ハイパワーなS660’s!!(^^

今回はキャドカーズとしては久し振りのホンダのS660カスタムネタ!!アルトやコペンとは一線を画すスポーツスタイルと動力性能、車輌価格が少し高価なので激しいチューニングは少なかったけど、コレから盛り上がるんじゃないかな??そんなS6で全国を走り回ってるショップ「44G」さんのデモカーのニューVerを製作中、それは

純正との比較が恐ろしいタービンサイズで分かるように、TD04タービンに変更するので、ダミーエンジンでフィッティング中なんだけど、S07エンジンにTD04仕様は初めてな上に、一般的な付け方だとウォーターポンプに当たって全然無理…なので加工が少なくなるようオイルライン優先で位置決めしてみる。久し振りに出してきたタコ足製作用のステンパイプ(笑)昔は和泉製作所でブツブツ言いながらワンオフしてたな~(笑)

製作の手間と費用が半端なく、村のモータース屋なので最近は純正マニ改での製作が主流(^^; このパイプでS6側のオーバル形状から四角に変換するエクステンションを製作し

フランジとターボハウジングを溶接してタービンの位置決定。ここならターボにオイルを供給する油圧パイプとリターンパイプは純正が使えるのでトラブルリスクも減るしね(^^

後はアクチュエーターを取り付けるロッドの加工、ステーやボスといった細かい作業で位置決めして取り付けると

アクチュエータも固定されタービン単体作業は、これで完成!!次は車輌に取り付けてパイピングやフロントパイプの加工と続きます。足らなくなるインジェクタも寸法を確認して取り付けるI/Jを決定

たぶんジェット出力はTD04で140~160ps、コレにNOS吹いて170~200辺りになると思うのでインジェクターはギリギリ足りる予定(^^;

こちらはS660「T-RACING」さんのデモカー、前回のジェット出力164ps仕様から細かい変更を施しての現車リセッティングで入庫!タービンはF5と大きいのでブーストの立ち上がりと加給の安定がメイン、制御はエディター

排圧とブーストコントロールがビミョーな領域でモタつくのでソコを重点にソフトとハードと両方を見直し、加給側の変更とアクチュエーターの調整で前より改善されたけど、もう少しマシにならないか作業継続中(^^

アイキャッチは、F5にブースト一瞬2.4掛けたけど200psは出なかった…のイメージす(^^;

ワークスAGSのファイナル変更!!(^^

前のPCトラブルでメール履歴の消失お知らせをした所、見積もり途中だった方から多数連絡頂き有難う御座いました(^^;  これからはバックアップ等、注意するようにしますね!!さて現場はトラブル有ったら大変なので集中して作業中!!こちらのワークスAGS、カム入り36100ps仕様、クラッチ滑りでMTユニットおろして確認、同時にファイナルの変更する為、MTもバラシます

ディスクは摩耗大なので、今回、メタルに交換。AGSにメタルを組むと繋がり時のショックが大きくなるんだけど、ファイナルを4.7からさらに高速寄りに変更したので、ショックは酷く無く、高速巡行時の回転数を低く抑えれるのでGOOD!!パワーバンドも広く使えるので、お勧めですよ(^^

こちらは、先の筑波でエンジントラブル発生した、「も。ファク」デモカーコペンのJBエンジン!噂では「各サーキットのコースレコード更新中!!」らしいけど、何て特別な事もしてないし他の車と同じようにピットで組んでますよ(笑)

今回は燃焼圧がジャケットに突入したようでブロックは新品に交換。かなり手を加えてる重要なヘッドは、再利用できるか不安だったけど、2か所メクラが飛んだだけだったので修正して消耗パーツを変えて完成!!1/31にセントラルで開催されるタイムアタックに挑戦予定なので応援宜しくお願いします(^^

アイキャッチは、「コレ一個で70psも受け止めてるんやで…」と思いながら、マジマジと眺めた純正ピストン(・・;

スマホ対応サイト始動!!(^^

スマホに対応

写真 1リニューアルしたキャドカーズのウェブサイトは、iPhoneなどのスマホに対応しています。スマホが使える環境であれば、通勤中の電車やバスのなかからなど、24時間どこからでもキャドカーズの最新情報を入手することが可能です。
また、スマホ以外にも、各種タブレット画面、パソコン画面の大きさに合わせて自動的にレイアウトが最適化されるレスポンシブデザインになっています。

アプリと連動

写真 2スマホからのアクセスでは、トップページから [TEL No.] をタップすることで直接キャドカーズに電話できます。また、[Google Maps] をタップすると、Google地図アプリと連動して、キャドカーズへの経路(ナビゲーション)をすぐに探せます。

メニューは折りたたみ式

スクリーンショット 2015-07-04 17.07.20左サイドバーのメニューは折りたたみ式になっていますので、[パーツ]や[会社概要]の右にある「▼」をクリックすると、サブメニューが表示されます。

検索窓がとても便利

新しいキャドカーズのサイトはすべての情報がクラウド化(データベース化)されていますので、欲しい情報がある場合、お乗りの車種など、お目当てのキーワードで[検索]すれば、一元的に探すことが可能です。

スクリーンショット 2015-07-04 17.28.19検索窓は、左サイドバーのなかほどにあります。いろいろと便利にご利用下さい。また、タグ情報もその下にありますので、人気のあるコンテンツがヴィジュアルで分かるようになっています。

Φ42 アルミ曲げパイプ

汎用  ストレート ¥1,900(税別)
30° ¥2100(税別)
60° ¥2,250(税別)
90° ¥2,250(税別)

ご注文>>>


 

 インタークーラーやラジエターホースをパイピングでワンオフ製作する際に使用 アルトワークスやKei L880コペンのスロットル径と同じΦ42なので見た目と効率を落とさずに軽量アルミ材でワンオフ可能

※外径 Φ42 t = 2ミリ

満車御礼!!(^^

今日は肌寒い1日でしたが、連日が暑かっただけで、今日くらいが平常なのかもしれませんね??慣れてしまうと、普通が分からなくなる事が多々有るんですが、ジワジワ異常になってくると、悪い状態に慣れてしまって気付くのが遅かったなんて事も有るので気をつけて下さい!!

