違和感大の400GR

「ヘッドライトのデザインでこうも印象が変わるのか?」と思うのが、400系コペン、セロやローブ、GRは見た目が全然違う。今回入庫したコペンもGR、「も。ファク」さんからの入庫なのでノーマルでは無くNewギャレットターボに変更されてるので燃料系の強化、V-Pro制御等の御依頼

今回は最近多いV-Pro Ver3.4を使い、レブ変更は勿論、電ファン作動温度変更、ゼロ発進時のプロスタートの設定、ターゲット空燃比制御と多くの機能を使い、大容量インジェクターをリターン式に変更してもシッカリ制御出来る。これはメインECUだけでは無理なんだよね。

で、配線も終わり燃料ポンプ交換作業なんだけど…作業風景が、おかしいよね??

燃料タンクを降ろすのにトランクからアクセスが必要だし、リヤアクスルにデフが…(^^;  なので現車セッティング時にローラーに載ってるのはリヤタイヤ(笑)

FRのコペン、ギャレットターボは130psで完成!!ドリフトも出来るFRコペン、進化が楽しみな一台ですね(^^ そして入れ替えで入庫したのが

これまた400GRコペンのF-CON制御(笑)

効率重視の36ワークス.RS用スポーツマフラー、人気です!(^^

初期ロット分が入庫して、通販も合わせ2WD用も4WD用も残り少なくなってきた36ワークス用スポーツマフラー!パワー重視のマフラーが無いとの事で4WD用が大人気!!最近入荷した2WD用も通販含めて絶好調!!両方ともに排気効率優先でフロントパイプからテールまで全交換、程よい音量でフルスロットル時の高回転は気持ちイイですよ(^^

こちらのC系ワークスはエンジンと駆動系の修理で入庫、降ろしてバラシて見るとインプットシャフトのスプライン部が痩せ痩せで…

インプットシャフトの溝がアクセルのオンオフで痩せてきて、矢印のように尖りまくり…ディスクとシャフトが噛まず、滑りのような状態になるのも時間の問題。通常ならインプットシャフト交換なんだけど、部品が無いのでどうした物か…

パワー重視の36ワークス2WD用スポーツマフラー、先行予約受付中!!(^^

市販されてる36用スポーツマフラーで車検対応品は音量も控えめで各所に細いフランジを使った仕様が多い…そしてコストを抑えるために触媒レスでサイレンサー等も省いた細いパイプの競技用もタマに見かけるんだけど、大きな音ばかりで「性能は二の次」なマフラーが大半…

上は既にキャドカーズから発売中の36ワークス4WD競技用マフラーの写真、レーシングな音で、専用設計したフロントパイプのフランジ部の絞りも大きなタイプで製作してます。バイパスパイプとセンターパイプの球面フランジの比較写真

矢印部分の球面フランジの純正と和泉管の比較写真を見れば一目瞭然。今回、発売する2WD競技用マフラー、

メインは抜け抜群のΦ60!!音量は人それぞれ感じ方が違うけど、割れたり爆音では無いと思います。早速、預かってる車輌にプロトタイプマフラーを装着して音量やパワーを確認!!

150psでも問題無い容量のスポーツマフラー2WD用は、もうすぐ初期ロットが入荷予定で価格は4WDも2WDも同じ ¥86000+税 です  次のロットの入荷は未定なので、先行予約受け付け中です(^^

 

一番、必要な時に!!

今週は昼でも雪がチラつく程、最強寒波が来てて週末まで寒いらしのに…

「何でガス欠やねん!!」

さて、現場は地道にコツコツと作業を進めてます。  こちらはヘッド抜けのR06、面研から戻って来て車上でヘッド搭載

ヘッドを降ろした際にピストンタッチ跡を確認したので、念の為カムキャップ隙間を確認した所、問題無し。強烈にバルブがヒットしてしまうと圧縮漏れを起こしたり

キャップが割れるので、シフト操作にはご注意を!!折角なので、今回はサージ対策の意味も含めてR06用の

強化バルブスプリングに交換!今は8200rpmレブだけどまだ上げてもイケますが、油温とフリクションロスはガンガン上がるよね。案外、そんな事を気にしてない人多いけど重要ですよ。エンジンに火も入り最終確認中!!

