っぽく無いね(^^;

軽自動車のNAとほぼ同じ出力:57psを1気筒の220ccで絞り出したKF-DET搭載のL400コペン、機械的に弱い部分は素材や形状の見直しで対策済みだけど、変更していない部分で心配なのがコンロッドメタル…KFに使用してるH断面はI断面よりコンロッドに掛かる負担は大きく、メタルトラブルはフルブローに繋がる重要なパーツ

20180518_141238

20180518_131839

FB_IMG_1526899439697なので、恐らく日本で1番サーキットで酷使されてるKF-DETのメタル状態確認の為、取り外して見ると、上も下も綺麗で一安心!純正メタルは、かなり薄いので、オイルクーラー装着やメーターでのオイル管理が重要です(^^

こちらは傾向的にパワステトラブルの多いスバル車ですが、このインプレッサもパワステポンプがロックしたので交換!!序でに高加給時に、何処からかピ~音がするとの事でパイピング類の圧漏れチェックをしようとSSTを探すも、基本的に軽自動車サイズしか持って無いので、急遽SSTを製作(^^;

20180518_161748

20180518_170100

20180521_180418

圧を掛けて行くと前置きI/Cキットのパイピングの抜け止めビートが浅くて漏れてたので、この部分を切ってビートメーカーで新規に製作

20180521_191004

20180521_185403

した所、分厚いアルミ材なので返しには限界が…って事で見栄えは悪いけどビード部分を溶接で肉盛り!!ブースト250kPaでも抜けない実績有るので、ここは問題無し!! しかし、だいたい、こういうパターンは、次に弱い所から漏れてくるから再度点検です(^^;

こちらは、注文車で入庫したの80スープラ、カッコ良すぎ!!15年以上前の大排気量ターボ車ブームの名車、大事に乗って下さいね!!そして珍しく普通車が多い敷地

20180521_111135

20180521_111044_LI

20180521_115840

20180521_111253

20180521_180907_LI

 

20180520_141642

こんな内容はウチっぽくないので….軽トラのミラー交換や、懐かしいコペンのオイル交換、HA22のワークスにF-CON iSとEVCのブーストアップ、ヘッド抜けのJBコペンエンジン修理とかのほうがホットしますね(^^;

20180518_143003_LI

20180519_101654_LI

 

20180519_103620_LI

20180519_141510

IMG_7574

IMG_7575

20180519_161130

20180519_171743

20180519_170043_LI

 

羊の革を被った….あるあるパターン!(^^

早い物で今日から5月です!!余り知られてませんが、タカタのエアバックリコールが大きな問題になりましたが、国交省からの通達で5月から、このエアバック未改修車輌は、車検が受けれない事になりました。これは乗員の生命を守る事が目的、該当車輌は先にリコールを済ませてからの車検になるので気を付けて下さい

IMG_7386

 

さてタイトルのアルアルねた、「パット見ノーマルですが実は速いんです!!」ってパターン(^^   マフラー音が大きいと弄ってると思われるので音量を小さくしたり、追加メータは敢えて付けない!ってパターンもそんな感じだね(^^

IMG_7419_LI (2)

IMG_7411_LI (3)

IMG_7417

 

車高もマフラーもノーマル、室内もウッドベースで統一されてるけど…マニュアルシフトがAT→5速に変更されてる、バンパー上部のダクトがターボ車って事をさりげなく主張していたり(笑)エンジンスワップと5MT換装公認のミラジーノ最終型

IMG_7418_LI

IMG_7420

ボンネットを開けると、「何でKF-DETやねん!何でコンソール開けたらEVCが埋め込まれてんねん!!」と突っ込まれる事が目的!!今回は吸排気すらノーマルのまま、もう少し速くして欲しいとの事でF-CON とEVCセットのブーストアップに決定(^^

IMG_7403

IMG_7414

EGとCPUが変更されてるので、どの車種??入れ替えられた端子を確認しながらF-CONハーネスを割り込ませて始動!今回はiSなので純正CPUの信号をデータモニターしながらセッティング!!吸排気ノーマルなので無理せずEVCのマップを使用して普通に速い仕様で完成!(^^

IMG_7405

こちらも違和感大のHA21ワークス…HA22やKeiのツインカムターボに完走され、今回コンデンサー周りが大改修されてます(^^;

IMG_7383

ソッコーでSOLD OUT!(^^

IMG_7114_LI

36100Max仕様の36ワークスの店頭中古車を御紹介しましたが、ソッコーで御成約!有難う御座います(^^   ノーマルから全てCADCARSで製作したワークスなので、安心して全開して楽しんで下さい!!(^^

そしてワイドボディーの400コペンローブ、キャレロコンロッドを組んだエンジンに載せ換え、も。ファクでF5タービンが装着され、I/JやCPUはノーマルのまま、慣らし走行を終えて入庫!

