想定の範囲外

過去に時代の寵児と持てはやされた男が問題発生時に「想定の範囲内だ」という言葉を使って、流行した事がある。その言葉を裏返せば自分はそのトラブルは予測可能で既に対処法は用意して有るから問題無いと取れる。僕たちの仕事は整備・修理がメイン、作業中に問題が発生しても想定の範囲内で対処出来るようにいつも心がげている。経験年数が長くなれば自ずと想定の範囲は広がって行くわけだが、予想もしないトラブル・・・想定の範囲外な事も稀に起こる。今回、修理直後にトラブルが発生した車輌。過去の経験から原因を予想すると、今回の作業の一番大事な場所の作業ミスが一般的だった。しかし一番肝心な整備箇所は間違いないように担当整備士と確認しながら組んだ。が、発生したトラブルの原因を予想すると、一番肝心な確認しながら組んだ場所しか想定出来なかった・・・それ以外の原因はアレしか無いが、そんな事が起こり得るのか?と思いながら一つ一つ確認しながらバラシて行くと、まさかのアレが・・・

20160516_112744担当整備士に「作業ミスじゃ無かったで!」 と報告しました! コレで想定の範囲が、また少し広がりました!!(^^;

※ 現在スタッフ募集中!!H/Pに採用情報を出してますので興味の有るかたは、お問い合わせください!!(^^