DX.S6.KF.S07.イイもんはイイねん!!(^^

L880コペン、ポン付け最強タービン、HKS DX30Kai セッティングと燃料強化で、ジェット出力約100~120ps辺りが狙えるコストパフォーマンス抜群のDX30キットが再販開始しました!  IMG_0704IMG_0705

ブーストアップの次のステップアップを望んでる方は是非!!早目の問い合わせがお勧めですよ~(^^

先日の走行会でコンロッドが折れてブロック、オイルパンに穴が空いたCADS660、弱いもんは強化するしか無いので保険も兼ねて、HKS九州さんから発売されているH断面をぶち込みます!!

IMG_0674

IMG_0702

純正との比較インパクトはKFを上回ってますね…回転系や動弁系は軽くするのがエンジンの鉄則、随所に工夫が見られるS07Aエンジンは下手に触るとバランスが悪くなるので難しいです(^^;

IMG_0675

KFやR06はS07と比較するとアレだけど…決して悪いエンジンでは無いですよ!!今、ヘッドの交換作業中の400コペン、160馬力程出てるので色んな所にストレスが溜まってきます。ダイハツはバルブシール周りのトラブルが多いのが特徴。スタッドボルトも何も付いてない新品ヘッドにバルブ当たりを付け、ハイカムに合わせてタペット調整後、搭載

IMG_0653

IMG_0656

IMG_0685

IMG_0688

IMG_0701

厄介なトラブル…

エンジン関係のトラブルは軽症な物も有れば重症な物もある。大半はエンジンを降ろす、または車上でヘッドを外したり、ピストンを取り出したりという作業が必要で、人間でいうトコの外科手術に当たるので出来れば、そういった修理は未然に防ぎたい…

IMG_0563

IMG_0506

しかし、この車輌で頻発しているスラスト異常摩耗トラブルはランダムで発生し防ぎようが無く、軽症の段階で修理しないと、クランクが焼き付く事になるので、対策したいトコだが点検して摩耗量を判断するしか無いのが現状。

IMG_0106

IMG_0108

既に10台以上修理してるんだけど最近はとりわけ多くなり、週1ペースでの作業。粘度の低いエンジンオイルを使用してる車両や、走行中クラッチを踏み込んだ時に、カクッとした感触がペダルやシフトに伝わったり異音が有れば、注意が必要!

IMG_0491

IMG_0661

IMG_0662

IMG_0493

IMG_0663

IMG_0497

初期段階なら、クランクASSYとメタル交換で治る(コレだけでも重症)けど、酷くなるとシリンダーブロック交換が必要になります。ウチでは交換時、折角外してるので、ピストンとコンロッドはフルフロー加工して組み込みます!!

IMG_0632

IMG_0633

IMG_0639

今、修理でフルフロー加工中のピストンコンロッド3台分…11月分の修理予約は既にほぼ埋まってるので、毎週降ろしての作業が続きます(^^;

こちらは木っ端みじんになったCAD エス6のエンジン、時間が空いたのでバラシて何がどうなったか確認すると

IMG_0673

IMG_0676

IMG_0679

コンロッドは使えませんが、コンロッドメタルは使えそうなのでケチなキャドカーズは再利用予定!!(^^

 

お疲れ様でした!(^^

K-CARミーティングに参加された皆さん、お疲れ様でした!天候が晴れたり曇ったりと安定しないコンディションのようで、少し大変だったようですね!

IMG_0402

IMG_0407

「こんなクソ暑いのに、フルフェイスに長袖で全開走行とか大丈夫かいな?」と、店舗でトラックのクラッチ交換作業をしながら思ってたんですが、店のお客さんは大きなトラブルも無く、表彰台に上がった方も居るようで良かったです!(^^   が、今回、キャドカーズからエントリーしたデモカーS660が、まさかのトラブル

IMG_0394

エディターでブーストアップ制御のライト仕様、水温や油温を気にせず全開可能なので、お客さんの代車にも出る程のストリート仕様。トラブル等、何の心配も無かったのに、コースインして全開した途端、ブロー…その際は走行中の皆様にはご迷惑をお掛けしました。しかし、何でブロー????

IMG_0413

IMG_0414

アララ…コンロッドが折れてブロック割れとる(・・;    ヘッドもシリンダーも使えないので、午前中に降ろして違うエンジンに載せ換えの準備!(^^

S660:6MT用スポーツターボ+EVC=最強説(^^

令和スタートまで、残り2週間足らず…今年はG/Wが10連休のトコも有るとか?!キャドカーズは5/6~8が連休となりますので宜しくお願いします(^^

20190409_115901

20190409_123601

さてホンダ軽自動車の最高峰のS660!右肩上がりの気持ちイイ加速が味わえるCVT用スポーツターボは以前に御紹介しましたが、続いて6MT用のターボをS660プロショップ:T-RACINGさんと共同開発!!MT用スポーツターボはCVTより高回転パワーに振った味付けでブーストはEVCで制御!100ps出るか出ないかのパワーなので燃料はノーマルのままでセッティング!!

