和泉の国から

「わし、失敗しないので!!」

なんてカッコ良く言えたらいいんだけど…(^^;    僕らのような保守業に絶対は無いから、完璧な仕事に徹するしかない。純正やノーマル状態から手を加えたり出力を上げたりする場合は尚更、慎重に確認しながらトラブルや異変を見つけた場合は原因を特定する必要がある。漠然とバラシて組んでたら、それ以上のモノは造れないし進歩も何も無く、タダの作業と一緒です

IMG_0286

20190923_194619

少し前に仕様変更で入庫したコペンのKFエンジン、オリジナルピストンとキャレロコンロッド交換の御依頼、大きな損傷も見当たらないので通常通りの消耗品交換だけで大丈夫だろうと思ってたのが、クランクの4番メインジャーナルに有り得ない傷。通常ならジャーナル手前で僅かなゴミもオイルフィルターで取ってしまうはずなのに、コレだけの傷を与えるモノ…見ると過去にフロントカバーのオイルフィルター取り付けボルトが折れて修正し形跡が有り、その時の金属片がギャラリー通路の最後の4番に流れた事が原因!!コンロッドも交換する序でなので新品クランクに交換して、組み込んで完成!

IMG_0282

IMG_0420

IMG_0427

IMG_0430

今まで何機も製作してるKFエンジンなので特に問題無く車両に搭載され、F-CONは既に装着済みのブーストアップ仕様から今回現車セッティングで入庫したんですが、スロットル開き始めだけ吹けない症状が発生…失火っぽいような、燃料が薄いような、バルタイがズレてるような…アクセル踏み始め以外は問題無く更けるしブーストも普通に掛かるIMG_0505

最初に点火を疑うけどプラグやコイルは問題無し、たまにF-CONハーネストラブル等も有るから、キャンセルしてみたけど変わらず…VVT異常?位相ズレ??が症状の原因として考えられるけど、そうなる原因はVVTが動いて無いかタイミングチェーンがズレてるしか考えられない…組む際に確認はしてるけど、じゃあ絶対に今この現状で100%ズレてないのか?という保証はない。組む時は、絶対に確認したけど千パーセント間違えてないと言い切れるか??確認する方法は一つしか無い

IMG_0538

実際にバラシて今のタイミングがズレて無いか見る事。早速、先週組んだエンジンを車上でばらして見ると…タイミングチェーンやその他の組み間違えは無かった。でもコレで迷宮入りしそうだけど、おそらく単純な事が原因なのでもう少し調べます(^^

黒山羊、有難うッ!!

キャドカーズの歴史を語る上で、このミラの存在を無くしては語れないでしょう。キャドカーズのスズキでターボ車でアルトワークスが得意!ってイメージから、ダイハツ、しかもNAの車輌、まして当時はだれも見向きもしてなかったL250ミラを、カーボーイ風な流用パーツでチューニング!的な企画でスタートしたのが8年以上前

ミラをやり始めて震災復興中の東北で開催されたイベントに参加したのが初めての走行テストでしたが…

CIMG1503

ぶっちぎりに遅くて他車に付いて行けなかった理由が、EFにはシングルカムのEF-SEとツインカムのEF-VEの2種類ある事すら知らず、ミラバンは非力なEF-SE搭載だったという笑い話が有る程、無知でした(^^;   直ぐにEF-VEに載せ換えて戦闘力を上げ、表彰台の多数を占めていたアルトバンに割って入る事も有りました、まだ3連スロットル化されてないエンジンるーむが懐かしい

当時のブログも白色で真新しいステッカーが逆に新鮮!

032 (3)

セントラルや岡山の耐久にも参加して色々なデータ取りも行いながらストリートベースのスタンスは崩さない車両造りは徹底してました。そこから西浦耐久に参加するようになり、ナンバーレスの排気量アップ仕様へと進んだエンジン!毎レースごとに仕様を変更してたので、業務の合間で進める関係で、本番前日にようやくセッティング終了!と、毎回、ギリギリのスケジュール…スポンサーや他店との協力での参加なので、かなりのハイプレッシャーでしたがシリーズを獲れた時は、やっと終わって解放されたとホッとしたのが本音(笑)

img_3

カーボーイ的な流用でスタートした最初のころ(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/cadcars/34332401.html

エンジン製作と並行してボディ色が変わり

https://blogs.yahoo.co.jp/cadcars/34360191.html

誤魔化しが効かない電波時計でのリアルタイム報告、本当に何か有れば終わりのスケジュールでしたが、「何か有った時は言い訳出来ないように…進捗状況やトラブルが起きても全部公開したれ!!」って、後には引けない状況に追い込んで製作してましたね(^^;

https://blogs.yahoo.co.jp/cadcars/34368990.html

https://blogs.yahoo.co.jp/cadcars/34372909.html

https://blogs.yahoo.co.jp/cadcars/34374808.html

https://blogs.yahoo.co.jp/cadcars/34376529.html

色んな方の協力でカラーリングやステッカーが増え、ナローボディーからバーフェン仕様へとなった黒山羊…カッコ良かったです!!

