S660は特に吸気温注意!!

今まで、パワーダウンの原因の一つに熱ダレ注意!!と言って来ましたが、今回、S6に関しては吸気温度に因るパワーダウンは、想像以上にかなり大きいという結果が出ました

IMG_3422

IMG_3423

IMG_3421

 

S6は助手席側にインタークーラーへ走行風を取り込むダクトが有り、吸気温を下げるように作られてますが、タービンの上にターボパイピングが通るレイアウトなので、熱の影響を受けやすいんです、遮熱板を外しての走行等は、ターボの熱でドンドン車がパワーダウンしてしまう原因の一つだと思われます。下のグラフは同じブーストで、吸気温40°と80°以上での比較です

IMG_3419

IMG_3424同じブーストでも、ここまでパワーの差が出ました。3回とも同じ結果だったので、吸気温をいかに下げるかは、かなり重要です!!S6は助手席のガラスは上げておいた方がダクトに風が入りやすいので、スポーツ走行時はエディターの吸気温項目にも注意しながら走行して下さいね!!(^^

IMG_3426

メカニックスタッフ募集

CADCARSでは現在、スタッフを募集しています(^^

年齢・資格不問・要普通免許  ヤル気が有ればOK!!

当店は各新車・中古車販売から車検・整備・カスタムや各種走行会へのサポート等、より良い充実したカーライフをお客様に提供出来るよう、スタッフ一同が日々全力で業務に当たっていますので、私達と一緒に働きませんか?

応募要領や面接日時、ご質問はお気軽にTEL・Mailして下さい!!

TEL:0725581323   メールフォーム

 

S660.36ワークス、オンボードアップ!(^^

今回、CADCARS TVにセントラルサーキットオンボード動画をアップ!!S6のオンボードは3月末に練習走行した時のオンボード、車両の仕様はHKSフラッシュエディターでブーストアップのみの80ps仕様にHKS車高調、ダンロップZ2!!センターディスプレイのアクセルとブレーキの踏み加減で、限界コントロールしてるのが分かりますね!

もう1つは36100のAGS仕様でのシェイクダウン、も。ファク走行会に参加した時のオンボード!!こちらは、S6のような走りとは違い、ひとつずつ確認しながらの走行なのが分かります!!4点のみ装着して走行しましたが純正のシートレールは視点の高さとレールの弱さで車の限界が分かりにくいとの事、熱ダレが色々な制御に影響が出る事も分かりました!!これから各部、煮詰めてテストして行きますね!!(^^

そうそう、先方の都合によりキャンセルで、まだお買い得な36GTRS仕様の未使用車1台有ります!!早い者勝ちなのでお問い合わせはお早目にね!!http://cadcars.xii.jp/archives/4866

IMG_3146 (2)

休日マシーンでサーキット!!

週末のセントラル、走る事が好きな者が集まり会員枠で自分の好きなタイミングでコースインし、あ~でも無いこ~でも無いと、サーキット走行を楽しんでる連中が居る グリッドスタート式の走行会は前後左右の車輌は全てライバルな有る意味ヤルかヤラれるかのレースだけど、会員枠は、走りに集中して色々試したり、一度戻って仕様変更して再確認等、冷静に走行する事が出来、自分のペースで思い思いに走行出来る。最近はそんなサーキット人口が少しづつ増えてるように思いますね そして昨日の土曜日、CAD・S6もエディターや足のセットを変更してテストしてみた

1489314404566

121766317835189540sで止まってタイムが呆気なく39秒フラット…これで少し方向性が見えて来た、限界はまだまだ先に有る事も確信したので、純正タービン・触媒で詰めて行く予定だけど、これからのシーズン的にタイムアップは難しくなるだろうな~(^^;

この画像を提供してくれた方が、一緒に「コレも載せろ!」って意味だと思われる画像が添付してたので紹介しておきますと、先日のジェットで200ps超えた軽量無しラスボスコペン、恐ろしいタイムをマークしたようです、まだまだイケる!!!!との事なのでコチラも楽しみですね!!

1489201862169

 

 

S6ビックリ!!(・ ・;

今日はまた冬のような寒さに戻って急きょ廃油ストーブスイッチオン!!3寒4温というから、早く春になって欲しいですね!!さて久しぶりな感じの5速ブローしたコペンミッションのO/H!!もちろん、タービンはF5仕様なので、いつ飛んでもおかしく無い状況、下した序でに、他の消耗品も点検・交換しますね

IMG_2564

IMG_2575

IMG_2578

 

そして、日曜日にセントラル走行したCADS6、実は走行前にタービンから異音がしてきたので排気漏れ??とゴソゴソしてて気付いたんですが….S6って純正でアクチュエーター調整式なんですね!?スゲーッ!!って思ったのと同時に….回して見ると、ブーストがバシッと上がりますやん!!

