たまには、お花畑もいいね~🌻🌼

まるでアメリカ西海岸のような和泉市納花町の夕刻のアイキャッチ(笑)ジェットセッティング後は、一般道を走行してブーストやAFのズレを確認するんだけど、店から車で1分の所にある和泉リサイクル公園の夕焼け空が、凄く綺麗だったので1枚!季節毎の植物や、手入れされたノンビリ出来る園内を無料で楽しめるので、カップルや家族連れに人気ですよ!(^^

IMG_2995

IMG_2994

IMG_2996

現実逃避はコレくらいにして全開作業中な現場、ターボRSは排気系のカスタムで定番の5次元に交換!プロトタイプは右出しだった5次元マフラー、共同開発で試行を重ねて今の左出しレイアウトになったのが5年前でしたね(^^

IMG_2866

IMG_2869

こちらは36100仕様のワークスAGS、「もう少しパワー感とメカニカル感が欲しい!」との事で、それならとハイカムを入れてリセッティング!

IMG_2874

IMG_2875

IMG_2891

IMG_2892

木下36比較

VVTはエディターで、燃料点火をF-CONで修正した結果、約10%アップの105psで完成!!AGSは6800rpmでスロットルが閉じる関係で差は出てないけどね。「たった9ps?!」と思うかも知れないけど体感はグラフ以上、全体的にパワーアップしてるので、同じターボ仕様でカム無し車両は加速でどんどん離されて行く。「ターボを大きくすればいいじゃん」って思うかも知れないけど、それだとピークが高回転にずれターボラグも多くなる。走行ステージに合わせて車両製作しないと、楽しく走れない事もあるよね~(^^;

ダイハツも続々ジェット現車セッティング!(^^

大雨でも安全に全開セッティング出来るシャシダイナモと全天候型テストコースのお陰で、連日フル稼働の現車セッティング作業(^^   馬力だけの話をするなら「湿度も外気温も高い夏の時期は辞めときや~」ってなるんだけど、パワー特性やビフォーアフターでの比較は季節関係無いので、数字に囚われないようにね(^^

こちらは、「も。ファク」さんから入庫の880コペンJB改F5仕様エンジン、かなり草臥れてるので分解点検してO/H、かなりのハイカムが入ってるのでヘッド廻りも細かく点検で組み直してエンジンは完成

IMG_2396

IMG_2403

IMG_2407
IMG_2776

IMG_2777

車両に搭載され、ジェット慣らし後に現車セッティング、レーシング専用で製作した経緯もあり、今までのレブは11000rpmオーバーだったけどリスキーなので9800rpmに変更

ガンメタ880グラフ的には、「中間から、乗りやすそうだね」って見えるけど横軸の回転数…通常なら真ん中辺りが5000rpmなんだけどね(^^;   可変バルブのような5000~7000rpmまでフラットな曲線がこの仕様を物語ってます

こちらも、もファクさんからの入庫のL400コペンで、先行でキャレコン入りエンジンを製作。シリンダーやオイルジェットの干渉部分の加工後にピストンを組み込んでクランクを回して、コンロッドとブロックが触って無いか確認後、組み立てて完成。

IMG_2489

IMG_2494

IMG_2502

IMG_2447

IMG_2663

既にメインCPUでブーストアップされてるので、まづは入庫時のパワーをチェックすると…「え!?85psも出てる…(・・;」今回はノーマルタービンのままVer4.1に変更するだけなのでパワー差は少ないと思うけど、燃料.点火.電スロ.バルタイの変更に加えてレブ変更、プロスタート設定や電ファン作動変更、空燃比の全域フィードバックetcとV-Pro機能をフルに使って、KFエンジンの性能をフルに引き出す現車セッティング!

