明日からG/W!!(^^

もうすぐG/Wですね!!店の近所はララポートや道の駅といったスポットが多いので渋滞気味になりますが、時間の有る方は気軽にご来店下さい!!

IMG_7258_LI

さて関東から入庫のKei、既にHT07ターボをプロフェックでブーストコントロール、制御はトラストe-manageでブースト100kPa仕様で乗ってたけど、「もう少し何とかならないか?」との事で現状チェック

IMG_7016_LI

IMG_7019

IMG_7018

 

 

結果は70psチョイ?!HT07にしては少し低いので、ブースト制御をプロフェック→EVC6でマップ制御:最大ブースト160kPa~110kPa、ハイブースト化に伴い燃料一定→リターン式に変更しプレッシャーレギュレター追加、燃料増量とエアフロのみ補正してたe-manage→燃料増減・点火・ブーストリミッターフル補正可能なF-CON iSへと、ターボや補機類は一切変更せずに、制御系を変更して現車セッティング開始!

IMG_7257

IMG_7261

IMG_7317

 

入庫時の71psから97psにアップという結果で完成…仕様に因っては制御系がズレルと大きく出力やレスポンスを損なう事になる。今回の大容量I/J、燃圧一定、燃料減量が不可なe-manageの組み合わせでは、始動時や加減速時、フル加速時等で、常に高いパフォーマンスで制御するのは、かなり難しいと思われる。排気温センサーがウトレットに付いてたり、油温センサーがクーラーコア後に取り付けされてる車両を見たりするから、皆さんもそのへんはシッカリ理解して疑問に思う事は、きちんと店に聞く事も大事だと思うよ(^^;

そして、また他店で作業したけど不調で入庫の車輌が

IMG_7246

 

ジェットもVerアップ!!(^^

当店で一番、高価な機材はシャシダイナモのダイノジェット、4WD対応、1500psまで計測可能らしいけど、日本で1500psも出てるストリートカーなんか…でもジェットの段階式負荷装置や2WD車両でも4輪同時で回せるシステムはダイノジェットだけ!!最近の車輌は、FFやFRの2駆車輌でも、4つのタイヤが同時に回り4つのホイルからの回転信号がCPUに入らないとフェイルセーフが入り、セッティングやパワー計測が出来なくなってきます!!S660のCVTが通常のシャシダイナモではパワーチェック出来ないんですが、ジェットなら計測もセッティングも問題無く出来ます!(^^

IMG_7190

IMG_7194

で、今回、性能が大幅にVerアップされたシステムに一式変更する為、2日間かけてダイノジェットJAPANさんが機材の入れ替え作業(^^ CPUも高スペックが必要との事で新規導入!!…が、ジェットの部品が一つ間違えてたので作業ストップ!!アメリカから空輸で週明け到着予定なので、それまでセッティング作業も出来ず、空いたまま放置プレー今日で3日目、勘弁して欲しいわ~(・・;

IMG_7223

なのでカスタム部はエンジン作業等を優先で進めてる中の1台、ガスケット抜けのコペンのヘッドを車上で降ろしてると、色んな寸法がズレてるらしく、インマニまで外す羽目に…定番のバルブシール漏れは同時に修理!

IMG_7185

IMG_7188

IMG_7220

こちらのJBは、色々おかしな事になってたリビルトエンジン!各部消耗品交換にフルフロー加工済ピストンを組み込みO/H完成です(^^

IMG_7189

IMG_7193

IMG_7198

こちらは当店人気のTE37ソニック組み換えメニュー!!純正タイヤを使用するので費用も抑えられるし、外した純正ホイルはスタッドレス用に使用するのがベスト!!

