HA23V・V-Proセッティング完成!

今日は台風の影響で風雨のきつい1日。こんな湿度高くて低気圧時はパワーチェックすると残念な数値になりますが…700ccK6ピストン仕様完成!!(^^ 今回はピストンのみの変更なので、燃焼室もポートもバルタイもノーマル

IMG_4231

IMG_4232

高圧縮仕様のエンジン!!ノッキングに注意しながらパワーを上げつつ燃費も重要な耐久仕様、無事に壊れず第1段階は完成!!富士は気圧も違うので、そこも考慮してのセッティング

IMG_4234下のラインが吸排気のみ交換したHA23V・K6仕様、上が今回の700ccV-Pro仕様、レブはサージ手前の8500rpmまで上げてますが8000rpm以上は現状ではキツイですね、ノーマル出力比15%アップの結果でした!

他にも36ワークス新品AGSミッション分解LSD組み込みや車検・整備

IMG_4227

IMG_4226

IMG_4236

IMG_4237

IMG_4230

IMG_4229

IMG_4177

 

IMG_4192

IMG_4204

IMG_4203

排気系の保安基準値って、どないなん??

って質問が良く有るんですが、走行時の加速騒音は検査時は当てはまらないので、停車時での保安基準値は96dbまではOKで97db以上はNGとなってます、少数点以下は切り捨てなので、96.9dbでもOK。計測方法はエンジンを回して最大出力値時の回転数の75%で数秒一定に保ち、アクセルを一気に戻して回転数がアイドルになるまでの最高音量となってます。故にエンジンによって計測回転数が違います。NA車輌で比較するとアルトのK6エンジンとエッセのKFエンジンは、最高出力回転数はそれぞれ6500回転、7200回転となってるので、計測時の回転数もK6は4875回転、KFは5400回転となり、エンジンで計測回転数が変わるって事です。それを念頭に車検時に事前に計測して行けば、引っかかる事もありませんよ!(^^ 排気ガスの基準値はH10年以降の軽自動車で完全暖気後の計測でCO:2% HC:500ppm以下となってますよ!!(^^
20160426_093229

こちらもアルト完成!!

アルトネタばかりで申し訳無いんですが、今日のアルトは人気のアルト改ターボエンジン!!既にNAからターボエンジンに換装されており、今回ブーストアップのご依頼で岡山県から入庫頂きました!!出力が上がるので、オイルクーラーも同時に装着!!排気系も見直して、ジェットで現車セッティングすると

20160402_184931

20160404_143017

20160404_16190120160404_162500まずEVCをオフで、ブースト50Kpaからスタートしていくと、燃料が想像以上に入って行くのでタービン変わってるんかな??今まで薄い状態で走行してたようですが細かい事は気にせず、ノッキングに注意しながら合わせて行くと最終ジェット出力94ps、一般出力108psも出ました!!純正ターボでは無いですね!!アルミすら純正の5Drアルトで速い所がイイと思います!!(^^

20160408_190500

こちらも昨日紹介した球面フランジProキット同様に、コッソリ人気のエキマニProキット!!KFエンジンのエッセや275ミラの純正エキマニをカットして溶接するだけ!!触媒は純正をそのまま使用するので車検にも問題無く、排気効率を上げる事が可能なエキマニProキットは、スズキK6エンジン、ダイハツKFエンジン用で¥36950(税別)で、販売中です!!純正触媒を送って頂いたらカットして溶接加工(別途¥9千円)も承ってますのでお気軽にお問い合わせ下さい!

20160401_133118

20160401_141126

Proキット紹介記事

やっぱ見た目は重要!!

20150728_171100

今から10年以上前に、アルトバンをベースに完全レース車両としてセントラルサーキットで開催されてきた K-CARミーティングに参加して親しまれて来た速人JAPAN CHIVIC!!(^^

今回、当店のCHIVICファンのお客様が自分の愛車に当時の速人ステッカーをイメージしてリメイク!!速い遅いは関係無く、やっぱりカッコいいですよね!(^^

ただ見た目重視のオーナーのアピールポイントは、実は違うトコに有るようです!!(^^;

20150726_120626

20150728_171112

さて、当店は車検で入庫した車両は、24ヶ月点検は勿論、室内装備やアクセサリー類の作動等も確認するようにしてます!!その中の項目にエアコンフィルターも有るんですが、2年前に交換したフィルターと新品を比較してみると・・

20150724_151805

この汚れた左のフィルターは活性炭入りとかチャイますよ・・・タバコを吸ってる車両から2年振りに外したらコレですから、タバコを吸ってる方はフィルターのチェックもお忘れなく!!綺麗な空気でギンギンに冷えた清潔な室内は、彼女も喜ぶ筈ですよ!(^^

(タグ注目)

φ50 球面フランジProキット

スズキ ダイハツ 軽自動車

¥7000(税別)ご注文>>>


軽自動車の触媒後に採用されてる事の多い球面フランジを

入り口・出口ともにφ50に交換することでトルクが向上します

純正をカットし溶接で取り付けます

SUS材 フランジボルト径:M10 1.25
パイプストレート長さ・60mm

エキマニProキット!!

本体価格 ¥39,900(税込)ご注文>>>
※溶接加工費 別途¥9,450で承ります

対応車種 : 新規格 スズキ K6A NAエンジン HA23V等 VVT付きK6にも適合します エッセ・MIRA KF用追加


今回、K6用のニューアイテム、エキマニProキットを新発売します!!
対照車種のHA23VのK6エンジン等に使われてる純正のエキマニは触媒と一体になっており、排気効率を上げながら出来るだけガス温度を下げずに触媒を早く効かすように良く出来ています!!
ノーマルで使用するには抜群の純正エキマニなんですが、スポーツ走行時等で高回転を多用するような場合、φ24の内径では抵抗になります
そこで、この部分を見直し価格も抑えて製作しようとプロジェクトがスタートし、ようやく納得できる結果が出たので発売決定です!!

純正の集合部までをφ30独立等長で製作した
溶接取り付け専用タコ足です!!(^^

夏前からテストを開始し、ポート内径をいろいろ変えφ37仕様もテストしてセッティングしたのですがイイ結果が出ず、今回のφ30でセッティングした結果がベストでした!!
触媒ケースは純正を使用する事で価格も抑える事が出来、性能ももちろんアップしながら車検も問題無く通る自信作です!!(^^
取り付けは、切削、溶接が必要なのでお近くの車屋さんで加工してもらう必要が有りますが、機材が有れば作業出来ると思いますので簡単な作業内容を・・・
触媒一体式エキマニを車輌から取り外し、純正ケースの集合部分でカットします
イメージ 5
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 2
そしてエキマニProキットを、車輌側に固定した触媒ケースに合うように、削って修正して溶接すれば完成です!!当店に車輌から取り外した触媒ケースを送って頂ければ、溶接加工するサービスもOKです!!(別途費用)  エキマニProキットに交換し、燃料・点火のセッティングを合わせ込む事で性能をフルに発揮出来ます!!
全国で展開されているNA660選手権でも装着可能なクラスも有るので、少しでもアドバンテージを稼ぎたい方は是非!!
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 4
計測した季節や仕様が若干違いますが、同じ車のV-Proでセッティングした参考グラフ
 1 : ノーマルエキマニ ノーマル吸気仕様
2 : 吸気変更 φ50球面フランジ φ37エキマニ仕様
3 : 2の仕様からエキマニをφ30に変更
エッセやミラ:KFエンジン用Proキットも現在進行中!!発売までもう少しお待ち下さい!(^^
(ザリガニ足キット とか 和泉足キット とか正式名称も募集中!!)