和泉の国から

有る時~無い時~、の差よ…

前回のS660専門ショップ「44G」さんのデモカーのエンジンが木っ端微塵になった流れを紹介したブログからのご報告…まずジェットセッティング中に壊れ44Gに戻ったのが16日、そこからエンジンをが降ろされ単体で持ち込まれ、エンジン内部を強化して組み合げて納品したのが20日、そこから車両に搭載されNOSを見直し再びジェットセッティングまでこぎつけたのが25日

余裕を持って確認がてらのセッティングの予定が、まさかのフルブローで大ピンチ(滝汗「何故、そんなに急いでたか?」というと、26日に雑誌の取材でセントラルサーキットを走らせる予定が有ったんだよね(^^;    何か有れば今までの努力と明日の取材は「ジ・エンド」のプレッシャーの中、恐る恐るセッティング開始…

ジェット上では壊れずにセッティング終了~!!そして、最終パワーチェックした数値を見て顎外れそうになったグラフ(笑

青はノーマル…じゃ無いですよ!?でっかいTD04改ターボ:ブースト160kPaで136psと充分速いんだけど、赤のラインはそれにNOSを噴射した時のグラフで何と226ps…ある時と無い時の差が有り過ぎて恐ろしいね(・・; 

26日の取材は当店もAGSとN-ONEの2台を持って行ったんだけど、N1は車高もホイルもノーマル、「流石に見た目フルノーマルはアカンよな~」と、急遽、車高調とTE37を履きました(^^

ボディ色と合っててカッコ良くなったN-ONE:RS、取材内容は次号のオプションに載る予定なので是非、見てね~(^^  

※白が似合うのは分かってるけど意地でも黄色ナンバーのCADN1(笑

36アルトワークス用Newオイルクーラーキット

各社から発売されている36ワークス用オイルククーラーキット。走行風で冷やすタイプが主流だけどバンパーの内側のクリアランスが狭くコアの設置が難しいんだよね。T社のオイルクーラーキットがコストも場所もイイので良く使われてるんだけど、バンパーを大きくカットしたりナンバープレート位置が変わってしまうので

今回、バンパーサイドにコアを設置するタイプのオイルクーラーキットを新規で製作。チューニング度合いが上がると、水もオイルも冷却が足らなくなるので、サブラジエターやオイルクーラーをサイドに設置し、フォグランプを撤去するユーザーは多い

かなり大掛かりな作業で毎回ワンオフでステーやホースを現物合わせしてたんだけど、今回は、少ない加工で取り付け出来てフェンダーライナーを残すタイプで製作。今回のお客さんも「バンパーは切りたくないし、フォグは使わないから要りません」とのご要望でした

目立たなくチューニングするシンプルな仕上がりが好みの方は如何ですか?もっとパワーが上がった時は反対側に、サブラジエターも追加できますよ(^^

キット価格:¥38500円税込み

もうすぐリリース予定のターボセット(^^

最近、増えて来たタービン交換メニューで人気の高いのがポン付けターボメニュー!HKSやブリッツも出してるし、色々なショップからもリリースされてて、当店も発売して結構経つ

当店のポン付け36100ターボは、少し前にマイナーチェンジ(風量は約120ps)してるんだけどなかなか好評なので、リーズナブルに装着出来るように「ポン付け100ターボスタートキット」をもうすぐリリース予定!!

キット内容は、CAD36100ターボと専用データ入りフラッシュエディターのみで25万円前後の予定(取り付け工賃別)!!ブーストは約90kPaでノーマルインジェクター使い切り。出力はダイノジェットで約~100ps、ブーストコントローラーも不要で純正のソレノイドバルブ制御と、本当にリーズナブルな仕様なので、気軽にタービン交換したい方向けです!

もう少しパワーが欲しい方は、スタートキットに330ccインジェクターがセット、ブースト約120kPaで、~115ps、こちらのキット価格は32万円前後を予定!!(強化クラッチ要)

専用データ入りなので、ターボ交換とデータをインストール出来れば、何処でも誰でも同じ性能が発揮出来ます。既にEVCやF-CONが付いてる方には、更にハイパフォーマンスが可能なセットも開発予定なのでお楽しみに~(^^

綺麗な青、4WD、5MTワークス!!