IMG_7139_LI

IMG_7140

装着写真は無いんかい?って突っ込みは聞き流して、こちらは懐かしいS15シルビア、ギヤが入らないとの事で早速、降ろしてバラし原因判明、比較的軽症ですね(^^

IMG_7211_LI

IMG_7212

IMG_7215

週末なので今日も高い36来店率!!新車12カ月点検を兼ねて三重からの御来店もありました。キャドカーズは、認証工場なので色んな車輌の点検・整備・エンジン・MTやATの分解整備は勿論、カスタムやチューニング、コンピューターの現車セッティングまで、全て自社管理のモトで行ってます。

IMG_7205

IMG_7208_LI

IMG_7209_LI

IMG_7201_LI

 

特にチューニングに関しては、パーツの選択や取り付け、エンジン各部修正や調整内容等が明確でないと、不安ですよね?!「店でチューニングしてもらったけど、イマイチ納得できていない」といった相談や、チューニング確認、手直し依頼が多いのも事実…実際に車輌を見ないと診断やアドバイスは出来ないので、現状に不安の有る方はお気軽にご来店下さい(^^

20180329_173231

IMG_7108

IMG_6982

IMG_7019

IMG_7017

 

IMG_7196

 

最後に、当店でギャレットGTタービンにV-Pro制御したお客さんが、プロスタートでゼロヨンチャレンジ36ワークス初見シーン,ど~ぞ~(^^

 

2度有る事は3度….無いッ!!

穏やかな春の陽気の日曜日の今日は学校は春休みなので朝のコンビニは家族で花見にでも行くのか子供連れが多く…

20180328_111615ワンボックスの後ろのスライドドアが開くなり子供が2.3人降りてきて、楽しそうに母親と手を繋いでコンビニへお菓子屋やジュースを手にレジに並ぶ姿を….疲れが抜けずコンビニで購入した栄養ドリンクを飲みながら、家族の風景を微笑ましく見て始まった今日の4/1のエイプリルフール(^^;    コンロッドが2度も曲がったKFで精神的にも少しヤラれ、昨日の16時の時点で

IMG_7086この状態から、今日の17時には見事に復活!!「170psでもビクともしないキャレコンをぶち込んだので、今度こそGT1544を、ブン回してやるぜ!!」と再びジェットオン!!

IMG_7113

 

IMG_7116

…………今度はブースト100kPa辺りから失火症状が出て来てタイムオーバー…すんなり行かない時は、トコトン上手く行かないですね(^^;

こちらは広島から入庫した36ワークス、他店で色々チューニングされておりタービン交換とメインCPU書き換えでセッティングされたとの事ですが、「ブースト制御が不安定で加速感も違和感が有る、インジェクタは100%噴射のままで不安」との事で入庫…まずは現状のパワーを計測すると

IMG_7106

 

パワーは97psを計測しましたが、メインCPU制御のブーストコントロールが上手く行ってないのか、150kPa掛かって110kPaまで下がりまた150kPaまで上がるようなブースト制御なので、こんなグラフ曲線…違和感が有るのも頷けます…お客様の「安心して全開したい」との当たり前の御要望に御答えする為、まず強化クラッチに交換し、燃料ポンプ交換と燃料リターン式に変更し、ブーストは純正ソレノイドをキャンセルしEVC6で制御、ズレた燃調はF-CONiSで現車セッティングでジェットオン!!IMG_7068

IMG_7104

IMG_7105

IMG_7108

かなりズレてるAF値や点火時期、VVTタイミングをF-CON iSで辻褄合わせしながら現車に合わせ、安全に壊れず全開出来るセッティングで合わせた結果、ブースト値は下がったにも関わらず綺麗なカーブで99.96psで完成!!(^^

 

3度目の正直!?(^^;

今週の関西地方は、本当に穏やかな快晴で絶好の花見日和でしたね、 明日からは新生活がスタートする4月、頑張って行きましょう!(^^

20180328_112107

さて、そんな平和で穏やかな天気とは程遠いCADCARSの現場!!車検・整備、エンジンO/Hやセッティングと全開ですが、その中のオーバーホール依頼でエンジン単体で持ち込まれたJB、リビルトエンジンらしいんですがバラシて行くと…

20180329_145933

20180329_173231_LI

IMG_7058

IMG_7060

インテークカムの組み間違いや、コンロッドが曲がった痕跡のシリンダーが使用されて組まれてます 本人がブローしたエンジンで再生されたリビルトエンジンと納得してるなら問題ないですが、気持ちよく思わない方も居ると思うので気を付けて下さい

コンロッド曲がりはKFに多発するトラブル、90ps程でも曲がる事が有り、先日もブログで紹介したKF-DETで曲がったばかり…

IMG_6964

GT1544でブースト80kPaで曲がったので、今回はコンロッドフルフロー加工で組み込み、ピストンはハイコンプに変更してブースト控えめでトルクを稼ぐ仕様に変更して再セッティング開始!!

