問診と診断は大事です(^^

体の異変や風邪で病院で診てもらう時には必ず問診を受けます、イツごろから?どの辺りが?どんな感じで?等々…車の修理も一緒で問診はとても重要!「吹けが悪く引っかかりが有る」との症状で半年程前に入庫したコペン、その時は失火の症状でプラグ交換で完治、また似た症状が出たとの事でオーナーがネットで安い海外製外品コイルを自分で購入し装着、完治して喜んでいたのだが、最近になってまた症状が…オーナーが「やっぱり海外製の安モンはアカンな」と、新品のダイハツ純正コイルに全数交換した所…

IMG_4492

まさかの症状が変わらないので、見て欲しいと入庫…試乗すると、以前とは違い、引っかかりというより加給掛かり始めから0.5キロ辺りまでギクシャク感が有り、そこから上は普通に加速していく、症状的に燃料が薄い、点火時期ズレ大の感じなんだけど、原因が失火なのか??まず診断機で見るとチェックランプ点灯もエラー履歴も無く、アイドル時は数値も問題無いIMG_4470

IMG_4473O2センサーは、きちんとリーンリッチと作動してるが、回転数を上げて行くと、O2が薄いと判断しているので燃料が増量方向の数値を示すから、O2ボケてる??と、思いながらも違和感が有るので燃料が薄くなる原因をもう一度、調べて行くと…

IMG_4471

IMG_4472_LI (2)

この車輌は、かなり前に他店でシングルポートターボやスポーツCPUにチューニングされており、その際のEVCの配管取り回しが悪くブレーキパイプの保護チューブに干渉し、穴が開いて加給がかかるとエア漏れを起こしていた、そしてこのホースが純正の圧力センサーから分岐してたので、圧力センサー電圧と燃調がズレて、あのギクシャク感になった訳だ…ホースを交換して完治!!信頼できないパーツとの思い込みから無駄な出費となってしまったんだけど、皆さんも注意して下さいね(^^;

そして今日、ターボ交換予定でお客さんから届いた中古品もハウジングオイル漏れた感じで濡れてるし、ボルト折れまくってるし不安満開です(^^;

IMG_4490

IMG_4491

IMG_4489

こちらはド派手なエブリー!スパ西浦サーキット等でスポーツ走行を楽しんでるんだけど、F-CON iS制御、大き目なターボの性で純正の7500rpmレブではパワーバンドが使えずターボラグでタイムロス!今回、V-Pro化により8600rpmまでレブを引き上げ、純正のO2センサーを使用して理論空燃比にフィードバック、豊富なオプション制御で電動ファン制御とウォータースプレー作動も追加!!覚醒したエブリーターボV-Pro仕様、これは楽しいですね!(^^

IMG_4474

IMG_4475

IMG_4476

IMG_4477

 

 

 

 

 

CP製Φ69 700cc K6用 New Piston!

夏季休業のお知らせです。8/14~18まで夏季休業となりますので御了承の程、宜しくお願いいたします。

さて富士1000km耐久まで残り数日ですがMIRAは例年通り全く進んでません…足回りがバラバラなので着地すらすら出来ない状態(^^;  その隣ではこちらも富士耐久に参加予定のハーテリー68号車、今回新規で組んだK6エンジン、ジェット中で慣らし中!!

IMG_4193

IMG_4202

仕様は少し前に紹介したCP製Φ69鍛造ピストン!!オーバー過ぎる肉厚なので重量は…(^^;  ですが、この頭の形状、ワクワクするでしょ!?チューニングを語る上で欠かせない、ロマンが有ります!!圧縮上げ上げですが、ノーマルプラグは当たるので使えない仕様…リューターで逃げ加工が必要な程

IMG_2839

IMG_3132

IMG_3415

油脂類を入れエンジンに火を入れて見ると…オ~ッ!高圧縮仕様排気音がイイ!!ノーマルカムでもパンチの有る音がしてます!!ジェットで当たりも付いてきたので、次は制御ですが…IMG_4219