IMG_2583

IMG_2591

IMG_2582

そりゃエディターのみのセッティングだと天井は、そんなに大差無いはずなのに…!?って思ってたので早速、エディターデータハイブースト仕様で試すと速くなったんですが….燃料系に手を入れたらお手軽じゃ無いし、そこに手を付けるならHKS・GT100Kit付けたくなる!?今なら、プレミアムキャンペーンやってますよ!!(^^

 

IMG_2360

他にも色々です

 

IMG_2589

IMG_2584

IMG_2577

 

 

 

 

人気のS660プレミアムキャンペーン!

3月末まで開催中のHKSのプレミアムキャンペーン!!S660のGT100Kit取り付けが工賃込みでお得なキャンペーン!!内容はターボキット、フラッシュエディター、燃料アップグレードキットが付属してます!!更に当店では全交換タイプアドバンスLLCHKSスパークプラグ、CADCARSトレーナーもセットで付いてます!3/31までの御予約対象なので、金額や詳細はお気軽にお問い合わせくださいね!(^^

S6set

こちらはL880コペンのブーストアップ、燃料リターン式に変更し、EVC6でブースト180~95Kpa制御、F-CON iSで補正しMAX93psで完成!!6800rpmでノーマルI/J使い切り

IMG_2469

IMG_2471115000rpm~6500rpmまで約90psを維持する乗り易い仕様!!ピーク数字だけの〇〇馬力仕様とは違うので、色んなグラフを見比べると色々分かると思いますよ!!(^^

こちらのカプチーノ、他店で少し前にオーバーホールを施したらしいんですが、最近オイル消費が多い、水が減るとの事で原因追及。エンジンルームがオイルまみれになっており外部に漏れてるのかの判断が付かず、スチームしてもフロントカバー内がオイルでボトボト、フロントシールからのオイル漏れも良く見受けられるので確認の為タイベルを外して確認すると

IMG_2473

IMG_2475

 

問題有りませんでした!!マフラーから白煙が見られるので、ターボかシリンダー内部か・・・

IMG_2470

IMG_2472

IMG_2477

 

それにしてもコノ時期の和泉ラインの多さは普通車・軽自動車共に異常の多さですね…ラインに入るまで1時間前後並ぶのは当たり前なので、1発で受からないと、時間のロスが半端無い!!かなりの精度で数値類は確認してますが…3月の陸事は連日大フィーバーになるので早めに車検受けて下さいね!!(^^

スタッフ募集!!

CADCARSでは現在、スタッフを募集しています(^^

年齢・資格不問・要普通免許  ヤル気が有ればOK!!

当店は各新車・中古車販売から車検・整備・カスタムや各種走行会へのサポート等、より良い充実したカーライフをお客様に提供出来るよう、スタッフ一同が日々全力で業務に当たっていますので、私達と一緒に働きませんか?

応募要領や面接日時、ご質問はお気軽にTEL・Mailして下さい!!

H/P採用情報

 

 

 

 

 

S660 HKSプレミアムキャンペーン!!

IMG_2357

IMG_2361S660に乗ってる方には見逃せないHKSプレミアムキャンペーンが3月末まで開催中です!!これは全国のHKSパフォーマンスディーラーで同時に行ってるモノで、キャンペーンの対象商品や車輌が特別セットで購入できるお得なキャンペーン!!今回は86/BRZやR35とS660が対象!!もちろん、当社にR35や86は入庫なんてしないので…S660が対象です!!

IMG_2360キャンペーン内容は御覧の通りで、HKSダンパーセットとマフラーをセット購入すると、エディターかレーシングサクションが!!タービンキットを購入すると、エディタープレゼント!! 気になる方はお気軽に電話でお問い合わせ下さいね!!

S6も真面目っすよ!?

キャドカーズといえば、スズキ!!のイメージから、少しダイハツも浸透していったように思うんですが・・・本田に関してはまだまだですが、今回、ムック本のS660・ビートが発売になり取材して頂きました

img_1670ホンダマニアの方はキャドカーズの名前は初耳という方ばかりだと思うので、取材内容を見ても 「へ~」 で終わる記事ですが・・・当社や石川社長を知ってる方が見ると、なかなかのブッコミが新鮮だと思われる内容・・・必見です(^^;

img_1671

img_1673

img_1672

img_1674

 

 

