修理色々~!(^^;

毎日、色々な整備や作業が有るんだけど、今回の修理?整備?は「車内が変な匂いで溜まらない」との御依頼。水没車や加齢臭の除去も大変だけど、今回は一番厄介な「もののけ臭」が…(^^;

IMG_3474

IMG_3475

過去に板金修理した際に室内の通気口がキチンと装着されて無くて、隙間が空いた状態で修理されてたせいで大惨事に…

IMG_3453

その僅かな隙間からイタチが車内に住み着いて寝床にしてたようで、シートの下や荷室の下には大量の糞や、鳥や動物の死骸や毛が一面に…

IMG_3464

車内パーツ全でに染み付いてるので全て外して清掃してクリーニング!!匂いの修理は大変です!!

こちらも、まあまあ大変な作業でRB26のオイルポンプ交換作作業!油圧ゼロで修理した先月のRBとは違い、今回はポンプ類の強化目的で、オイルポンプはHKS、ウォーターポンプはニスモに交換

IMG_3446

IMG_3458

20200925_101039

20200925_150714

20200925_101109

IMG_3456

水パイプの経年劣化やトランスファー漏れやクラッチの消耗等、この際にヤッてしまえば工賃が抑えられるので同時交換がお勧めです!!(^^

綺麗なブルーのデミオは車高調キットの装着!!オレンジのZは車検やドラレコ等装着!!

IMG_3299

IMG_3302

IMG_3310

IMG_3362

水色のロードスターとスイフトは、パワーチェック!!2台とも綺麗なパワーカーブ、スイフトはエディターブーストアップで161psと好結果!!

IMG_3481

ロードスター

IMG_3212

ZC33スイフト

こちらのRSは既に36100施工済み、今回、足らないインジェクターを交換して現車セッティングの御依頼で入庫!

IMG_3471

36100RS比較

結果は約10%アップで完成!!数字では少なく思うかも知れないけど、全域でトルクが上がり、一回り大きなターボを付けたような感じ!!(^^    ポン付け吊るし状態は、付いてるパーツの組み合わせ等で、かなりズレてる車輌も有るんですよね。現車セッティングは少しコストが掛かるけど、自分の車に合ったオリジナルデータなので、加速やフィーリング感がグッと上がる事も有るので、お勧めですよ(^^

IMG_3473

3685+NOS=ノーマルタービンK点超えすぎ!!(^^

多くの入庫で賑わった連休も終わり、秋本番と同時に走行会シーズンイン!!今年も軽自動車だけのK-CARミーティングが10月25日に開催されます!!春はコロナの影響も有り完全燃焼出来なかった方が多いと思うので、秋は皆さん参加して盛り上げましょう!!(^^

ご当地ナンバーの「飛鳥」がカッコいいアルトワークス、3685施工で日帰りで入庫!!朝入庫で夕方には完成してるので遠方の方に人気のメニュー!!F-CONだけのブーストアップ3680なら2時間程で完成するので、お気軽にお問い合わせ下さい!!

IMG_3412

さて36にノスを装着したワークスが2台(笑)ドラッグ仕様のワークスはノス作動時の燃調の見直しでV-Proの補正変更!!もう一台の36は、昨日からの引き続きでパージキット装着し作動確認…ガスは見える所の方がイイでしょうから、ボンネットの隙間からパージ!!(笑)

IMG_3399

IMG_3400

IMG_3416

IMG_3415

まぁまぁカオスなエンジンルームなので、バッテリーは移動前提で取りあえず配管配線一式装着して、ジェットでの作動確認!!

IMG_3432

IMG_3427

IMG_3430

IMG_3433

かなり涼しくなってきたせいで、ボンベは満タンでも開始時の圧力はイエローを下回ってたのでヒートガンで内圧を上げてからセッティング開始!!

IMG_3435

IMG_3434

 

Nos無しで83ps、Nos噴射で42%アップの118ps(通常のローラータイプだと約140ps)とノーマルタービンでは驚異の結果!!!!ここまで36で出すには、ポン付け100psタービンにハイカム、前置きI/Cまでやらないと出ない数字がアッサリ…恐るべしNosパワー!!

