違和感大の400GR

「ヘッドライトのデザインでこうも印象が変わるのか?」と思うのが、400系コペン、セロやローブ、GRは見た目が全然違う。今回入庫したコペンもGR、「も。ファク」さんからの入庫なのでノーマルでは無くNewギャレットターボに変更されてるので燃料系の強化、V-Pro制御等の御依頼

今回は最近多いV-Pro Ver3.4を使い、レブ変更は勿論、電ファン作動温度変更、ゼロ発進時のプロスタートの設定、ターゲット空燃比制御と多くの機能を使い、大容量インジェクターをリターン式に変更してもシッカリ制御出来る。これはメインECUだけでは無理なんだよね。

で、配線も終わり燃料ポンプ交換作業なんだけど…作業風景が、おかしいよね??

燃料タンクを降ろすのにトランクからアクセスが必要だし、リヤアクスルにデフが…(^^;  なので現車セッティング時にローラーに載ってるのはリヤタイヤ(笑)

FRのコペン、ギャレットターボは130psで完成!!ドリフトも出来るFRコペン、進化が楽しみな一台ですね(^^ そして入れ替えで入庫したのが

これまた400GRコペンのF-CON制御(笑)

明日から新年度

3月は今日で終わり、明日からは新年度のスタート。何か新しい事を始める切っ掛けには丁度イイけど、日々の積み重ねが大事。今年のキャドカーズの目標は…落ち着いて仕事が出来る環境整備。少しづつ改善してるけど、まだまだ程遠い。それぞれの意識改革も含め新年度をスタートします!ここのブログサイトも落ち着かないので近々引っ越し予定、また決まったら報告します

さて落ち着いた作業環境が整ったとしても、入庫する車両や御依頼は全然落ち着いてない事の方が多いのが現実…今流行りの軽キャンピングカーが入庫!!綺麗なパステルカラーのハイゼット、車内はキッチンやテレビ、ベッド、ネット環境も装備されメッチャ快適!!

…お気付きになられたでしょうか??上の画像に少しオカシイ物が写り込んでるよね?

そう、このハイゼットキャンピング…快適装備漫満載にした分、重量や空気抵抗が大きく増えたので、走りはドンドン悪くなるんだけど…デメリットを無かった事にする為、NAからキャレコン入りターボエンジンに換装され、さらにターボはHT06改に変更!!それに合わせてF-CON iSとEVCで制御と、見た目とのギャップ萌え大のキャンピングカー

ノーマルの貨物タイヤだし重心も上がってハイスピード領域は危ないので、高速巡行や追い越し時等のシチュエーションをメインに修正完了!疲れたら後ろで寝れるからイイね(^^

まぁまぁ色々癖ある厄介’s

明日、開催されるN-One開幕戦は初めての事だらけなので順調に進むのか気になりますが、和泉のピットもバタバタしてます。中々スンナリ行かない作業も…クラッチのVerアップを試みてるんだけど

圧着力を上げても乗り難くなるし、圧着力を変えずに摩擦係数を上げると熱や操作に不安が有るし…やって見ないと分からないパターンで悩み中。

こちらはエンジンオーバーホール、ターボ交換で預かってたチビック仕様のアルト!OSのオーバーホールキットを組みインジェクターを交換

エンジン始動し、慣らし完了!!K6のHT06ターボ、V-Pro仕様は過去に何台も製作してるパターンなのでスンナリ終わると思ってたらセッティング中に空燃比が落ち着かない…ジェットから外して燃料関係をチェックするも不具合箇所は見当たらず

燃圧系をフロントガラスに張り付けて確認しながらセッティングすると、安定したりフラついてたので電源線を確認すると

ポンプ電源線が錆びて接触不良の形跡発見!カプラを辞めてハンダ止めしコレで治るだろうと再度セッティング開始すると

今度は牽引フックポイントのスポットが剥がれてジェットセット出来なくなったので、溶接修理。もう一度ジェットのセットし完成するかと思ってたのに

まだ空燃比不安定要素が存在してる…だんだんAF系の数値すら信用出来なくなってきたので、ソコから見直しが必要。

こちらは走行中に変な挙動になり不動で運ばれてきたワークス、前進するもバックしないので上げて確認すると、有り得ない角度のドラシャ

長年整備してきて、こんな所が折れるなんて見た事が無い…しかもブーストアップ程度で…しかも、これ強化ドライブシャフトらしい…相手はデフに刺さったままです

オーバーヒートで入庫したアルトウォークスルーバン、エンジンを降ろして各部確認中なんだけど、かなりヘッドが歪んでるようで

コーヒー色をしたエンジンオイルが出てきました。ヒーターからも漏れてたので点検すると

劣化したホースから少しづつ漏れてたようで銅パイプの色がエメラルドグリーンに…水回りを徹底的に修理しエンジンのオーバーホールで使う廃盤の部品を、どうするか検討中

アイキャッチは今日の綺麗な下弦の月…戦争やコロナでウンザリした気持ちに、少し癒しを

コマか~い仕事が(笑)

今月は相変わらず駆動系やエンジン関係の作業が多い…カプチーノのLSD組み込み作業、周回専用なので入庫時はかなりヘタッてたけど、オーバーホールしてイニシャルも復活、壊れたッションも修理し搭載して完成!!

