今日はブログ2つアップ!なかなかスンナリ行かんね(^^;

比較的、穏やかに過ぎた3連休の最終日。なのでジックリ作業が進み、エンジン脱2機、MTバラシ1機、シリンダーヘッド脱1機…そして

IMG_0729

IMG_0730

 

IMG_0738

IMG_0737

中で作業している石川社長が見えるオプティは耐久仕様製作の為、バラシ作業開始!!解体作業開始1時間程でコノ状態…(^^; ハンドル握る方は、手伝いに来て頂いて構いませんよ~!

現場作業もハード…まづは、昨日、岡崎から周回仕様の36ワークスがタービン交換で入庫したんですが、クラッチ踏んだら違和感…「あ~、コレもやわ…」と、エンジンを降ろすと

IMG_0735

IMG_0739

クランク削れでスラストが落ちてました…このままターボ交換して走ってたら間違いなくエンジンブローしてましたね!先にエンジンの修理から着手します(^^;

こちらは少し前にエンジン、MTのオーバーホール作業で入庫したジムニー。納車後、少ししてから冷気時にMTから「ガ~ッ」と異音が発生するとの事で再入庫。クラッチを踏むと止まるFFでは良く有る症状ですが、縦置きMTは初めてなので、インプット周りやパイロットベアリング周りを疑い、降ろしてグリスアップし積んでみたけど変わらず…なので内部を確認の為、再度降ろしてバラシてみると

IMG_0731

 

IMG_0732

IMG_0733

IMG_0734

 

ベアリングやシンクロは全て新品に交換してるので問題無し!考えられる場所を検証すると、ケースとベアリングの当たり面に不自然な干渉痕…20万キロ走行してるのでケース自体の痩せや、始動時の硬いMTオイルの影響と思われるので、調整して組み付けてみます!

こちらは水が減るとの症状で入庫した36ワークス。ホースや繋ぎ目から漏れてるのか?直ぐに治るだろうと確認した結果…

IMG_0682

IMG_0692

IMG_0693

何とヒーターコアのチューブからダダ洩れ…(ToT

こちらは、先日完成した下置きF5ターボのカプチーノ。納車後にセントラルサーキット走行した後から、異音がするとの事で確認すると、確かに大きなカタカタ音が聞こえるので再度入庫。ラッシュのようなメタルのようなピストン打音のような…ハードな周回を何度も走行してるので、確認の為、ヘッドをおろして検証してみます

IMG_0740

 

すべて順調にすんなり行く方が少ないけど、S6やKF、R06のエンジンやミッショントラブル等、一つづつ原因を突き止め対策して行くしかないですね(^^;

 

見えるトコも、見えないトコも(^^

今、キャンペーン中の「24回まで分割手数料当社負担!」でのパーツ購入やチューニング相談が増え、毎週末は36フィーバー状態!!待ち作業も多く頂いてるので、作業等の御予約は早目がお勧めです。画像は日帰り作業で入庫の2台の36ワークス

IMG_0711

IMG_0710

IMG_0364

人間でいうトコの心拍数や血圧、体温管理と同じで車両コンディションの把握に必要な追加メーターを取り付け!カッコ良さで付けるのでは無く、異常早期発見のがメインだから見易い位置に4連装着!!オイルクーラー付いて無い状態で油温油圧を見ても…ね(^^; カッコイイリヤウィングも付いてかなり仕上がってきてます(^^

もう一台は排気系のアップデート作業で日帰り作業、センターパイプ入口の絞りが小さく、純正のΦ35ほどのパイプ系も抵抗になってるので可能な範囲で排気効率を上げる方向でワンオフ製作

IMG_0712_LI

IMG_0713

IMG_0717

IMG_0714

上の画像はHKS中間サイレンサーの入り口部分で系はφ38、ここだけは拡大のヤリヨウが無いので、Φ50からΦ38に絞る事になってしまうけど、そのままだと写真のようにテーパーに絞っても段付きが出来てしまう。そんな事情は無視して上からΦ50のパイプをサイレンサーに直接溶接すれば、パッと見はフルφ50仕様に見えるけど、Φ12差の段付きが出来てしまい排気抵抗が増え本末転倒…そんな仕事は出来ないので、可能な限りスムーズに流れるよう段付きを無くす溶接加工。効果は???だし、見えないトコだけど少しでも良くなるならね(^^;

IMG_0715IMG_0716

祝、即位礼正殿の儀!!店は営業してます(^^

今、人気の36アルトワークス・RS限定24回金利ゼロキャンペーン!24回以上も通常より低金利!早速多くの方からの問い合わせや予約の御依頼、入庫を頂いてます!開催期間は、予定台数に達するか年内イッパイの予定なので、気になる方はお早めに!!(^^  こちらはフラッシュエディター3670での御来店!他にも人気のオリジナルトルクロッドやオイル交換作業は週末に多い定番作業です(^^

