コンロッド色々!(^^

まづは写真を見て頂きたい。現行のターボスポーツ軽自動車に使用されているコンロッドの比較。ダイハツのKFエンジンは400系コペンローブ等に採用、スズキのR06は36ワークスやRS、ホンダのS07はS660やNBOXシリーズに採用

IMG_9525

IMG_9524各メーカー特色が有って、トコトン軽量化してるダイハツやホンダに比べて、スズキは短いし太くて頑丈な造りが凄い!!そりゃ、160馬力超えても純正で持つよね!!って事で36乗りの方は、迷わずにガンガン、パワー上げていきましょう!!(^^

3685.36100や36110ガンガン増殖中!!(^^

最近、加速に慣れてしまったから?!増税前からか?!少し大きな作業やカスタムが増えてきたような気がする!そのせいも有ってか、入庫が増えてる3685や36100.36110メニュー!85馬力仕様は朝入庫し、代車で大阪観光をしている間に作業完成し夕方には乗って帰れます!(^^

こちらのワークスはLSDや足回りを中心にモデファイ済み、今回F-CON EVCの85セットにエディターも購入で85Max仕様!!吸排気が通常とは少し変わってたので、ブースト特性をソレに合わせて完成!!

IMG_9119

IMG_9115

IMG_9481

IMG_9482

IMG_9484

こちらは、関東から2回目の入庫のワークス!今までの3685から、更にパワーアップのポン付けタービン36110仕様へ変更、同時にクラッチ、トルクロッドやスタビも同時に交換!85馬力で燃料が足らなくなるので、燃料リターンとインジェクター大容量変更は必項です

IMG_8965

IMG_8966

IMG_8968

3685や36100.36110で使用しているF-CON EVC フラシュエディターの最強トリオは、仕様が変わっても内部データを変更して対応出来るので結果的にコストも抑えられるしパフォーマンスも抜群なので、これも必項です!!(^^

こちらは、鳥取からドアミラーがオシャレなワークスが3685メニューで入庫!エディターも追加で3685Max仕様ですが、エアクリーナーがノーマルBOXなので吸気音が静か!!剥き出しタイプは吸気抵抗が減るぶん、音がおおきくなり、それが好きな人もいるけど、大人しいのを好むひとにはノーマル置き換えがお勧め!吸気負荷を考慮して、ブーストをほんの少し下げて設定!(^^ ミッション関係で少しトラブル抱えてましたが、クラッチ交換と同時に修理し一安心!(^^

IMG_8979

IMG_8937

IMG_8940

IMG_8984

IMG_8985

IMG_8983

CADデモカーと同じ、オリジナルサイズのTE37が白には似合ってます!!そろそろ加速にも慣れた頃だと思うので次のステップお待ちしています(^^

こちらは岐阜から3685で入庫のワークス、フルノーマルからF-CON EVC、エアクリ、マフラーの32.8万円のお得なセットメニュー!!マフラーとエアクリーナーが付いてる場合は、F-CON EVCで取り付け込み22万円で、ノーマルタービン最強ブーストアップに化けます!!(^^

IMG_8925

IMG_8927

IMG_8928

IMG_8934

こちらは、36オリジナルデータ入りフラッシュエディターのみの36入門編、3670仕様のワークス!!85馬力や110馬力、140馬力仕様でもエディターは必要になるので早目に導入して損は有りませんよ!!(^^

IMG_9154

IMG_9157

こちらは3670仕様で乗ってたワークス、今回、F-CONとEVC追加で3685Max仕様に!!最後のブースト設定確認は、全車、実走で合わせますが夏のこの季節は少し低めで合わせてるのは、真冬になるとブーストが高すぎになるから!(^^  写真が一枚しか無くて申し訳ない(^^;

IMG_9469

こちらは鈴鹿ナンバーがカッコイイワークス、85からポン付け最強110仕様へVerアップ!!同時に付けたリヤの補強バー、左右のトリム形状が違うので、左はほぼ寸分違わず穴開け成功したのに、右に関してはトリム形状が違う関係でナットが見えてしまう設計でした(^^;

IMG_9380

IMG_9417

IMG_9415

IMG_9421

こちらは和歌山から3685の22万円メニューで入庫頂いたワークス!!色んなアイテムがピンポイントで変わってる所がグーです!!定番の37ソニックも似合ってます(^^

IMG_9324

IMG_9327

 

HKSからV-Proやエディターの開発情報!

