和泉製作所も全開稼働中!!(^^

一般整備と並行してエンジン作業も立て込んできた和泉製作所、そんな中、ふと見ると現行のスズキ、ダイハツ、ホンダの主力軽ターボエンジン、全種類が作業中(笑)

IMG_0851

どんだけ有るねん!!って感じで組んでも組んでも入って来るエンジン作業、最近はエンジンスタンドが足りないので、セットせずに組むことも。ことらは合間で進めてるCADS660エンジン、もちろんスタンド無し…

IMG_0811

IMG_0812

IMG_0817

IMG_0818

IMG_0844

ブロック逃げ加工無でキャレコンが組めたのはラッキー!!腰下は組めたので、また作業合間で時間が空けば、組み上げる予定!次はKFエンジン、ピストンにダメージが有ったので、修正して組み上げ。160ps程出てるエンジンなので、1発ブローの原因をジェットでのリセッティングと並行して検証予定

IMG_0855

IMG_0856

こちらは、何台作業したか分からないR06のクランク替え作業。このエンジンも乗ってて違和感は無いとの事でしたがバラシてみると

IMG_0861

IMG_0865

IMG_0863

IMG_0864

スラスト脱落寸前まで削れクランクは交換が必要。このままダメージが進むと変速時に異音や微振動が出るようになり、ブロック交換まで必要になるので要注意!!

こちらは、そのダメージが進行しブロック交換が必要になったR06組み立て。ピストン、コンロッドは、バラした序でにフルフロー済を組み込み!!オール新品なので組んでて気持ちイイですね(^^

IMG_0871

IMG_0875

IMG_0868

IMG_0869

IMG_0884

IMG_0886

 

いろいろ、なかなか、どれもこれも手強い(^^;

年内残り2カ月を切り、急に年末の気配で入庫が増えてます!!代車空き待ちの方は、もう少しお待ちください(^^;   36ワークス:RS限定の24回無金利も、まだまだ受付中なのでお早目の御予約お待ちしています!!こちらは、フルノーマルからステップアップしているワークス,今回、キャンぺーんを利用してステップアップ!(^^

IMG_0743

IMG_0753

IMG_0747

IMG_0752

ストリート仕様に大人気のローファーキットやメーター、ステアリングを交換してスポーツ走行も楽しめる仕様!!制御系はリミッターカットのみなので、次はパワーアップですね(^^   オイル交換や車検も多数ご来店有難う御座いました(^^

IMG_0744

IMG_0746

20191108_100505

20191108_111020

こちらは前のブログで紹介した冷気時等の異音修理のジムニー、2回目降ろして怪しい所を確認し、クリアランスの調整を施して搭載、そして始動すると…

IMG_0733

IMG_0749

まだ治らず異音がするので、再度ミッションを降ろして、考えられる箇所を修正し、疑似的に高速回転で似た条件を作り出すためにドリルでインプットを挟んで高速で回して見ると

IMG_0755

IMG_0756

これくらいでは鳴らないんでしょうかね?!全く問題無いので、搭載して確認してみます!!

こちらはセッティングで入庫したコペンのトランクに、ハイカムに交換するコペンのエンジンが積まれた写真(笑)こういう事が出来る所も軽自動車の魅力ですえね(^^

IMG_0751

こちらは、スロットル開き始めでトラブルが出てた400コペン、車上で全バラして確認し問題解決、現車セッティング完成!400は880より更に小さいターボなのでブーストアップは、コレくらいがアベレージですね

IMG_0538

IMG_0601

400ローブブーストアップオレンジ

こちらは以前の黒から全塗されたのでパッと見は気付きにくいオレンジラパン、TD04のV-Pro仕様でオーナーが変わり、徳島の阿讃サーキットをメインで走ってるので、それに合わせてマージン削った現車の御希望。なので標高が高く4速までの負荷を想定して合わせた結果、161psで完成(^^;

IMG_0694

IMG_0699

IMG_0698

 

 

ラパン

「わし、失敗しないので!!」

なんてカッコ良く言えたらいいんだけど…(^^;    僕らのような保守業に絶対は無いから、完璧な仕事に徹するしかない。純正やノーマル状態から手を加えたり出力を上げたりする場合は尚更、慎重に確認しながらトラブルや異変を見つけた場合は原因を特定する必要がある。漠然とバラシて組んでたら、それ以上のモノは造れないし進歩も何も無く、タダの作業と一緒です