IMG_0530

IMG_0209

IMG_0210

IMG_0548

IMG_0549

こちらは関東から36100で入庫のワークス、インタークーラーやオイルクーラー、クラッチ等は装着済みなので、今回はターボと燃料システム、F-CON、エディターデータ変更のみなので約31万円!ブーストアップに飽きたらポン付けタービン、ソレに合わせてブレーキや足のセット変更と36ワークスもヤル事はイッパイ有りますよ!(^^

IMG_0342

IMG_0344

IMG_0343

アルトNA乗りに根強い人気のエキマニプロキット、車検対応で性能も見た目もかなり良くなる定番商品!!純正触媒を送って頂ければ、届いてすぐ装着可能な溶接加工済みでの出荷も承ってます!(^^

IMG_0509

IMG_0510

こちらはプロショップからご注文頂いたKF-DETフルセット!!オリジナルピストンに、オリジナルKFDETハイカム、キャレロコンロッド、IHI F5タービン、とハイスペックパッケージで出荷完了です(^^IMG_0390

こちらは、1番注文の多いKF-DETオリジナルピストンセットのみでの出荷!高張力リングでブローバイ対策、O/Hついでに0.03オーバーサイズをホーニングして使えば、また新品同様シリンダーで使用できるのも魅力!!フルフロー対応ピストンですが純正コンロッドには圧入式でも使えますよ。また純正コンロッドを送って頂ければ低フリクションに有利なフルフローとオイル通路加工も承りますのでお気軽にお問い合わせ下さいね(^^

IMG_0404

IMG_9428

 

3670.3685が増税分より遥かにお得なプランをご提案!(^^

消費税が10%に上がって2週間程。生活必需品は8%のままだけど、それ以外は2%の増税なので、買い物を控える方向に向くのが心情…「36のチューニングは、生活を豊かにする必需品なので8%にしてくれ!」と国に訴えても無理!!そこで1人でも多くの方にハイパワースペック3685ワークスを体感して頂きたいので、通常の金利12.7%の金利から大幅に下げた手の届きやすいお支払いプランを御提案いたします!!(^^

20180812_101025

自分のワークスが、例えば月々約9,000円×30回で、1番人気のF-CON iS:専用ハーネス:HKS EVC 6 iR:取り付けブースト設定がセットの3685仕様になるとしたら如何ですか??

IMG_4661

どうせなら、85仕様にリミッターカット、AF値、VVT変更専用データ入りのエディターセット85Max仕様にしたい!って方には月々約9,800円×36回でもOK!!

IMG_5206

「まだフルノーマルなんです!」って方には、レギュラーガソリン対応ブーストアップ、スピードリミッター、レブリミッターカットの3670もお得に手にする事が出来ます(^^

IMG_5248

「増税なんか吹っ飛ばして36スポーツを盛り上げよう記念!」として、今なら3670.85.85Maxの24回までの金利手数料は、キャドカーズが負いたします!!

85仕様:約10100円(14850円)×24回   カッコ内はマフラーエアクリーナーがセットの場合の金額、以下も同じです

85Max仕様:約12850円(17600円)×24回

70仕様:5500円(7510円)×12回

このプランはアルト限定なので、36ワークス:RS乗りのまだノーマルな方、是非、この機会に如何ですか?ノーマルタービンの性能を120%使うトルクフルな愛車に、また一段と愛着が湧きますよ!(^^  気になる方はお気軽にお問合せ下さい!

※審査に当たってはお名前、住所、居住年数、配偶者や同居人、免許証番号、勤務情報や年収、従業員数等の個人情報の事前確認が必要になります

いいね、ローファーキット!!

今日も職場改善パーツが大活躍な残暑が厳しく、車検に…広報スピーカー取り付けに…と、いつもと変わらず忙しい1日でした!

20190906_10032220190906_133823

IMG_0059

さて36ワークスの足回り変更で車高調までは要らないんだけど、程よく落ちて乗り心地とスポーツ性を両立できる足回りが欲しいとのご要望の方には、カヤバのローファーセットを、お勧め!!

IMG_0016

IMG_0017

IMG_0020

ダンパー容量やスプリングレートが36専用設計なので、純正のギャップ超えやコーナー時、ただ硬いだけのフィーリングでは無く、シックリくる味付けなのでストリートユースには絶大な支持!!

IMG_0069

 

IMG_0070

最後はフロントアライメントや光軸調整、試乗でハンドルセンター確認等で完成!!2人掛かりで作業すれば1時間程で作業が終わるので、待っている間に終わりますよ!!今の乗り心地に不満の方にお勧めです(^^

分かり易いビフォーアフター!!(^^

「誤解を生む」等の理由で美容広告での「ビフォーアフター」写真は禁止になったけど、車業界は問題ないので、ビフォーアフターは積極的に使って行きますよ!!(^^

1台目は3685ナンバーで分かる様に、85ps仕様のワークスAGSのビフォーアフター、何が変わったでしょうか??