IMG_7165IMG_7167

HKS F-CON V-Pro Ver4.0で制御するので、コレだけの配線を割り込ませて結線する必要があります。燃料ポンプを大容量に変更し、システムはリターン式になるのでリターンパイプはワンオフ製作、I/Jは380ccに変更し噴射率70%程で約140psをターゲットに現車セッティング開始!!

IMG_7169

IMG_7175

IMG_717820180408_192647

 

最終ブースト190Kpa、噴射率73%MAXでジェット出力144ps、トルクは約17kと同じ仕様で過去最高の数値で完成!400コペンは空力がイイので、この仕様だと200キロ以上出ますが、36は空力が余り良くないのか、どんなにパワーを上げても175km程で頭打ちしますね(^^;

しかしパワウェイトレシオでは断然有利な36ワークス!!0-100キロ加速なら、400コペン・S6と勝負しても間違い無く36ワークスがトップ!!当店人気の3685Max仕様で入庫したワークスも別物トルクになって完成です(^^

IMG_7171

IMG_7170

こちらは3670エディターとトルクロッド取り付けした2台の36!!この2点セットはフルノーマルからのファーストステップにお勧めですyo!!(^^

IMG_7151_LI

IMG_7152

IMG_7155_LI

IMG_7157

相変わらず週末は色々な36やアルトで一杯です(^^

IMG_7158_LI (2)

IMG_7164_LI

 

(KF-DET+GT1544)F-CON iS=失火大(^^;

久し振りにトラブル続きで悩まされた275ミラのOEMスバルプレオ(^^;   KFのNAエンジンから、100ムーブのKF-DETに載せ換えられ、エンジンハーネスはNA275のまま、CPUはアトレーカーゴで制御し、ブーストアップ仕様で耐久レースを楽しんでたらしいけど、もっと速くしたいと当店へ

入庫時の仕様、ノーマルEG.ノーマルターボ.ブースト約90kPaで約65psを計測、フルノーマルなので、数字的には妥当だけど5000rpm辺りからのグラフは綺麗に吹けて無い感じ…このグラフが後になってドツボにはまる原因に…(^^;

IMG_6271

IMG_6268

IMG_6269

ここからターボをGT1544に変更し、I/Cを前置き化、燃料強化にF-CON iSで制御しEVC6でブーストコントロールで100psチョットくらいの出力予定だったのが、ブースト80kPaで曲がり、フルフロー加工でも90kPaで曲がり、弱すぎて話にならんとキャレロを投入!

IMG_7063

IMG_6964

IMG_7086

IMG_7093

IMG_7113

20180403_200206

コンロッド曲がりの不安が無くなったのでブーストを100kPaに上げると5000rpm辺りで失火症状が出たので、定番のプラグやコイルを交換で完治するかと思いきや全く治らず…オシロで見ると波形の乱れが見られ、スワップされて配線も加工されてるので漏電や電圧降下の可能性を疑い、配線追加やノイズ対策を施しても変わらず…

20180402_131810

ドライバッテーリー交換、クラセン交換、F-CON本体交換、点火コンデンサ追加etc…と、ノイズに関係する疑わしい箇所を対策しても、一切症状は変わらず…ブースト90kPaでは出ないのに100kPaに上げると5000rpm辺りで必ず失火する…その後、入庫前から出てた症状との情報が有り確かに入庫時も5000rpm辺りで失火っぽいグラフの乱れが有った!繋がって無い線を辿ったり…VVT無しのムーブKFとハイゼットカーゴのクラセンが違う?!高圧縮でノック補正?!O2ズレで学習値が上乗せ?!と4日間、嵌まりに嵌まり悩みに悩み…

20180405_183613

IMG_7116

そんな時は難しく考えずに基本に戻りOBDの情報やグラフに惑わされず、1から確認し解決した時の爽快感をCADCARSの近所で撮影した画像で表現してみました!(^^)