IMG_2711

 

IMG_2729

IMG_2730

燃料はリターンでプレッシャー式レギュレターに変更、今回はポンプとI/Jまで大容量に変更したので燃料系のキャパは充分!!傾向的に噴射時間に余裕を持たせた方が排気温度を低く取れる場合が有るのでブーストアップの限界まで合わせた結果

400.4.1

この時期で約95ps、トルクも15k近くをマーク!!36ワークスでは絶対に出ない数値…やはり補機類含め容量に余裕を持たせる必要は有るんだろうけど、やっぱりKFはエキマニが効いてるんかな!?ワークスのR06はエキマニが無いけどハスラーとかの初期のR06はエキマニが有るから、違いとか試してみたいね(^^

時間が余って、ストレス解消したい方に!!(^^

目に見えてパーツやチューニングの問い合わせが増えてるので、皆さん、在宅時間が増えてるんでしょうね!?(^^;   今は我慢の時期なので、こんな時こそ時間を有効に使って普段の構想を具現化しましょう!!そんな方に当店のお勧めパーツ、この車両には全部入ってるのが…

IMG_1767

 

IMG_0024

IMG_9694

 

 

IMG_1701

 

IMG_0970

 

IMG_1406

 

ハイカムシャフトが入ってるんですよね~!!(^^   現状のラインナップは、JBエンジン、KFエンジン、R06A、F6Aの4車種!!マニアックなパーツだけど、コンスタントに装着車両や通販が有るので、この機会に如何ですか!?1本9万円と安くは無いけどカム特有のアイドル音や、バルタイもバッチリ決まった加速感は気持ちイイですよ!!(^^

バルタイ変更&チョーハイカム(^^;

台風通過まで数時間前の穏やかな和泉…(笑)風雨の脅威が来ると分かってて待つのは嫌なもんです(^^;   昔は21号のような強い台風の記憶は無いので気候が変わって来てるんでしょうね?たかが台風と軽視出来ない事を21号で痛感したので今回は万全の対策で通過するまで待機、皆さんも十分に注意して下さい!

そんな台風被害から復活したダイノジェットにセットされたカプチーノ、F4タービンのV-Pro、エアコン付きの快適ストリートで勿論車検対応で、時々ジムカーナ走行仕様

20180830_111221

今回は発電機不良で入庫したついでに、もう少しパワーが欲しいとの事で、オリジナルF6用ハイカムを装着してセッティングした所、激しいアイドルで、とても常用できる仕様では無く…今回はノーマルカムのバルタイ調整で出力アップメニューに変更!!ヘッドガスケット以外、フルノーマルなのでブースト控えめ、結果は2psアップですが

20180925_133941

中島カプチーノ比較_LI

青が今までの仕様で赤が今回バルタイだけ変更して現車セッティングしたグラフ。数字だけ見ると、「たったの2馬力?1.6%アップ??」って思うかも知れないけど、全域でトルクアップしてるし5600rpm辺りは10馬力以上アップ!! いつも言ってるけど、○○馬力とかの数字は参考にしかならないのでグラフ全体をみて下さいね(^^

もう一台、こちらもカム交換で入庫した、これまたカプチーノ!!こちらは、サーキット走行メインなエアコンレス車両なので、少々激しいアイドルでも大丈夫ちゃう??と、オリジナルハイカムをぶち込み、V-Proで現車セッティング開始!!

20180922_134130

20180927_162026_LI

ラッシュアジャスタなので正確なバルタイ計測が出来ず、手探りでIN、EXを調整して計測し、また調整して計測しを繰り返す事、1日以上…で落ち着いたバルタイは今まで見た事も無い位置!(笑)アイドル回転も音も、今までで一番過激!!HT07ターボだけどフルチューンサウンドで出力は7%アップ!!7500rpm以上はターボ風量足りてないのでカム交換前とおなじですが、特性は別物のエンジンに!(^^

並川カプチ2_LI

 

チューニングも主婦目線で!!(^^;

ここで数字の話をする時は、50馬力アップ等の表現より「ビフォーアフターでの比較で〇%アップ」の方が誤解も無く分かり易い!と良く言ってるのに…先日、晩飯の食材買い出しへ、ダイエーで1本108円の長ネギや他の食材を買ってレシートを嫁に渡すと「は~ッ!?ネギ高すぎッ!!業務ス〇パ〇ならもっと安いし!」と叱られ…(・・;  「ホンマに??」と後日、行ってみると

FB_IMG_1528370774089長ネギ1本76円で売ってたので「たった32円の差やんか!」と思ったけど…これを%にするとやね、42%も高い!…って事は、「1.8Lの焼酎黒霧1560円で買えるのに2215円で買ってた事になるのと同じやん!コレは高過ぎッ!!」と痛感したので、最近はスーパーの広告を見たりしてます(^^;      で、何の話かというとタービンやエンジンは変更せずにカムシャフト交換だけで、どう変化するか?!まづはF6エンジン改、ギャレットGT15ターボ、F-CON iSで110psのカプチーノに、CADオリジナルF6用ハイカムを装着!!