そして今入庫してる36ワークス、丁度100psタービン仕様で、今回、前置きI/Cを製作してる所!!結構、吸気温度の上昇を甘く見てるかも知れないけど、ターボ車で70℃とか80℃まで上がると補正が入り、どんどんパワー下がって来る温度です…上置きの外品とか装着してもブーストアップで普通に90℃~100℃超えるから、全然冷えてないんですよね

IMG_3438

 

IMG_3441

IMG_3439

そこで前置き化で走行風で冷やすようにすると安定するんだけど、純正バンパーの懐が無いので大きなコアだと前に飛び出してしまい一体感が薄れてしまう…何とか機能と見た目の両立が出来ないか試行錯誤中!!  そのワークスの前のケイワークスも、これからF5ターボ取り付けや前置きI/C製作でリフトアップ中、製作中のエンジンはヘッドの加工待ちで、腰下はほぼ完成!!

IMG_3410

IMG_3424

 

IMG_3423

腐食したフロアの修理も有るので、まづは状態を確認!!かなり広範囲の修理が必要なので、こちらも時間が掛かりそうです!(^^;

 

 

関西人にはお馴染み、551蓬莱「Nosが有る時~www」

世間はシルバーウィークらしいね!?どおりで、近辺の道路の混雑が半端無い訳です…今年はコロナで花火大会や祭り、イベントが軒並み中止の我慢の夏だったので、少し落ち着いた秋の行楽シーズン、感染対策はシッカリした上で、ドライブや行楽地で想い出作って下さい!キャドカーズは通常営業してますよ!(^^

20200920_180613

コロナ禍でも盛り上げうようキャンペーンだった、金額:商品関係無く24回無金利ローンは今月末までなのでお早めに!! こちらの36ワークス、今までの3670から3685Maxへ今回Verアップ!!

IMG_3277

20200905_150510

新しいEVC7は4つのブーストモードが選択可能、コレにエディターとF-CON制御で85Max仕様コンプリート、ブーストアップしてる車輌で3685を超えるトルクは見た事が有りません。高回転は燃料が足らないので、「85仕様でも高回転のパワーは他の店と大差無い」とか賜ってくれてる人とかいるみたいだけど、ソコまでの到達時間が違うから、絶対に差は広がっていく一方ですよ~(^^  で、このワークス85Max仕様でドラッグフェスティバルに参加したんだとか…パワーがモノをいう競技なので、85psじゃ足らないと、再度即入庫!!

IMG_3391

それは「Nosキットの取り付け!!」パワーが正義とは言わないけど、「ノスが有る時~、無い時~」の加速の違いは確かに中毒になる!!コレをF-CONで制御するんだけど、間違えて噴射したらエンジン破損等になるので、噴射条件に何重ものセキュリティーを掛けて誤発射を防止、まづはメインスイッチをオンにして

IMG_3407

次に電スロなので、アクセルペダル側にスイッチを付けて全開判定でオンに

IMG_3408

次に押してる間だけオンになるプッシュスイッチをシフトに

IMG_3406

ここまですべてオンになって、更にF-CON内部で設定した噴射条件が全て揃えば、Nosを噴射する徹底ぶり!!

IMG_3409

Nos噴射時はF-CONで燃料と点火も補正するので、Nosポン付け吹きっぱなしより、ハイパフォーマンス!!3685から、ドレくらいアップするかセッティングが楽しみ!!(^^   マニが割れなければね…(・・;

S6100もイイね(^^

立て続けに珍しくS660にF-CON取り付け作業の御依頼。今回は既にGT100キットが装着されエディター制御されてるんだけど、過去にブローしてる事も有り、「将来的にNosも付けるかも」との事で、エディターにF-CONでの制御を追加

IMG_3359

ブースト制御はレスポンス抜群のEVC!S6はトルク管理が厳しいので、ブーストが低いとか高いと判断するとチェックランプが点いてしまうんだけど、F-CONを追加するので、EVCのモード選択でノーマルでもハイブースト150Kpaまで掛けたりしてもチェックランプは点かない(^^

IMG_3373

 