IMG_0286

20190923_194619

少し前に仕様変更で入庫したコペンのKFエンジン、オリジナルピストンとキャレロコンロッド交換の御依頼、大きな損傷も見当たらないので通常通りの消耗品交換だけで大丈夫だろうと思ってたのが、クランクの4番メインジャーナルに有り得ない傷。通常ならジャーナル手前で僅かなゴミもオイルフィルターで取ってしまうはずなのに、コレだけの傷を与えるモノ…見ると過去にフロントカバーのオイルフィルター取り付けボルトが折れて修正し形跡が有り、その時の金属片がギャラリー通路の最後の4番に流れた事が原因!!コンロッドも交換する序でなので新品クランクに交換して、組み込んで完成!

IMG_0282

IMG_0420

IMG_0427

IMG_0430

今まで何機も製作してるKFエンジンなので特に問題無く車両に搭載され、F-CONは既に装着済みのブーストアップ仕様から今回現車セッティングで入庫したんですが、スロットル開き始めだけ吹けない症状が発生…失火っぽいような、燃料が薄いような、バルタイがズレてるような…アクセル踏み始め以外は問題無く更けるしブーストも普通に掛かるIMG_0505

最初に点火を疑うけどプラグやコイルは問題無し、たまにF-CONハーネストラブル等も有るから、キャンセルしてみたけど変わらず…VVT異常?位相ズレ??が症状の原因として考えられるけど、そうなる原因はVVTが動いて無いかタイミングチェーンがズレてるしか考えられない…組む際に確認はしてるけど、じゃあ絶対に今この現状で100%ズレてないのか?という保証はない。組む時は、絶対に確認したけど千パーセント間違えてないと言い切れるか??確認する方法は一つしか無い

IMG_0538

実際にバラシて今のタイミングがズレて無いか見る事。早速、先週組んだエンジンを車上でばらして見ると…タイミングチェーンやその他の組み間違えは無かった。でもコレで迷宮入りしそうだけど、おそらく単純な事が原因なのでもう少し調べます(^^

♪竿屋~~、竿竹ッ!って言いたくなる(^^

キャドカーズはモータース屋なので、一般の車検・点検・整備も多く、和泉市の車関係の仕事も有ります!! 今回、和泉市公用車の作業をキャドカーズが担当、マイクやスピーカーを順次、取り付け作業中!!広報宣伝で活躍する公用車の仕事も熟す当店のスタッフを随時募集してます!(^^

IMG_9790

IMG_9794 (2)

 

IMG_9921

IMG_9922

IMG_0001

 

そんなスピーカー取り付け作業の横では、「も。ファク」さんからエンジン単体入庫でKFエンジン組み立て中!!全てが凄く綺麗なので「WHY?」と聞くと、走行距離4キロの新車から降ろしたとの事…(・・;  IMG_9970

IMG_9974

IMG_9976

IMG_9981

IMG_9978

IMG_9979 (2)新車のエンジンなので勿論OHでは無く、オリジナルKFピストンとキャレロコンロッドを組み込む強化仕様の新車らしいです(^^; 今までのKFエンジンと大きな変更点は無いけど、上死点確認用の識別色がタイミングチェーンに追加採用されてて、初心者でも組み易くなってました(^^

こちらもオリジナルKFピストン、キャレコンが入ったセロ!この車両はCVTという事も有り、約100ps前後の風量のポン受けタービンを選択!従来だとCVTブロー確実な出力だけど、今回はその辺の対策も行ってのテストという事で、ジェットでセッティング完成!!

IMG_9992

IMG_9995

 

IMG_9999

IMG_9997

ようやく梅雨明け、ジェットは全開!!(^^

梅雨開けした途端、一気に真夏がきましたね(^^; 今年は去年のような酷暑やモーレツな台風が来ない事を祈りつつ、熱中症にならないよう皆さんも気を付けて、今年の夏を乗り越えましょう!!昨日の車両引き取り時に見た、綺麗な虹が夏本番を告げてます(^^

20190725_181742

さて暑くなってくると現車セッティングには辛い季節ですが、ガンガン依頼が入ってるので順次、進めてます!!まづは、東海から入庫頂いたHA22ワークス4WD、前期なので電動スロットルモデルは当時としては珍しかった機構ですが後期からはワイヤースロットル仕様に戻りました。このワークス、既にチューニングショップでセッティングされてますが、現車でセッティングしなおしたら良くなるか?との御依頼

IMG_9558

IMG_9560

ザッと車両確認すると、ターボはHT07、ブーストはブリッツSBCでコントロール、380ccインジェクターをトラストの青マネ制御と一通り完成しているので、「現車セッティングしても大差は出ないと思いますよ?」と説明しても、それでもお願いしますとの事なので、エンジンの状態を確認し計器類を付けて、青マネージのままセッティング開始!!