 

20180518_153352

20180518_153021

20180518_174047まづはノーマルブーストで調整式スプロケをIN・EX変更しながら、仕様に合った美味しいグラフで固定し、そこからブーストを上げてセッティングで合わせ込む。結果はブーストは、ほぼ同じで121ps、10%アップで完成!!(^^

こちらも、タービンやエンジンの変更は無く今までのCADオリジナル272°ハイカム200ps仕様から、更にハイプロフィールカムへ交換した、もファクデモカーコペン! まづはイニシャルバルタイで合わせて行きます。この時点で恐ろしい数値を叩き出しましたが更にレーシング方向にバルタイを振ってセッティングした結果は…

20180603_110838

20180604_160752

常に6000rpm以上でのレーシングが必要ですが(笑)この30℃近い外気温でも210psで完成!!次はエンジン本体の見直しとターボの変更で220psオーバーを目指します(^^

 

今頃、富士耐久動画アップ(^^;

今回のK4GP富士耐久オンボードをCADCARS TVにアップしたので良ければ見てね! 7時間も有るので、BGMやタイトルクレジットも無い編集無しに等しいですが、スタート時の信じられない路面や後半の快晴とのギャップ等、雰囲気くらいは伝わるかな?!(^^;

COMEカム(^^

車検の基準は年々確認項目が増え、最近ではインジケーターランプ類も点灯消灯確認が必要になるなど複雑化している。年式に因って適用されたりされなかったりと、こちらも見落としが無いよう事前に各項目を確認して車検場に行くんですが、今回のS660の車検…地上高や排ガス、光軸、サイドスリップ、メーター類警告灯、全て問題無かったのに

IMG_6421

IMG_6419_LIH18以降に適用されるヘッドライトの保安基準で不適合との事、車高をノーマルより20ミリ以上下げてるS6は軒並みアウトなので要注意です!

こちらはダイノジェット出力140ps超え400コペンKF-DET用に新規製作したハイカムとピストン!!ピストン破壊テストは勘弁という事で、カムと同時にピストンも交換です(^^

IMG_6412

久し振りな感じのあるK6エンジン、異音やブローバイ大なのでバラすと真っ黒いオイルで汚れ、シリンダーもダメージが大きいので各部検証中~

IMG_6422

IMG_6411

IMG_6425

JB改のミゼット号、セッティングに向けて各計器類の追加とV-Proの確認、リセット後に新規でデータを入れエンジン始動!!が、システムが店に因って違うので、通常の設定では掛からず…燃料ポンプの駆動もV-Proで行ってるようで設定しなおすと始動まではOK!まだ不明な入力が色々…

IMG_6413

IMG_6415

IMG_6418

IMG_6397

IMG_6398_LI

IMG_6407

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JB用ハイカム新発売!!(^^

ダイハツ コペン・ミラ JBエンジン用

1本 ¥63,000(税別)ご注文>>>

ヘッドやバルブの加工をせずに、ポン付け可能なハイカムシャフト

※ノーマルカムシャフトの先送りが必要となりますので御注意下さい


コペンやL500系ミラ、一部のダイハツ車に搭載されているJBエンジン用のハイカムシャフトが新発売!(^^

今まで色々な仕様のハイパワーJBエンジンを製作してきましたが、まだ出力は上げる事が出来るのにカムシャフトのせいで打ち止め!!って事が良くありました・・・
そこでハイカムの出番となるんですが、JBエンジンはシム一体式リフターが採用されてるので、通常の加工カムだとヘッド側の加工が必要になる事が多く、費用もそれなりに掛かってしまいますが、今回リリースするカムはヘッドの加工無しで取り付けOK!!
イメージ 1
プロフィールは、メーカー公表と同じ計測方法で計った数値は
純正 IN:212° リフト5.9mm → ハイカム 230° 6.7mm  
    EX:200° リフト5.2mm → ハイカム 212° 6.5mm
 
ターボ車では重要なオーバーラップも増え充填効率もあがり出力アップが可能です!!
ハイカムをノーマルピストン、F5ターボ仕様CADコペンに組んでテストしましたが・・・
イメージ 2
ご購入時は純正カムシャフト先送りが必要になりますので、ご質問等お気軽にお問い合わせ下さい