NOSシステム搭載コペン軍団(^^;

コペン専門店の「も。ファクさん」のデモカーが筑波を1分切りしたのは記憶に新しく、試行錯誤してようやう安定してNOSが使えるようになったんだけど…

それに続けとばかりに、NOS取り付けコペンが3台入庫!(笑)そもそもNOSを付ける理由は、エンジンとターボの加給の限界以上に酸素をシリンダーに入れる事ができ、結果燃料も増えて爆発圧力が増えパワーが上がる。NOとガソリンの比でコントロールするんだけど、NOSボンベの内圧やエンジンのブースト圧等で噴射率が変わるので結構難しいんだよね

アクセル全開でハンドルのスイッチを押す、他にはV-Proのマップで設定したエリアでNOSを吹くんだけど、任意で吹ける方がコントロールしやすいのでコーナー立ち上がり時等でスイッチを押すような余裕が無いトコはV-Proで自動噴射、他は任意スイッチで吹くようにと両方を使ってます

ただ、上乗せされるパワーは10~20%までにしておかないとエンジン本体や補機類まで壊れてしまう事もあるので闇雲にデカくすればイイってもんでもないんだよね…ここはパワーが欲しいって時や、直線勝負等で使うのがお勧め!セントラルの直線を押しっぱなしだと、5ポンドボンベがセントラルサーキット3周で無くなるらしいから、スプリント等で使う場合は節約して使うか、10ポンドボンベが必要かもね

このコペンは高級なカーボン10LB仕様で結果はジェット出力212ps、tcf1.15だと243psで完成!!NOS吹いた時の動画も上げてるので車内の雰囲気を味わってみて(^^

メイン書き換えECUをフラッシュエディターで制御!(^^

GWも残り3日、コロナ禍でそんなに忙しく無いだろうと、HKSタービンを使った新メニューやハイオク仕様のエディターデータ取りの作業をするつもりが結構、バタバタして進まず作業に追われてます(^^;  早目に着手する予定なので、もう少しお待ちを!

さて、今製作中のアルト、36100MAX仕様のEG.MT.足回りや内装一式を、ほぼ箱替えしてるんだけど、次の車両はメイン書き換えECU仕様なのでフラッシュエディターが使えるかテスト

結果は書き換え出来ました!!(^^ なのでVVTマップやレブもエディターで変更可能です!!すべての書き換えECUが出来るかは分からないけど、来店して頂ければ確認できますよ(^^

箱替えアルトは、もうすぐ完成予定、詳細は後日