ミラ、イイっす!!(^^

カーセンサーネット公開前に早いもの勝ちの特選中古車、ミラーイース!!鮮やかなブルー、ツートンカラーのお洒落な室内、そしてオートハイビームや、スマートアシストⅢ搭載の人気グレード!!走行距離 僅か3,800キロ 車検32/12まで付いてます!!普段の足やセカンドカーに如何ですか??

20181216_093735 (2)

20181216_094647

20181216_093845

20181216_094333

総額¥89.7(税込み(  他にも特選中古車多数のセンサーネット 見てね(^^

さて、こちらはプライベートチューン車両の23Vアルトの御紹介!!NAのK6を圧縮変更して組み込み、イーマネージの青マネで制御、と良く有るパターンだけど、何度もブローしてるようで、現車セッティングの依頼で入庫!壊れる原因が制御トラブルなのかエンジンの不具合なのか不明なのでまずは慎重にジェット開始!

20181203_192238青のイーマネージは変更できる項目が少なく、プライベーターを中心に比較的多く利用されてるけど、接続やソフトを使っての編集は簡単ゆえに、その少ない制御で壊れずパフォーマンスをフルに引き出すのは、有る意味一番難しいサブコンとも言える!V-Proやメイン書き換えのタイプのフルコンは自由自在にコントロールできるからその点は楽よね(^^   現車セッティング結果は、NAでターボ車並みの58psを計測し完成!!(^^

20181203_183204

重野23V

こちらは、エンジンブローで修理のJBコペン完成!ヘッドフルオーバーホールに、ピストンフルフロー、コンロッドメタル交換でリフレッシュ!!最後はF-CON iSを現車セッティング!燃料系がノーマルなのでインジェクター噴射率と燃料ポンプの燃圧を実際にモニターしながら確認!!最終、ブースト150Kpaで約85psで完成!!

20181202_152135

20181206_184444

20181207_173054

20181207_18254020181207_180145

20181207_173109

山本コペン

R06A+F5ターボ+ハイカム+V-Pro=141ps (^^

年末年始のお知らせ!CADCARSは12/27(木)~1/3(木)まで休業となりまので、遠出の点検や修理はお早目にお願いしますね(^^

さて36ワークスが発売されて約2年!ブーストアップからポン付けタービン100ps仕様とステップアップメニューも増えてきましたが、ポン付けの次はターボ車の魅力の一つの大型タービンハイブースト仕様でしょ~!以前に御紹介したGT15タービン:ダイノジェットで約120ps(ボッシュで計測すると133ps)のワークスが今回、更に大きなIHI F5タービン仕様に変更で入庫!!

20181127_09161620181204_140617

20181204_151703

20181204_151637

V-Proのバージョンは電動スロットルまで制御可能なVer4.0では無くて通称金プロと呼ばれてるVer3.4で制御!!燃料.点火.VVTをフルコントロールしR06エンジンの性能を引き出す事が可能!!燃料系は既に大容量インジェクター、燃料ポンプ、燃料リターン式変更が施工されてるので、今回はタービンをGT15からIHI F5に変更してのセッティング、その結果は!?

20181204_140610

20181204_151644

森田36

ジェットで141psを計測!!新型コペンやS660では、ここまでの出力を出すにはコンロッド強化等が必要になるけど、R06はピストン、コンロッド、ヘッドガスケット含め純正のままで、このパフォーマンス!!VVT効果も有り、約5200rpmで最大ブースト150kpa、一般走行や軽負荷領域もストレス無い走りが可能なR06Aフルコン制御!!お勧めですよ(^^

フラットトルク!!

フラットトルクの見本のような綺麗なグラフ、下からレブ付近まで垂れることないトルクが続くので必然的にパワー曲線は、気持ちイイ加速が想像できる右肩上がりになる

86

20181125_140226_LI吸排気チューン済86のパワーチェックしたんだけど、ストリートでこの特性なら人気なのも頷けると思った!!ターボ車もフラットトルクが理想なんだけど、ターボサイズの選択とIN:EXVVT制御等にしない限り中々、難しいよね(^^;   ドデカいターボを付けた下のこんなグラフの軽自動車ターボの加速は想像するだけで恐ろしです…