もちろんHKS F-CON V-Pro Ver3.4 で耐久マップで現車セッティングします!!。ヘッドに手を入れればスプリントレース1万回転仕様にも自由自在!!(^^

received_1789596161292786 (2)

 

エンジン不調

部品を取りに来店したジムニー、用事が済み帰ろうとするとセルは回るがエンジン始動不可になり、そのまま預かり修理。故障発生が整備工場というコレ以上無いグッドタイミング(良くは無いが…)(^^;

IMG_3459

IMG_346117万キロ超えのジムニー、過去の傾向と経験で、症状からポンプが動いて無い?と予測し燃圧を計るとゼロ…リレーかポンプの不良?ポンプ電源を直接放り込むと勢い良く燃料が出てきたので、強制的にポンプを作動させてそのままエンジンを掛けると始動!!部品代が安いリレー不良で良かったですね!!(^^   のハズが、掛からない…(・ ・;   ここで配線図を見ながら各部電源アースを確認、CPU端子側も問題が無いとなると、残るはCPUブロー?!その証拠にメータをもう一度見ると、IGオンなのにエンジンチェックランプが点灯して無い…CPUを交換して確認です

こちらも修理で入庫したKFエンジンの23年式アトレーターボ、走行して10分程すると、加速が鈍くなり吹けなくなるが、少し時間を置いて走行すると普通になる、しかし暫くするとまた加速が悪くなるとの事でディーラーで見てもらいプラグ交換で戻って来たが症状は変わって無いとの事…こちらも過去の傾向と経験からクランク角センサーかO2センサー?と予想し、OBDで確認しながら試乗チェックすると

IMG_3451

IMG_3455確かに少し走行すると、加速が悪くなり始めて来たので各データモニタを確認すると、最初は動いていたO2センサーがリーン側に張り付いてるので、センサーボケて燃料増量しすぎ??と思いながらも、体感的には燃料が濃いより薄いので、本当に燃料が薄いと判断し、燃圧系を繋いで確認すると、基準燃圧3キロのハズが、時間の経過と共に…

IMG_3450

IMG_3456燃圧が下がってきたので、今回こそ間違いなくリレーかポンプのトラブルと判断、ポンプリレーを外し短絡して電圧を送っても燃圧は下がってきたのでポンプ不良!!年式が新しい等は関係無く電装系はトラブル事が有るので皆さんも車の年式で判断は出来ないと思って下さいね!(^^;

スタッフ募集!!

CADCARSでは現在、スタッフを募集しています(^^

年齢・資格不問・要普通免許  ヤル気が有ればOK!!

当店は各新車・中古車販売から車検・整備・カスタムや各種走行会へのサポート等、より良い充実したカーライフをお客様に提供出来るよう、スタッフ一同が日々全力で業務に当たっていますので、私達と一緒に働きませんか?

応募要領や面接日時、ご質問はお気軽にTEL・Mailして下さい!!

TEL:0725581323   メールフォーム

 

 

 

ギャレットGT1544ターボ!!

桜は満開なのに、この週末は曇り空でスッキリしない残念な天気でしたが、春休み最後と休日という事も有り、480号開通で大賑わいの近くの特産物販売所周辺は有り得ない程の大渋滞!!いつも試運転に使用してた道なので渋滞は辛いですね(^^;

20170409_153032

20170409_152445

20170409_152503

その試乗してた車はKeiワークス、今までのF-CONブーストアップから、今回ギャレットタービンGT1544に交換して現車セッティングで東京からの入庫で、ノーマルインジェクターの限界仕様完成!ただビフォーとアフターのエンジンルームの違いが判りません…

IMG_2712

IMG_3044ミリ単位の調整で可能な限り純正風にターボを加工装着したので当然ですが、GCGのターボ諸元では100~150psの風量なのでHT07以上は有りそうです。100ps以上可能なHT07に変わる信頼出来るタービンにギャレットを選択!!前にGT1241は装着した事が有るので今回は一回り大きな1544!!