IMG_9965

IMG_9967オイルクーラーが付いたって、すぐ分かるよね!!他にもフロントパイプやインタークーラーをモンスター製に変更!!HKSの車高調やLSDは既に装着済なハイスペックワークスAGS85ps仕様完成!!(^^

こちらは御成約頂いたワークス中古車の赤ワークス!現行では赤は無くなったので、中古車として人気が有る赤、このワークスは走行距離が1800キロと極少なのも人気でお問い合わせを多く頂きました!!同時に5ジゲンマフラーやCADオリジナルTE37ホワイト、I/Cをこちらもモンスター製に交換し、宮崎に旅立って行きました!!

IMG_9954

IMG_9956

IMG_9959

IMG_9962

こちらのワークスもCADオリジナルのTE37ホワイト装着したワークス!!オフセットが6J+41で通常のTE37より各部の造りをより強固にしてるので衝撃にも強く、ツラツラになるので人気のモデル!!今回は同時にHKS車高調整キットとブレーキも交換しフットワークを中心にチューニング!!もうすぐフラッシュエディターが対応する2型AGSワークス、次はパワーアップ系のチューニングですかね?!

IMG_9933

IMG_9936

IMG_9939

IMG_9943

IMG_9946

IMG_9947

 

スタッフも募集してますよ(^^

 

 

SLDやらLSDやらDCTとテンヤワンヤ!(^^

そうそう、今年の盆休みは13~15となっておりますので、宜しくお願いします!さて昼の痛いような日差しが降り注ぐ酷暑の中、全開で作業中のピット(^^  まづはチューニングの第一歩と言えば、スピードリミッターカット!!40ソアラは180kmでリミッタが効くので、昔ながらのHKSのSLDで解除!!今の車は簡単にリミッターカット出来ない時代ですが、昔は簡単に解除出来たんですよね~!(^^

IMG_9703

こちらはLSDの組付けで入庫した36ワークス!!実は、当店で組み込むLSDはクスコから出荷される時点でロック率とイニシャル値をCADオリジナル仕様に変更したLSD!乗れば違いが分かると、お客様から高評価を頂いてます(^^

IMG_9656

IMG_9663

IMG_9664

IMG_9712

ターボやCPUやキャリパーにまで、かなり手が加えられてる黒いワークス 、コーナースピードアップで更に楽しい仕様になりました!!次は補機類が欲しい所ですね(^^

こちらも、オリジナルLSD組み込みで入庫したワークス!!マフラーと足回りのみ変更された綺麗なワークス、ミッションを降ろす序でに強化クラッチも同時に組み込み!IMG_9665

IMG_9667

IMG_9674

IMG_9678

IMG_9679

新品のサイドベアリングとシールに交換し、組み込んで完成!!補記類はノーマルなので、ここからのステップアップが楽しみですね!!(^^  ノーマルのまま脚とデフで走り込んで腕を磨くも良し!!スプリングレートやプリロードでも、かなり走りは変わるので少しずつステップアップして、周りに迷惑掛けずに走りを楽しむ事は大賛成!!吸排気から始めて、次はブーストアップ!!慣れた頃にポン付けタービンで燃料系まで手を入れ120ps仕様!!その先はF5タービンやビッグタービンで140ps以上の世界に踏み込むも良し!!そこまでチューニングする必要は無いんだけど、そういったメニューや選択肢が、有るのと無いのとでは楽しさが違うよね!?少しづつ自分色にチューニングして行って下さいね(^^

そして、こちらはDCT交換作業の35GTR…ネット等でGTRの作業写真等を見て、「ミッション降ろすだけでも、おっかね~車やな~」と思いながら、対岸の火事にしか思って無かったんだけど、まさかウチで交換作業をするとは…要領書も何も無いから取りあえず、色んなモン外してDCTが降りました(^^;

IMG_9684

IMG_9682

IMG_9689

IMG_9688

IMG_9708

IMG_9710

IMG_9714

新品だと200万以上する、デカイミッションASSYはチェーンブロックで外して交換し、メンバーに搭載して車両に搭載!!320kmでも普通に会話できるGTRは、やっぱり恐ろしい車です(^^;

コンロッド色々!(^^

まづは写真を見て頂きたい。現行のターボスポーツ軽自動車に使用されているコンロッドの比較。ダイハツのKFエンジンは400系コペンローブ等に採用、スズキのR06は36ワークスやRS、ホンダのS07はS660やNBOXシリーズに採用

IMG_9525

IMG_9524各メーカー特色が有って、トコトン軽量化してるダイハツやホンダに比べて、スズキは短いし太くて頑丈な造りが凄い!!そりゃ、160馬力超えても純正で持つよね!!って事で36乗りの方は、迷わずにガンガン、パワー上げていきましょう!!(^^