こちらは新品ベースで製作しているNewKFエンジン、200ps程の出力なのでヘッド加工やバルブも新規で加工が必要。各部強度に不安が有るけど、新しくラダーも追加しての効果もテスト

エンジンは誰が組んでも大差は無くて、前段階の準備や調整、修正、確認の方が大事、やって見ないと分からない事も多々有るので納得の行くモノを作るには…当たり前だけど知恵や知識、そして時間が必要

こちらはワークスのR06エンジン、140ps程の出力でストリート兼サーキット仕様、コペンのKFに比べ各所の強度は充分あるR06エンジンだけどウィークポイントも有るので、各部を検証中。かなりスポーツ走行してる割に綺麗な状態でマージンも充分

ここまでバラしたので、新品の純正ピストンとコンロッドをフルフロー加工してフリクションを減らしコンロッドメタルも交換、ほぼオーバーホールですね

こちらは関東から入庫頂いたチビック仕様のアルト改!エンジンオーバーホールとパワーアップ予定で現在製作中!

こちらもオーバーホール中のJBエンジン

16万キロ超えてるJB、大きな仕様変更は無くバルブの当たりも少し広いけど、街乗り仕様なのでまぁOKです!他にも一般整備やミッション組んだり、200psは出て無いけど150ps程のKFエンジン組み立て中でテンヤワンヤ

N-ONE RS 6MT 85ps仕様完成!(^^

約1年前に発売になったホンダN-ONEの6MT RS、5ドアで実用性が有り内装や装備も豪華で、街中でもかなり見かける人気車種。当店でも発売と同時に開発用デモカーとして購入しフルノーマル状態でパワーチェックしたら

パワーは結構出てて65psな割に車重のせいか、マッタリした走り…そこからスポーツマフラーに替えたり、フラッシュエディター付けたり、パワーエディターを装着したり…ジェット上で色々試して

半年前に約80ps出る所まで来たんだけどまだ不安定な部分も有り、そこから吸気抵抗の見直しや実走しながらパワーエディター、フラッシュエディターのデータを更新しパワーチェック

ワークスと並ぶ数字でホンダパワーの本領発揮、3400rpmでブースト約113kPa、補正係数無しで85psを計測!!パワーエディター、フラッシュエディター、バランスの取れた吸排気でココまで走るようになる85RS、静かで車格的にも丁度いい感じ、お勧めですよ(^^

データ入りフラッシュエディター、パワーエディターセット、予価¥12.5万(税別) 

扱いやすいコペン’s:LA400にHT06改ターボ+F-CON iS

KFエンジン搭載の400コペン、ヘビーな車重と排ガス規制に無理やり対応させた感じのあるECU制御のせいで、走りに関してはマッタリとして退屈に感じてしまう…ブーストアップでモッサリが改善され車が軽くなったような走りに満足出来る人も要れば、「もっと100ps以上のパワーは欲しい!」と思うオーナーも多いんだけどKFエンジンはコンロッドがジェット計測90ps手前辺りで曲がってブローするのが難点

なのでエンジンを割ってコンロッド強化が必須になるんだけど、カムや圧縮比等しっかり造れば660ccのまま、200psでも耐えるエンジンに仕上げる事が可能(笑)

まぁそんな領域は費用もリスクも高すぎるので現実的な所で「ポン付けターボで100psオーバー!」が次のステップになる、F-CON.EVCと燃料系の強化、リターン式に変更し大容量ポンプとインジェクターを交換

今回は、もファクで日立製のHT06改ターボがフィッティングされ、それに合わせたデータ取り!「ほぼポン付けターボ」として使えるかどうか未知数で合わせた結果

6500rpmで約117psと、「ほぼポン06改ターボ(HP06改)は充分すぎる性能で完成!!クラッチやエンジンの強化が前提だけど、速くて気持ちイイ、オープン2シーター400コペンでクルージングとかしてみたいね~(^^

休みに自宅でアップしてます(笑)3、扱いやすいコペン’s

コペン専門店からの入庫は、たまにイカれた車両も有るけど…扱いやすいポン付け仕様やブーストアップのコペンって激変率で言うと最強かもしれない。今回、も。ふぁくから入庫した異常に綺麗なコペン

前期と違って燃圧一定タイプの後期型。通常のブーストアップならこのままでも問題無いんだけど、燃圧が3k一定なのでブーストが150kPaを超えた辺りから燃圧が足らなくなる。ブーストは150kpa以上掛けるので

リターン式に変更し、ジェットでの現社セッティング後、実走でのチェック

約92psで完成、36ワークスでは到底出ない数値なんだけどエンジンの圧縮が違うからね!その車両のイイ所を引き出すのが現車セッティングの魅力です(^^

蔓延防止出ましたね

朝、出勤した時に見て感動したコレ!!何やと思う??

