効果絶大の36前置きインタークーラー増殖中!!(^^

以前から60℃を超えていくような吸気温度は問題ですよ!と言ってたんだけど、最近はOBDから車両コンディションをモニター出来たりするので、そこで初めて「こんな吸気温上がってるん!?」と気付く人が増えたみたい。こちらは9月に現車セッティングした36RS

IMG_3466

IMG_3471パワーアップして加速は良くなったけどスポーツ走行すると吸気温度はドンドン上がっていき折角パワー上げたのに補正が入り熱ダレも加わって、パワーダウンとなり結局プラマイゼロ、若しくは遅くなる事も…で、今回、前置きI/Cと、バッテリー移動作業で入庫!コストは少し掛かるけど、純正の上置き位置でコアを大型化しても80℃を優に超えてパワーダウンする事を考えると…(^^;

IMG_4055

IMG_4059

IMG_4073

NAバンパーに交換されてるけど、今までと同じレイアウトで出来るだけパイピングが目立たないように製作して完成!!日帰りでの作業も可、でも前置き化に合わせて現車セッティングすれば、さらに本領発揮するので絶対に現車合わせした方がいいですよ!!(^^

IMG_3589

IMG_3710

36ワークス前置きI/C最終形完成!!(^^

ご要望の多かった、性能と見た目に拘ったノーマルバンパーにフィットする前置きインタークーラーが、ようやく形に!!(^^ コアは高さは開口部に合わせ、奥行きは上置きジムニー等で使用してたサイズと同じ、バンパーの奥行きが少ないので、少~し出てる感じですが車検には通る範囲だと思います(^^;

IMG_3576

IMG_3583

IMG_3580_LI

外気温センサーも純正サポートに付いてるので温度のズレも無いですよ!吸気温度は50~60℃くらいまでが理想だけど、ノーマルの上置きI/Cはスポーツ走行するとみるみる上がり100℃超える事も有るけど、これではパワーは下がる一方だし、条件悪ければブローする領域!!!

IMG_3592_LI

エディタのIN-Tが吸気温なので、見たらわかるけどノーマルインタークーラーだと御覧のように96℃とかアッと言う間…で、前置きだと少し涼しくなったとはいえ40~50℃で安定、現車セッティングで約10%のアップ!

IMG_3572

馬場さん比較_LI

前置き化にするにはバッテリーの移動が必要なのと、水温が上がり易くなるのでサブラジエター等の追加をお勧めします!!君の36ワークスに如何ですか??

IMG_3578

Φ42 アルミ曲げパイプ

汎用  ストレート ¥1,900(税別)
30° ¥2100(税別)
60° ¥2,250(税別)
90° ¥2,250(税別)

ご注文>>>


 

 インタークーラーやラジエターホースをパイピングでワンオフ製作する際に使用 アルトワークスやKei L880コペンのスロットル径と同じΦ42なので見た目と効率を落とさずに軽量アルミ材でワンオフ可能

※外径 Φ42 t = 2ミリ