20180604_160752

そして派手な36ワークスが関東から再来!!今回は車両コンディションを把握する為にデフィ5連+ゼイトロAFの6連メーターを取り付け!!シンプルが好みならZD、見た目のレーシーさを好むなら丸目メーターがお勧め、夜の車内も派手になりました(^^

20181123_192835

 

20181123_185454

20181123_192002

こちらの880コペンのJBエンジン、15万キロを超えオイル消費の症状が出たので修理の為、早速降ろして分解、点検すると、マニが割れてたりバルブに異物噛み込みの跡等、かなりヘタってますがコンロッドフルフロー加工やヘッド廻りのリフレッシュや調整と消耗品交換で、かなり復活します!!エンジン修理後はフラットパワー目指して現車セッティング予定(^^

20181118_104804

20181118_103052

20181118_160003

20181118_161213

20181118_191756

20181125_153055

20181125_165655

20181125_165428

20181125_173039

怒鳴り声の中で仕事してます(^^;

ブログ等のモニター越しの文字情報では、レーシングでカッコイイマフラー音!!とか、ハイカムのラフアイドルのサウンド等は伝わりにくいと思うので、分かり易いように表を見て想像して下さい…

20181105_094432

20181104_161222

20181104_110707

20181104_113732

電ファン4重奏の騒音レベルは96.8db…直近で犬が吠えてる中でのセッティング作業は神経を使いますが、3速4速5速とシャシダイナモ上で引っ張ると水温、油温、吸気温が半端無く上がる温度対策!!V-Proでセッティング完成し問題無く走行してた車輌が、何かの拍子にトラブルが出る車両の検証作業での一コマ!!電ファンタワーはウケ狙いでも無く真面目に検証してるから4機掛けです!

20181029_125743

20181029_132140

今回はHKSからF-CON開発の方を交えてのトラブル検証中の一コマ、様々な角度からトラブル原因を探り情報を交換しながら消去法で原因を絞り込み、対策等を施しての実地確認作業の繰り返し…簡単に壊れず速い車なんか造り出せません!!なので今日も極めて煩いカラオケ店の中でも頑張ってセッティング(^^;

20181104_164041

バルタイ変更&チョーハイカム(^^;

台風通過まで数時間前の穏やかな和泉…(笑)風雨の脅威が来ると分かってて待つのは嫌なもんです(^^;   昔は21号のような強い台風の記憶は無いので気候が変わって来てるんでしょうね?たかが台風と軽視出来ない事を21号で痛感したので今回は万全の対策で通過するまで待機、皆さんも十分に注意して下さい!

そんな台風被害から復活したダイノジェットにセットされたカプチーノ、F4タービンのV-Pro、エアコン付きの快適ストリートで勿論車検対応で、時々ジムカーナ走行仕様

20180830_111221

今回は発電機不良で入庫したついでに、もう少しパワーが欲しいとの事で、オリジナルF6用ハイカムを装着してセッティングした所、激しいアイドルで、とても常用できる仕様では無く…今回はノーマルカムのバルタイ調整で出力アップメニューに変更!!ヘッドガスケット以外、フルノーマルなのでブースト控えめ、結果は2psアップですが

20180925_133941

中島カプチーノ比較_LI

青が今までの仕様で赤が今回バルタイだけ変更して現車セッティングしたグラフ。数字だけ見ると、「たったの2馬力?1.6%アップ??」って思うかも知れないけど、全域でトルクアップしてるし5600rpm辺りは10馬力以上アップ!! いつも言ってるけど、○○馬力とかの数字は参考にしかならないのでグラフ全体をみて下さいね(^^

もう一台、こちらもカム交換で入庫した、これまたカプチーノ!!こちらは、サーキット走行メインなエアコンレス車両なので、少々激しいアイドルでも大丈夫ちゃう??と、オリジナルハイカムをぶち込み、V-Proで現車セッティング開始!!

