SLDやらLSDやらDCTとテンヤワンヤ!(^^

そうそう、今年の盆休みは13~15となっておりますので、宜しくお願いします!さて昼の痛いような日差しが降り注ぐ酷暑の中、全開で作業中のピット(^^  まづはチューニングの第一歩と言えば、スピードリミッターカット!!40ソアラは180kmでリミッタが効くので、昔ながらのHKSのSLDで解除!!今の車は簡単にリミッターカット出来ない時代ですが、昔は簡単に解除出来たんですよね~!(^^

IMG_9703

こちらはLSDの組付けで入庫した36ワークス!!実は、当店で組み込むLSDはクスコから出荷される時点でロック率とイニシャル値をCADオリジナル仕様に変更したLSD!乗れば違いが分かると、お客様から高評価を頂いてます(^^

IMG_9656

IMG_9663

IMG_9664

IMG_9712

ターボやCPUやキャリパーにまで、かなり手が加えられてる黒いワークス 、コーナースピードアップで更に楽しい仕様になりました!!次は補機類が欲しい所ですね(^^

こちらも、オリジナルLSD組み込みで入庫したワークス!!マフラーと足回りのみ変更された綺麗なワークス、ミッションを降ろす序でに強化クラッチも同時に組み込み!IMG_9665

IMG_9667

IMG_9674

IMG_9678

IMG_9679

新品のサイドベアリングとシールに交換し、組み込んで完成!!補記類はノーマルなので、ここからのステップアップが楽しみですね!!(^^  ノーマルのまま脚とデフで走り込んで腕を磨くも良し!!スプリングレートやプリロードでも、かなり走りは変わるので少しずつステップアップして、周りに迷惑掛けずに走りを楽しむ事は大賛成!!吸排気から始めて、次はブーストアップ!!慣れた頃にポン付けタービンで燃料系まで手を入れ120ps仕様!!その先はF5タービンやビッグタービンで140ps以上の世界に踏み込むも良し!!そこまでチューニングする必要は無いんだけど、そういったメニューや選択肢が、有るのと無いのとでは楽しさが違うよね!?少しづつ自分色にチューニングして行って下さいね(^^

そして、こちらはDCT交換作業の35GTR…ネット等でGTRの作業写真等を見て、「ミッション降ろすだけでも、おっかね~車やな~」と思いながら、対岸の火事にしか思って無かったんだけど、まさかウチで交換作業をするとは…要領書も何も無いから取りあえず、色んなモン外してDCTが降りました(^^;

IMG_9684

IMG_9682

IMG_9689

IMG_9688

IMG_9708

IMG_9710

IMG_9714

新品だと200万以上する、デカイミッションASSYはチェーンブロックで外して交換し、メンバーに搭載して車両に搭載!!320kmでも普通に会話できるGTRは、やっぱり恐ろしい車です(^^;

コンロッド色々!(^^

まづは写真を見て頂きたい。現行のターボスポーツ軽自動車に使用されているコンロッドの比較。ダイハツのKFエンジンは400系コペンローブ等に採用、スズキのR06は36ワークスやRS、ホンダのS07はS660やNBOXシリーズに採用

IMG_9525

IMG_9524各メーカー特色が有って、トコトン軽量化してるダイハツやホンダに比べて、スズキは短いし太くて頑丈な造りが凄い!!そりゃ、160馬力超えても純正で持つよね!!って事で36乗りの方は、迷わずにガンガン、パワー上げていきましょう!!(^^

色んなトラブル事例(^^;

「最近、加速が悪くターボ周りから変な音もするので見て欲しい」と香川県から36ワークスが2度目の入庫。3カ月程前に85ps仕様で入庫したばかりなので、「ブーストアップでタービンブロー?」と、今までタービンブローした車両は1台も無いのに何でやろ?とターボを外すと

IMG_9175

IMG_9178

IMG_9176

羽が曲がり異物を吸い込んだ形跡が有るので、原因を調べていくと外品エアクリーナーキットが装着され、タワーバーとの距離が近すぎて、シフトアップやダウンでエンジンが動いた時に、タワーバーとエアクリが干渉し、エアクリ本体のフィンが割れて吸い込まれた事が原因

