久し振りの更新(^^;

トラブルで入庫した2台のカプチーノ

シルバーのカプチーノは「走行中エンジンが停まった」との連絡で引き取り後、点検すると確かに始動しそうになるけど掛からない。ガソリンのゲージは半分以上を指してるけどガス欠症状に似てるので色々調べると…

燃料タンクを車両から降ろすには、リヤメンバーASSYを先に下ろします。原因は燃料タンクに設置してる2ウェイバルブが詰まり燃料タンクが変形して、ガソリンの残量を計るフロートが燃料ポンプのセパレーターに干渉して引っ掛かり、結構多いトラブルらしい…燃料ゲージの表示がズレてる車輌は要注意

もう一台のカプチーノは定番の室内に水が浸入するとの事で、カーペットや内装を全て捲って状況を確認すると

運転席と助手席側の前や後ろから水が浸入し、ボディの一部は穴が空いてる状態。かなり前から侵入してるので、車輌側の侵入箇所を特定し対策に掛かります

運転席側のシート交換で入庫した3685に見えるナンバーのワークス、BRIDEの車検対応シートと、専用のシートレールに交換

シートが車検対応でも、シートレールも専用品が使われてるか陸運局では底面のモデルシールまで確認します。「前回はコレで通った!」等、IQ低い言い訳は通用しないので、不適合のレールの方は車種専用車検対応レールに交換をお願いします

エンジン作業は組み立て待ちなので順次組み立て中、約1か月待ちなので余裕を持っての御依頼をお願いします。こちらはエンジン単体で送られてきたJB、オーバーホールを兼ねて各部リファイン

距離相応のヘタリ具合、所々、割れも有ったので各部測定検証し組み立て作業、ピストンを加工して組み込み、クランクはラッピングしてクリアランスを確認、すり合わせしたバルブで気密を上げ、ハイコンプレッション仕様で完成

個性的な2台の現車セッティング完成

盆休み前のバタバタ感はいつも変わらずだけど、夏に開催されていた富士耐久レースは去年に続いて今年も無いので耐久レース車両のメンテや準備が無い分、少しマシなピット。作業は今日で終了ですが入庫も多く頂いてるので、休み明けからも全開になります

さて、盆前納車に間に合った2台のセッティング車輌、共に一筋縄では行かない仕様でした。こちらは前のブログで紹介した軽トラのキャリー、エンジンは新規で製作、I/Cは側面に配置し電動ファンで吸気温度を管理し容量もアップ。

NAのキャリトラCPUのまま青マネで300ccインジェクター制御なので、かなり無理があるけど、違和感少ないように現車セッティングしてみた

入庫時はNAハイコンプのまま、ブースト0.6k掛けてたらしいのでかなり危険…今回はターボ仕様に変更、いずれフルコン制御にする予定なので強化バルブスプリングに交換してるけど、今はNACPUなのでレブが7200rpmと、ターボの性能をフルには発揮できてないけど

EVCすら付いてない青マネ制御で、今回はブーストは0.9kで約80psで完成!ミッションも前期型のハイギヤに変更してるので高速巡行もラクになりました!(^^

こちらも長く掛かりましたが、全ての作業が完成した「北の国から」のワークス、無事フェリーで北海道に納車されました。入庫時からの変更点はサージタンクの大型化やオイルクーラーの移動、マフラーは入庫時より地上高は上げパイプ計をφ50からφ60に変更、インマニ周りや各部はワンオフで辻褄合わせでフィッティング。ラジエタ前にセットされていたオイルクーラーは左フェンダーに移動

タービンやエンジンは変更して無いので入庫時からのパフォーマンスが上がるか…入庫時はブースト約170Kpaで約150ps。一通りの作業が終わり現車セッティング開始、まず入庫時からのバルタイは大きくレーシング方向に変更、バルタイが決まったらブーストを少しづつ上げて各数値を見ながらマッピングして行った結果

青が入庫時のグラフ、赤がジェットで現車セッティング後のグラフ、この時期にも関わらずブースト約180kpsで170psオーバーで完成、バルタイで低速トルクが下がる代わりに5500以上は、かなりパワーアップ出来た。ブーストに対してパワーがシッカリ出てるので、エンジンはきちんと製作されてると思われる。遠い北海道からの入庫、有難うございました。

36用エディターは3月まで欠品です

36ワークスに人気のフラッシュエディターですが、部品供給の加減で3月まで欠品となります。今、予約を受け付けてる分のエディターは確保してますが、新規分は予約になりますので御了承下さい。そんなエディター今週は3台!!