遅い梅雨に入り、気付けば既に1年の半分を過ぎました!残り半分もアッと言う間に過ぎると思うので、皆さんも

って書き出しで保存したままなのが4日前(笑)作業段取りが立て込み、全く更新時間が作れず…こんな忙しい時に限って年に一回、恒例のシャシダイナモのトラブルがこのタイミングで発生し、適当すぎる代理店のサポートは諦め、自力での復旧に二日程無駄に(^^;

IMG_9398

IMG_9409

20190623_171110

でも復旧する度にアップデートされ、今回はアメリカから最新Verのソフトをダウンロードし、画面も一新!!メーターやログ解析等が更にスムーズになり使いやすい!!この復旧を急いでたのは理由があって、F-CON V-Proのエラー検証の為にHKS開発部の来社予定が決まってたから!なのでV-Pro制御、ノイズが入ってるのか急におかしな回転数になる事があるので、センサー類を交換して見たけどダメ…V-Proハーネスの見直しとノイズ対策のハーネスに交換してもダメ…V-Proソフトの内部を色々変更してもダメ…って事でHKSから来社!

20190704_133707

IMG_9410

信号取り出しの為に0.1ミリ以下の線をV-ProVer4.0基盤のチップの脚にハンダ付けするという神業を簡単にこなすHKS開発の人…見てて感動しました(・・; で、新しくなったジェットでの再現検証の結果、症状の出やすくなる要因が判明!!まさかの原因に開発の方々も驚いてましたが、今後の開発や対策の参考になりました!!(^^    また、お願いしていた2型36ワークスAGSのフラッシュエディター対応の為にHKSに送っていたメインECUもデータ取りが出来たとの事で、間もなく2型ワークスAGSもフラッシュエディターが使えるようになるので、もう少しお待ちくださいね!(^^

IMG_9349

IMG_9350

 

V-Pro(R06+F5ターボ+ハイカム+NOS)=163ps (・・;

車の楽しみ方は千差万別、他人に迷惑を掛けなければ色々なジャンルや遊びが有ってイイと思う!そんなモータースポーツの中で、ゼロヨンカテゴリーに軽自動車で参加するには出力不足やトラクションを稼ぎにくい事もあって、絶対人口は少ないんだけど、自分のペースでゼロヨンを楽しんでる36ワークスの御紹介!(^^  ゼロヨンはスタートの瞬発力とパワーがモノを言う競技!!このワークスはJDDAのドラッグイベントにも参加する程、ゼロヨン仕様に偏りつつあります(笑)

1年以上前に36ワークスでは初めてとなるHKS F-CON V-Proでの制御に変更し、660ccには大きいIHI F5タービンをゼロスタート時からブーストが掛かるようにミスファイヤでスタートタイムを稼ぎ、後はゴールまでフル加速!!でも、やっぱ軽自動車の排気量では140ps程度ではパワーが少ない…かと言ってデカイタービンにすると回らない…軽量はしたくないし、ダイエットなんかもっと無理!!でもタイムアップしたい…とのジレンマに耐えれなくなり「エンジン壊れてもイイのでNOSを付けてくれ!!」とのご要望で入庫!!(^^

IMG_9316

IMG_9371

海の向こうから届いたままの丸投げ状態のパーツと英文だらけの取説(笑)…まあシステム図を見ながら付ければ、ソレっぽく何とかなるだろう…と取り付け開始!!ボンベの固定とスイッチングシステムを付けて作動条件をV-Proマップで制御し完成!!

IMG_9354

IMG_9355

IMG_9344

NOSガスと燃料を同時に吹くウェットショットなので、作動時にガスやガソリンの漏れも確認しながら、いざシャシダイで噴射させてテスト!!ブースト掛かり始めはブ~~~ンと今までと同じ吹け上がりですが、NOS噴射ポイントに来ると、それまでの排気音とエンジン音が激変!!

IMG_9358

IMG_9359

ドガ~~ッッッ!!みたいな排気音!!

IMG_9352

IMG_9357_LI

…え??マジ??(・・; 何、このパワーの盛り上がり方?! 青のラインはNOSを吹いて無いF5タービン、ブースト150Kpa時のグラフ、これでも十分、速かったんだけど、NOSを吹くと一気にパワーが上がり、この湿度と30度の気温でも163ps!!これは、楽しい車になりました!!タイムに期待ですね!…何も壊れなければ

 

 

 

 

 

 

色んなトラブル事例(^^;

「最近、加速が悪くターボ周りから変な音もするので見て欲しい」と香川県から36ワークスが2度目の入庫。3カ月程前に85ps仕様で入庫したばかりなので、「ブーストアップでタービンブロー?」と、今までタービンブローした車両は1台も無いのに何でやろ?とターボを外すと

IMG_9175

IMG_9178

IMG_9176

羽が曲がり異物を吸い込んだ形跡が有るので、原因を調べていくと外品エアクリーナーキットが装着され、タワーバーとの距離が近すぎて、シフトアップやダウンでエンジンが動いた時に、タワーバーとエアクリが干渉し、エアクリ本体のフィンが割れて吸い込まれた事が原因