IMG_9179

IMG_9182

IMG_9177

エンジンはシフトアップ時やダウン時にかなり動くので、異音がする場合は注意が必要です!!今回はエアクリーナーが干渉しないようにパイプを曲げタービンは中古に交換して対応しました

IMG_9183

 

こちらのトラブルは、盛大にシフトミスした36ワークス…巡行5速から加速態勢に入ろうと4速にシフトダウンしたつもりが2速にシフトミスし、走行不能になり修理で入庫!メタルダメージも気になるので、車上バラシでは無く、降ろしてから確認していくと…

IMG_9089

IMG_9092

IMG_9090

IMG_9093

IMG_9095

エキゾーストバルブが全部ピストンと当たり、そのうちの1本は曲がったままの状態で、戻らない。ヘッドのガイドもクラックが入り、かなりのダメージ、バルブ、ガイド交換にピストンも交換し序でにメタル、ピストンリングも交換しリフレッシュ!

IMG_9152

ジェットで慣らしも済ませて完成!36は、ダブルコーンシンクロ等で、普通では入らないような回転数でも入り易いので気を付けて運転して下さいね(^^

こちらは気になるトラブル事例…しかも1台2台では無い。加速感等は問題ないけど、エンジン内部から少し異音がするとの症状が多い。診断していくと確かにアクセルのオンオフ時や一定走行時に、メタルのようなカラカラ音がする。メタルブローの場合はかなり深刻なので確認の為オイルパンを外すと…

20190512_161644

20190512_164845

IMG_9020

この症状の車輌は絶対にスラストメタルが外れてる。スラストメタルはクランクが前後に動くのを抑制する軸受けなので、コレが外れるとクラッチを踏んだ時にクランクが前後に動き、ブロックと当たって削れてしまい重症…クランクシャフトは再利用不可なので交換、酷い場合はシリンダーブロックも交換が必要になる

IMG_9023

異音や今までと何か違う、と感じた時は、トラブルを発症してる場合が有るので放置せずに、車屋さんで診てもらうようにしてくださいね!!人間も同じ、重症になる前に、初期症状の段階で病院で診てもらって下さい!(^^;

3685-36100-36110の違いの説明ね(^^

人気の36アルトRS・ワークスの85psブーストアップメニュー、約85psで燃料とタービン風量が足らなくなるので、ノーマルタービンでダイノジェット出力90psは出ないと電話問合せが有る度に申し上げてます、その証拠に

20190311_173749

IMG_8405_LI (2)

これは少し前に3685の噴射率を測定したログデータ、5753rpm時に噴射率100%超えてます。噴射率最大時と最高出力の回転数は同じすなので、85ps仕様の最大パワーは約5700rpm前後!!ブーストアップの限界は約85psなので次のメニューは100psになるんだけど、タービンは風量が足らないのでポン付け100psターボに交換!燃料はインジェクター交換までは必要無く、燃料システムをリターン式に変更し大容量ポンプに交換すれば足りる範囲

IMG_8747

IMG_3767仙台36RS

これで約6500rpm時に燃料ほぼ100%噴射!!これ以上を求めるなら36110タービンになるんだけど、パワーバンドが少し高回転にズレるのでAGSだと変速時にターボラグが出やすい…MTならギヤがクロスしてるので36110タービンがお勧めだけど、100psを超えてくるとリターン式でも足りなくなり、インジェクター交換、現車でのAF確認が必要!!

20180929_140415

小西ワークス

また、メインCPU書き換えのブーストアップは色んなメーカーやショップがリリースしててコストパフォーマンスは高い!過去にトラストさんのCPU装着車両のパワーチェックをしたグラフがコレ

IMG_8345

IMG_8346

TRUST80ps

それぞれの違いや特性を把握して自分のアルトには、どれが理想か色々検討してみてね!!(^^   110馬力以上を狙うならポン付けとは行かない領域になるので、タービン取り付け加工や補機類、排気の見直しも必要、お気軽に御相談下さい(^^

 

新車3685HKS車高調ロールケージ仕様完成!!(^^

完成=コンプリート…最初タイトルに「新車3685コンプリート仕様完成!」って書いたんだけど、「コンプリートって書いてるのに、コンプリート仕様完成ってアホやろ?」って突っ込まれるので辞めた…ただ今回は完成した!!って感じが特に強くてね(^^;   新車のカーペット剥がして内装、内張剥がしてクスコロールケージ取り付け:溶接!とメーカーオプション並みの内容だったので、いつも以上に気を使い完成、同時に3685フルメニュー、HKS車高調、各部補強バー、(納期間に合わず)レイズホイルetcと濃い内容!!