まづはエディターが無いと始まらないので、ファーストアイテムにお勧め、作業時間は10分程でで直ぐ終わりますよ(^^  ご予約御待ちしてます!

さて走行中異音の修理で降ろされたミッションASSY、リフトアップ等では音がしないので荷重が掛かった状態での異音発生原因を調べると

カウンターシャフトが負荷時に僅かにズレ、ケースにギヤが触ってる事が原因でした。高出力な車輌は、ミッションの中のベアリング類も定期交換が必要です!

こちらは少し前に製作した、NAからターボにエンジンを載せ換えたミニキャブ、ノーマル状態でのパワー感に物足りなくなり、まづはノーマルマフラーからスポーツマフラーに…って既製品は無いのでワンオフで製作

サイドから見える位置に光るステンタイコがカッコいい!!音もそんない煩くないので、コレで完成!!オイルクーラーも取り付けの御依頼、勿論、ミニキャブ用オイルクーラーキットなんか存在しないので、ワンオフで製作!!

オイルクーラーの取り出しブロックはサーモ付き!これで油温対策もバッチリ、残りはエアクリーナーワンオフ製作と、EVC7を取り付けてF-CONiSで現車セッティングの予定!!楽しい軽トラになりそうです(^^

こちらの36は、延長ロアアーム交換で入庫!!トレッドが広がりコーナリングに差が付く延長ロアアーム交換、人気です!!(^^

こちらは現在制作中の36用前置きI/C、今までは開口部めいっぱいにコア高さを持ってきてたけど、今回からはラジエターにも風が入り易いよう高さを調整して隙間を開けて製作

この車両はF5ターボ仕様なので、サブラジエターは必須だけどね!新規のエンジンなのでジェット慣らし後、現車セッティングの予定で作業中!!

K-CARミーティングお疲れ様です!!(^^

昨日、快晴で開催されたK-CARミーティングに参加された皆様、お疲れ様でした!春とは違い、参加台数も多く盛り上がったようですね!!TEAM CADCARSはクラッシュ等無くベストタイム更新や表彰台に上がった嬉しい報告や、CADデモカーも2位に入賞と、まづまづの結果!!お疲れ様でした(^^

IMG_3770

 

そんな昨日も店は絶賛営業中で、作業色々!!CADデモカーに装着したNOSヒーター、デジャブ(笑)今年の冬にトンでも無いタイムを出した「も。ファク」さんのタイムアタック号に取り付け作業、さらにNOS噴射時に50ps上乗せ予定?!

IMG_3762

IMG_3765

IMG_3725_LI

うちのデモカーと違い、取り付けの配線処理等も気を配って取り付け完了(笑)残りはノスジェットを上げてダイノジェットで恐ろしいセッティング待ち!

エンジン作業も継続中、ノーマルJBエンジンはフルフロー仕様で完成!!

IMG_3702

こちらは歪が激しかったKFエンジン、加工から戻ってきたブロックはオリジナルKFピストンを組み込みまでは完了、エンジン作業で時間の掛かるヘッドもバルブすり合わせしながら当たりを確認

IMG_3776

IMG_3712IMG_3713

IMG_3715

バルブシールも交換しヘッドをブロックに載せ車輌搭載待ち、完成までもう少し!!

こちらは1年以上前に製作したキャレコン入りKFエンジン、1気筒圧縮が無いとの事で分解点検すると

20201024_175316

20201024_175230

純正ピストンの2nd、そして何故か排気側が割れてる…シリンダーも傷だらけなので修正が必要

そしてこちらもエンジン修理のJB、走行距離や年式相応のヘタリ具合に加え、圧縮低下も有るので、その辺を中心にリフレッシュ!IMG_3726

IMG_3760

IMG_3766

こちらはKeiワークス、新規で組んだK6エンジンは車輌に搭載され、ここからF5タービンのフィッティング作業、毎回、スペースで悩むけど今回も例に漏れず…

IMG_3667

IMG_3777

仮付けして各部の確認、フードロックの撤去は決定事項だけど他は必要最低限の加工で合法仕様で製作中!!