IMG_9179

IMG_9182

IMG_9177

エンジンはシフトアップ時やダウン時にかなり動くので、異音がする場合は注意が必要です!!今回はエアクリーナーが干渉しないようにパイプを曲げタービンは中古に交換して対応しました

IMG_9183

 

こちらのトラブルは、盛大にシフトミスした36ワークス…巡行5速から加速態勢に入ろうと4速にシフトダウンしたつもりが2速にシフトミスし、走行不能になり修理で入庫!メタルダメージも気になるので、車上バラシでは無く、降ろしてから確認していくと…

IMG_9089

IMG_9092

IMG_9090

IMG_9093

IMG_9095

エキゾーストバルブが全部ピストンと当たり、そのうちの1本は曲がったままの状態で、戻らない。ヘッドのガイドもクラックが入り、かなりのダメージ、バルブ、ガイド交換にピストンも交換し序でにメタル、ピストンリングも交換しリフレッシュ!

IMG_9152

ジェットで慣らしも済ませて完成!36は、ダブルコーンシンクロ等で、普通では入らないような回転数でも入り易いので気を付けて運転して下さいね(^^

こちらは気になるトラブル事例…しかも1台2台では無い。加速感等は問題ないけど、エンジン内部から少し異音がするとの症状が多い。診断していくと確かにアクセルのオンオフ時や一定走行時に、メタルのようなカラカラ音がする。メタルブローの場合はかなり深刻なので確認の為オイルパンを外すと…

20190512_161644

20190512_164845

IMG_9020

この症状の車輌は絶対にスラストメタルが外れてる。スラストメタルはクランクが前後に動くのを抑制する軸受けなので、コレが外れるとクラッチを踏んだ時にクランクが前後に動き、ブロックと当たって削れてしまい重症…クランクシャフトは再利用不可なので交換、酷い場合はシリンダーブロックも交換が必要になる

IMG_9023

異音や今までと何か違う、と感じた時は、トラブルを発症してる場合が有るので放置せずに、車屋さんで診てもらうようにしてくださいね!!人間も同じ、重症になる前に、初期症状の段階で病院で診てもらって下さい!(^^;

3685-36100-36110の違いの説明ね(^^

人気の36アルトRS・ワークスの85psブーストアップメニュー、約85psで燃料とタービン風量が足らなくなるので、ノーマルタービンでダイノジェット出力90psは出ないと電話問合せが有る度に申し上げてます、その証拠に

20190311_173749

IMG_8405_LI (2)

これは少し前に3685の噴射率を測定したログデータ、5753rpm時に噴射率100%超えてます。噴射率最大時と最高出力の回転数は同じすなので、85ps仕様の最大パワーは約5700rpm前後!!ブーストアップの限界は約85psなので次のメニューは100psになるんだけど、タービンは風量が足らないのでポン付け100psターボに交換!燃料はインジェクター交換までは必要無く、燃料システムをリターン式に変更し大容量ポンプに交換すれば足りる範囲

IMG_8747

IMG_3767仙台36RS

これで約6500rpm時に燃料ほぼ100%噴射!!これ以上を求めるなら36110タービンになるんだけど、パワーバンドが少し高回転にズレるのでAGSだと変速時にターボラグが出やすい…MTならギヤがクロスしてるので36110タービンがお勧めだけど、100psを超えてくるとリターン式でも足りなくなり、インジェクター交換、現車でのAF確認が必要!!

20180929_140415

小西ワークス

また、メインCPU書き換えのブーストアップは色んなメーカーやショップがリリースしててコストパフォーマンスは高い!過去にトラストさんのCPU装着車両のパワーチェックをしたグラフがコレ

IMG_8345

IMG_8346

TRUST80ps

それぞれの違いや特性を把握して自分のアルトには、どれが理想か色々検討してみてね!!(^^   110馬力以上を狙うならポン付けとは行かない領域になるので、タービン取り付け加工や補機類、排気の見直しも必要、お気軽に御相談下さい(^^

 

新車3685HKS車高調ロールケージ仕様完成!!(^^

完成=コンプリート…最初タイトルに「新車3685コンプリート仕様完成!」って書いたんだけど、「コンプリートって書いてるのに、コンプリート仕様完成ってアホやろ?」って突っ込まれるので辞めた…ただ今回は完成した!!って感じが特に強くてね(^^;   新車のカーペット剥がして内装、内張剥がしてクスコロールケージ取り付け:溶接!とメーカーオプション並みの内容だったので、いつも以上に気を使い完成、同時に3685フルメニュー、HKS車高調、各部補強バー、(納期間に合わず)レイズホイルetcと濃い内容!!