色々御待ち頂いております

久々の更新で申し訳ない、近況アップ的な意味合いも含め

まずは、ど派手なコペンの仕様変更に伴うV-Proセッティング、F5タービン仕様、結果はジェットで182psのモンスターながら、車検に対応な排ガスでOK

img_1552img_1557

img_1561

こちらのコペンローブ、電動スロットルの独立制御でスピードリミッター、トラコンからの解放が可能なHKS F-CON V-Pro Ver4.0のフルコン制御に変更。電動スロットルを独立制御するということは、始動時のアイドリングからエアコン使用時のアイドルアップ全てを電動スロットルが行うので、かなり細かい設定や補正が必要。ブーストはEVC6で最大150Kpa、ジェット出力82psで完成

img_1548

img_1569

img_1571

img_1560

こちらは日帰りブーストアップで東海から入庫頂いた36ワークス

img_1559

img_1564

こちらは、発電不良で入庫したS38年式 ブルーバード ノスタルジックな室内の香りをお伝え出来ないのが残念img_1566

 

こちらも制作中なアルト改、ジェットセット完了img_1573

ホンダエンジン製作、バルブスプリング変更、各数値バルタイ確認変更数値の決定

img_1581

img_1582

img_1587ダイハツエンジン製作、メタル合わせ組み上げ中

img_1578

img_1580

こちらはS660.100ps仕様エディターセッティング

img_1526

 

ほかにも一般整備・車検・コンプリート制作と作業パンパンです。御待ち頂いてる方には申し訳ない。入庫も待って頂いてますので、ここをアップする時間が有れば作業を進めたいのですが・・・ご理解頂きたい

img_1583スタッフは引き続き募集しています!

スタッフ募集

ダイノジェット・フルドライブ機能フル活用!!(^^

当社がセッティングや修理等に使用しているダイノジェット社のシャシダイナモシステム。良く動画にアップしているのでご存じの方も多いと思う。皆さんが良く目にするローラー式シャシダイナモやハブに付けて回すシャシダイナモと大きな違いは、2WD車輌でも4輪タイヤを回すことが可能な点である GTRやフルタイム4WD車輌なら、4輪をローラーに載せれば可能だが、2WDで4WDを回す事が出来るのはダイノジェットのみである

この動画のS660は後輪駆動だが前輪も回ってるのが確認できる。何故、4輪を回す必要があるのか? 最近の車輌は、電動スロットル、ABSやトラクションコントロール、デュアルクラッチ等、多くの電子デバイスが装備され、通常の4輪が回って無いと、セーフティーモードになり、スロットルが全開にならない、トランスミッションが変速しない・又は固定出来ない等の制御が介入する事がある。そうなると、故障診断が出来ない、セッティング・パワーチェックが出来ない等の問題が出てくる。レクサスやポルシェ・アウディといったディーラーやHKSは、このフルドライブシステムを装備している 逆にコレが無いとコレからの車輌の診断・チューニングは出来ないと言っても過言では無い

CVT車輌でも綺麗なラインで計測可能、グラフはCVTスポーツモード3速固定でのパワーグラフ

img_1518

当社でダイノジェットを購入する際、住宅ローン並みの高額設備にはビビったが、将来の電子デバイス必要性を考慮しての導入したが、S660CVTでようやくフル稼働!!しかしポルシェやフェラーリ、アウディのセッティング依頼が来てもお断りします(^^;

 

 

S6・CVTも!!(^^

最近、一般道や車の雑誌等で目にする機会が増えたS660。走行会でも多く見られるようになり、普通車メインのショップでも盛んにチューニングが施され、中古車市場にも多く出回ってるので、需要は益々増えると思われるS660。軽自動車では贅沢な6速ミッションモデルと7速CVTモデルが用意され、6速モデルは当社で開発用に購入し様々なデータ取りを時間をかけて行っている

20160621_184353

20160621_184405

HKS・フラッシュエディターを使用したビフォーアフターのデータ取りでも、かなりのパフォーマンスを確認できたので、次のステップとして・CVTモデルでのデータ取り後、ようやく入荷したキャタライザー交換・そして次はタービン交換にも着手する。ターボはハイフローモデルでブーストアップ以上のパワーは勿論、軽快なフィーリングと高回転のパワー感の両方が楽しめる設定で、価格はタービン本体・取り付け込み・専用エディターデータインストールのみの3点セットで¥18万(TAX別)を予定しているので、ご期待下さい。

img_1384

img_1382

img_1386

img_1390

img_1393こちらは対照的な旧車の部類?(^^; 初代アルト!!かッなり昔のH/Pでも商会した時とは見た目もパワーユニットも激変!!C72改F5EG そんな懐かしいレポートもありながら、今はF5タービンの大人げない仕様!!今回、板金とセルモーターの変更で入庫したのですが、スペースが・・・(^^;

img_1379

img_1376