IMG_7063

IMG_7066

ハイコンプでピックアップも良くなり、コンロッドが曲がったブーストでも問題無く、「良し!イケる!」とコンマ1ブーストを上げて100psオーバー手前のトコで

IMG_7086

ブースト90kPaでまた曲がってしまいココロも折れました…(^^;   やっぱりKFのコンロッドは大きなトルクには負けるようなので、170psでもビクともしない事は証明済みのキャレコンに変更して、1544をブン回してやります!!!

IMG_7093

IMG_7095

IMG_7090急いで組み直し中のエンジン!!完成、慣らし後にリセッティング予定は明後日!?

IMG_7041

IMG_7042

IMG_7044

IMG_7036

IMG_7069

IMG_7088

IMG_7096

20180329_145749今週は何故か、カイエンやルーテシア、LC500まで…(^^;

今日も色々やってます!!(^^

今年も残り僅か、無事に年を超せるとイイですが、かなり詰まってるので少し焦ってます(^^;   さて少し前に完成納車した、派手?36ワークス、85Max仕様から今回100MaxにVerアップ!シフトの入りが悪いとの事でミッションを降ろす序でにLSDも仕様変更!

IMG_5844

IMG_5849

IMG_5854

IMG_5853

IMG_5860

2速が入りが悪いとの事でしたが、操作すると全体的に違和感が有るので、入りが悪い主原因は他に有りました。ダブルコーンなので入りはシッカリ!!リジットにしたら良くない場所も有るので、パーツは仕様に合わせて選んでね!LSDは1ウェイから1.5ウェイに変更しロック率を上げて組み込み!

IMG_5964

IMG_5851

IMG_5979スポーツターボに交換し、燃料ポンプとリターンシステムに変更後、F-CONとエディターデータを100ps仕様に書き換えて完成!!タービンやエンジンの仕様を変更してもデータの書き換えで対応可能な事がF-CONとエディターセットの魅力!!120psでも140psでもソフトはOKです!(^^

エンジン作業も進めてますが、高出力や耐久仕様は計測・調整が大事

IMG_5992

IMG_6001

IMG_5919

IMG_6013

 

IMG_6012

傷が多いクランクは曲がってる事も有るので確認すると、4/1000の曲がり!ポート加工が終わったシリンダーヘッド、修正に出すため計測すると6/100の歪み。既に1ミリ研磨されてるようなので計算して研磨へ!

こちらはバルブまでストレートポートの3気筒EF-VEのヘッド、こちらもポート修正!ほんの数%の効果しか無くても、ヤルとヤラナイでは差が出るポイント!!エキゾースト側は煤カーボンが付着しにくいようにインテークより1番上げて仕上げ!

 

IMG_6017

IMG_6016

IMG_6020

こちらは人気の85→エディター85Max仕様+オリジナルトルクロッドの交換!2点セットが大人気です(^^

IMG_6006

IMG_6008_LI

IMG_6002_LI

こちらの36は85Max済なので、今回はトルクロッドの交換やスプリング交換で御来店!走りに目覚めたヤングガイ!無理せず36と付き合って行きましょ(^^

IMG_5953_LI

IMG_5954

IMG_6004

IMG_6005

IMG_6011

 

 

 

 

トラブル・修理ネタオンリー

発売から2年程経過した36RS、走行距離の多い車輌が増えて来た中、入庫時の走行距離は5万キロのRSのクラッチを交換!!このRSは85ps仕様に1年前に変更してるので、85ps仕様で約2万キロ走行したクラッチディスク

IMG_3520もう少しで交換時期の減り具合です!!乗り方にも因りますがブーストアップやスポーツ走行の多い36RS・ワークスは5万キロ目安に交換を考えていた方がいいかもしれませんね!!