K-CARミーティングまで10日無いじゃん(^^;

早くも10月折り返し地点、10日後にはK-CARミーティング…あまり先の事は考えないで目の前の事を一つづつ片付けて行きます!申し込み未だの方は早めにお願いします(^^;

キャドカーズは、村のモータース屋なので車検もガンガン入って来ます!!車種も色々、少しややこしそうな車両でも、キチンと保安基準に適合するように整備してラインに通してます!!(^^

20200911_132958

20200917_155147

20200910_155855

20201009_131129

20201009_095813

20201016_135708

20201016_152048

IMG_3608

コチラは一般修理で入庫したコペン、たま~に引っかかり感が有るとの事で入庫。普通に走るけど、ごくたまに不整脈感が有るのでプラグを調べると

20201015_115816

沿面プラグのように見える電極が落ちた、かなり劣化したプラグ…シリンダや燃焼室にも傷があると思われるので、プラグ類の点検等もしっかり行って下さい!!

こちらはO/H中のK6エンジン、腰下は完成しヘッドはバルブ当たり修正と燃焼室加工で、バルブスプリングは回る君で12000rpmまでOK!!キャドカーズでK6エンジン製作する時は、150ps以上のハイパワーでもヘッドガスケットやピストンは純正を使用してます!  この動画のラパンも、勿論ノーマルですよ(^^

IMG_3476

IMG_3477

IMG_3479

IMG_3480

新品のヘッドボルトでヘッドを締め付けハイカムを載せバルブクリアランスを調整しバルタイを測定、スプロケはクラセンが違うタイプの流用ハイカムを使用するので、現車のスプロケを使用

IMG_3486

IMG_3483

IMG_3490

IMG_3488

IMG_3484

カムスプロケは嵌め込みなので、スライド式みたいに簡単には行かないんだよね(^^;  狙ったバルタイになるまで抜いては嵌めてと手間は掛かるけど、エンジンの性格を決める最重要な調整の一つ!!カムエンドを見て「あれ?!」って思う人はマニアです

IMG_3494

IMG_3639

完成したエンジンはクスコLSDが組み込まれたミッションとドッキングして搭載待ちなんだけど、ボディ側の腐食部分の手直しも有るので、そちらも作業進行中!

IMG_3617

IMG_3495IMG_3645

既に手直しされてるトコも有り再修正不可のパネルが多く、かなり手古摺ってますが、もう少しでボディ側は完成!その後は車輌にエンジンを搭載し、F5タービンのフィッティングや前置きI/C,V-Pro取り付けと、まだまだ結構な作業量!!

各EGやMTオーバーホール作業も承ります(^^

エンジンやミッションのオーバーホール作業が、いつもより増えてるのは、秋の走行会シーズン前だから??走行準備やアップデートは、早目にお願いしますね(^^  こちらはJBエンジンのオーバーホールで入庫していたミラ

IMG_3249

IMG_3288

IMG_3335

IMG_3348

廃盤パーツや加工に手間と時間が掛かりますが、OHしたEGとMTを車輌に搭載、始動確認まで来ました!!残りは細かい調整や試運転を残すのみ!!

こちらは同じJBエンジンでも、880コペンに積むJB単体2機!!経年劣化は有るけど、比較的綺麗な2台のJB

IMG_3326

IMG_3256

IMG_3334

IMG_3336

フルフローピストンとコンロッドをセット、バルブシールは全数交換してバルブは当たり修正、カムを組んでタペット調整!!IMG_3344

IMG_3342

紙に3台分のタペット隙間を計測した数値が書き込んでるんだけど、一発で決まる事は無く違う気筒から割り振っても足らない合わない場合は、多すぎる在庫のタペットから探すので一苦労(笑)

こちらは、久しぶりな感じのK6エンジンとミッションのO/H!最近はKFやR06が多かったので、少し新鮮な感じが(^^

IMG_3251

IMG_3307

IMG_3350

今回、約150ps仕様になる予定なので、現状分解して各部点検、計測して組み込み作業途中!!K6エンジンは強いので強化品に交換する必要ないのが魅力(^^  ミッションはクスコLSDに交換、入りの悪いギヤのシンクロ等を交換しリフレッシュ!!
IMG_3343