IMG_8670

IMG_8668

レスポンス抜群な純正ターボのブーストアップも十分速いけど、下のトルクがイイ分、高回転が物足りなく感じるので6MT用スポーツターボは、立ち上がりは、ほぼ同じで高回転まで加速が続く仕様!!

T-RACINGポン付けhikaku純正ターボのエディターブーストアップ制御が青グラフ、今回のスポーツターボ:EVC:エディター制御が赤のグラフ、4800rpm以上ズット90ps以上を維持する特性なのが分かるよね?!燃料は変更無しの使い切りなので、コストパフォーマンスにも優れた仕様!!ブーストアップの加速では物足りなくなった方には、かなりお勧め!!ピークパワーの数字よりパワーカーブ特性の方が大事ですよ!!(^^

 

マージン削ってくれ!って言うけどね~(^^;

今回はデモカーみたいなオーナーカーのS660!!ノーマルタービン限界仕様の現車セッティングの御依頼で入庫、でかいインタークーラーや見るのが大変な程の追加メーターが装着されており、ブーストはEVCコントロールでフラッシュエディターで制御!「タービンやエンジンは壊れてもいいので、セッティングは詰めて下さい!」との注文ですが、流石に壊れては駄目なので、通常よりマージン少な目で(^^;

20190217_180104

20190217_175855

20190217_175621

ブーストコントロールは純正のソレノイドバルブでは無くEVC制御なので、フラッシュエディターのブースト値を近くしないとチェックランプ点灯等、少しややこしいんですが、羽が曲がる手前までブーストを上げ、燃料、点火、VVTを詰めていった結果、壊れずに燃料も風量も使い切りで完成!!(^^

IMG_8191

IMG_8195

DTM

そして、もう一台はお馴染み「も。ファク」デモカーのエヴァコペン!!前回のセントラルタイムアタック直前にトラブルでブローし、今回、新規に製作したNewエンジンを搭載!!こちらも「2周持てばイイので限界まで詰めてくれ!」との御依頼ですが…(^^;

20190222_152432

20190217_172241

IMG_8242

今までの210ps仕様でも恐ろしい加速なのに、今回はソレ以上でも壊れなくて速いセッティングが求められるので、エンジン側の対策や調整は施工してますが、当然マージンも削らなくてはいけません。セッティング時、いつも細心の注意は払ってますが、今回の2台共更に更に最新の注意を払って…(^^;

EVA CTAC

最終ブースト235kPa  225ps:7308rpm で完成。 鍛造では無い普通の純正ピストンですが、1個当たり軽自動車並みのパワーを受け止めてる数値…2周なら持つかな?!(^^;

S660 CVTスポーツタービン大好評!!(^^

今年はスズキやダイハツに加え、ホンダのカスタム車もラインナップに増やして行く予定なんだけど、先にブログでS660CVT専用スポーツターボリリース記事を上げてから、価格やキット内容等の問い合わせを多く頂いてました

IMG_7683

高回転までの気持ちイイ加速が味わえるCVT専用ターボと専用フラッシュエディターデータのインストールがセットで¥16.3万(税別)  

で販売中!!工賃とLLC、ショートパーツで約¥4万で取り付け可能です!!CVT乗りの方で気になる方はお気軽にお問い合わせください(^^

※フラッシュエディター本体は付属してないので、持って無い方は本体を購入して下さい

次の開発車両はコレの予定!乗って走って楽しい仕様をお楽しみに(^^

IMG_7892

 

S660 CVT専用sportsターボ!(^^

多忙な年末シーズンやその他モロモロで放置気味だったブログは、また少しづつアップしていく予定!(^^ まづ年末からの宿題だったS660CVT専用のターボ!!あれからA/Rのや羽の変更に変更を重ね、ひとまづ納得の行く仕様が完成!

20181226_103119

 

20181105_144236

 

20181225_193809

CVTなのでハードなパワーユースより、一般走行や高速巡行といったフィーリングメインで開発した専用のターボチャージャー、そしてそれに合わせたフラッシュエディターのデータインストールで完成するコストパフォーマンスも優れる仕様

S660 CVT最終比較 (3)

青がフルノーマル、緑がフラッシュエディターのカスタムデータ仕様、オレンジが前回までの開発タービン、そして赤が今回のタービン仕様、立ち上がりから、純正と変わらない特性を維持しつつ高回転までパワー感が持続するので気持ちイイ加速!工賃や価格等は数台装着テスト後に!!