店の店頭中古車の表面の水分が、夜の冷気で凍って出来た綺麗な結晶やねん。自然って神秘的な所も有るけど、ウィルスのように恐ろしい面も有る。各地で頻発してる地震や火山活動…人間なんて何も出来ないじゃん

思い出すとコロナ全国感染者数が100人を超えた辺りで前安部首相が緊急事態宣言を発令!これには初めての体験で連日静まり返ったスクランブル交差点の映像や、マスクやティッシュが店先から消える程、みんなパニック状態。その年の「GW期間中の高速道路の渋滞、交通事故ゼロ」は、この先塗り替えられる事は無いだろうって言われてる。アジア人は感染しにくい何かが有るとか言われてたりもしたけど

日に日に増える感染者数を報道されてるのを聞くと次第に数が麻痺する!入院ベッドが足らずに妊婦さんが出産した新生児が亡くなるとか…考えられない状況にもなった去年。年末は専門家も分からない程、感染者数の急激な減少も束の間、オミクロンが猛威を振るってる最中で今日の感染者数は全国で6万人超え…人口比で言うとロックダウンしてる国もある

100人超えでビビりまくってたのが、今では6万人。数字や体感の慣れ過ぎは絶対に良くない事を肝に銘じ、これから先のの感染予防やチューニングライフには細心の注意をお願いします!!

660ccでこの数字…リッター338psエンジン…3Lのエンジンだと1014psとイコール

有る時~無い時~、の差よ…

前回のS660専門ショップ「44G」さんのデモカーのエンジンが木っ端微塵になった流れを紹介したブログからのご報告…まずジェットセッティング中に壊れ44Gに戻ったのが16日、そこからエンジンをが降ろされ単体で持ち込まれ、エンジン内部を強化して組み合げて納品したのが20日、そこから車両に搭載されNOSを見直し再びジェットセッティングまでこぎつけたのが25日

余裕を持って確認がてらのセッティングの予定が、まさかのフルブローで大ピンチ(滝汗「何故、そんなに急いでたか?」というと、26日に雑誌の取材でセントラルサーキットを走らせる予定が有ったんだよね(^^;    何か有れば今までの努力と明日の取材は「ジ・エンド」のプレッシャーの中、恐る恐るセッティング開始…

ジェット上では壊れずにセッティング終了~!!そして、最終パワーチェックした数値を見て顎外れそうになったグラフ(笑

青はノーマル…じゃ無いですよ!?でっかいTD04改ターボ:ブースト160kPaで136psと充分速いんだけど、赤のラインはそれにNOSを噴射した時のグラフで何と226ps…ある時と無い時の差が有り過ぎて恐ろしいね(・・; 

26日の取材は当店もAGSとN-ONEの2台を持って行ったんだけど、N1は車高もホイルもノーマル、「流石に見た目フルノーマルはアカンよな~」と、急遽、車高調とTE37を履きました(^^

ボディ色と合っててカッコ良くなったN-ONE:RS、取材内容は次号のオプションに載る予定なので是非、見てね~(^^  

※白が似合うのは分かってるけど意地でも黄色ナンバーのCADN1(笑

見習わな(見直さな)アカン所、イッパイやわ(^^

昨日は何かと話題の多かった1日でしたね!?限りなく皆既に近い月食が見られたようで140年振りだとか…よく「数十年振り」とか「百年に一度」とかの天体ショーの話題を見るけど、イマイチピンと来ない

でも昨日のほぼ皆既の部分月食は140年振りらしく世間では騒がれてたのかな?そんな事は、毎日忙しいので全然知らずに、たまたま試乗に出たら正面に変な月が見えたので「アレ?今日って月食?」って感じで見たけど、確かに昨日の月食は神秘的やった…

もう一つの明るい話題はメジャーリーグの大谷翔平選手が満場一致でMVPを獲ったニュース!!野球は興味無いんだけど、このニュースは「凄い人や!」と感動した。ウチらと違って爽やかで実力あるのに奢ったり自慢したりする所が全く無く、凄く謙虚な所がメッチャ好感もてる!!

そして個人的に一番ポイント高いのは、インタビューとかも独身なので一人で爽やかに対応してる所!!高いブランド品とか身に着けて派手な女性を連れてフェ○ーリで登場してもおかしくない実力と人気を持っているにも関わらず、Tシャツで謙虚に丁寧にインタビューに答えてる姿とか見てると…「自分も見習わなければアカンな」と、つくづく思いました(^^