IMG_7117

20180402_123847

20180403_102455

サブコンでのパフォーマンスとしては十分!!レブ上げにはフルコンが必要だけど、まづはこの仕様で次のステップまで楽しんで下さい!(^^

IMG_7149

IMG_7148

 

3度目の正直!?(^^;

今週の関西地方は、本当に穏やかな快晴で絶好の花見日和でしたね、 明日からは新生活がスタートする4月、頑張って行きましょう!(^^

20180328_112107

さて、そんな平和で穏やかな天気とは程遠いCADCARSの現場!!車検・整備、エンジンO/Hやセッティングと全開ですが、その中のオーバーホール依頼でエンジン単体で持ち込まれたJB、リビルトエンジンらしいんですがバラシて行くと…

20180329_145933

20180329_173231_LI

IMG_7058

IMG_7060

インテークカムの組み間違いや、コンロッドが曲がった痕跡のシリンダーが使用されて組まれてます 本人がブローしたエンジンで再生されたリビルトエンジンと納得してるなら問題ないですが、気持ちよく思わない方も居ると思うので気を付けて下さい

コンロッド曲がりはKFに多発するトラブル、90ps程でも曲がる事が有り、先日もブログで紹介したKF-DETで曲がったばかり…

IMG_6964

GT1544でブースト80kPaで曲がったので、今回はコンロッドフルフロー加工で組み込み、ピストンはハイコンプに変更してブースト控えめでトルクを稼ぐ仕様に変更して再セッティング開始!!

IMG_7063

IMG_7066

ハイコンプでピックアップも良くなり、コンロッドが曲がったブーストでも問題無く、「良し!イケる!」とコンマ1ブーストを上げて100psオーバー手前のトコで

IMG_7086

ブースト90kPaでまた曲がってしまいココロも折れました…(^^;   やっぱりKFのコンロッドは大きなトルクには負けるようなので、170psでもビクともしない事は証明済みのキャレコンに変更して、1544をブン回してやります!!!

IMG_7093

IMG_7095

IMG_7090急いで組み直し中のエンジン!!完成、慣らし後にリセッティング予定は明後日!?

IMG_7041

IMG_7042

IMG_7044

IMG_7036

IMG_7069

IMG_7088

IMG_7096

20180329_145749今週は何故か、カイエンやルーテシア、LC500まで…(^^;

行楽シーズン来たね~!そだね~!(^^

ようやく春が来ましたね!今年の桜の開花は少し早いらしいので、花見の予定は早めがお勧め!!店の近くにも桜の名所は有るので、良ければ行楽も兼ねてお立ち寄り下さい!店の前の道はハイキングコースにも繋がってるようで、こんな団体さんが良く通ります (^^

IMG_7045

さてチューニング度合いが上がれば、比例して大きくなるのはマフラー音!音は心地よいモノや煩いモノまで人の感性で決まる事も有るので一概に、コレがイイ!!ってのが無く拘る方は拘ります!今回、36100に比較的静かで排気効率の高いモンスター製を取り付けましたが、もっと静かでノーマル風とのご要望で、出口の変更と中間に大きなサイレンサーを装着!

IMG_6723_LI

IMG_7023

IMG_7022_LI

パット見、ノーマル?って雰囲気ですがパイプはΦ50なので排気効率は下げずに静か…近接音量は純正より静かな75dbで完成!!敢えてノーマル風で速い36100仕様、イイです(^^

エンジン製作も、久し振りのK6やキャレロKF、JBと順次進めてます!エンジンオーバーホールの御依頼も多く頂いてますが、加工屋からの上がり具合や部品の納品等で約1カ月程掛かる事もあるので、急ぎの方はお早めにご相談ください!久し振りのK6は伸びたチェーンを新品に交換!!IMG_6999

IMG_7000

キャレコンKFは、ピストンのフルフローとシリンダーブロック、オイルジェットの加工後、組み込んで完成!暖気促進や水の流れを調整するらしいジャケットのスペーサーは、バラしたら撤去!