IMG_2986

IMG_3036

IMG_3035IMG_3038サクション・インタークーラー・アウトレットは純正位置なので、普通にポン替え風に見えるGT1544ターボ(笑)燃料はポンプとリターン式に変更して、燃料足りる所まででセッティングした結果、110psオーバーで完成。グラフではまだ上で伸びそうですが、レブ上げや燃料・排気系の見直しでもっとパワー出ます!!

そして、コンプリート2台完成納車しました!!1台は神戸からの御注文、3685セット、ナビ、ETC、クラッチ、LSD、HKSダンパー、レイズホイル、シートダウンetc !!もう一台黒ワークスAGSは東京へ陸送、有難う御座いました!!3685コンプリートは、かなりのバリュープライスで最初からブーストアップ済みの新車が購入出来、全国へ納車可能です!!是非、一度お問い合わせくださいね!!(^^

IMG_3023

IMG_3031そして、ウチの36100AGSワークス、メタルクラッチとAGSの相性がイマイチだったので、ノンアス強化に変更してテスト中!!クリープもバッチリで普通に乗れるようになりました!!RSも装着出来ますよ!!

IMG_3041

IMG_3042左の純正と比較するとディスクの1片の面積が広くスリットが狭いテスト品!!36100も、まだ今以上にトルクアップと乗り味を変更するのでテストして問題無ければ当店で装着いたします!!もちろん、クラッチ学習も必要ですよ!!(^^

IMG_2763

 

 

 

 

 

 

6%効果!!

いい意味で期待を裏切る事はウェルカム

20170309_201103ドコからドウ見ても仕事帰りのエブリーバン….もし、コレを見てエンジン・ATをO/Hし、スポーツマフラー交換、B3スポーツターボをワンオフで装着、イニシャルでブースト90Kpa、HKS F-CON iSで現車セッティング中だと思った方が居たら焼肉(鶴橋)か串カツ(天王寺)を奢ります!!

IMG_2587

IMG_2586

20170307_140313

20170309_200922修理部分で、かなり手古摺りましたがATのB3仕様完成!!スピードリミッターも切れてるので仕事の移動時間の短縮!?

そしてこちらは、エキマニのみのリセッティングで入庫したコペン、エキマニ交換のみでのリセッティングなので、分かりやすいビフォーアフターグラフ!!数字上では10ps・6%のアップの結果になりました。エキマニを交換して6%のアップが多いか少ないかは個人の判断ですが、全体的にトルクアップし、立ち上がりポイントが下がってるので体感は数字以上!!もし、マニ交換してなかったら、どんなに上手い人が乗っても、軽い人や重い人が乗ってもヒャクパー間違いなく6%は出力低いんですからね!!

20170309_094109

IMG_2597

 

何回も言ってるように数字は嘘は付きませんが、測る場所や機械、気温によってバラバラです。なので数字を目安としての判断材料で使うなら、同じ計測機でビフォーアフターを測り、パーセンテージも分かるようにしないと誤解をうみます。カタログ値でさえバラつきが有るんですからね!!

こちらは3万キロ程のKFエンジンのプラグ、失火症状が有り点検するとかなり摩耗してたので交換して完成!!昔は白金10万キロ無交換OKなプラグとか有りましたが、あくまで消耗品なので、距離が少ないからとスルーせずに必ず点検が必要です!!

IMG_2594

 

 

くりすます?!

スタッフ全員仏教徒なので、今日のイベントなんか一切関係無いキャドカーズ!!年内、残り3日になりました…今年にやり残した事は多く、その殆どは店のデモカーの開発やテスト…(^^; S6と36ワークスAGSが大幅に遅れてますが、来年はガンガン行きますよ!!プレートNo3685AGSデモカーも戻って来たので3685以上の36100!!とか、36120!!とかヤリタイですね!(^^

img_1982

3685AGSは山梨のお客さんの代車に出てたんですけど、車が完成したので入れ替えに来て頂きました!!完成した車両は、1から製作したアルトバン改チビック・F5タービン・V-Pro仕様(^^

img_1946

今回、車検で3AT改5速の公認車検まで取得し、晴れて公認車輌の4ナンバーです!!