IMG_0546

IMG_0557

IMG_0580

IMG_0665

20170220_121954

DSC00690

IMG_0114

20180813_013555_LI

20180820_100223

received_241245723198062

received_2039092196143658

Screenshot_20180821-103538_Facebook

NAエンジンの難しさや耐久レースの醍醐味、色々なドラマが生まれたCADCARS L250 黒山羊ミラ、東北の菅生から始まったドラマは、富士の1コーナーで終わりました!!車両は廃車になりましたが、次の耐久仕様でもDNAはシッカリ受け継がれると思います!!

応援して頂いた関係者の方、ハンドルを握ってバトンを繋いでくれたドライバーの方々、有難う御座いました!!

IMG_0511

IMG_0514

IMG_0518

IMG_0519

類は友を呼ぶ、ジムニーはジムニーを呼ぶ(^^

類は友を呼ぶって言うけど、カプチーノばかりの時も有れば普通車ばかりの時も有ったり、ジムニーが続けて入庫したり…

IMG_9083

IMG_0439

 

IMG_0471

IMG_0473

 

JB23ジムニーはインタークーラーを前置き化して空いたスペースにトラストの上置きオイルクーラーを取り付け。8年くらい前に、まだ上置きオイルクーラーとか無かった時に、ワンオフでJB23上置きて製作した事が有るんだけど、レイアウトやフィッティング角度がトラストのキットと似てるのを見て「やっぱ、こうなるよね~」と納得!!(笑)

011 (30)

さて試乗や問い合わせの多いJB64ジムニーのパワーエディター、簡単に10ps程パワーが上がるけど、グラフで見る程の体感が無いのはジムニーの車重が1t超えてるのが原因

jb64比較

IMG_0376

ジムニーが52psから10ps上がってるって事は19%のアップ。これを36で例えると64psから19%アップって事は76psと同じなので、結構体感できると思うんだけど、パワーウェイトレシオで比較すると、ジムニーの62psは36ワークスだと40psと同等なんだよね(^^;   もちろんギヤ比等も違うので加速性能での比較は出来ないけど、パワーは確実の上がってるし、64ジムニーのオーナーなら違いが分かると思います!!いずれは36ワークスより360kgも重いので、やっぱりF-CON等を使用した6485メニューが必要ですね(^^

カプチーノがイッパイ(^^

当店にカスタムで入庫する車両の中で、圧倒的に多いのは36アルトだけど、次に多いのはカプチーノかもしれない…令和の時代に全てのリフトがカプチーノな時も(笑)パーツの中には廃盤も有るのに、大事に乗ってる方が多いですね!中にはスポーツオンリーなスパルタンな仕様も有りますけど…

IMG_0112

年式の古い車輌は定期的なメンテナンスが重要、油脂類のチェックや異音、匂い、振動等の違和感が有る時は早めの点検でトラブルを回避できます!今では採用される事が少ないタイミングベルトの定期交換、同時にウォーターポンプやOリングの交換作業のカプチーノ、内外装の輝きで大事に乗られてるのが伝わってきます!(^^

IMG_0110

IMG_0111

こちらは、今までの扱い易いストリート仕様F3スポーツターボから、少しパワー方向な特性のギャレットGT15に交換!!380ccインジェクター使い切りの制御はV-Pro、ブースト140kPaの120psで完成!!

IMG_0040

IMG_0041

福本カプチーノ

 

こちらのカプチーノは、スパルタンな内装やエアコンレスのセントラルサーキット仕様、!!ハイカム入りHT07、V-Pro制御の120ps仕様から

IMG_9633

今回は上付きタービンタコ足とF4改F5ベアリングターボのセットを譲り受けたとの事で,現車に合うようにフィッティングしパイピング類をワンオフ制作、

IMG_9637

IMG_0056

IMG_0057

コンプレッサーハウジングが丸見えなので普通車のビッグシングル仕様のエンジンルームっぽくて中々の迫力!140ps超える辺りくらいからの現車セッティングは、各メーター数値やエンジン異音等に注意してないと、簡単にエンジンブローします(汗

IMG_0086

IMG_0120

並川カプチーノ

IN:EXバルタイ調整後、アイドリングはコレくらいの負圧で落ち着いたけど、1200rpm以上ないとシンドイね(^^;   エコカーや電スロじゃ無いから、ラフアイドルの方が似合ってるし!5500rpmから綺麗なフラットパワーグラフの140psで完成!!