36ワークスの生産が終わってしまい、これから稀少になって行くと思われるので、早い者勝ちの特選中古車の御案内!!(^^

綺麗な青が鮮やかなワークス!!コレからの凍結や悪路でも圧倒的に有利な4WDの5速MTは、稀少な1台になる事、間違い無し!!コンディションも良くワンオーナーで無事故車、当店オリジナル3670+データ入りフラッシュエディター付きなので加速もイイですよ(^^

エンケイホイルにダウンサス以外は、ほぼノーマルな綺麗なワークスの車両本体価格は税込み133万円(税別121万円)、車検2年付き大阪登録の場合、支払い総額は141万円(税込み)で乗れます!センサーネットにも出してるのでお早めに!!

見習わな(見直さな)アカン所、イッパイやわ(^^

昨日は何かと話題の多かった1日でしたね!?限りなく皆既に近い月食が見られたようで140年振りだとか…よく「数十年振り」とか「百年に一度」とかの天体ショーの話題を見るけど、イマイチピンと来ない

でも昨日のほぼ皆既の部分月食は140年振りらしく世間では騒がれてたのかな?そんな事は、毎日忙しいので全然知らずに、たまたま試乗に出たら正面に変な月が見えたので「アレ?今日って月食?」って感じで見たけど、確かに昨日の月食は神秘的やった…

もう一つの明るい話題はメジャーリーグの大谷翔平選手が満場一致でMVPを獲ったニュース!!野球は興味無いんだけど、このニュースは「凄い人や!」と感動した。ウチらと違って爽やかで実力あるのに奢ったり自慢したりする所が全く無く、凄く謙虚な所がメッチャ好感もてる!!

そして個人的に一番ポイント高いのは、インタビューとかも独身なので一人で爽やかに対応してる所!!高いブランド品とか身に着けて派手な女性を連れてフェ○ーリで登場してもおかしくない実力と人気を持っているにも関わらず、Tシャツで謙虚に丁寧にインタビューに答えてる姿とか見てると…「自分も見習わなければアカンな」と、つくづく思いました(^^

アルトワークス3685Maxが2台(^^

そろそろ電熱ベストの用意が必要な気温…「今年の冬は例年より寒い」と、知らなかったほうがイイ情報も有るので皆さんも準備はお早めに!!さて36ワークスの入庫は熱いっす!!神戸から入庫のワークス5MT、ノーマルの駆動系パワー系では我慢出来なくなり、3685Maxと強化クラッチ+クスコ1.5WayLSDまで一気組み!!

気温が低くなってきたのでターボ車にはパワーの出る季節!!気持ちイイ加速の3685ワークス、また1台完成!!こちらも、ほぼ新車で入庫したワークス5MT、パワー制御系がノーマルなので、こちらも3685Max仕様へ作業!!

ただ最終型の5MTのECU.IDが新しくなってたのでフラッシュエディター書き換えが出来ず…後日対応したデータを入れたエディターを送付して完成しました!!

こちらは恐らくHA36S最後の新車アルトワークス、間もなくモデルチェンジするアルトですが、新型にはワークスグレードは存在しないとの事

ナビやドライブレコーダーを装着して納車完成!!時期アルトワークスが出るまで期待して待ちましょう(^^

こちらは「も。ファク」さんから、入庫したコペン。既にHKSのプロショップでDX30Kai+F-CON iS.EVC制御されてるんだけど、アイドルや加速時の不整脈が有り不快との事で、依頼内容はドライバビリティーの向上と、あわよくばパワーアップも!との事で入庫。まづは現状のパワーを計測し、息継ぎ感を改善する為、燃料系の見直し作業

サブコンのiS制御なので、純正CPUの補正や学習値から燃料噴射量が大きくズレるとギクシャクしやすい880コペンだけど、何とか上手く制御できたしパワーも入庫時より上がって完成(^^  そして、次々難題車輌が入庫してる状況は変わらずなのでスタッフは随時募集してます(^^

