S6100もイイね(^^

立て続けに珍しくS660にF-CON取り付け作業の御依頼。今回は既にGT100キットが装着されエディター制御されてるんだけど、過去にブローしてる事も有り、「将来的にNosも付けるかも」との事で、エディターにF-CONでの制御を追加

IMG_3359

ブースト制御はレスポンス抜群のEVC!S6はトルク管理が厳しいので、ブーストが低いとか高いと判断するとチェックランプが点いてしまうんだけど、F-CONを追加するので、EVCのモード選択でノーマルでもハイブースト150Kpaまで掛けたりしてもチェックランプは点かない(^^

IMG_3373

 

IMG_3375

コンロッド強度とタービンブローに注意しながら、入庫時のGT100キット計測は約80ps…そこから少しエディターでVVTやAF変更で約88ps…そこからF-CONでの現車セッティングで101ps

奥和田S6比較IMG_3403

インジェクタ変更時やNos補正等にもF-CONは対応してるのでS6にも有効!!ただF-CONハーネスの関係でシート背面に本体が(^^;

こちらは、荷物を安全に速く届ける為に、HKS車高調キットと延長ロアアームの取り付け中の貨物仕様ワークス!!次は100ps仕様ですね(^^

IMG_3382

IMG_3387

IMG_3386

(S660+GT100+Nos)F-CON iS=イイ感Gの44G~

「高速道路を走行中にバッテリーランプ点いたけど何やろ?エアコンもHSAも効かんしヒューズ切れか?」と閉店間際に来店したのは

IMG_3325

カメラを向けただけで、このポージングな44Gのヨシタク君!!運良く?!完成した44GデモカーS6を引き取りに来る途中に積載車のダイナモが終わったらしく、そのまま預かりの流れに!

IMG_3312

まるで44Gプロショップのキャドカーズ(笑)積車のダイナモを正規リビルトに交換し無事に復活!!積んで帰ったデモカーのS6は、今回F-CON iS制御で現車セッティングで、イイ感じに!

IMG_3296

IMG_3291

Nosはガソリンと一緒に吹くウェットショットなので、本来NA前提のシステムに燃圧が加わると必然的にガソリンの吹く量も変わり空燃比がズレるけどトラブルが出る程では無い。しかし、NOSが作動した時の燃圧変化のズレをF-CONで補正してあげればパフォーマンスが上がる!

44Gnos

ターボはGT100ps仕様、青がF-CON無しNos噴射、赤が今回のF-CON補正でNos噴射時のグラフ。ブーストゼロの2500rpm辺りから補正しながらNos噴射してるのでブーストの立ち上がりが別物ですね(^^

 

S660も戦闘力上がってます!!(^^

S660の6MTは、比較的チューニングしやすいんだけど、CVTはセッティングするにも何かとトラブルが出やすい!CPU品番も5種類程有り、トルク監視が厳しくなってるようで、チェックランプが点灯しやすい傾向

IMG_3169

しかもCVTは4輪が回らないとフェイルセーブが入り、通常のシャシダイナモではセッティングが出来ないんだけど、ダイノジェットはリンクシステムで4輪回す事が可能なので問題無い!今回、比較的新しいCPU品番用のエディターマップを再構築してみた

IMG_3157

IMG_3173

IMG_3171_LI

560CVThikaku

エディタ表示の排気温度は想定温度なので、センサーで計測する実温度とは、かなりズレて参考にならない。ノーマルとの比較グラフ、2輪駆動で前後ドラムを回してるので、出力される数字は参考ね!青ラインのノーマル比30%アップなので64psだとしたら約83psくらいかな?!今の所、不具合は出てないのでコレで様子見です

一方、6MTはトラブルが少ないのでパワー重視のセッティングがメイン!前回、158psと驚異的な仕様を造ったTレーシングさんのS660が再入庫!パワーは出てるんだけど、トルクが細かったので、そこを重点的に仕様変更して、エディターでリセッティング!

IMG_3189

IMG_3190

IMG_3188

エキマニレスの660ccの排気量で大きなF5タービンを回してるので、トルクが足りない所が有るんだけど、今回の仕様変更でかなり改善されパワーも上がった。最終ブースト約170kPaで164ps、この酷暑の中でのダイノジェットの実数値なので、ローラータイプのシャシダイナモだと180psを超えますね!

こちらもアップデート中のS6、CAD36デモカーと同じようにNos噴射時の制御をF-CON iSで追加補正する予定で作業進行中

IMG_3259

IMG_3274

S660勢も150psワールドへ、イラッしゃ~い(^^

軽自動車のターボで比較される、コペン:ワークス:S660の3車の中でパワー競争で最初に150psに到達したのは、も。ファクさんの400コペン!!強化コンロッドとフルコン制御で3車種の中ではブッチギリだったのを記憶している。次に36ワークスがF5タービンで到達したのが1年程前かな、S660は制御とエンジン強化の関係で大台の150psには中々届かなかったんだけど、今回のショップデモカー2台が約150psに到達 !!