img_0957

20160922_195203

img_1007

img_1228

img_1229

前の車輌とアルトでは、レイアウトが変わるので、マニからアウトレットまで作り直して現物合わせが必要!!エアコンシステムはアルトバンより新しかった前車のコンプレッサーとレシーバ一体コンデンサーに変更して対応!!ターボの位置も決まり動く状態になったので、陸運局へ持って行きAT→5速ミッションの構造変更の書類製作とラインで確認し、型式に改が付く公認アルトバン誕生!!(^^

20161110_103851

img_1413

20161110_112513

20161110_105042

20161110_112657

ここから更に進化してダッシュボードを外して本格的な軽量や補強を施しアスリート仕様にモディファイで完成!!

20161107_101102

img_1406

ビフォーのアルトバンが、速人JAPANチビックエアロで激変!!

img_1962

img_1836

img_1838

軽いボディーに150psエンジン・6点溶接止めゲージ・とK-CARミーティングでもSBクラスに参加できる程のポテンシャルなので、安全に飛ばしてカーライフ満喫して下さいね!!(^^

img_1945

寒いっすね!(^^;

急に真冬の気温になり、ギヤオイルの注入が辛い季節になってきました・・・年内の預かっての作業は、ほぼ予約で一杯なので、点検や整備等の御依頼はお早めにお願いします!(^^

こちらは今回、エンケイPF01 15インチ・7J・+41をミリ単位の調整で195サイズを組み込んだ馴染みのあるコペン!!

img_1600

img_1610パッと見た雰囲気のボリューム感がイイ感じですね!!(^^

こちらは3685コンプリート、ターボ車は気温が低い事もあって出力高めで完成!!(^^

img_1593

img_1594

img_1596こちらは、オリジナルエキマニProキットのご注文!近くの車屋さんで加工取り付けが困難な場合は、ノーマルエキマニを送って頂ければ溶接してお送りするサービスも承ってます!!車検対応でリーズナブルな本格的なエキマニProキット、どうですか??NAのダイハツKFエンジン・スズキK6エンジン対応

img_1603

img_1604

img_1607

 

 

CP製鍛造ピストン!!

「車を、こうしたい!ああしたい!!」ってなっても、軽自動車はパーツが無い事が多く、電装パーツも非対応や工夫して作動させたりが多いんですが・・・「こんなの欲しいな~」と、思って・・・・形にしたのがコレ!!

img_1196

img_1192

img_1198CP製φ69鍛造ピストン!! この光沢!! このスタイル!! 惚れてまいました!! 排気量変更OKな富士や西浦走行会のK6や各部調整して組み込み可能なエンジンにどうですか!?(^^

K6にはピン系同じなので、ボーリングで組み込み可能!!ショートスカート、耐ノックダンパーで、10000回転以上ブン回して下さい!!圧縮比は11の後半で調整中です!!

3個セット ピストン・リング・ピン ¥113,000で発売予定!!(^^

 

Garrett GT1241×K6=110ps

スズキのターボエンジンで、定番なボルトオンターボと言えば、HT07!!ほぼポン付け装着が可能な上に風量が稼げるので、K6やF6エンジンでは定番メニュー!!当店でも多数装着し安定して90~100ps前後のパワーを絞り出してましたが、ターボの特性上ラグが多く、程度のイイ中古も少ない、メタルが弱くアイドリングで白煙が出る事も・・・そこで、660ccで回せる100ps前後の出力で、高性能なターボを検討した結果GARRETT・GT1241タービンが風量的に近いので、HA22ワークスに装着開始!!

img_0995

img_0996

img_0997入庫時は他店で製作された前置きインタークーラー、パイピングが装着されたノーマルエアクリーナー仕様!!早速ノーマルターボを外して、1241を合わせてみると、全てギリギリのクリアランスでは有るが収まる事を確認!!水冷ラインやオイルラインの取り回しレイアウトは工夫すれば問題無さそうなので現物合わせで製作!!