IMG_7006

IMG_7007

IMG_6994

IMG_7010

IMG_7012

IMG_7014

IMG_7013

ヘッドとブロックの隙間?からLLC漏れしてたJBは面研後、バルブシール全数交換、バルブ当たり修正、親:子メタル類は一式交換、フルフロー済ピストンを組み込んで完成!!ヘッドの研磨量は過去にも作業済なら更に研磨量が増えノッキングが出たり危険な事も有るので、ヘッドのココの深さで面研量を計測してます(^^

IMG_6917

IMG_7028

IMG_7024

IMG_7002

IMG_7001

IMG_7025

IMG_7030

400ローブ×F5×ハイカム×鍛造ピストン=(^^

結局、朝イチ更新継続出来ず…(^^;     今回はKF-DFTネタ!400コペンや新型のタント等、ダイハツの新型車両に搭載されてるエンジンはKF型メイン!ブーストアップ程度では、壊れないと思いきや90ps超えた辺りで壊れる事が有れば100ps超えでも壊れなかったり…その見極めが難しいんだけど今回分かった事は…90~100psがKFコンロッドのK点です!!

IMG_6956 (2)

IMG_6964

そんな時は「安心して下さい!!キャレコンが有りますから!!」って言いたいんですが…エンジン割る必要が有るので、費用もそれなりに掛かる、スピードリミッター解除すら簡単に出来ない400コペンは他車に比べチューニングスピードが遅い傾向にあります。しかし、お馴染みのコペンプロショップ「も。ファク!」さんのデモカー400コペンは純正ピストン、純正ガスケット、キャレロコンロッドF5ターボで140psを絞り出しS6、36ワークス、400コペンの3車種で断トツのハイパワーを絞り出しサーキットで暴れてましたが今回、外装もリニューアルしてVerアップ!!

IMG_6889

IMG_6896_LI

迫力のワイドボディーにコノ色で登場…(・・;     今回新規製作したエンジンは、CADオリジナルのハイカムシャフト、そしてCADオリジナル鍛造ピストン!!ボアは同じなので排気量も660cc、コンロッドはキャレロなので強度は充分!!心配なのは純正のヘッドガスケットとコンロッドメタルですが、持つかどうかのテストも兼ねてジェットでセッティング開始!!

IMG_6797

IMG_6805IMG_6813

 

IMG_6827

IMG_6894

ピストンコンロッドの機械的強度の心配は無くなったけど、純正のヘッドガスケットとコンロッドメタルは心配ですが、デモカーだしテストも兼ねて各計器類の数値とノッキングに注意しながら、「壊れなくて速い!」相反する要素を両立して合わせこんだ結果

IMG_6986

…え!?数字がオカシイ(^^;    ジェットが壊れた?しかし何回テストしても結果は同じ!!充分速かった前回までの140ps仕様との比較グラフは、まるで別物!!最近のエンジンはオーバーラップゼロのバルタイなので、ハイカム効果は絶大!!KF-DETでF5タービン、ブースト200kPaで170psオーバーな400コペンが誕生!!

IMG_6898

IMG_6899_LI

 

サボり過ぎました(^^;

連日業務が終わってからブログ更新する気力が無かったので、今日は開始前に更新!!(^^; え~と…かなり前まで遡って…400ローブのV-Pro取り付け現車セッティング!簡易スピードリミッター解除デバイスが出回って無いダイハツの400ローブ。現状では電動スロットルを独立制御可能なフルコン等が必要なので、HKSのV-Pro Ver4.0を使用してたけど廃版になるそうです…今回はまだ在庫が有るのでVert4.0でフル制御!

IMG_6834

IMG_6844

純正ターボを使い切るブーストアップですが、更に燃料をリターンに変更し140kPa以上のブーストを掛けるのでレギュレターで必要な燃圧を確保、霧化の促進、シリンダー内の冷却、インジェクター通電時間の短縮、そして燃圧が上がる分、燃料ポンプの吐出量が減るので130Lポンプに交換し、ワンランク上のブーストアップ仕様!後は各数値とノックコントロールで車両の持っているパフォーマンスをフルに発揮出来るようダイノジェットでセッティング!!

IMG_6843IMG_6842
received_1203482919782038

結果は何と約94psとKF-DETの過去最高の数値!!大型のI/Cや効率重視のマフラー、霧化や通電時間まで考慮した燃料システム、排気・水温・油温や負荷で発生するポイントが変わるノッキングが出ないよう点火時期を細かくコントロール、そしてバリアブルに動くバルブタイミング・VVTの制御…と全てが1つのパッケージングとして完璧に機能した結果ですが、機械強度不足までは予想出来ませんでした…(^^;

COMEカム(^^

車検の基準は年々確認項目が増え、最近ではインジケーターランプ類も点灯消灯確認が必要になるなど複雑化している。年式に因って適用されたりされなかったりと、こちらも見落としが無いよう事前に各項目を確認して車検場に行くんですが、今回のS660の車検…地上高や排ガス、光軸、サイドスリップ、メーター類警告灯、全て問題無かったのに

IMG_6421

IMG_6419_LIH18以降に適用されるヘッドライトの保安基準で不適合との事、車高をノーマルより20ミリ以上下げてるS6は軒並みアウトなので要注意です!