当店に必要な人材なら何時でも何人でも採用しますよ!!(^^

ずっと言ってるけど、スタッフは随時募集してますよ!人数は特に決めて無く、「これからの自動車業界に必要な人材だ!」と判断すれば2人でも4人でも採用しますので、興味が有れば連絡下さいね!(^^ 年末が近いからか色々な作業依頼を色々な地域から頂いてるので順次進めてます。前回オイル上がり下がりで入庫したKFエンジン

修理不可との判断で、1機中古のKFエンジンをまるまる使う予定が、これもバルブガイドからのオイル喰いが…

シールからの漏れの場合バルブが濡れてるけど、ガイドからの場合ポートが濡れてるんだよね…なのでこのヘッドも使えないので新品ヘッドを使用

新品なのでバルブやバルブスプリングやバルブシート、スタッドボルト等、何も付いて無いので移植や新規部品取り付け作業が必要

ヘッドのオイル通路のフィルターは移植、しかしインテークのスタッドボルトはロック材で強固に付いてるので外そうとしても絶対に折れます…移植は不可だから新規で取得。バルブは新品ヘッドにすり合わせで当りを付け、カムを組み込み当然新品ヘッドなのでタペット調整も必要

ちなみにKFエンジンは同じターボ仕様でもヘッドやヘッドガスケットバルブスプリング等、違うモノが数種類存在する。新品ヘッドと上の違う車種のKFヘッド、どちらもターボエンジンでウェイクや400コペン等で使われてるんだけど燃焼室が違うでしょ?!組み間違えたら、違うフィーリングになり全然走らない車になったりするので要注意ですよ!!

ブロックはキャレコンの逃げ加工を施し洗浄後、メタル、クランクを組み込み加工したヘッドを載せショートエンジン完成!補機類を装着し車輌搭載までもう少し!こちらもエンジン修理で入庫したラパン

走行距離は16万K超えてるけど愛着持って乗ってるのが車両を見れば分かる。エンジンから変な音がするとの事で診断した結果、エンジン内部が重症の可能性が高く降ろしてバラス事に。

エンジンは既に降りてるので、エンジンが再利用可能かどうか、もうすぐバラシて行きます。こちらもエンジントラブルで入庫の880コペン、ビミョーに圧縮が無いので車上でヘッドっを降ろして点検

想定通りの不具合箇所の修理は完了し対策も施して組み上げ中、完成までもう少し!…と、入院車輌が次から次に入庫してくるのでエンジンやカスタム、車両整備や点検を極めたい方からのご応募、お待ちしています(^^

難しいK点付近の見定め

ブーストやパワーのK点ってドコで決めてる?「燃料が足らない」「タービンが限界」とか色々有るけど「機械的強度の限界付近」の場合、「何とか持たないか?」と無理するんだけど、壊れる時は一瞬…

先週、行われたドラッグイベントに参加した水色カプチーノ、リセッティングでパワーが上がったせいでOSシングルクラッチがトルクに負け3速で滑りが発生…最終戦は、どうしても走りたいとの事で、以前に取り付けたけど半クラレスの扱い難さで諦めた特注OSツインを、やむなく組み込む事に…

ほぼ半クラが無い状態で軽くスタートをテスト!プロスタートでクラッチ繋いだ瞬間に、一瞬で折れてしまったドライブシャフト…急いでスペアのドラシャに交換し、レース前日の練習走行の1本目、プロスタート無しで様子見で走行するも今度はミッションのシャフトが飛んでしまい終了

ドラッグは駆動系の限界が一つのK点の目安になるので今はコレが限界。積車で引き揚げ、来年に向けて対策を検討中!!そのカプチーノと当日、対戦する予定だった森田36ワークス、参加台数が少なかったようだけど優勝には間違い無い!おめでとう!!来年はエンジン強化も視野に入れ、更なるタイムアップに期待!!(^^

さて、こちらもギヤトラブルで入庫のAGS、症状からトラブル原因はほぼ特定してたけどミッションを開けてマグネットに付いてる破片を見て、予感的中

AGSの1-2速ハブは薄いので強度が凄く低い…デモカーのCADAGSも過去に割れた事が有るんだけど、ガタや色んな要素で起こるトラブルなので、対策して組み込み中

ダイハツKF,JB,EFと勢揃いバイ

車の整備作業をする上で色々な計測機械を使うんだけど、エンジンを組んだりする場合、1/100ミリ単位を計測する所も有るので精密さが必要、さらに大事なのは基準をしっかり出しておく事、コレがズレてたら意味ないからね…