こちらは組み上げ中のK6エンジン、懐かしい感じのする純正ピストン形状だけど強度は抜群で160psでもノーマルで充分。綺麗に掃除して再利用

クランクキャップはビーム式なのでKFのようなトラブルの心配が無い!!タペットはアウターシム式で、これまた時代を…補機類を組み付けHT06改タービンをセットしクラッチはOSシングルのO/Hキット

ハンドルがたの主原因はタイロッドにガタが有ったのでバラシて見ると錆び錆び…

こちらも懐かしいエンジン搭載のTOYOTA100系チェイサー。初めて乗った時、低速トルクの大きさにビックリしたIJZエンジン、VVTの恩恵を思い知らされました

ヒーター切り替えバルブが経年で折れる樹脂製、880コペンのアッパータンクと同じ触ったら折れるパターンです

スポーツ走行するなら!

スポーツ走行する際にドライビングポジションを決定するシートは、メチャ重要!!車検もレールとセットで適合確認されるのでシッカリした物を選んで欲しい。今回はアルトワークスにフルバケタイプのBRIDEのXERO VSを取り付け

身体全体を包み込む感じで抜群のフィット感!!かなり大きく感じるのでシートを前後にスライドさせてみたけどショルダー部は内装に当たる事も無くストレスフリー!レールとセットで安全面と保安基準に適合するBRIDEシート、お勧めです!!

シートと並んでスポーツ走行に重要なのがブレーキ!止まらない車ほど危ない物は無い…

Fローターとブレーキパッドにリヤシューも交換が一般的!今回はリヤキャンバーも同時作業で時間と費用を節約。ラパンもパッドとローターセットに、キャリパーのオーバーホールも同時に作業の安心パック!

こちらは最近多い駆動系のメンテ作業の1コマ、ほぼ周回にしか使用してないカプチーノ、殆ど効いてなかったリヤLSDをバラシて点検、オーバーホールと同時にイニシャルの変更と

3速ギヤが飛んだミッションから、中古のミッションをベースにオーバーホールし組み立ては完成!

最近、凄く注文が増えた3670+の御注文!特に3型ワークスの御注文が多く、フルノーマルからのステップアップでの購入の方用に

HKSエアクリーナー、レーシングプラグ、3670+データ入りエディターの3点¥87000(税込)がお勧め!!吸気音が静かでストリート仕様にピッタリな選択!スポーツマフラーが付ければ更にパワーアップするので、まづ最初は3点セットからスタートしてね!(^^

アイキャッチの前置きインタークーラー、前回、アナウンスしたように型取りしたので量産体制OKですが、完全受注製作です(^^;

駆動系’s

最近、ミッションやでデフ、クラッチ系の作業がイッパイ過ぎて、後で写真整理していてドレが誰の何なのか…(^^; こちらは、4WDのアルトワークス、作業内容は小倉クラッチとクスコLSDの仕様変更

クラッチはフライホイルごと交換タイプで、すんなり作業完成、デフは前に組んだ人が高強度ロックタイトでリングギヤを組んだみたいでソケットが割れて緩まんがな…

吊るしの1WAY45°が組み込まれてたので、1.5WAYの55°20°に変更し効き始めとイニシャルを調整して組み込み完成!!

こちらのアルトにも小倉クラッチを組み込み!AGSなので、マルチプレート音がズットするタイプね!AGSなのでクラッチの残量が分かり難いし、減って滑ってるのか?トルク負けしてるのか?も分かり難いんだけど、今回分かった事は、残量限度地を超えてると、診断機での学習が出来ないので判断基準になるね

AGSのクラッチ操作は機械がオート操作する賢い機能なので、組み込み時の調整や修正が大事です!こちらのAGS仕様は長い事放置プレーのCADデモカー36AGSのデフ!これで3度目の仕様変更で、今回は先ほどの55°1.5WAYを組み

ドロドロのケースやギヤも洗浄し、ターゲットイニシャルで組み込んだLSD、今回は良くなるか?!

こちらは前回紹介したカプチーノの3速が飛んでしまったミッション…FFと違いカウンターが一体なので壊れたギヤだけ交換が出来ず、中古ベースで製作、まづは分解洗浄して消耗品やパーツの選択から

長期保管されてたようで、かなり汚れてるけど大きな摩耗やガタも無く状態は良好!!コレをベースに製作していきます

こちらもカプチーノだけど、これはクロスミッションが組み込まれてるタイプ!今回はシンクロやキーといった消耗品を交換して組み込み!同時作業だったLSDのオーバーホールも終わり、今は搭載待ちです!!