IMG_8586

IMG_8720

 

IMG_8758

 

IMG_8788

IMG_8785

IMG_8784

IMG_8791

IMG_8781

IMG_8786

最後の平成31年式アルトワークス、来月からは令和元年式アルトワークスに!!新車コンプリートは同時チューニングがお得ですよ!!今回も盛沢山のコンプリート内容有難う御座いました!!(^^

IMG_8812

660GTミーティング大盛況!!(^^

今日のK-STYKE 660GTミーティングに参加された皆さまお疲れ様でした!!(^^   少し雨がパラついたようですが、気温も暖かく綺麗な桜も咲いていて、イベントは楽しめたんでは無いでしょうか?軽スポーツやドレスアップ人口が、もっともっと増えて、このようなイベントや走行会が増えるように、みんなで盛り上げましょう!!(^^    お疲れ様でした!!

1554630091155

1554629878572

received_1447472445395477

155462991734015546298910581554630064729

マイチェン後の新車コンプリート!!

36ワークスがマイナーチェンジして数カ月…チラホラ御来店を頂いたり、新車コンプリートも数台入庫し製作しましたが、5MTに関しては普通に乗る分には大きな変更は無く、従来通りでフラッシュも読み込み書き込み可能、AGSに関しては、また後日詳しく書きますが、かなりの変更点が有り開発が必要!既に着手してますので暫くお待ちください(^^    まず、こちらは鮮やかな新色のブルーワークス!!

20190303_113903

IMG_8333

ほぼ新車のワークス、不快な振動無くエンジンの揺れを程良く抑制する人気のオリジナルトルクロッドに交換!補強も追加してるので安心ですよ(^^

こちらは内装カーペット内張等ドンガラ状態の36ワークス、これからロールケージ組み込みや足回り取り付けと、気合の入った仕様なのですが…

IMG_8558

IMG_8608

この36ワークス、注文頂いた3685コンプリート新車なんです!!いきなり、新車からこの状態にしてゲージ組み込み、85ps仕様、ナビ、4輪車高調取り付けetc…クスコゲージは一部、ボディー溶接が有るので、かなり気を遣う作業の連続ですが、慎重に進めて行きますね(^^;

そしてこちらは完成納車した3685新車コンプリートAGSワークス!!

IMG_8450IMG_8452

IMG_8451

IMG_8453

マイチェン後のAGSはレーダーサポートが進化してレーン維持警報やバックソナー対応になってますね、メインCPUや他の部分も大きく変更されてるのでこれから解析を進めて行きます!!こちらも、新車からHKS車高調やLSDも同時に組み込みと、レイズホイルは納期間に合わず後日と、かなりのメニュー有難うございました!!(^^

IMG_8503

IMG_8518

IMG_8508

IMG_8541

 

 

(R06+ポン付けF5ターボ)×F-CON iS.EVC.Editor=???

ポン付けの定義は、加工無しでポン変えで取り付ける意と、取り付けたパーツ以外は特に大きな変更無し、の意が有るんだけど、今回は後者のポン付けの意!今まで36ワークス5MTで1年ほど前に3685仕様、そこからすぐに36100Max仕様にVerアップして乗ってたんだけど、「もう慣れたけ~、もう少し速ならんかの~?」と広島から3度目の入庫!(^^

IMG_8361

100ps仕様から次のステップとなると、ポン付けタービンでは難しいので、加工は必要だけど、比較的楽に?取り付け可能なIHIのF5タービンに決定!!過去に1台、36ワークスのF5ターボ仕様を製作したけど、その時はオリジナルハイカムやエンジンにも手を入れたV-Pro制御でブースト約150kPa:140psオーバーでしたが、今回は、冒頭で説明したターボ以外エンジンには手を入れないポン付け仕様なので、比較的コストは抑えられるけど、100ps以上はノーマルI/Cのままだと、熱ダレして走らないばかりか最悪の場合エンジンブローするので、吸気温対策は絶対必要!

IMG_8445

IMG_8427

IMG_8428

燃料系は、ポンプとリターン式には変更済み、インジェクターを純正から300ccに交換!サブコン制御なので、インジェクター容量が大きすぎるとグズついたり、加速時の増量等でズレが大きくなるので好ましく無く、最大噴射率が75%~90%辺りに来る程度が理想。水温、油温、吸気温管理しながらジェットでセッティング開始した結果…

IMG_8436

IMG_8439_LI36ワークスF5比較

ブースト160kpa時に136ps:6430rpmで完成!!燃料噴射率も83.5%と狙い通り!!大好評のCAD36100Max仕様の青いグラフと比較すると分かるけど、5000rpm以上からのドカーンと来るパワー特性は「コレぞ、ビッグタービン仕様!」的な加速が味わえるので乗って走って楽しい仕様!!F-CON iS、EVC、フラッシュエディターの3点セットはエンジンやタービン、大容量インジェクター変更等の様々な仕様に対応出来るので、ノーマルの方は3685Max仕様からのスタートがお勧め!!これから、どんどん、速い36ワークスが増えて来そうですね!!(^^