適当でエエ所や勘で組む所も有るけど、腰下の交差や歪みはシッカリ数値として「見える化」が重要。シリンダー交差は問題無いけど、バルブや燃焼室を見れば

明らかにオイル上がりの症状が見れるダイハツのKFエンジン、限度地内なのにココまで溜まるのは何か他に原因が有るので調査中なんだけど、KFエンジンの泣き所の

バルブガイドからのオイル漏れも有るので、シリンダーヘッドは使用不可…下も上もオイルを消費してるのでかなり重症

こちらは、不調理由がすぐ分かるダイハツJBのヘッド、見事にエキゾーストのバルブが

割れてますね。出力は200psオーバーなので各部分の負荷は大きいから仕方無い…ウチでポートや燃焼室までフルに手を加えたエンジンは製作期が分かるように書いてるのでコレは約3年前製作…なのでシリンダーも

相応の摩耗具合。軽くホーニングでも対応可能、もしくはオーバーサイズ的な修理内容を検討中

こちらは今、組み上げてるダイハツのEF改エンジン、シリンダーが加工から上がってきたので組み始めたらピンやコンロッドの加工も必要らしく

この辺は寸法を大胆に削ったりで調整(笑)腰下は完成したので、次はヘッド側の修正組み上げ作業に入ります

※ジェットセッティング車輌で「詳細は後日!」のまま放置してる事は覚えてるので、追々、追加しますから待っててね(^^;

地方発送承ります!的な…(^^

最近は他府県からの入庫が増えたので、2台積み積載車で遠方まで引き取りや納車が増えましたね!引き取り納車費用は別途掛かりますが、時間が取れ無い方や長距離運転がシンドイ方は、御相談に乗ります(^^ 今回は2台共、関東方面なので同時に納車!

上に積まれたKeiワークスはギヤ比変更とパワーアップの御依頼!既にF5タービン仕様なんだけど、今回はパワーアップと言うよりターボラグを減らす方向で

チラッと見えるボンベキットを取り付け(^^

大きなF5タービンを4000rpmアクセル全開辺りからでも加給出来るようにガスを吹いて無理やり加給領域に持って行き、ブーストが掛かってしまえばガス噴射を止めるようにV-Proで設定。大きなターボでも下からブーストを掛けるようにアシストする為に今回はNOSを付けたので、こういう使い方も有りです(^^

日曜日の今日は来店や納車が多く、熊本のエッセも無事に納車、東海からモンスター100ps仕様からCAD.F5タービン仕様に変更したワークスも納車!

入庫時は、モンスターフルコンプリートでタービン、フルレンジECU、I/C、エアクリーナーが装着されてて計測すると

結果はキッチリ100ps!!ここから燃料、クラッチ、ターボ、補機類、エンジン制御と一気にアップデート開始し、まづは左右フェンダーにサブラジエターとオイルクーラーを追加

余裕で70℃を超えて行く吸気温度を下げる為、流用純正I/Cを切った貼ったして和泉製作所でワンオフ製作!工程が多くミリ単位での溶接や取り回しが必要で、かなり時間と費用が掛かるけど、バンパーから出る事無く車検もOKでシッカリ冷えるワークス用前置きI/Cは効果絶大ですよ

駆動系はクラッチを小倉製に交換!!クラッチ操作が段違いに操作しやすく癖が無い扱いやすい多板式、ウチのデモカーにも取り付けしててNOS噴射時の180馬力でも滑らないトルク伝達性能はテスト済!

大容量燃料ポンプとインジェクに交換し、リターン式で燃料を供給!モンスターフルレンジECUは手を加えず、F-CON iSで補正しブーストはEVC7制御、ジェットで夜遅くまでかかったセッティング結果は

入庫時の100psがノーマルに見えるような比較グラフ、ブースト150kPa時に約137psで終了、有難う御座いました(^^