IMG_9562

IMG_9563

安藤様22ワークス比較緑が入庫時、赤が現車セッティング後のパワーグラフ、結果は18%程パワーアップで完成、有難う御座いました!!(^^

こちらは、「も。ファク」さんから、エンジン製作と現車セッティングの御依頼で入庫したコペンローブ!!勿論、KFのCADオリジナルピストンコンロッドハイカム3点セットを組み込んだ最強仕様、タービンは「もファク」のF5タービン400コペンキットがセットされており、制御は今回はじめてのF-CON V-ProのVer3.4!今までのVer4.0との大きな違いは、3.4では電動スロット制御が出来ないので、リミッター関係はメインで制御してる所が大きく違う

IMG_9329

IMG_9337

IMG_9341

IMG_9556

IMG_9570

IMG_9572

400ローブ黒F5.V-Pro3.4

燃料関係もリターン変更、ポンプ交換、大容量インジェクターにレギュレター追加とフルに手を加えてるので、ハイブーストでも安定した燃圧供給が可能!!結果は、35℃の外気温でも150psオーバーで完成しました!!(^^

そしてこちらはお馴染み「もファク」さんのデモカー、400ローブワイドボディー仕様!!こちらも、今回エンジン製作と現車セッティングの御依頼で入庫!夏の富士耐久に向けてのモディファイなんだけど、もっと馬力が欲しい!!との事で今回は通常より大きい200PS以上狙えるF5ターボを付けて来るとの事ですが、「耐久仕様なのに、そんなアホみたいにデカいの付けて大丈夫~?!」

20190707_162237

IMG_9470

IMG_9486

ピストンは今までの鍛造仕様から、STDサイズの軽いCADピストンに交換!ピストンの耐久性も知りたかったので、キャレロに組み込み、ハイカム組んで完成!!こちらはVer4.0制御でセッティング開始!!

IMG_9609

IMG_9610

IMG_9611

モファクケローブラージF5

結果はこの暑さと湿度のなか、ブースト165Kpaで約170馬力をマーク!!!!660ccの排気量のままで170馬力って結構なインパクト有る数値ですよ?!むか~しに造った表彰台常連のアルトのチビック660ccで155馬力チョットでしたからね!スズキのR06やホンダのS07と比較して、ダイハツのKFエンジンだけ群を抜いたパワー、恐るべしですが、7000回転でフルブーストなピーキー過ぎる仕様なので耐久レースには無理!!もう少し小さいF5ターボに交換するとの事です(^^;

和泉製作所、エンジン部フル稼働!!(^^

問題!!今預かってるエンジン、見えてる範囲で何機有るでしょう?!正解は最後に

IMG_9396

エンジンオーバーホールや修理が凄く増えたのは、CADオリジナルKFピストンを使ったエンジン製作や、36アルトのスラストメタルのトラブル対策、夏の耐久シーズン前のレースエンジン製作等が、重なった事も理由の一つ!

IMG_9171

IMG_9207

IMG_9277

IMG_9305

IMG_9306

IMG_9426

IMG_9428

既に5機以上製作し、現在3機ほど入庫しているオリジナルKFピストン組み込み仕様!ピストンはフルフロー仕様なので、キャレロ等のフルフローコンロッドに組み込む際は、サークリップ固定、フルフローじゃ無いコンロッドに組む場合は圧入でピンを固定すればOK!!CADではコンロッドフルフローお勧めなので、オイル通路も加工して組み込む!100ps前後で曲がるKFコンロッドはH断面キャレロコンロッドがお勧めです!