こちらもF5タービンに仕様変更中のカプチーノですが、街乗りやドライブにも使用するので、エアコンは勿論、車検対応での製作中なんですが、ストリート仕様なので大幅な補機類レイアウト変更は避けたい。なので「パッと見ポン付け仕様!」での製作に決定!!っが、純正エキマニのまま下付きではF5ターボが付くスペースすら無い状態…コンプレッサーやエアコン配管等、邪魔な物が多いのでミリ単位の修正で合わせ込みながら製作中

IMG_0399

IMG_0433

 

3670.3685が増税分より遥かにお得なプランをご提案!(^^

消費税が10%に上がって2週間程。生活必需品は8%のままだけど、それ以外は2%の増税なので、買い物を控える方向に向くのが心情…「36のチューニングは、生活を豊かにする必需品なので8%にしてくれ!」と国に訴えても無理!!そこで1人でも多くの方にハイパワースペック3685ワークスを体感して頂きたいので、通常の金利12.7%の金利から大幅に下げた手の届きやすいお支払いプランを御提案いたします!!(^^

20180812_101025

自分のワークスが、例えば月々約9,000円×30回で、1番人気のF-CON iS:専用ハーネス:HKS EVC 6 iR:取り付けブースト設定がセットの3685仕様になるとしたら如何ですか??

IMG_4661

どうせなら、85仕様にリミッターカット、AF値、VVT変更専用データ入りのエディターセット85Max仕様にしたい!って方には月々約9,800円×36回でもOK!!

IMG_5206

「まだフルノーマルなんです!」って方には、レギュラーガソリン対応ブーストアップ、スピードリミッター、レブリミッターカットの3670もお得に手にする事が出来ます(^^

IMG_5248

「増税なんか吹っ飛ばして36スポーツを盛り上げよう記念!」として、今なら3670.85.85Maxの24回までの金利手数料は、キャドカーズが負いたします!!

85仕様:約10100円(14850円)×24回   カッコ内はマフラーエアクリーナーがセットの場合の金額、以下も同じです

85Max仕様:約12850円(17600円)×24回

70仕様:5500円(7510円)×12回

このプランはアルト限定なので、36ワークス:RS乗りのまだノーマルな方、是非、この機会に如何ですか?ノーマルタービンの性能を120%使うトルクフルな愛車に、また一段と愛着が湧きますよ!(^^  気になる方はお気軽にお問合せ下さい!

※審査に当たってはお名前、住所、居住年数、配偶者や同居人、免許証番号、勤務情報や年収、従業員数等の個人情報の事前確認が必要になります

お疲れ様でした!(^^

K-CARミーティングに参加された皆さん、お疲れ様でした!天候が晴れたり曇ったりと安定しないコンディションのようで、少し大変だったようですね!

IMG_0402

IMG_0407

「こんなクソ暑いのに、フルフェイスに長袖で全開走行とか大丈夫かいな?」と、店舗でトラックのクラッチ交換作業をしながら思ってたんですが、店のお客さんは大きなトラブルも無く、表彰台に上がった方も居るようで良かったです!(^^   が、今回、キャドカーズからエントリーしたデモカーS660が、まさかのトラブル

IMG_0394

エディターでブーストアップ制御のライト仕様、水温や油温を気にせず全開可能なので、お客さんの代車にも出る程のストリート仕様。トラブル等、何の心配も無かったのに、コースインして全開した途端、ブロー…その際は走行中の皆様にはご迷惑をお掛けしました。しかし、何でブロー????

IMG_0413

IMG_0414

アララ…コンロッドが折れてブロック割れとる(・・;    ヘッドもシリンダーも使えないので、午前中に降ろして違うエンジンに載せ換えの準備!(^^

明日はセントラルサーキットに集合!!(^^

明日はセントラルサーキットで軽自動車の走行会「K-CARミーティング」が開催されます!!今年も、お客さん10台程と当店デモカー参加予定ですが、デモカー36100が部品取り?状態で走れる状況に無いので、明日はS660で走行予定(^^;

 

IMG_0406

例年より少し開催時期が早いので、気温は高そうですが、軽自動車だけの年に2回のイベント!!皆で盛り上げて行きましょう!!(^^

さてセッティングで入庫したAE86はジェットセッティング完成!!久しぶりに見るF-CON SZだけど燃料と点火の補正なら十分!!NAのセッティングは殆どがバルタイ調整作業がメイン(^^;

IMG_0365

IMG_0354

IMG_0316

IMG_0355

NAのセッティングは、過去にアルトとか軽自動車が数台…ほぼターボ車ばかりなので、セッティングで大きく差が出るか疑問だったけど、セッティングした結果…入庫時との比較グラフを見て、このパワー数値がこの車両スペックに対してイイのか悪いのか、86のカム替え仕様として速い仕様なのかは分からないけど、吹け上がるエンジン音はビックリする程、綺麗なNAサウンドになりました(^^

AE86比較

64ジムニー 驚きのパワーエディター!(^^

HKSから発売されている64ジムニー用、エキゾースト&ブーストアップセット。パワーアップするには、細いマフラーを交換する必要が有るので、最初から両方がパッケージングされているお得なパーツ!先日の告知どおり、CAD64ジムニーに装着して早速、効果を見てみる!!

