しいPCで計測した社外CPUが付いたワークス5MTを紹介、ウチの3685仕様にするには、新たにFCON.EVC(¥22万)を付けて現車セッティング(¥10万~)が必要になりコストが掛かる。なのでセッティング不要な3685Max仕様(¥28万)を施工。入庫じの社外CPUのパワー計測後、エディターで初期化しノーマル状態にして新規データを書き込む

そしてFCONを配線しブーストはEVC制御、VVTとリミッターはフラッシュエディター制御でビフォーアフターを計測すると約11馬力.15%のアップで完成

「そんだけ金掛けて、たった11馬力?」と思う人は論外。圧倒的なパフォーマンスの違いは一目瞭然。見せかけの数字やネット情報を鵜呑みにしてる人が多いけど、気を付けてね~!!ま、この画面もネット情報なんだけどね(笑)

他にも色々有るので

順次アップしますね(^^;