抜群の排気効率!!HA36.4WD用スポーツマフラー新発売!!

4WD専用の高効率マフラーが少ないので、今回、トコトン排気効率に拘ったマフラーを発売します!!排気効率重視なので爆音では無いけど完全割り切りの競技用で製作しました!!車検対応はイッパイ出てるしね(^^

で、競技用スポーツマフラーの構成パーツは写真の4点、専用のフロントパイプ付き!!何でフロントパイプもセットなのか?それはセンターパイプに繋がる、赤丸部分の球面フランジを専用のΦ50で設定したからです。純正はココが絞られててメッチャ細いんです

φ38 の細い純正フロントパイプはφ50を使用しメインパイプとテールまではφ60!!純正のフロントパイプ、マフラーは一切加工せず、全部取り変えタイプです!!

テールパイプはシンプルな形で、目立たないけど太く「実はヤッてます!!」感をさりげなくアピール!!  価格は 専用フロントパイプ付きで、一式¥86000+税 で発売!!トラクション抜群の4WDワークスに、ハイパワーマフラーの組み合わせ…最高です(^^

※現在2WD用も開発中!!

36アルト用リヤスペーサー発売!!

車高調整キット等に付属してる36アルト用のリヤスペーサーって、ショートタイプが多く調整用のライドハイトを付けると、アクスルに当たるので選べるスプリングが限られるんだけど

今回発売する36アルトリヤスペーサー(2WD用)は、ライドハイト無しでフレームに直接付けるので、自由長の多いスプリングが使えたり、限界近くまで車高を下げる事も出来る

例えば、こんな感じで車高をイッパイに下げた状態で組むと、ライドハイトとアクスルの距離がチョットしか無いので段差等でアクスルに当たってしまう。それを回避した商品が今回のリヤスペーサー

価格は2WD用1台分セットで¥6600(税込み)車高をチョー下げたい方や、リヤスプリングの選択肢を増やしたい方は是非試して見てね(^^   

もう12月:士走(師走)です

今年も残り一カ月…1日はメッッッチャ長いけど(笑)…1年を振り返るとモーレツに早い!!今年もコロナに始まりコロナに終わった感じの1年。タイトルの師走の師が士なのは、整備士の、12月は更に忙しく走り回っとるから(^^; 色々な作業を同時並行で進めながら、ワークスのチューニングメニューやキットも色々考えてますよ!!

少し前に発売したオイルクーラーキットに続いて、サブラジエターキットを製作中!バンパーサイド左右対称になる位置にコアを設置しノーマルバンパー対応で見た目もグッド!

軽量純正ラジエターは変更せずに、走行風の当たる場所にコアを追加する事で、デモカーのCAD36160でも水温は問題無し!!キット価格はオイルクーラーと同じ¥38500税込み

前にアナウンスしたポン付け可能なCAD36100ターボとデータ入りエディターのスタートキット、予定価格は約¥25万(工賃別)、エディターを持ってる方は約¥19万を予定しています!!

モアパワーの方には、コレにインジェクター代¥6万をプラスし専用データ入りエディターがセット

年内リリース予定で進めてるので気になる方は、お問い合わせお待ちしています(^^

そしてワークスに、ほぼボルトオンで付けれる「R06用IHI F5ターボキット」も現在製作中。660ccで回せるビッグターボの代名詞的な存在で約120ps~のパワーが狙えます

ターボ本体、オイルライン、専用第1触媒までがセットなので、フロントパイプやマフラー加工無でF5ターボを付けれるように製作しています。(インタークーラーパイピングやサクション等は製作が必要)勿論、強化クラッチやインジェクター、セッティングは必要だけど、取り敢えずポンと付けれるように製作するので、こちらもお楽しみに~(^^

立て込んでるエンジン製作、バルブ割れで入庫したエンジンが2機、どちらもシートリングまでダメージが有るので加工に出てる間に腰下を組んでるけど

キャレコン仕様エンジンはコンロッドメタルが寸止め…ってか軽くピンに接触してるのでピンも修正。純正コンロッド仕様エンジンは、軽くカジッてる傷を1/100内で修正完成!

こちらはエンジンオーバーホールとブーストアップで入庫のハイゼット改。エンジンは降ろして腰下とヘッドの加工や修正、組み上げは完成!!オーバーホールや加工は時間は掛かりますが、適当には出来ないので確実に組み上げ中

ミッションとドッキング完成で車両搭載待ち!