IMG_3375

コンロッド強度とタービンブローに注意しながら、入庫時のGT100キット計測は約80ps…そこから少しエディターでVVTやAF変更で約88ps…そこからF-CONでの現車セッティングで101ps

奥和田S6比較IMG_3403

インジェクタ変更時やNos補正等にもF-CONは対応してるのでS6にも有効!!ただF-CONハーネスの関係でシート背面に本体が(^^;

こちらは、荷物を安全に速く届ける為に、HKS車高調キットと延長ロアアームの取り付け中の貨物仕様ワークス!!次は100ps仕様ですね(^^

IMG_3382

IMG_3387

IMG_3386

NA車輌も熱いze!!(^^

和泉市納花町の空のようなサツキが住んでる松郷の夕焼けアイキャッチ!(^^   このブログの原点が「ジブリ」と「北の国から」なので、アニメだけど夕焼けのアイキャッチに違和感無いでしょ!?(笑)

IMG_3145

そんなジブリの猫バスのキーホルダーが付いたミラバンが、eマネージ取り付け現車セッティングで入庫!エンジンは前に組んだ高圧縮KFだけど、ミッションがCVTなので少し手古摺りそうですが、まずはハーネスを造ってメーター付けてジェットオン!!

IMG_3139

IMG_3140

IMG_3141

ノーマルEcoモード付CVTなので、アクセル全開で踏むと滑りながら一定回転数を保持したまま車速だけが上がって行くので、グラフ横軸を回転数で表示すると

275mirarpm

イナバウワーみたい(笑) で、もう少し特性分かるように横軸を車速に変えると

275mira

一定横ばいでパワーとトルクが続くグラフ…パワーは51psと、NAのKFにしては出てるほうじゃないかな?!スポーツCVTと違うから、ちょっと難しいすね(^^;

そしてL275ミラと並んでNA660選手権で増えて来るであろう次期CAD開発車輌のアルトNA5速デモカー!!メインCPUを弄る前に、まづはノーマル状態で計測!!

IMG_3111

VVT付きR06Aの右肩上がりの更け上がりが気持ちイイ!との評価が有るので、暖気を終わらせ、いざ全開ッ!!レブまでストレスなく回り、皆が見守る中、叩き出された数値に思わず「嘘やろッ!?」

36NA

「…たった42ps!?(・・; 」 まぁ、上げシロしか無いって事でボチボチ開発して行きますね(^^;

今でもラパン人気!!(^^

今回のラパンSS、他店ショップオリジナルターボが付いてて、燃料リターンとF-CON取り付け作業、現車セッティング約90psで完成したのが約1年半前の話

IMG_8526

IMG_8551

IMG_8552_LI (3)

ターボの風量がもう少し有るけど純正インジェクターの限界で終了したんだけど、今回、そのもう少しの風量を使い切りたいとの事で、インジェクターを大容量に交換してセッティングの為、1年半ぶりに再入庫!

20200806_110320

北村ラパン比較130kpa以上はアクチュエーターが弱くHKS強化に交換!!青が1年半前で赤が今回の比較グラフで結果は約5psのアップ。立ち上がりの遅れは熱ダレやターボの1年半の草臥れ具合が有ると思われるけど、この時期でも95ps近く出てるのでHT07同等で充分速いです(^^

こちらは、AGS4WDのOS技研製LSDを組み込んでるワークス!!エンジン始動まではOK!今は外装修理に出てるので戻ってきたら、細かい修正や部品の取り付けです

IMG_2927

IMG_2962

IMG_2973

IMG_3033IMG_3034

他にもナンやカンやと作業多数です(^^;

IMG_3049

IMG_3047

IMG_3031

IMG_3030

20200806_175424

IMG_2777

IMG_3050

 

色々な不具合や故障診断とか

オイル漏れてる…部品割れてる…作動してない等、目で見て特定出来る箇所の修理は比較的難しくなく、寸法の測定も精密機械等を使用すれば1/100ミリ単位で異常かどうかの判断が出来る