20180922_134130

20180927_162026_LI

ラッシュアジャスタなので正確なバルタイ計測が出来ず、手探りでIN、EXを調整して計測し、また調整して計測しを繰り返す事、1日以上…で落ち着いたバルタイは今まで見た事も無い位置!(笑)アイドル回転も音も、今までで一番過激!!HT07ターボだけどフルチューンサウンドで出力は7%アップ!!7500rpm以上はターボ風量足りてないのでカム交換前とおなじですが、特性は別物のエンジンに!(^^

並川カプチ2_LI

 

この酷暑の中、レースなんて…

この暑い中、耐久レースなんか考えるだけで気分が悪くなりそうなんですが、8月に富士で開催されるK4GPに参加する「も。ファク」さんのレースカーを、レース中で一番キツイい昼の時間に合わせて現車セッティング(^^;  爆音と熱風でフラフラになりましたが無事に完成!!ウチのミラレース号は、まだバラバラっす…20180721_151703

20180721_151717

こちらは、かなり過去のブログを見て、ブーストアップとスピードリミッターカットしたいとの事で岐阜から入庫頂いたアトレーワゴン!出来るだろうとの予測で車両を比較すると、ほぼ同じ年式で同型式なので作業開始!!

20180705_114802_LI

20180707_111613

20180707_111631_LI

ATだし吸排気ノーマルなので無理せずブーストMax130Kpa程で完成!!リミッターも解除OK!!有難う御座いました(^^

こちらは過去に3685仕様で製作した36ワークス、今回Max仕様にする為エディター購入で茨木県からお越し頂きました。回転、スピードリミッター変更、VVT変更で、85psがさらに楽しい仕様になりますよ(^^

20180720_112319_LI

20180720_112537

キャドカーズは整備振興会会員の街のモータース屋さんなので、車検の入庫も多く頂きますが、いつも「車検ラインに並んでる時間が勿体ないな~」と思ってた所、振興会会員用のライブカメラで、車検場の込み具合が確認出来るようになり時間短縮にチョー便利!!折角なので記念に写り込んでみたり(笑)

20180719_143230_LI

20180720_145230_LI

20180720_224818_LI

 

 

 

車検対応が前提の車両製作

大雨で交通機関のマヒや災害が各地で起きてます。当店裏もアイキャッチのような小規模な土砂崩れが…(^^;   皆さんも雨の情報や警報には十分に気を付けて下さいね

さてキャドカーズは認証工場なので、チューニングする際、排気ガス数値や触媒、マフラー音量は保安基準適合内での製作を心がけてるので、HT07、V-Pro仕様の極上AZ-1や、エブリーワゴン改HT07、V-Pro4WD仕様でもスンナリ1発OK!?

20180705_132114_LI

20180706_114328_LI

他店で触った車両は特に厄介、今回、V-Proセッティングで入庫したジムニーも入庫時は、AF特性異常のエンジンチェックランプが点灯してたので、車検には通らない状態…最近の車輌はO2センサーの理論空燃比では無くAFセンサーでフルに監視してる車両が多い。V-Proでチェックランプ回避のフィードバック制御で、今の所、点灯も無くガス数値も余裕でOK!!

20180705_170834

20180705_170745

またEVC6にスロットル信号と回転信号が入力されてなかったので、それぞれ配線し、3次元マップを使用してブースト制御でトルクフルに!!(^^

20180705_170912

プリウスはハイブリッドモーターとウォーターポンプ交換、エンジンとモーター両方の水回りトラブルで修理!

20180703_103553

20180703_103600

他にも色々…Wエブリーとか豪雨にビビりながらのLS修理

20180702_172845

20180702_160621

20180705_133916

20180705_134534

現場がパニック(^^;

局地的な雷雨の季節到来、毎回、大雨の度に事務所は浸水!!毎回毎回、水掃け作業が大変なので、工場の裏の排水工事をお願いして、現在施工して貰ってます!!そして重機が入れるようにエアのコンプレッサーやモノ置きでゴッタ返していた裏を掃除!!重機やトラックはシャシダイを超えて入るのでシャシダイゾーンも、かたづけ~(^^

20180624_152720

20180624_095616

20180624_104709

20180625_170958

20180626_132508

シャシダイエリヤや裏の置き場は預かり物等の置き場にもなっていたので、移動して置き場に困り、ピットにエンジンや2機のコンプレッサーを移動してるのでエライ事に…(^^;

20180626_150534作業してる横でコンプレッサーフル稼働、湿度マックスで、現場作業中なので、暫く現場ピットには近づか無い方がいいですよ(^^;

立て込んでるエンジン作業ですが、長い事待って頂いてようやくバラシに入れたEF-SEからEF-VE換装のミラエンジン!EFは色んなメニューが有るので、現状確認からの加工出しです

20180630_142623

20180630_140815

こちらは点検で降ろされた高出力JBエンジン、製作後、ほぼスプリントレースしか使用してないので走行距離は少ないけど、エンジンの負荷は大きいので、この領域になると早めの点検、修正が必要ですね

20180628_142413

20180628_143213

20180628_144310

20180628_145648

20180628_152113

こちらは助手席に載せ換えるエンジンを積んできたコペン(笑)ノーマルのJBからノーマルのJBへ換装ですが加工したタービンのエキゾーストハウジングを装着してフィーリング重視!