こちらはS6のターボ、モアパワーを求めてかなり酷使したHKSターボですが許容回転数を超えたうようで軸が…

IMG_3518

 

こちらはNA車両をターボ化してATが壊れたジムニーシェラ、圧倒的に増えたトルクにATが持たないのでATF管理は重要です。対策の1つとしてATFの量を増やしてみました(^^

IMG_3499

IMG_3544漏れチェックして問題無ければ装着、ATF約1Lアップです

こちらは漏れチェックで締まりが悪いバルブの修理…予想はしてたけどビミョーに曲がってます、ここまで機密悪いと擦り合わせでは修正不可なので新品に交換後、擦り合わせ修理ですね

IMG_3573

こちらは36ワークスの4WDセンターデフ…もうカップリング漏れてきてので新品交換で完成

IMG_3550

 

 

 

 

 

エンジン不調

部品を取りに来店したジムニー、用事が済み帰ろうとするとセルは回るがエンジン始動不可になり、そのまま預かり修理。故障発生が整備工場というコレ以上無いグッドタイミング(良くは無いが…)(^^;

IMG_3459

IMG_346117万キロ超えのジムニー、過去の傾向と経験で、症状からポンプが動いて無い?と予測し燃圧を計るとゼロ…リレーかポンプの不良?ポンプ電源を直接放り込むと勢い良く燃料が出てきたので、強制的にポンプを作動させてそのままエンジンを掛けると始動!!部品代が安いリレー不良で良かったですね!!(^^   のハズが、掛からない…(・ ・;   ここで配線図を見ながら各部電源アースを確認、CPU端子側も問題が無いとなると、残るはCPUブロー?!その証拠にメータをもう一度見ると、IGオンなのにエンジンチェックランプが点灯して無い…CPUを交換して確認です

こちらも修理で入庫したKFエンジンの23年式アトレーターボ、走行して10分程すると、加速が鈍くなり吹けなくなるが、少し時間を置いて走行すると普通になる、しかし暫くするとまた加速が悪くなるとの事でディーラーで見てもらいプラグ交換で戻って来たが症状は変わって無いとの事…こちらも過去の傾向と経験からクランク角センサーかO2センサー?と予想し、OBDで確認しながら試乗チェックすると

IMG_3451

IMG_3455確かに少し走行すると、加速が悪くなり始めて来たので各データモニタを確認すると、最初は動いていたO2センサーがリーン側に張り付いてるので、センサーボケて燃料増量しすぎ??と思いながらも、体感的には燃料が濃いより薄いので、本当に燃料が薄いと判断し、燃圧系を繋いで確認すると、基準燃圧3キロのハズが、時間の経過と共に…

IMG_3450

IMG_3456燃圧が下がってきたので、今回こそ間違いなくリレーかポンプのトラブルと判断、ポンプリレーを外し短絡して電圧を送っても燃圧は下がってきたのでポンプ不良!!年式が新しい等は関係無く電装系はトラブル事が有るので皆さんも車の年式で判断は出来ないと思って下さいね!(^^;

スタッフ募集!!

CADCARSでは現在、スタッフを募集しています(^^

年齢・資格不問・要普通免許  ヤル気が有ればOK!!

当店は各新車・中古車販売から車検・整備・カスタムや各種走行会へのサポート等、より良い充実したカーライフをお客様に提供出来るよう、スタッフ一同が日々全力で業務に当たっていますので、私達と一緒に働きませんか?

応募要領や面接日時、ご質問はお気軽にTEL・Mailして下さい!!

TEL:0725581323   メールフォーム

 

 

 

36トラクションロッド折れ

36ワークスやRSのリヤ側に採用されているトラクションロッド、エンジンの前後の動きを抑制するパーツだよね!!エンジンが動くとメンバーに固定されてるブッシュが力を受け止める構造になってますが、かなり動きます

IMG_2656

で、スポーツ走行等でアクセルのオンオフの繰り返し・LSDや他の強化マウントを入れてると、スラスト方向の入力に耐えれ無くなるのか・・・

IMG_2642

IMG_2659コの字ステーとケースの溶接部から割れて破断してしまうようです。ここのブッシュを強化品にしても、破断対策にはならないので、今回はケースを補強して対策して様子を見ますね!!スポーツ走行をしてる方は要注意ですよ!!(^^

IMG_2658

 

 

 

DIREZZA・Z3発売!!