IMG_3002

IMG_3006

IMG_3000

目に見えない電気類はテスター等を使ったり波形から確信を持って原因の特定が出来る、エアコンコンプレッサー作動して無いからとASSY交換なんか勿体ない

IMG_3025

IMG_2661

しかし修理で厄介なのは、CANやLINのような多重通信系のトラブル…これの診断はオシロで波形は見れるけど、それがどのアクチュエーターへの信号なのかの資料は無く、メーカーの診断手順に沿って確認していくんだけど

IMG_3027

20200802_130654

順番にチャートに従って確認していき抵抗値等問題無ければメインのユニットを交換、それでも治らない場合は、次のユニットを交換…って…簡単に記載してるけど部品代で8万…(・・; それで治らない場合は更に追加交換とか、まるで他人事みたいに書いてる(^^;

こちらも故障判断が手古摺ったATラパン。既にHT07タービンと少し容量アップのインジェクターやEVC5をメイン書き換えECUで制御して走ってたらしんだけど、気持ちよく走らないとの事で、今回燃料リターン変更、大容量ポンプ追加、F-CON iSでの現車セッティングの御依頼で入庫!

IMG_2811

IMG_2818

IMG_2823

K6の定番仕様だし何の問題も無く作業は進み、EVC5のブースト補正マップを使用して最大145kpaまで掛けインジェクターも85%程なので、暑い時期だし90psくらいかなと、最後にパワー計測すると

児玉ラパン22

「…え!?75ps??(・・;   」ブーストを幾ら上げようが下げようが、馬力に大差が無い。加給漏れや点火時期ズレ、ジェットがボケた?等、色々診断したけど、どこも異常は無く「ターボノーマル??」と疑いたくなるような数値..でも間違い無くHT07が付いてるとの事なので「じゃあ考えられるのはココしか無い!」と、ジェットから降ろして作業開始

IMG_2971

IMG_2972

一番怪しいのは、ATコンバーター!ここで出力がロスされてると思うけど、正常かどうかの試しようが無く、もし新品に交換して治らなかったら部品代8万円が…不安ながらコンバーターを交換して、再度、セッティング

IMG_2824

IMG_2978

IMG_2979

児玉ラパン比較

この酷暑の中、綺麗なパワーカーブ93.7psで完成!!排ガスも勿論車検対応!(^^

たまには、お花畑もいいね~🌻🌼

まるでアメリカ西海岸のような和泉市納花町の夕刻のアイキャッチ(笑)ジェットセッティング後は、一般道を走行してブーストやAFのズレを確認するんだけど、店から車で1分の所にある和泉リサイクル公園の夕焼け空が、凄く綺麗だったので1枚!季節毎の植物や、手入れされたノンビリ出来る園内を無料で楽しめるので、カップルや家族連れに人気ですよ!(^^

IMG_2995

IMG_2994

IMG_2996

現実逃避はコレくらいにして全開作業中な現場、ターボRSは排気系のカスタムで定番の5次元に交換!プロトタイプは右出しだった5次元マフラー、共同開発で試行を重ねて今の左出しレイアウトになったのが5年前でしたね(^^

IMG_2866

IMG_2869

こちらは36100仕様のワークスAGS、「もう少しパワー感とメカニカル感が欲しい!」との事で、それならとハイカムを入れてリセッティング!

IMG_2874

IMG_2875

IMG_2891

IMG_2892

木下36比較

VVTはエディターで、燃料点火をF-CONで修正した結果、約10%アップの105psで完成!!AGSは6800rpmでスロットルが閉じる関係で差は出てないけどね。「たった9ps?!」と思うかも知れないけど体感はグラフ以上、全体的にパワーアップしてるので、同じターボ仕様でカム無し車両は加速でどんどん離されて行く。「ターボを大きくすればいいじゃん」って思うかも知れないけど、それだとピークが高回転にずれターボラグも多くなる。走行ステージに合わせて車両製作しないと、楽しく走れない事もあるよね~(^^;

BLITZタービンキット改F-CON iS現車セットでパワーアップするか?