こちらダイハツも駆動系のオンパレード、ATと5MTがそれぞれリフトオンでミッションASSYが降ろされ赤のコペンは5速マニュアル

ダイハツ定番のセレクトロッドブッシュからのオイル漏れ対策でロッドもブッシュも交換し、クラッチレバーの操作が重くなる原因対策で、ここもブッシュを交換するんだけど

レバーを切断せずにガイドのブッシュを交換するのは難易度高いけど、ここのメンテでクラッチ操作が驚く程、軽くなるから降ろした時は絶対に同時交換作業お勧めやで~!組み込み作業は完了、車両に搭載されもうすぐ完成です!

もう一台のEGミッションASSYで下されてるコペンのミッションはAT、100ps程出てる仕様で酷使したATから、中古ベースのオートマに載せ替え中

機械式LSDを入れてたので、取り出して次のミッションに組み換えが必要!もうすぐ車両に搭載されて火が入る予定!!

スポーツ走行にはLSDは必須、クスコ製CAD仕様は各部拘ってます、まだ暫く駆動系作業は続きそうです!?

休みに自宅でアップしてます(笑)2 36用F5フルタービンキット開発

さて少し前にご紹介した36ワークスにボルトオンで取り付けできるIHI F5タービンを紹介、タービンと第一触媒をF5用で制作し、そのプロトタイプが年末に完成した36用F5ターボ、これは自社で取り付けではなくプライベーターのお客さんに納品、オーナー自らサクションやターボパイプを加工という、少しテスト的なプロジェクトでも有ったんだけど…

年末に納品してからオーナー自身がコツコツと愛車に取り付け加工を施し、僕らのレイアウトを見事に再現してる事に感動!!このワークスは既に36100仕様なので、F-CONや燃料リターンは施工済み。浜松からタービン慣らしがてら自走で、納花町到着後

インジェクターを330ccに交換、ジェットで各部確認しながらデータを修正。このデータを後日発売するF5タービンキットのベースに使用予定!エディターもF5仕様に書き換え実走確認

大きいF5タービンだけど街乗り領域はVVTを積極的に作動させてるので純正と変わらない程、トルクフルな特性!今回はカム無しでブーストは150kPaに抑え130psで完成!グラフから分かるようにフラットトルクなので右肩上がりの気持ちいい加速!

F5タービンが4800rpmでフルブースト150kPa、ストリート仕様としては十分過ぎる性能!36にボルトオンで取り付けできるF5タービン本体、第一触媒までをセットでの販売予定で間もなく発売、気になる方は要チェックです!!(^^

New アルト来たバイ!

タイトル通り、代車として加わった新顔のNewアルトが来ました!(^^

ドライングサポートシステム付きのCVT仕様、オプションのバックアイカメラ付きなので、モニター付きオーディオが装着されてます!!

CDは何処から入れるのか探してたんだけど…CD再生機能、既に廃盤やん!!

抜群の排気効率!!HA36.4WD用スポーツマフラー新発売!!

4WD専用の高効率マフラーが少ないので、今回、トコトン排気効率に拘ったマフラーを発売します!!排気効率重視なので爆音では無いけど完全割り切りの競技用で製作しました!!車検対応はイッパイ出てるしね(^^

で、競技用スポーツマフラーの構成パーツは写真の4点、専用のフロントパイプ付き!!何でフロントパイプもセットなのか?それはセンターパイプに繋がる、赤丸部分の球面フランジを専用のΦ50で設定したからです。純正はココが絞られててメッチャ細いんです

φ38 の細い純正フロントパイプはφ50を使用しメインパイプとテールまではφ60!!純正のフロントパイプ、マフラーは一切加工せず、全部取り変えタイプです!!

テールパイプはシンプルな形で、目立たないけど太く「実はヤッてます!!」感をさりげなくアピール!!  価格は 専用フロントパイプ付きで、一式¥86000+税 で発売!!トラクション抜群の4WDワークスに、ハイパワーマフラーの組み合わせ…最高です(^^

※現在2WD用も開発中!!

36アルト用リヤスペーサー発売!!

車高調整キット等に付属してる36アルト用のリヤスペーサーって、ショートタイプが多く調整用のライドハイトを付けると、アクスルに当たるので選べるスプリングが限られるんだけど

今回発売する36アルトリヤスペーサー(2WD用)は、ライドハイト無しでフレームに直接付けるので、自由長の多いスプリングが使えたり、限界近くまで車高を下げる事も出来る

例えば、こんな感じで車高をイッパイに下げた状態で組むと、ライドハイトとアクスルの距離がチョットしか無いので段差等でアクスルに当たってしまう。それを回避した商品が今回のリヤスペーサー

価格は2WD用1台分セットで¥6600(税込み)車高をチョー下げたい方や、リヤスプリングの選択肢を増やしたい方は是非試して見てね(^^