IMG_8586

IMG_8720

 

IMG_8758

 

IMG_8788

IMG_8785

IMG_8784

IMG_8791

IMG_8781

IMG_8786

最後の平成31年式アルトワークス、来月からは令和元年式アルトワークスに!!新車コンプリートは同時チューニングがお得ですよ!!今回も盛沢山のコンプリート内容有難う御座いました!!(^^

IMG_8812

660GTミーティング大盛況!!(^^

今日のK-STYKE 660GTミーティングに参加された皆さまお疲れ様でした!!(^^   少し雨がパラついたようですが、気温も暖かく綺麗な桜も咲いていて、イベントは楽しめたんでは無いでしょうか?軽スポーツやドレスアップ人口が、もっともっと増えて、このようなイベントや走行会が増えるように、みんなで盛り上げましょう!!(^^    お疲れ様でした!!

1554630091155

1554629878572

received_1447472445395477

155462991734015546298910581554630064729

(R06+ポン付けF5ターボ)×F-CON iS.EVC.Editor=???

ポン付けの定義は、加工無しでポン変えで取り付ける意と、取り付けたパーツ以外は特に大きな変更無し、の意が有るんだけど、今回は後者のポン付けの意!今まで36ワークス5MTで1年ほど前に3685仕様、そこからすぐに36100Max仕様にVerアップして乗ってたんだけど、「もう慣れたけ~、もう少し速ならんかの~?」と広島から3度目の入庫!(^^

IMG_8361

100ps仕様から次のステップとなると、ポン付けタービンでは難しいので、加工は必要だけど、比較的楽に?取り付け可能なIHIのF5タービンに決定!!過去に1台、36ワークスのF5ターボ仕様を製作したけど、その時はオリジナルハイカムやエンジンにも手を入れたV-Pro制御でブースト約150kPa:140psオーバーでしたが、今回は、冒頭で説明したターボ以外エンジンには手を入れないポン付け仕様なので、比較的コストは抑えられるけど、100ps以上はノーマルI/Cのままだと、熱ダレして走らないばかりか最悪の場合エンジンブローするので、吸気温対策は絶対必要!

IMG_8445

IMG_8427

IMG_8428

燃料系は、ポンプとリターン式には変更済み、インジェクターを純正から300ccに交換!サブコン制御なので、インジェクター容量が大きすぎるとグズついたり、加速時の増量等でズレが大きくなるので好ましく無く、最大噴射率が75%~90%辺りに来る程度が理想。水温、油温、吸気温管理しながらジェットでセッティング開始した結果…

IMG_8436

IMG_8439_LI36ワークスF5比較

ブースト160kpa時に136ps:6430rpmで完成!!燃料噴射率も83.5%と狙い通り!!大好評のCAD36100Max仕様の青いグラフと比較すると分かるけど、5000rpm以上からのドカーンと来るパワー特性は「コレぞ、ビッグタービン仕様!」的な加速が味わえるので乗って走って楽しい仕様!!F-CON iS、EVC、フラッシュエディターの3点セットはエンジンやタービン、大容量インジェクター変更等の様々な仕様に対応出来るので、ノーマルの方は3685Max仕様からのスタートがお勧め!!これから、どんどん、速い36ワークスが増えて来そうですね!!(^^

カッコいいダクト付きボンネットは

最近の36ワークスやハイトワゴン系の軽自動車等、ターボ車でもダクト付きボンネットの採用が少なく、バンパーとボンネットの僅かな隙間から、効率よくエアクリーナーやインタークーラーの外気を導入するようになってるよね!!