来ましたね、昼の危険な日差しの夏が…想像して見て?!あの酷暑の中でシャシダイやエンジンの騒音だらけの密室の中で

IMG_2982

IMG_2990ヒーター全開でのセッティング作業!!( ;∀;) ヘッドフォン部分も汗だくになるし、エンジンルームの熱気も半端なく冬とは比較にならない熱ダレ具合で、この時期はパワーは出にくい(^^;    涼しい部屋でこのブログを見ている君に、セッティング現場の過酷な状況や計測条件ってのは理解して見て欲しい(笑)そんな中でも好結果の車輌も!!

今回のブリッツタービンとCPUのセットが付いた36ワークス、排気系も一通り手が入りブースト制御はEVCで約110kpa仕様、ここから更に燃料強化とF-CONを追加して現車セッティングの御依頼なので、まづは入庫時の車両チェックからスタート

IMG_2898

谷口ワークスbifore

結果は約91ps!?「めっちゃ出てるやん!?ってか燃料足りてるの!?」と不安に思いながら、まづは今回の入庫目標の1つ、車検へGo!(笑)

20200721_093954

20200721_094320

20200721_095628

すみずみまでチェックされ新規ラインに回されたけど無事合格しました!戻ってタンクを降ろしてポンプ交換、リターンライン製作、レギュレター追加、330ccインジェクターと燃料系フル強化作業やF-CON取り付け作業開始

IMG_2931

IMG_2952

IMG_2930

IMG_2934

IMG_2977

ブリッツCPUデータの中身は分からないので、だいたいのVVT目標値やAF値を確認しながらジェット現車で合わせて行った結果

IMG_2899

IMG_2982

IMG_2986

谷口ワークス比較

結果は17%アップで106psの結果、5500rpm以上は20ps近く上がってるので、ビフォーと比較すると、もう一回り大きなターボに交換したようなグラフ!この時期でポン付けターボとしてのパフォーマンスは高いと思う!!チューニングメーカーから続々36用タービンが発売されてるので、楽しみですね(^^

未経験だから不安、なら想像力でプラス思考に!!(^^

今年はコロナの影響で例年とは異なる1年に…本来なら子供にとって楽しみな夏休みが今日からスタートのハズが、春の休校の影響で今年の休みは10日程らしいです(^^;  各地の夏祭りや花火大会も中止のニュース、海水浴場も閉鎖される場所が多いとの事。普段と違う状況は結構なストレスですよね(^^;

IMG_2522

IMG_2527

いつ終わるのか先行きが見えない事も原因の一つ!いつまでコノ状況が続くのか…本当に今のヤリ方であってるのか??

IMG_2725

IMG_2733

IMG_2876

でも乗り越えれば次のステージへ上がれるし、元の自分には戻りたくないと思うようになる。その時の達成感や充実感を思い出して更に上を目指して行く…それは如何にドーパミンを出せるかがカギかもよ?!

IMG_2810

IMG_2813

IMG_2814

出力アップに伴いモーレツに増えた熱カロリーを、どうやって抑えるか…これも昔から人類共通の課題、出来るだけコアは密接しないように距離を保ち風通しを良くするのも基本!このワークスは、これまで当店で一番人気のファインチューンポン付け100ps仕様から、今回、カムはノーマルのままF5タービンを付けたポン付け仕様

小西F5比較

感染者の右肩上がりなグラフは勘弁だけど、自粛要請前並みの右肩上がりのパワーグラフが加速感を表してるよね!100ps仕様は、頭打ち感無く気持ちよく吹けていきサーキットでも好タイムが出る一番人気なんだけど、F5タービン仕様は比較グラフで分かるように4800rpm以上は別物!!

オンボード等で良く見る、30ps近くパワー差が有る車輌のバトル…パワーの少ない方が必死でコーナーのブレーキを我慢し少しづつ距離を詰めて行き最終コーナーでインに入って横に並んだのに、立ち上がりからの直線でパワーの有る車輌に見る見る離されていく、一気にヤル気が無くなるパターンだよね(笑) コレにカムが入れば140オーバー!!Nos追加で160psオーバー!!!と、ドーパミン出まくりの仕様に!!コロナに負けないよう、ワクチンよりも、モーレツな加速のドーパミンで乗り切りましょう!!(`・ω・´)b