IMG_9329

順次組み込み製作中なので、お待ちください!!(^^ さて冒頭のエンジンの数の答えは

IMG_9396_LI (2)

JB、KF、R06合わせて8機でした~(^^ 見えてないトコに4機…(汗

 

KF-DET用オリジナルピストン発売!!(^^

最近KFやR06エンジンのオーバーホールをしてて、ピストンリング不良のオイル上がりやピストン首振りによるシリンダーの傷等、そのまま再利用するのを躊躇うようなトラブルが、多くなってきた。発売から年数も経ってるし走行10万キロ超えもチラホラ

IMG_8264

IMG_8177 (2)

IMG_9112

400コペンのシリンダーブロックはは軽量なアルミ製にドライライナーでシリンダーが嵌まってるんだけど、今回、キャドカーズからオリジナルパーツのカムシャフト、コンロッドに続いて、400コペン等に搭載されているKF-DET用オリジナルピストンを発売!!(^^

IMG_9107

IMG_9097

他のエンジンの流用等では無く、鋳型から作った完全オリジナルピストン!!ピストンはフルフロー対応、ピストンリング、ピストンピン、サークリップがセット!!ピンハイトやトップ形状は純正とほぼ同じですが、最近のフリクションを嫌った低張力リングは高張力に変更!!良く詰まるオイルポートは数を増やしてロングライフ設定にしました!!

IMG_9101

IMG_9098_LIIMG_9100_LI

IMG_9102

ピストン裏には「CAD」の刻印が入っますyo!!(^^   トラブル回避でピン部の肉厚を増やし、フルフローで使用するクリップが使えるように溝も切ってます!そしてサイズは補修用を含めて3種類を用意!!純正とポン変えで使用するSTD。少しシリンダーに摩耗傷が有るような場合に軽くホーニングして使用する約0.03~0.04オーバーサイズ(659.99cc)。そして、ボーリング必要なコンマ1ミリオーバーサイズを御用意!!(660ccを超える場合は公道不可)

競技用エンジンに流用するのも面白いかもね!!下はJBピストンとの比較、ピンハイト一緒で圧縮、ボアが上がったり、組み合わせで楽しいエンジンが出来そう(^^

IMG_9132

価格は、全サイズKF用1台分セットで ¥36000 (税別) 1個のみは¥15000

400ローブの二台!!(^^

今回のネタも平成時代、更に気温が一桁の2月のネタで申し訳無い…2台とも2月に入庫完成した400コペンの御紹介!HKSからVACが発売されたのでF-CON,EVC、VACのHKS3点セットで制御!!1台目は遠路遥々、秋田県から!!既に地元のショップでF-CONとEVCでッティングされてる車両なんですが、もう少し速くならないか?との事で入庫頂きました(^^

IMG_7986

IMG_7987

IMG_7988

F-CONでは車速リミッターが切れないので、VACのみ装着。パワーが上がるので、オイルクーラーとCVTクーラーも同時に装着!!オイルを冷やす事で温度上昇による各種補正や機械摩耗を防ぐ事が出来る!!装着して無くて壊れたら後悔が残るけど、もし仮に…装着してて壊れた時でも、装着して無かったら絶対にモット早くに壊れてるんだから諦めも付くでしょ?エアや温度管理は重要です!

IMG_7990

IMG_8004

IMG_8005

秋田コペン比較

入庫時と現車セッティング後の比較グラフ。排気系はノーマルでCVTなのでブーストは控えめ、約12%アップの快適ツーリングジェントル仕様で完成!!

こちらは5速MTの和歌山から入庫の400コペン、F-CONやオイルクーラー取り付けで入庫、こちらも作業前のパワーチェック(費用は別途必要)を行うと何と72馬力!?IMG_8056

 

聞くと既にハイオク仕様でDTMさんのタービンや排気系ポートチューン済らしいので納得!!ここからF-CONとブーストアップで、ドレくらい上がるか予想しながら作業して現車セッティング開始!!

IMG_8077

IMG_8517

IMG_8109

LA400和歌山比較

 

燃料系は触ってないので上限は決まってるけど、入庫時より全体的にパワーアップし約14%アップで完成!!排気系や補機類の変更に合わせて現車セッティングすれば、かなりフィーリングが変わり走りが楽しくなるので、HKS:3点セットブーストアップはお勧めですよ(^^

 

 

和泉製作所フル稼働!!(^^;

平成最後の年度末ラッシュで全開の現場、ササッとアップ出来るブログネタは、たまに上げてたけど、大きな作業系は中々アップ出来ず…季節感がオカシイような過去の作業を遡ってアップする事が有るかも知れないけど気にしないでね(^^;   さて1年ほど前にキャレコン、F5ターボのV-Pro仕様を製作したワイドボディー公認のコペンローブ、今回、CADオリジナルハイカムと鍛造ピストンを組んでのリセッティングで入庫が1月末(^^;

IMG_7942

IMG_7881

IMG_7899

IMG_7918

100ps前後で曲がるコンロッドは既に前回キャレロに交換してるので今回は鍛造ピストンにキャレコンの組み合わせ、コンロッドもピストンもフルフロー仕様なので、加工無しで組めます、ピストンサイズは純正と同じなので660cc!!