まづはT-RACINGさんのS660、エンジンは強化コンッロッドとピストンが組み込まれ、タービンはIHI F5を綺麗にフィッティング、HKS水冷インタークーラーや冷却システムも拘った仕上げで燃料系も大容量に交換されており、HKSフラッシュエディターセッティングをCADが担当

IMG_2218

IMG_2219

フラッシュはF-CONのようなリアルタイムでの書き換えが出来ないのでログを取っては書き換えの繰り返しなので、かなりの時間が掛かるけど第一段階は、ひとまづ完成!!課題は有るけどアップデートでまだまだ期待出来ます!!

IMG_2226

もう一台は44GさんのS6、こちらはGT100ターボをフラッシュエディターで制御し約100psのサーキット仕様。これ以上はコンロッドが必須なので、今回、キャレロに交換

IMG_2460

IMG_0703

エンジン強化でトルクリミッター自主規制解除!!そこで、最近、流行りの?NOSを装着してパワーアップを目論んだ結果

IMG_2478

IMG_2476

S660 NOS

少し失火等有るけど、NOS無しと有りの比較グラフ…GT100+Nosで147psNosをマーク!!恐るべしノスパワーです!!

S660もこれから面白くなるのは間違いない!!って事で、CADデモカーのS660を店頭中古車で販売しますよ!!HKS車高調キットやLSD、TE37、スタビ、GT100キットが付いてお買い得!!もうすぐセンサーネットに出すので気になる方は、今のうちにお問い合わせ下さい!!(^^

IMG_2564

IMG_2565IMG_2567

6MT 車両本体価格 ¥192万税込み

DX.S6.KF.S07.イイもんはイイねん!!(^^

L880コペン、ポン付け最強タービン、HKS DX30Kai セッティングと燃料強化で、ジェット出力約100~120ps辺りが狙えるコストパフォーマンス抜群のDX30キットが再販開始しました!  IMG_0704IMG_0705

ブーストアップの次のステップアップを望んでる方は是非!!早目の問い合わせがお勧めですよ~(^^

先日の走行会でコンロッドが折れてブロック、オイルパンに穴が空いたCADS660、弱いもんは強化するしか無いので保険も兼ねて、HKS九州さんから発売されているH断面をぶち込みます!!

IMG_0674

IMG_0702

純正との比較インパクトはKFを上回ってますね…回転系や動弁系は軽くするのがエンジンの鉄則、随所に工夫が見られるS07Aエンジンは下手に触るとバランスが悪くなるので難しいです(^^;

IMG_0675

KFやR06はS07と比較するとアレだけど…決して悪いエンジンでは無いですよ!!今、ヘッドの交換作業中の400コペン、160馬力程出てるので色んな所にストレスが溜まってきます。ダイハツはバルブシール周りのトラブルが多いのが特徴。スタッドボルトも何も付いてない新品ヘッドにバルブ当たりを付け、ハイカムに合わせてタペット調整後、搭載

IMG_0653

IMG_0656

IMG_0685

IMG_0688

IMG_0701

厄介なトラブル…

エンジン関係のトラブルは軽症な物も有れば重症な物もある。大半はエンジンを降ろす、または車上でヘッドを外したり、ピストンを取り出したりという作業が必要で、人間でいうトコの外科手術に当たるので出来れば、そういった修理は未然に防ぎたい…

IMG_0563

IMG_0506

しかし、この車輌で頻発しているスラスト異常摩耗トラブルはランダムで発生し防ぎようが無く、軽症の段階で修理しないと、クランクが焼き付く事になるので、対策したいトコだが点検して摩耗量を判断するしか無いのが現状。

IMG_0106

IMG_0108

既に10台以上修理してるんだけど最近はとりわけ多くなり、週1ペースでの作業。粘度の低いエンジンオイルを使用してる車両や、走行中クラッチを踏み込んだ時に、カクッとした感触がペダルやシフトに伝わったり異音が有れば、注意が必要!

IMG_0491

IMG_0661

IMG_0662

IMG_0493

IMG_0663

IMG_0497

初期段階なら、クランクASSYとメタル交換で治る(コレだけでも重症)けど、酷くなるとシリンダーブロック交換が必要になります。ウチでは交換時、折角外してるので、ピストンとコンロッドはフルフロー加工して組み込みます!!

IMG_0632

IMG_0633

IMG_0639

今、修理でフルフロー加工中のピストンコンロッド3台分…11月分の修理予約は既にほぼ埋まってるので、毎週降ろしての作業が続きます(^^;

こちらは木っ端みじんになったCAD エス6のエンジン、時間が空いたのでバラシて何がどうなったか確認すると

IMG_0673

IMG_0676

IMG_0679

コンロッドは使えませんが、コンロッドメタルは使えそうなのでケチなキャドカーズは再利用予定!!(^^

 

お疲れ様でした!(^^

K-CARミーティングに参加された皆さん、お疲れ様でした!天候が晴れたり曇ったりと安定しないコンディションのようで、少し大変だったようですね!