36アルトワークス用Newオイルクーラーキット

各社から発売されている36ワークス用オイルククーラーキット。走行風で冷やすタイプが主流だけどバンパーの内側のクリアランスが狭くコアの設置が難しいんだよね。T社のオイルクーラーキットがコストも場所もイイので良く使われてるんだけど、バンパーを大きくカットしたりナンバープレート位置が変わってしまうので

今回、バンパーサイドにコアを設置するタイプのオイルクーラーキットを新規で製作。チューニング度合いが上がると、水もオイルも冷却が足らなくなるので、サブラジエターやオイルクーラーをサイドに設置し、フォグランプを撤去するユーザーは多い

かなり大掛かりな作業で毎回ワンオフでステーやホースを現物合わせしてたんだけど、今回は、少ない加工で取り付け出来てフェンダーライナーを残すタイプで製作。今回のお客さんも「バンパーは切りたくないし、フォグは使わないから要りません」とのご要望でした

目立たなくチューニングするシンプルな仕上がりが好みの方は如何ですか?もっとパワーが上がった時は反対側に、サブラジエターも追加できますよ(^^

キット価格:¥38500円税込み

もうすぐリリース予定のターボセット(^^

最近、増えて来たタービン交換メニューで人気の高いのがポン付けターボメニュー!HKSやブリッツも出してるし、色々なショップからもリリースされてて、当店も発売して結構経つ

当店のポン付け36100ターボは、少し前にマイナーチェンジ(風量は約120ps)してるんだけどなかなか好評なので、リーズナブルに装着出来るように「ポン付け100ターボスタートキット」をもうすぐリリース予定!!

キット内容は、CAD36100ターボと専用データ入りフラッシュエディターのみで25万円前後の予定(取り付け工賃別)!!ブーストは約90kPaでノーマルインジェクター使い切り。出力はダイノジェットで約~100ps、ブーストコントローラーも不要で純正のソレノイドバルブ制御と、本当にリーズナブルな仕様なので、気軽にタービン交換したい方向けです!

もう少しパワーが欲しい方は、スタートキットに330ccインジェクターがセット、ブースト約120kPaで、~115ps、こちらのキット価格は32万円前後を予定!!(強化クラッチ要)

専用データ入りなので、ターボ交換とデータをインストール出来れば、何処でも誰でも同じ性能が発揮出来ます。既にEVCやF-CONが付いてる方には、更にハイパフォーマンスが可能なセットも開発予定なのでお楽しみに~(^^

ダイハツKF,JB,EFと勢揃いバイ

車の整備作業をする上で色々な計測機械を使うんだけど、エンジンを組んだりする場合、1/100ミリ単位を計測する所も有るので精密さが必要、さらに大事なのは基準をしっかり出しておく事、コレがズレてたら意味ないからね…

適当でエエ所や勘で組む所も有るけど、腰下の交差や歪みはシッカリ数値として「見える化」が重要。シリンダー交差は問題無いけど、バルブや燃焼室を見れば

明らかにオイル上がりの症状が見れるダイハツのKFエンジン、限度地内なのにココまで溜まるのは何か他に原因が有るので調査中なんだけど、KFエンジンの泣き所の

バルブガイドからのオイル漏れも有るので、シリンダーヘッドは使用不可…下も上もオイルを消費してるのでかなり重症

こちらは、不調理由がすぐ分かるダイハツJBのヘッド、見事にエキゾーストのバルブが

割れてますね。出力は200psオーバーなので各部分の負荷は大きいから仕方無い…ウチでポートや燃焼室までフルに手を加えたエンジンは製作期が分かるように書いてるのでコレは約3年前製作…なのでシリンダーも

相応の摩耗具合。軽くホーニングでも対応可能、もしくはオーバーサイズ的な修理内容を検討中

こちらは今、組み上げてるダイハツのEF改エンジン、シリンダーが加工から上がってきたので組み始めたらピンやコンロッドの加工も必要らしく

この辺は寸法を大胆に削ったりで調整(笑)腰下は完成したので、次はヘッド側の修正組み上げ作業に入ります

※ジェットセッティング車輌で「詳細は後日!」のまま放置してる事は覚えてるので、追々、追加しますから待っててね(^^;

久し振りの更新(^^;

トラブルで入庫した2台のカプチーノ

シルバーのカプチーノは「走行中エンジンが停まった」との連絡で引き取り後、点検すると確かに始動しそうになるけど掛からない。ガソリンのゲージは半分以上を指してるけどガス欠症状に似てるので色々調べると…

燃料タンクを車両から降ろすには、リヤメンバーASSYを先に下ろします。原因は燃料タンクに設置してる2ウェイバルブが詰まり燃料タンクが変形して、ガソリンの残量を計るフロートが燃料ポンプのセパレーターに干渉して引っ掛かり、結構多いトラブルらしい…燃料ゲージの表示がズレてる車輌は要注意

もう一台のカプチーノは定番の室内に水が浸入するとの事で、カーペットや内装を全て捲って状況を確認すると

運転席と助手席側の前や後ろから水が浸入し、ボディの一部は穴が空いてる状態。かなり前から侵入してるので、車輌側の侵入箇所を特定し対策に掛かります

運転席側のシート交換で入庫した3685に見えるナンバーのワークス、BRIDEの車検対応シートと、専用のシートレールに交換

シートが車検対応でも、シートレールも専用品が使われてるか陸運局では底面のモデルシールまで確認します。「前回はコレで通った!」等、IQ低い言い訳は通用しないので、不適合のレールの方は車種専用車検対応レールに交換をお願いします

エンジン作業は組み立て待ちなので順次組み立て中、約1か月待ちなので余裕を持っての御依頼をお願いします。こちらはエンジン単体で送られてきたJB、オーバーホールを兼ねて各部リファイン

距離相応のヘタリ具合、所々、割れも有ったので各部測定検証し組み立て作業、ピストンを加工して組み込み、クランクはラッピングしてクリアランスを確認、すり合わせしたバルブで気密を上げ、ハイコンプレッション仕様で完成

コロナが落ち着いてないので、無金利ローンは…

今夏から始めた人気の無金利ローンは、まだまだ継続中!!駆動系の変更やターボ交換等にも利用出来るけど、毎月8000円弱で購入可能なフラッシュエディターが人気!!