サーキット走行で1番肝心なパーツと言っても過言では無いのがタイヤ!!今回、ダンロップのNewハイグリップタイヤZ3が発売になり、店に届いたので近々サーキットでテストですね!!

IMG_2310

IMG_2316

さて走行距離が多い車輌が増えたL880コペン、始動時に白煙が出たり、オイル消費が増える傾向のエンジンはO/H時期ですよ。O/Hは経たったパーツは交換するのが基本ですが、オイルポンプOリングが硬化してオイルリークも有るのでここも交換・コンプレッション低下にはバルブの当たり修正!!他にもフリクション対策や色々加工・修正しながら、エンジンの特性に合わせて組み上げてるので、気になる方はご相談下さいね

IMG_2302

IMG_2289

IMG_2297他にもトラ〇プ氏が喜びそうなビッグアメ車や、「この季節で驚きの平均燃費ワークスAGS」の点検等、フル稼働!!本間に全開で作業してますから(^^;

IMG_2307

IMG_2278

IMG_2282

IMG_2281

IMG_2311

IMG_2288

IMG_2287

IMG_2290

IMG_2306引き続きスタッフ募集してますよ!!

CADCARSでは現在、スタッフを募集しています(^^

年齢・資格不問・要普通免許  ヤル気が有ればOK!!

当店は各新車・中古車販売から車検・整備・カスタムや各種走行会へのサポート等、より良い充実したカーライフをお客様に提供出来るよう、スタッフ一同が日々全力で業務に当たっていますので、私達と一緒に働きませんか?

応募要領や面接日時、ご質問はお気軽にTEL・Mailして下さい!!

H/P採用情報

たまには修理メインで!

キャドカーズは認証工場なので、一般整備や修理・車検業務がメインです。毎日、多くの車輌の点検整備作業を行い、カスタムと合わせて平行作業してるので、皆さんが興味ありそうなネタを

IMG_0697

これはハイゼットのEFーSEエンジン。黒山羊で使用しているEF-VEエンジンはツインカムですが、こちらはシングルカムなのでシンプルなヘッド。症状はエンジンが掛からず、状況は高速道路で走行し料金所で始動不能になったとの事

IMG_0696

確かに始動しそうになるが完爆しないので、燃料点火タイベル駒ずれコンプレッションを確認すると、特に問題は無いが3~1に行くに連れコンプレッションが低くなってる、が最低でも5kチョットのコンプレッションは有る。マフラーからの白煙は無い、スコープでピストンヘッドを確認すると、ピストンタッチの跡は無い・・・原因が何処かに有る筈なので、エンジンを降ろしヘッドを外し、バルブ曲がりを確認しても問題無い、残るは腰下だが白煙も無いし異音も無いが確認してみると

IMG_0701ピストンかじってリング固着してました、長い高速走行で油温、水温のヒートが原因のようです。ローギヤなので高速道路移動時は回転が高くなり油温上昇が激しくなるので高回転維持したまま走行するのは控えましょう

こちらは、一般道で壁ドンしてしまった車輌・・・ここまで曲がると修正不可なので、壁に当たるは控えましょう

IMG_0672

IMG_0674

こちらはスポーツ走行に仕様してる車輌のクラッチ修理、大きなタービン装着等で低速トルクがすくなった車輌等は、どうしてもクラッチミートが高めになりがちで、スポーツ走行時の立ちコーナー上がり等でクラッチを蹴る事も有りますが、頻繁にそのような走りをしていると

IMG_0747プレッシャープレートが反り、ハンクラが多い・クラッチの繋がるポイントが上になる傾向になります。夏場等はエアコンを掛けてる事が多く発進時はさらに辛いので、その辺も考慮しながらのクラッチ操作が、チューニングカーには必要ですね

他にも色々修理・点検

IMG_0748

IMG_0738

IMG_0760