IMG_7919

IMG_7880

KF-DET用ハイカムは、純正の選択タペットでクリアランスが収まるプロフィールなので、好みの数値で調整可能。バルタイはインテークは可変なので不要、触るならEXだけど、搭載すると簡単には変更出来ないので、調整式スプロケ出ないかな~?(^^  組み込み、慣らし終了後、ジェットで現車セッティング!

IMG_7944

400ローブLB比較青い142psのグラフが前回のノーマルカム仕様、赤線の164psが今回の鍛造ピストン:ハイカム仕様のグラフ!ブーストの掛かり始めから全域で出力アップしてる事が分かるよね!!もちろん、排ガスも問題ないので、このまま車検通ります(^^

IMG_7954

IMG_7955

こちらは単体O/Hと仕様変更で預かった、最終型JBエンジン。最終型と言ってもエンジン本体に違いは無くて、パワトラ別体のIGコイルに変更されてる程度なのでO・H作業は同じ!ただ今回はAT車両なのでピストンを高圧縮に変更しての組み込み!

20190110_131849

20190110_174734

まあまあの草臥れ具合なので洗浄:計測:調整して高圧縮仕様に変更しピストン、コンロッドはフルフロー加工、下準備が終われば後は組み込んで行くだけ!どんな作業も同じだけど、セッティングや組み込み作業より、下準備が一番大事です!!

IMG_7979

IMG_7980

IMG_7982

IMG_7978

IMG_7983

IMG_7938

IMG_7939

無事に完成し納車したのが、400コペンと今回の880コペン2台共、2月頭の話…(^^;  まだまだ、アップしてない和泉製作所ネタは、追々!!

20190304_154838

IMG_7977

400コペンにハイカム組む時は…(^^;

エンジンの素性は高いのに、機械的強度不足やCPUの各リミッターが簡単に制御出来ずに中々チューニングが進まなかったKF-DETを搭載する400コペン。ココに来てチューニングECUやHKSスピードリミッターカットがリリーズされたので、これからスポーツシーンで見かける事が多くなりそうだよね!!

20180731_153059

IMG_7010

キャドカーズは「も。ファク」さんと共同開発に着手し、弱いコンロッドはキャレロで対策、F5ターボ等で140ps程は絞り出せるパッケージングは比較的早い時期に完成。次は全てのエンジンに共通して言える、今の排ガス環境に対応した純正カムの問題。ココをクリアしないと先に進めないので、次はKF-DET用のハイカムを製作に着しV-Pro現車セッティングした結果10~15%アップ!

IMG_6412

昔の「如何にもカム替えてます!」的なプロフィールはピストンタッチ等も有るので、控えめに製作したのが初期ロット。でも、「やっぱもう少しアイドル変わるような仕様が理想よね!」と、プロフィールをパワー方向に振った試作品が完成し、搭載してセッティング!

IMG_8267

IMG_8327

取り付けた車両はブーストアップ:サブコンのF-CON iSで制御の400ローブ、オーバーラップも増えアイドル負圧が減り、「カム変えてます!」的なアイドル音になったんですが、エンジンチェックが付いてしまいました…内容は今の車輌はJ-OBDⅡ規制でガソリンが完全燃焼してるかをCPUが監視してるんです。で、プラグやコイルが駄目になった時に発生する失火を判定しており、これが一定カウント以上溜まるとフェイルセーフに入る賢い制御が有るので、ラフアイドルはサブコンにはNGでした(^^;

20190301_182713

なので初期ロッドカムに交換して対応解決!フルコンのV-Pro Ver4.0等でラフアイドル問題が出るかは試してみないと分からないけどスロットルも制御してるので問題無いと思われる。サブコンの場合、アイドル回転数は純正CPUが制御して変更出来ない事も関係してます。なのでKFのハイカムは注意が必要ですよ!!(^^