3670と3670+の違いや「データを両方入れて貰うと幾らですか?」との問い合わせが有るので…3670はスピードリミッター解除、レブリミッター、バルタイマップ、ブーストマップ等を変更してるけど、ガソリンはレギュラーでもハイオクでも対応データで約70ps

3670+は、3670より更にパワー志向のハイオク専用データなので、ブーストも高めで吸排気交換が前提で約80ps

レギュラー仕様で充分という方には3670データを書き込んだフラッシュエディターを本体価格と同じ¥6万で販売

新規で3670+を購入される場合は、エディター本体価格¥6万と3670+データ¥1万、計¥7万ですが¥6万には3670データが含まれるので、本体のフェイズ2に3670データをインストールし

パワーライターに3670+データをインストールしてるので、70+を購入すると、漏れなく3670データが付いてきます(笑) 既に3670仕様のエディターを過去に購入されてるお客さんが3670+にアップデートする場合は¥1万で3670と3670+の両方をインストールして発送!!  通販や他店でエディターを購入された方は、¥2.5万で3670+データを書き込みしていますよ(^^

個性的な2台の現車セッティング完成

盆休み前のバタバタ感はいつも変わらずだけど、夏に開催されていた富士耐久レースは去年に続いて今年も無いので耐久レース車両のメンテや準備が無い分、少しマシなピット。作業は今日で終了ですが入庫も多く頂いてるので、休み明けからも全開になります

さて、盆前納車に間に合った2台のセッティング車輌、共に一筋縄では行かない仕様でした。こちらは前のブログで紹介した軽トラのキャリー、エンジンは新規で製作、I/Cは側面に配置し電動ファンで吸気温度を管理し容量もアップ。

NAのキャリトラCPUのまま青マネで300ccインジェクター制御なので、かなり無理があるけど、違和感少ないように現車セッティングしてみた

入庫時はNAハイコンプのまま、ブースト0.6k掛けてたらしいのでかなり危険…今回はターボ仕様に変更、いずれフルコン制御にする予定なので強化バルブスプリングに交換してるけど、今はNACPUなのでレブが7200rpmと、ターボの性能をフルには発揮できてないけど

EVCすら付いてない青マネ制御で、今回はブーストは0.9kで約80psで完成!ミッションも前期型のハイギヤに変更してるので高速巡行もラクになりました!(^^

こちらも長く掛かりましたが、全ての作業が完成した「北の国から」のワークス、無事フェリーで北海道に納車されました。入庫時からの変更点はサージタンクの大型化やオイルクーラーの移動、マフラーは入庫時より地上高は上げパイプ計をφ50からφ60に変更、インマニ周りや各部はワンオフで辻褄合わせでフィッティング。ラジエタ前にセットされていたオイルクーラーは左フェンダーに移動

タービンやエンジンは変更して無いので入庫時からのパフォーマンスが上がるか…入庫時はブースト約170Kpaで約150ps。一通りの作業が終わり現車セッティング開始、まず入庫時からのバルタイは大きくレーシング方向に変更、バルタイが決まったらブーストを少しづつ上げて各数値を見ながらマッピングして行った結果

青が入庫時のグラフ、赤がジェットで現車セッティング後のグラフ、この時期にも関わらずブースト約180kpsで170psオーバーで完成、バルタイで低速トルクが下がる代わりに5500以上は、かなりパワーアップ出来た。ブーストに対してパワーがシッカリ出てるので、エンジンはきちんと製作されてると思われる。遠い北海道からの入庫、有難うございました。

今日から水無月の6月!!

の書き出しのまま、更新できず6日経過(^^;  やる事多い中、ステッカーの御要望も有ったりで、70+の白ベースも製作!既に当店の3670仕様からのアップデートは1万円、エディターを当店で新規購入される方はデータ入りで7万円、エディター持ち込みの方は2.5万円で書き換えます!

ステッカーは気付いたら無くなってるので、確認してね(^^  点検整備は相変わらずの入庫台数、クイック整備も容赦なく入って来るのでテキパキ作業中!!新車の軽トラダンプはETCドラレコ他電装パーツ取り付け完了!キャラバン、道路清掃車は車検OK

これから増えて来るエアコン修理、冷えが悪い原因は色々だけど、室内機が汚れてる場合は清掃しないと改善しませんよ。

ブレーキ系の強化やメンテで入庫のワークス、ローターも定期交換部品なのでクラックや摩耗で判断

通販は定期的に注文が入るエキマニプロキットとエアクリセット、受注後に製作してるので多忙時は発送まで少し時間が掛かりますがご了承ください(^^;