こちらはダイノジェット出力140ps超え400コペンKF-DET用に新規製作したハイカムとピストン!!ピストン破壊テストは勘弁という事で、カムと同時にピストンも交換です(^^

IMG_6412

久し振りな感じのあるK6エンジン、異音やブローバイ大なのでバラすと真っ黒いオイルで汚れ、シリンダーもダメージが大きいので各部検証中~

IMG_6422

IMG_6411

IMG_6425

JB改のミゼット号、セッティングに向けて各計器類の追加とV-Proの確認、リセット後に新規でデータを入れエンジン始動!!が、システムが店に因って違うので、通常の設定では掛からず…燃料ポンプの駆動もV-Proで行ってるようで設定しなおすと始動まではOK!まだ不明な入力が色々…

IMG_6413

IMG_6415

IMG_6418

IMG_6397

IMG_6398_LI

IMG_6407

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本格的な冬到来…

大寒波襲来で我慢できず、冬の風物詩が現場に登場!!御来店の際はコノ廃油ストーブで是非、温まって下さい!

IMG_6222

IMG_6223

新年明けて最初の定休日…までの長かった事(^^;   もうすぐ2月ちゃうか?って感じでバタバタっす!!そんな中、サービス向上目的でシールが簡単に作れるラベルプリンターを導入!!ステッカーとは違い、シールなので色を選択したり色々なデザインで製作可能なので何か欲しいのが有れば是非!!(^^

IMG_6215

IMG_6216

IMG_6220

こちらは、新年にご契約頂いた店頭中古車!!整備タイミングベルト・ウォーターポンプ・エンジンベルト・Fパッドも交換し、きっちり整備して検査2年付きで¥18万のオプティ!!エンジンはCADMIRAでお馴染みのEF-VEなので、この先のプランもお任せ下さい!!納車前に定番のVVTからの異音が発生しましたが、ササッと中古カムに交換して完成です(VVT中古カムが転がってるトコがキャドカーズやわ~(^^)

IMG_6224

IMG_6200

IMG_6211

こちらはアイドル不良で入庫したワゴンR…確認するとエンジン始動は普通だがアクセルを踏んで無いと止まってしまう。IGオンやオフでISCVは作動してるので、原因は他に有りそうだが、この車輌、他店でATから5速に換装されており、CPUもスズスポが付いててOBDでの診断が出来ない

IMG_6204

IMG_6206

ISCVのステップが見れないので、本体を外して見ると出たり入ったりしてるのでCPUから信号出てるのは確認出来た、EGチェックランプもエンジン始動すると消灯してるので問題無い…消去法で行くとやはりECUが壊れてるしか考えられないので、ノーマルCPUに差し替えると完治(^^ …が、過去に当店でスズスポECUをF-CON iSで補正してたので、セッティングのやり直しが必要でした(^^;

IMG_6229

こちらは、少し変わった400コペンエクスプレイのF-CON iS制御完成!!何が変わってるか??

IMG_6209

IMG_6207_LI

IMG_6208

IMG_6210コペン専門店「も。ファク」が製作した見た目のインパクトが強烈なハイリフト仕様のエクスプレイ(笑)これで山や雪道を走るようで、その為にもモアパワーが必要とブーストアップ!!こんな風景もコペンで行けるようです!(^^;

FB_IMG_1515645604385

こちらはダイハツのL275ミラ!!では無くてスバルのプレオらしい(^^;  ダイハツからOEMされてるようで、エンブレム以外一緒!!耐久仕様で走行してるので、もう少し何とか…と、持ち込まれて来ました!!最近、こんな感じの駆け込み車輌、多いですね(^^

IMG_6232

IMG_6228

他にも、AT不良でフィルター交換、エンジンオイル交換、ノスタルジックな車の車検点検、ブレーキ修理等、今年もズット全開です(^^

IMG_6226_LI

IMG_6231

IMG_6240

IMG_6221_LI

IMG_6174_LI

IMG_6239_LI

IMG_6242_LI

IMG_6203_LI

IMG_6235