IMG_3347

IMG_3351

車両に搭載してから、F5タービンや前置きインタークーラーにV-Pro取り付け等、ハードとソフトの作業!!(^^

今日も注意しながら営業しています!!(^^

4月も中盤!本来なら今頃はGWの予定を立てたり会社の新人歓迎会等で活気が有る筈ですが、今年は自粛の春(^^;   大阪も自粛要請が出て在宅ワーク等を推進してますが家でエンジン組んだり現車セッティングは出来ないので、CADCARSの現場スタッフは感染注意しながらマスクをしての作業で元気に営業中!!(^^

IMG_1979

IMG_1980

IMG_1981

そんなコロナの影響で景気悪化が懸念される中、世間で好調なのは飲食店のデリバリーサービスらしいですが、車業界で需要が増えたのが部品販売!!

IMG_1982

IMG_1996

恐らく自宅待機で、手を持て余してるので車のメンテやアップデートを行ってるんでしょうね!この機会に是非、愛車のメンテやカスタムをお勧めします!!(^^

さて、HA24アルトの日産版ピノ、NAからターボ仕様に変更中で、ボルトオンターボだと、ハイブーストやタービン交換に対応出来ないのでターボ用ピストンに交換作業が前までの御紹介

IMG_1919

IMG_1914

IMG_1933

ターボのオイルライン取り出しをブロックに穴を開けるんだけど、ドリルで穴を開けタッピング作業でギャラリーに入り込んだアルミカスは完全に掃除し、純正ターボを組み付けて行き、次第に形になってきたんだけど24アルトの電動スロットルがインタークーラーと全く協調性無い方向に向いてる…

IMG_1977

IMG_1976

なので前置きI/Cに変更してF-CON とEVCで約80psオーバーの予定!!まだオイルクーラー取り回しや燃料系、本来はブーストが掛からないのでゴムで刺さってるだけの圧力センサー等、走行会に参加予定らしいのでタコメーターとシートの交換を強く推奨します!

IMG_1985IMG_2000

 

そして36アルトに好評の24回無金利キャンペーン!!台数限定なので早目の予約をお勧めします!!今日も1台、F-CON、EVC取り付け3685完了!!他にもブレーキ足回りLSDと多数の作業が有るので急ピッチで作業中です!!(^^

IMG_1963

IMG_1968

IMG_1969

 

IMG_1964

IMG_1967

IMG_1990

IMG_2005

 

ワークス2型AGS フラッシュエディター大人気!!(^^

在宅勤務やテレワークなんかカンケーネーのがこの業界、店の周りは狸やイタチやアライグマがウロウロしてる環境なので納花町民は免疫抜群!!(^^   皆さんはシッカリ予防して下さいね

20190924_085834

20190924_085814

さて、HKSのフラッシュエディターが2型対応になり、レブ.スピードリミッター解除で程よくトルクアップの3670が大人気!!データ入りで6万円なので気になる方はお気軽にお問合せ下さい!

IMG_1759

IMG_1758

IMG_1757

IMG_1772

IMG_1784

 

こちらはミッショントラブルのジムニー、シンクロが痛んでギヤの入りが悪くなり、胡麻化して乗ってた所、ギヤやシンクロの鉄粉等がシールを痛め、オイル漏れが発生

IMG_1739

IMG_1740

IMG_1741

IMG_1743

IMG_1746

IMG_1748

汚れも酷く分解洗浄し消耗パーツは新品に交換!スリーブ等、まだ使えるパーツは再使用して費用を抑えて修理完了!!異常が有る時は早めの対策が重要です!(^^

こちらもミッションの分解作業の36アルトワークス…何故か岡山国際サーキットの土が付いてたので、ソレも綺麗にしておきました(笑)

IMG_1755

IMG_1756

IMG_1767

こちらはエンジン修理中のR06A、新品ブロックに新品クランクを組みフルフローピストン:コンロッドでフリクション対策済み!!エンジンは完成し、搭載待ち!!