色んなトラブル事例(^^;

「最近、加速が悪くターボ周りから変な音もするので見て欲しい」と香川県から36ワークスが2度目の入庫。3カ月程前に85ps仕様で入庫したばかりなので、「ブーストアップでタービンブロー?」と、今までタービンブローした車両は1台も無いのに何でやろ?とターボを外すと

IMG_9175

IMG_9178

IMG_9176

羽が曲がり異物を吸い込んだ形跡が有るので、原因を調べていくと外品エアクリーナーキットが装着され、タワーバーとの距離が近すぎて、シフトアップやダウンでエンジンが動いた時に、タワーバーとエアクリが干渉し、エアクリ本体のフィンが割れて吸い込まれた事が原因

IMG_9179

IMG_9182

IMG_9177

エンジンはシフトアップ時やダウン時にかなり動くので、異音がする場合は注意が必要です!!今回はエアクリーナーが干渉しないようにパイプを曲げタービンは中古に交換して対応しました

IMG_9183

 

こちらのトラブルは、盛大にシフトミスした36ワークス…巡行5速から加速態勢に入ろうと4速にシフトダウンしたつもりが2速にシフトミスし、走行不能になり修理で入庫!メタルダメージも気になるので、車上バラシでは無く、降ろしてから確認していくと…

IMG_9089

IMG_9092

IMG_9090

IMG_9093

IMG_9095

エキゾーストバルブが全部ピストンと当たり、そのうちの1本は曲がったままの状態で、戻らない。ヘッドのガイドもクラックが入り、かなりのダメージ、バルブ、ガイド交換にピストンも交換し序でにメタル、ピストンリングも交換しリフレッシュ!

IMG_9152

ジェットで慣らしも済ませて完成!36は、ダブルコーンシンクロ等で、普通では入らないような回転数でも入り易いので気を付けて運転して下さいね(^^

こちらは気になるトラブル事例…しかも1台2台では無い。加速感等は問題ないけど、エンジン内部から少し異音がするとの症状が多い。診断していくと確かにアクセルのオンオフ時や一定走行時に、メタルのようなカラカラ音がする。メタルブローの場合はかなり深刻なので確認の為オイルパンを外すと…

20190512_161644

20190512_164845

IMG_9020

この症状の車輌は絶対にスラストメタルが外れてる。スラストメタルはクランクが前後に動くのを抑制する軸受けなので、コレが外れるとクラッチを踏んだ時にクランクが前後に動き、ブロックと当たって削れてしまい重症…クランクシャフトは再利用不可なので交換、酷い場合はシリンダーブロックも交換が必要になる

IMG_9023

異音や今までと何か違う、と感じた時は、トラブルを発症してる場合が有るので放置せずに、車屋さんで診てもらうようにしてくださいね!!人間も同じ、重症になる前に、初期症状の段階で病院で診てもらって下さい!(^^;

3685-36100-36110の違いの説明ね(^^

人気の36アルトRS・ワークスの85psブーストアップメニュー、約85psで燃料とタービン風量が足らなくなるので、ノーマルタービンでダイノジェット出力90psは出ないと電話問合せが有る度に申し上げてます、その証拠に

20190311_173749

IMG_8405_LI (2)

これは少し前に3685の噴射率を測定したログデータ、5753rpm時に噴射率100%超えてます。噴射率最大時と最高出力の回転数は同じすなので、85ps仕様の最大パワーは約5700rpm前後!!ブーストアップの限界は約85psなので次のメニューは100psになるんだけど、タービンは風量が足らないのでポン付け100psターボに交換!燃料はインジェクター交換までは必要無く、燃料システムをリターン式に変更し大容量ポンプに交換すれば足りる範囲

IMG_8747

IMG_3767仙台36RS

これで約6500rpm時に燃料ほぼ100%噴射!!これ以上を求めるなら36110タービンになるんだけど、パワーバンドが少し高回転にズレるのでAGSだと変速時にターボラグが出やすい…MTならギヤがクロスしてるので36110タービンがお勧めだけど、100psを超えてくるとリターン式でも足りなくなり、インジェクター交換、現車でのAF確認が必要!!

20180929_140415

小西ワークス

また、メインCPU書き換えのブーストアップは色んなメーカーやショップがリリースしててコストパフォーマンスは高い!過去にトラストさんのCPU装着車両のパワーチェックをしたグラフがコレ

IMG_8345

IMG_8346

TRUST80ps

それぞれの違いや特性を把握して自分のアルトには、どれが理想か色々検討してみてね!!(^^   110馬力以上を狙うならポン付けとは行かない領域になるので、タービン取り付け加工や補機類、排気の見直しも必要、お気軽に御相談下さい(^^