IMG_0372

IMG_0370

IMG_0373赤がフルノーマル、青がマフラーを交換、緑がマフラーとパワーエディターを付けたグラフ!!結果は御覧の通り簡単に約10ps以上のパワーアップ、恐るべし!!って事で次に、パワーエディターのデータ編集が可能なイージーライターを使用し、もう少しパワーアップしないか編集して検証してみると

IMG_0376

IMG_0379

jb64比較

書き込む際にビックリするような警告画面が出て来るけど、恐れることなく編集して書き込んでパワーチェック!!緑がノーマル、青がHKSのストックデータ、赤がCAD編集データのグラフ。青のHKSの数値が最初の66psと違うのは、何度もシャシダイで回すうちに、パワーダウンが著しかったので、熱ダレ具合がほぼ同じ条件での比較だと思って欲しい。HKSデータから編集した結果は、1psと、ほんの少しアップしたけど、体感は出来ない範囲かな?!(^^;   それに編集したらノックも聞こえるポイントが有ったので大きく編集は無理っぽいから、HKSストックデータでも十分?!データ取りも出来たし…消費税は上がるけど、64ジムニー乗りの方には、多くの方に購入して欲しいので、今なら取り付け工賃サービスでセット販売します!!エフコンデータ取りの前なら、このパワーエディタージムニーの試乗出来ますので、気になる方は連絡下さいね(^^

IMG_0357

 

 

JB64ジムニーマフラー装着!

構想2分で決まったJB64ジムニーのパワーアップ!早速、HKSから発売されているマフラーとパワーエディターがセットになったエキゾーストブーストアップパッケージを購入し装着!!

IMG_0346

 

IMG_0349

IMG_0348

IMG_0347

ノーマルとHKSマフラーを並べての比較写真が撮りたかったけど、既に装着されており断念…かなり細い純正マフラーなので、交換するだけでも、かなりの効果が期待出来そう!!そして、センサーに割り込ませるだけで装着に10ps程アップするパワーエディターを装着してパワーチェック!IMG_0351

したいんだけど、86がジェットに張り付いてるので、順番待ち(^^; この86はエンジンをO/Hしてハイカムや各部変更した状態で持ち込まれ、セッティングのみの御依頼。NAだからターボのように各ブーストで合わせる必要が無い分、燃料、点火、バルタイとシビアに合わせる必要が有るので難しい

IMG_0353

IMG_0312

IMG_0316

4AGは過去にターボ化したV-Proしか作業した記憶が無く、サブコン、しかもかなり古いF-CON SZでのセッティング依頼なので、作動やSZでの制御可能なのかの確認からスタート!

IMG_0313

IMG_0315

抜け止めのピンが付いた懐かしいカプラーを外し、インジェクターは高抵抗に交換!車両はハイカムが組まれるとの事で、かるくジェットで回して見ると、なかなか厄介なグラフ…ここからバルタイを中心に、セッティングしていきます(^^

IMG_0350

純正、メーカーから学ぶ(^^

最近のピットは、車種、年式を問わず、バラエティーに溢れてるキャドカーズ(笑)トラックに旧車にアメ車…作業内容も修理から車検にチューニングとバラバラだけど、年代や車種で色んな特徴が有って面白いIMG_0338

IMG_0247

IMG_0248

前にミッション交換の35GTRが今回は車検で入庫。点検や整備は、どんな車両でも同じ。消耗品や各部調整で車検は完成!ノーマルで軽のターボ車の8倍近い出力のGTRが、水やEGオイル、インタークーラーを効率良く冷却出来るようにメーカーがシッカリ造り込んでるバンパー開口部と導入経路は流石だといつも思う。120psでも水温対策で悩んでる36ワークス…何とか攻略しないと(^^;

こちらはO/Hや競技用エンジン製作で入庫のKFエンジン!搭載する車両や排ガス規制基準の違いで、よ~く見ると燃焼室の形が少し違ったり、タイミングチェーンが細いVer等、メーカーの細かい変更してる箇所を把握すれば分かる事がとても多く有ります(^^

IMG_0325

IMG_0333

IMG_0334

IMG_0335

IMG_0279

CPUにしてもエンジンにしても、1つ言える事はチューニングしてノーマルより速くなったとして、それはメーカーが造った物をアレンジしただけのモノで有って、同じ土俵ではメーカーの技術力には絶対に適いません!!そこを勘違いしてはダメだと、思いますね(^^