IMG_0402

IMG_0407

「こんなクソ暑いのに、フルフェイスに長袖で全開走行とか大丈夫かいな?」と、店舗でトラックのクラッチ交換作業をしながら思ってたんですが、店のお客さんは大きなトラブルも無く、表彰台に上がった方も居るようで良かったです!(^^   が、今回、キャドカーズからエントリーしたデモカーS660が、まさかのトラブル

IMG_0394

エディターでブーストアップ制御のライト仕様、水温や油温を気にせず全開可能なので、お客さんの代車にも出る程のストリート仕様。トラブル等、何の心配も無かったのに、コースインして全開した途端、ブロー…その際は走行中の皆様にはご迷惑をお掛けしました。しかし、何でブロー????

IMG_0413

IMG_0414

アララ…コンロッドが折れてブロック割れとる(・・;    ヘッドもシリンダーも使えないので、午前中に降ろして違うエンジンに載せ換えの準備!(^^

S660:6MT用スポーツターボ+EVC=最強説(^^

令和スタートまで、残り2週間足らず…今年はG/Wが10連休のトコも有るとか?!キャドカーズは5/6~8が連休となりますので宜しくお願いします(^^

20190409_115901

20190409_123601

さてホンダ軽自動車の最高峰のS660!右肩上がりの気持ちイイ加速が味わえるCVT用スポーツターボは以前に御紹介しましたが、続いて6MT用のターボをS660プロショップ:T-RACINGさんと共同開発!!MT用スポーツターボはCVTより高回転パワーに振った味付けでブーストはEVCで制御!100ps出るか出ないかのパワーなので燃料はノーマルのままでセッティング!!

IMG_8670

IMG_8668

レスポンス抜群な純正ターボのブーストアップも十分速いけど、下のトルクがイイ分、高回転が物足りなく感じるので6MT用スポーツターボは、立ち上がりは、ほぼ同じで高回転まで加速が続く仕様!!

T-RACINGポン付けhikaku純正ターボのエディターブーストアップ制御が青グラフ、今回のスポーツターボ:EVC:エディター制御が赤のグラフ、4800rpm以上ズット90ps以上を維持する特性なのが分かるよね?!燃料は変更無しの使い切りなので、コストパフォーマンスにも優れた仕様!!ブーストアップの加速では物足りなくなった方には、かなりお勧め!!ピークパワーの数字よりパワーカーブ特性の方が大事ですよ!!(^^

 

マージン削ってくれ!って言うけどね~(^^;

今回はデモカーみたいなオーナーカーのS660!!ノーマルタービン限界仕様の現車セッティングの御依頼で入庫、でかいインタークーラーや見るのが大変な程の追加メーターが装着されており、ブーストはEVCコントロールでフラッシュエディターで制御!「タービンやエンジンは壊れてもいいので、セッティングは詰めて下さい!」との注文ですが、流石に壊れては駄目なので、通常よりマージン少な目で(^^;

20190217_180104

20190217_175855

20190217_175621

ブーストコントロールは純正のソレノイドバルブでは無くEVC制御なので、フラッシュエディターのブースト値を近くしないとチェックランプ点灯等、少しややこしいんですが、羽が曲がる手前までブーストを上げ、燃料、点火、VVTを詰めていった結果、壊れずに燃料も風量も使い切りで完成!!(^^

IMG_8191

IMG_8195

DTM

そして、もう一台はお馴染み「も。ファク」デモカーのエヴァコペン!!前回のセントラルタイムアタック直前にトラブルでブローし、今回、新規に製作したNewエンジンを搭載!!こちらも「2周持てばイイので限界まで詰めてくれ!」との御依頼ですが…(^^;

20190222_152432

20190217_172241

IMG_8242

今までの210ps仕様でも恐ろしい加速なのに、今回はソレ以上でも壊れなくて速いセッティングが求められるので、エンジン側の対策や調整は施工してますが、当然マージンも削らなくてはいけません。セッティング時、いつも細心の注意は払ってますが、今回の2台共更に更に最新の注意を払って…(^^;

EVA CTAC

最終ブースト235kPa  225ps:7308rpm で完成。 鍛造では無い普通の純正ピストンですが、1個当たり軽自動車並みのパワーを受け止めてる数値…2周なら持つかな?!(^^;

S660 CVTスポーツタービン大好評!!(^^

今年はスズキやダイハツに加え、ホンダのカスタム車もラインナップに増やして行く予定なんだけど、先にブログでS660CVT専用スポーツターボリリース記事を上げてから、価格やキット内容等の問い合わせを多く頂いてました

IMG_7683

高回転までの気持ちイイ加速が味わえるCVT専用ターボと専用フラッシュエディターデータのインストールがセットで¥16.3万(税別)  

で販売中!!工賃とLLC、ショートパーツで約¥4万で取り付け可能です!!CVT乗りの方で気になる方はお気軽にお問い合わせください(^^

※フラッシュエディター本体は付属してないので、持って無い方は本体を購入して下さい

次の開発車両はコレの予定!乗って走って楽しい仕様をお楽しみに(^^

IMG_7892