書き換えECUをエディター上書きすると

村のモータース屋に同時期に入庫したライバルの2台…

的な写真(笑)2台共に共通するのはゼロヨン仕様でHKSのF-CON V-Pro Ver3.4制御、OS製クラッチを使用してる所!スタートで、ほぼ決まるゼロヨンではクラッチ操作がメッチャ重要!!

スタート時にストールしないように半クラを多く使うと熱で歪んで滑ったりするので、定期的なメンテが必要!今回ワイヤーやレバーも交換して踏力を軽く、半クラ領域は少なくしたのでスタートし易くなるかな?!(^^ 

さて最近問い合わせの多い36のエディターなんだけど、社外のメイン書き換えECUが入ってる場合は、NGとの認識だったので今回検証してみた

ブーストやレブ、各リミッターが変更されてる一般的なメイン書き換えECUで85psとの事なので、一度、書き換えECUでパワーチェック後、書き換えECUにHKSのフラッシュエディター3670+をインストールしてみた

緑が書き換えECUのグラフで赤が70+のグラフ。そして青が3670+計測後にエディターのノーマルデータを、書き換えECUに上書きして計測したグラフ、綺麗にノーマルに戻りました!!…って事は今まで、36100や85仕様にする際は現車セッティングが必要だったんだけど、エディターを買えばノーマルに戻るし車速やレブリミッター、VVT変更も自由に変更出来るって事です!(^^  書き換えECUのデータは無くなるので、仕様で選択してね~♪