IMG_1753

IMG_1760

IMG_1761

IMG_1762

IMG_1763

IMG_1765

IMG_1786

こちらはJB改CADオリジナルKFピストン仕様のエンジン単体作業!距離が多くなったJBのシリンダーは痩せや傷も目立つので、KFピストン仕様用にボーリングされたシリンダーは新品と同じ!!トルクも上がり走りがシッカリします!!コンロッドはキャレロですがKFピストンに組む時はアイキャッチ画像のように小端部を削る加工が必要!!ヘッドもシールやすり合わせも行いリフレッシュ!!

IMG_1729

IMG_1734

IMG_1736

IMG_1737

IMG_1742

クランクキャップを絞めて回転抵抗の確認。抵抗なく手で軽く回るエンジンは、老け上がりも軽い気がします!!(^^

合間で進めてるエッセ改F5タービン仕様、細かいオイルラインや水回りの現物合わせ、各部位置決めもほぼ決まり全体のレイアウトが見えてきました。I/Cやパイピング系は大幅な見直しと変更、サクションやマフラー径はコストも考えて一部修正で可能か検討中

IMG_1726

IMG_1725

IMG_1783

IMG_1779

他には400コペンのV-ProをVer4.0から4.1にアップデートしてリセッティングや、LAコペンにABAコペンのインジェクター付けてブースト120kpaで足りるかどうかの確認したり、まぁまぁなテンヤワンヤ状態(汗

IMG_1781

IMG_1782

IMG_1773

IMG_1774

IMG_1775

IMG_1777

 

 

 

 

 

高過ぎはダメだけどね!

世間一般的に数値は関係無く、高い方がイイ物って何が有りますか?…学歴とか収入とかタワーマンションの居住階数、預貯金の利息とかも高い方がいいですね(^^  エンジン関係で高い方がイイと言われているモノに、圧縮比がある!

IMG_0256

IMG_0257

IMG_0260

IMG_0266

IMG_0380

今回、走行会仕様のエンジン製作依頼でNAのKF単体が入庫。バラシて各部確認しフルフロー加工済みピストン、コンロッドを組み合わせて高圧縮で製作!!圧縮比12.0手前なので、メンケンしたヘッドとピストンヘッドが当たらないように燃焼室形状を調整して仮組みし、干渉しないか確認

IMG_0575 - コピー

IMG_0577 - コピー

IMG_0595

IMG_0579

スキッシュ加工でピストントップが干渉する事も無く完成!!梱包して発送準備中!!車両に搭載したら、当店に持ち込んで現車セッティング予定なので、どんな感じになるのか楽しみですね!(^^

IMG_0647

 

可視化って大事よね!!(^^

目に見えない物を見えるようにする道具の一つにコーナーウェイトゲージって物が有る。車重の計測や各タイヤに何キロの加重が掛かってるのかを測定する機械で、御存じの方も多いと思う。当店でも公認車検やスポーツ仕様の車両製作時に使用して確認する

IMG_0012

前後、左右の車重バランスを理想の数値に合わせる時には絶対に必要な機械でコレが無かったら、まず調整は無理!!このアルトは約150ps仕様で、ブレーキング時に真っすぐ止まらない症状が有り、タイヤに掛かる左右の荷重を合わせる目的で計測すると

IMG_0008

左右で前は13%、リヤは20%近い差が有るので、コレを少なく調整して合わせて行くんだけど、バネレートとレバー比で計算しながら車高を変更していく。この時、対角で修正する、そうすれば車高変化は、極少なくて左右バランスが取れる

IMG_0010

調整後が上の数値、ドライバーが乗れば若干変わるけど、ほぼ理想で完成!!フルブレーキングでも、真っすぐ停まる様になりました!!(^^

こちらも可視化には絶対必要なツールの一つ、排気ガステスター!!車検時には排気ガスを計測するので、事前に問題無いかの確認に使うのは勿論、エンジン不調の原因探求でも使用する事多々有り!!ちなみに指定工場や認証工場は所有が義務化されてます

IMG_9671

IMG_9670

IMG_9668

このカプチーノは、F4ターボ、ハイカムのV-Pro120ps仕様ですが、排気ガスも問題無し!!(^^