IMG_8136

IMG_8135

 

そこでフレッシュエアーを効率良く導入する為に、ダクト付きボンネットに交換すると見た目も変わりカッコ良くなる人気のアイテムだけど、登録検査時には注意が必要

20190215_134150

IMG_8122_LI (2)

型式指定と類別番号が空欄になり備考欄に移動され、追加されてる項目に注目。本来、36アルトの外観にダクト付きボンネットは存在しないので、スズキは事故等が起きた時の歩行者安全を考慮し、素材やダクト無しの形状で国に申請し、認可を受けて型式指定と類別区分を受けている。なので、備考欄に追加されてるように「この車は基準の破壊試験を行っていないダクト付きボンネットにが装着されています」って事、それで何か不都合が有るのか?は、今の所無いとの返事でしたが、知らないより知っておいた方がイイよね(^^ なので、この36ワークスはダクト付きボンネットや高さも変更された公認車両です!

 

今回は36三昧!!(^^

昨日のK4GPに参加された皆さん、お疲れ様でした!!心配された天候は問題無かったようですが、ウチのミラは順調に周回を重ねていた後半に電気系トラブルで大きく順位を落としクラス9位という結果でした!!次は夏に向けて対策してチャレンジします(^^

DSC04289

IMG_7953

さて36ワークス:RSの定番日帰り3685メニュー!最近入庫する車両は吸排気済みが殆どなので、EVCとF-CONを取り付けし現車に合わせてブーストセットしても完成に夕方まで掛かる事も無く、比較的早くお渡し可能に!!遠方の方は、お気軽にご相談下さい(^^    こちらは岐阜から入庫頂いた36ワークス、85psにエディター追加のMax仕様、トルクロッドも追加有難う御座いました(^^

IMG_7869

IMG_7871

IMG_7873

IMG_7872

こちらは香川から入庫頂いたワークス、既に他店データ入りフラッシュエディターがインストールされていましたが、今回、F-CON EVCを取り付けしエディター書き換えで、こちらも85Max仕様に!次のタービン交換、お待ちしています(^^

IMG_7970

IMG_7971

こちらは、オイルトラブルでエンジンブローの修理で広島から入庫したワークス、再利用不可なパーツが多いので、違うエンジンに組み換え中!!ポンと載せ替えるのではなく腰下までバラシて点検修理し、ピストンはフルフロー加工して組み込んだSPLエンジンです(^^

IMG_7966

IMG_7945

IMG_7946

IMG_7956

こちらも広島から入庫した、GT12タービンをV-Pro制御で過去に納車した36RS!!今回はタービンをGT12から当店オリジナルの110ps仕様ターボに変更と同時に、AGSとV-Proの相性が今一つなので、iSに変更して乗り易さとパワーを両立させるメニューで入庫!!

IMG_7846

 

IMG_7838

V-ProでのAGS制御は、純正のような変速時のスロットル制御やトルク制御の同期が難しく、ギヤを痛める原因にもなってたので、isでの制御に変更、同時にタービンはAGSですが推奨の100ps仕様では無くパワー重視の110ps仕様で現車セッティング完成!!

IMG_7847

IMG_7840

matukaRS

36アルト用 36110タービン発売!!(^^

今まで36アルトワークス:RSの人気メニュー3685の次のステップとして人気だった36100仕様!当店のジェット値で約95~100ps程をマークし、ポン付けでコストパフォーマンスにも優れた36100に今回、5速MT車用に36110を追加!!従来の100ps仕様より高回転まで風量を稼ぎながら下のトルクを犠牲にしていない理想のターボ!!

IMG_7855

5速MT用に設定しているのは、AGSでも装着は可能だけど、4速や5速の変速タイミングやギヤ比の加減でモタ付くので推奨は出来ません(^^;    タービン交換に必要なターボIN:OUTガスケット:銅ワッシャー等、一式付属して100ps、110ps仕様どちらも

ターボ本体価格 ¥14.3万(税別)で通販OK!!36ワークス5MT乗りの方でブーストアップに慣れた方や、他とは違うポン付けターボの加速が欲しい方は是非、お気軽にお問合せ下さい!(^^     ※純正下取り要

matukaRS