コレはそんな例の1つ・・・何か走らなくなったような気がする・・・と放置して、とうとうアクセル踏んでも加速しない状態になった車両の原因
イメージ 1
イメージ 2
スポーツ触媒の前にサイレンサーが溶接で付けられてて・・・サイレンサーの中身のウールが全部出て来て触媒手前で全て詰まってしまいガスが抜けず、結果エンジンまでダメージ大に
おかしいと思ったら一度、近くの車屋さんで診てもらう事をお勧めします
他にも点検、車検、セッティング、新車の納車準備と忙しいピット
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10

また HKS DX30kai イイネね!(^^

DX30 Kai タービンポン付けAT仕様、完成!!

元々DXはポン付けなんですが、今回のポン付けとは燃料系をノーマルから変更せずに足りる範囲で制御したので、かなりコストパフォーマンス的に優れてる仕様なんです!!このコペンはリターン式では無いんですが、2キロ近くブーストを掛ける場合は、燃圧との差圧が1キロ程になるのでリターン式に変更を勧めますが、今回はATという事もあって少し控えめなブーストですが、それでもMAXブーストは155Kpa仕様なので加速は充分!!
イメージ 1
イメージ 2
結果は約100psで、燃料は使い切りました・・・
ATなので低回転領域は多少モッサリ感はありますが、タービンが回りだせば、気持ちよく吹けて行く加速、DX30Kaiはお勧めです!!
こちらは、NA660選手権用にピッタリなL275ミラバンが中古車で入庫!!
もうすぐ店頭に並ぶ予定なので、気になるかたは要チェックですよ!!
イメージ 3
そして、コレかなり効果あります!!
イメージ 9
燃焼室内、バルブ回り、シリンダーの汚れを清掃できるピットワークのエンジンリフレッシュ!!この手のケミカル類は多数ありますが、コレは凄く効果あるので是非試して見て下さい!!
他にも多数色々
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 10

汎用ハイト調整スペーサー

直巻きスプリング用 2枚 ¥3,000(税別)ご注文>>>


スプリングとシートの間に挟む事で約15mm上げる事が出来ます

非全長調整式ダンパーやショートスプリング使用時の遊びを無くしたりプリロード不足の微調整等に御使用下さい

ゴム製 スプリング内径φ56以上対応

※写真のアッパーシート・スプリングは含まれません

スポーツマフラー 和泉管

ダイハツ エッセ用 ¥65,000(税別)ご注文>>>

エッセ用に排気効率とサウンドに拘ったスポーツマフラー

フロントパイプから、オールφ50軽量ステンレス仕様の3ピース

アクスル下を通るレイアウトで、リヤビューもレーシング

絶賛発売中のエッセ用スポーツマフラーの御紹介!!
実用的な4ドアと、走りにトルクの有るKFエンジン搭載で走行会でも多く見かけるようになったエッセのマフラーをオリジナルで製作して出来上がったのが
「誰が言い出したか、和泉管」という商品名のスポーツマフラー
徹底的にスポーツに拘ったので、一般的なジェントル仕様は捨てて、オール軽量ステンレスφ50パイプでフロントから交換!!
抜け重視なので、リヤアクスル下を通りサイレンサー後のテール部はφ60!!
大人しい雰囲気のエッセの見た目と音がスポーツに変わりますよ!!

JB用ハイカム新発売!!(^^

ダイハツ コペン・ミラ JBエンジン用

1本 ¥63,000(税別)ご注文>>>

ヘッドやバルブの加工をせずに、ポン付け可能なハイカムシャフト

※ノーマルカムシャフトの先送りが必要となりますので御注意下さい


コペンやL500系ミラ、一部のダイハツ車に搭載されているJBエンジン用のハイカムシャフトが新発売!(^^

今まで色々な仕様のハイパワーJBエンジンを製作してきましたが、まだ出力は上げる事が出来るのにカムシャフトのせいで打ち止め!!って事が良くありました・・・
そこでハイカムの出番となるんですが、JBエンジンはシム一体式リフターが採用されてるので、通常の加工カムだとヘッド側の加工が必要になる事が多く、費用もそれなりに掛かってしまいますが、今回リリースするカムはヘッドの加工無しで取り付けOK!!
イメージ 1
プロフィールは、メーカー公表と同じ計測方法で計った数値は
純正 IN:212° リフト5.9mm → ハイカム 230° 6.7mm  
    EX:200° リフト5.2mm → ハイカム 212° 6.5mm
 
ターボ車では重要なオーバーラップも増え充填効率もあがり出力アップが可能です!!
ハイカムをノーマルピストン、F5ターボ仕様CADコペンに組んでテストしましたが・・・
イメージ 2
ご購入時は純正カムシャフト先送りが必要になりますので、ご質問等お気軽にお問い合わせ下さい