img_1136

img_1027

img_1138タービンハウジングとウォーターパイプ・水冷パイプとアクチュエーターロッドクリアランス等、各部かなり追い込んだので、エキマニとアウトレットは純正が使用でき、パッと見は純正ターボっぽく見えるK6改ギャレットタービン!!ノーマル位置にアウトレットを装着出来たのでフロントパイプも、そのままOK!!ですが、今回はリヤピースを和泉管仕様に変更・インジェクターと燃料ポンプも大容量に交換!!ブーストはEVC6で制御し、F-CON iS制御でセッティング開始!

img_1139

img_1163

img_1150

img_1148

img_1155赤がHT07仕様、青が1241ターボの比較グラフ。どちらも前置きIC仕様なので比較対象としては、ほぼ同じスペックです。HT07より下から立ち上がり、上はHT07を超えてるので、ギャレット1241ターボは、かなりハイパフォーマンスなターボと言えるでしょう。ポン付けとは行きませんが、ブーストアップの次のステップや、白煙でお悩みのHT07タービンユーザーの方、Garrettターボ如何ですか!?(^^

img_1161

ナンやカンやと!!(^^ 

連日、曇り空で溶接に使用してる溶接面の充電が出来ずに凄く不便ですが、注文が多い36アルトのエアクリキットを溶接してると、穏やかな私の心に惹かれたのか1匹の蝶が…(^^

img_0960

img_0962

img_0961注文頂いて在庫が有れば即日発送可能ですが、無ければ製作して1日・2日で出荷可能ですよ!

そしてこちらは、マフラーのフランジに挟み込むアダプターのご紹介!!

img_0879フランジ径はφ50ですがパイプ径はφ35!!使い方は、マフラーの中間フランジに挟み込むだけ!!NA車輌等でマフラー径が太すぎて下のトルクが薄くなった際の微調整や音量を少~し下げたりって時に使用すると効果が有ります!!

1SET ¥3500 (税別)で発売中!! 是非~ご注文お待ちしています!!(^^

他にも色々・・・・こちらは、壁と遊び過ぎて側面が傷だらけになったオプティ、修理序に元のパープルからミライース純正色に全塗!!淡い色でキャワいくなりましたね!!壁ドンしないように安全運転で!!(^^

img_0949こちらはデフ調整中のS15、エンジン修理や各部手直しが多く、安心して全開出来ない仕様で、現車に合っていないパワーFCをどうするか検討中・・

img_0966img_0965こちらも長くかかったスズキC系4WDミッションの修理、4個1でようやく完成(^^; パーツが廃版だったり、同じギヤ比でも車輌の年式違いで合わなかったりと、かなり手こずりました。最後にこちらもダイアルゲージで確認!!どんなにイイ部品やコンピューターを付けても、調整をしっかりしないと全く意味が有りません。どんなにイイ食材でも調理の仕方で全く別物になるのと同じで、クリアランスやタイミングの調整・確認は基本中の基本です!

img_0971

img_0988こちらは現在進行中のタービン交換、F-CON取り付けの23アルト改!!今回は、今まで装着例の無いギャレットタービンを使用予定で、色々調べたり周辺パーツの選定中!!風量的に85~130psと、HT07同等、もしくは少し上がる予感!!HT07より立ち上がりポイントは下に来るハズなので、アイドリングで白煙病になりやすいHT07の次期定番として、このギャレットに出来ないかテスト中!!

img_0996

img_0997

こちらもアルト改!!ラパンに搭載していたF5タービン・150ps仕様のパワーユニットを軽量なアルトに搭載するので、パワーウェイトレシオが良くなり、加速・減速・コーナリングが格段にアップ!!が、ラパンボディーとアルトボディーでは、補機類が全く合わない為、エキマニやインタークーラー・パイピング、マフラー、室内等、1式造り替えも必要!!当然、車検対応で製作するのでノーマルバンパーに収める必要が有りますが、確実に進行中です!!

img_1007