ハズキル〇ペ風に言うと…

過去の経験をベースに机上で計算して、チョチョッとサイズ変更で、「ハイ、パワーアップ完成!!」なんて簡単なモンじゃないのが、チューニングの奥深さ!!何度も言うけど、数字だけで判断したら駄目!!今、開発中のS660、CVT用のターボ作ってるんだけど、パワーは上がってるのは間違い無いんだけど内容が納得できない

20181116_160951

S6比較

 

S660のCVTは4輪で回さないとフェイルセーフが入り、パワーチェックやセッティングが出来ないけどダイノジェットは4輪回す事が可能!!2輪の動力で重い4つのドラムを回すためロスが出るので数値は低めですが、比較なので問題無いし係数掛けた馬力数字なんか、本当は何馬力なのか分からないしね(^^   ノーマルは50ps、そしてブーストアップオリジナルデータ入りフラッシュエディターがノーマル比30%アップの青グラフで65ps、そして今回、CVTに限定して開発してるターボがノーマル比42%アップ緑のグラフで71ps…

S6比較 (2)_LI

「字が小さすぎて見えな~い!!下のトルクが薄すぎて意味無~いッ!!」サーキット走行やスポーツ走行メインでは無く、CVTユーザーはストリートや高速巡行等の方が多いと思うので、扱いやすい下のトルクで高回転まで回るってのが理想なので、今4個目ターボテスト中!!数字はブーストアップより10%アップだけどレブ付近の話だし、4000~6500rpm辺りは3ps程しかアップしてない…ピーク馬力は同じでも中間メインで開発してるんだけどそんな簡単にイイ物はでまへん…ってか純正タービンが良すぎるんですよね(^^;

20181105_144236

S660:AUTOSTYLE絶賛発売中(^^

11月に入り行楽シーズンには最高のオープンカードライブが楽しめるS660!!交通タイムス社から”S660パーフェクトガイド第2弾”が絶賛発売中!!軽自動車とは思えないインテリアやコックピットが人気のS660、エンジンはターボモデル、外観もシャープでクールデザイン、盛り上がらない理由が見つかりませんね!!今回、CADCARSも少し取材して頂いてますが、何とギャルモデル付き?!

20181103_093430

20181103_093452

この女性はエアコンレスのHB21アルトワークス5MTに乗る当店のお客さんでK-CARミーティングで表彰台にも上るほどレースが好きな走り屋ギャル!!”和泉の国から”には似合わないフンワリ感ですが、素で話してると倖田來未風チーママのオーラでスタッフもタジタジ(^^;  是非、S660オートスタイルVol.18書店、ネットで購入して見てね(^^

そんなS660、現在開発中なのがCVT用ターボ!!街乗り、高速巡行やワインディングドライブといったシチュエーションで気持ちいい加速が味わえるように、試行錯誤中!!それに合わせてエディターの造り込みも進行してますが、イメージ通りにならず初期ターボは却下、新規ターボで現在開発中なので発売までもう少し(^^;

20180819_173854_LI

20181006_094345

20181016_175616

イイね!夏の空

台風が接近している和泉市、午後9:50分現在、今の所、問題有りません。「こんなに晴れてるのにホンマに来てるの??」と、車検で陸事に並んでた昼の3時頃の空には虹!!備えあれば何とかと言うので、皆さんも急な雨風には気を付けて下さい

20180823_154402

20180823_143259

最近は車検や登録も多く陸事に並ぶ時間節約で、ライブカメラが大助かり(^^    そして同じナンバーの2台、チビックは車検完了、セルボは中古車で御成約頂いたので、同時にエンジンもO/H!!その日の気分で2台乗り換えるらしいので、是非、週6でチビック、週1でセルボに乗って下さい(^^

20180818_172335

20180821_100517

20180821_182923_LI

こちらのプリウスも車検で入庫、しかし今の保安基準ではNGのエアバックランプが点灯してたので、テスターで診断して見ると…運転席・助手席に付いてるはずのサイドエアバックが運転席のシートだけ、エアバック無しに交換されてる…

20180804_185012

20180804_185049

20180804_185036

今の保安基準ではIGオンでABSやエアバック、EGチェックランプが点灯し、エンジンを掛けると全てのチェックランプが消灯しないと適合しません。なのでメーターのバルブを抜くとかでは通らないので適合するように修理が必要です

こちらの3685RSも車検、保安基準に通るようにして行ったので、いつものラインとは別の計測ラインに回されましたが…何も問題無くOK!!これから100ps仕様へVerアップです(^^

20180823_131745_LI (2)

20180823_185931

 

 

 

こちらは、ミラジーノに載せる為に現在制作中のEF-VE改、機械加工からの上りが遅くなりましたが、すべて揃ったので、組み上げ中!!残りは車両に搭載しハーネス加工等、もう少しでエンジンに火が入る予定です(^^

20180820_214155

20180811_145332

 

20180823_210920

こちらはパワーチェックで来店されたS6、エディターチューンされてるとの事で、計測すると外気温35℃近い暑さにも関わらず約77ps!!S6は水温・吸気温管理が大事ですよ (^^

20180819_173854_LI