20180614_173338

20180626_172208

 

こちらはV-Proセッティング中のジムニー!ビフォーアフターで、かなり良くなったので、これで大丈夫かな?!マップに違和感が有りながらもメーター上の数値やノックも問題無いので試乗すると…やはり違和感が有る…もう少し時間が掛かりそうです

20180628_184734

20180629_150400

 

 

S6+エディター+EVC iR+F-CON iS=

今朝の地震で、会社の被害確認での為に早めに出社したので、今のうちに更新!!まず原因不明のメタルトラブルが発生した36ワークス、クランクシャフトとメタル類を新品に交換し、エンジン始動してみる

20180611_150710

20180614_162138

20180616_19162320180617_170911異音も消えて、一安心、各部最終点検中。こちらはGTウィング取り付け中のS660、特徴あるボディ形状なのでGTウィングが良く似合いますね!

20180617_101433

20180617_124516

そしてこちらもS660、入庫時には既にハイフローターボ、EVCとエディターが装着されており、今回、F-CON iSを追加しての初めての制御!まず燃料をリターン式に変更する為、タンクを降ろし加工して搭載し、プレッシャーレギュレターを追加。それにしてもS6のタンクの形状って、限られたスペースでの配置や重量配分等に拘って造り込みしてますよね

20180605_155331

20180615_172807

S6も最近の車両と同じで、メインCPUがエンジンルームに有るので、F-CONハーネスは、延長してリヤのエンジンルームから室内に引き込む。通常のセンターコンソール廻りや助手席足元等に置く場合は4M以上のハーネス製作が必要…

20180611_141458

20180611_185114 (2)

20180617_123500

リターン式に変更して、インマニ圧で燃圧が変わるのでエディターとリンクさせてF-CON iSで燃料補正を掛け、チェックランプ点灯等を考慮しながらセッティング。ブースト制御はEVCなので立ち上がりや安定度は純正と比較すると正確で細かいコントロールが可能!!エディター内のブーストMapを把握して制御、中間はEVCのマップ画面で130kPa近く上げて、上は80kPaまで下げる制御。リターン式に変更しても6800rpmで燃料が足りず、数字的には約90psで完成

20180617_145502_LI

20180617_145016

上のグラフは、エディターで通常制御したのが緑のラインで90ps 赤がエディターにEVCのマップでブースト制御しF-CONiSでリアルタイム制御したラインで92ps、たった2psの差だけど内訳が全く違うよね!?4600rpmからレブまで90ps以上をキープ、ピークパワーと同等数値が4600で発生し、そのままレブまで維持してるトコがポイント!右肩上がりでは無いので体感が鈍るけど、確実に下から速い仕様はこんなグラフになるので、自分のパワーグラフが有るなら曲線を比較してみてね!(^^

そしてこちらは、既に他店でV-Pro制御されたハイフローターボ仕様のジムニー、「違和感のある加速や制御が気になるので何とかならないか?」と、入庫 まづは現状確認でパワーチェック後に各部診断と処置方法を検討、セッティングのズレも大きいようです

20180611_142814_LI (2)

20180611_145606_LI (3)

 

引き続きスタッフは募集してます(^^

チューニングも主婦目線で!!(^^;

ここで数字の話をする時は、50馬力アップ等の表現より「ビフォーアフターでの比較で〇%アップ」の方が誤解も無く分かり易い!と良く言ってるのに…先日、晩飯の食材買い出しへ、ダイエーで1本108円の長ネギや他の食材を買ってレシートを嫁に渡すと「は~ッ!?ネギ高すぎッ!!業務ス〇パ〇ならもっと安いし!」と叱られ…(・・;  「ホンマに??」と後日、行ってみると

FB_IMG_1528370774089長ネギ1本76円で売ってたので「たった32円の差やんか!」と思ったけど…これを%にするとやね、42%も高い!…って事は、「1.8Lの焼酎黒霧1560円で買えるのに2215円で買ってた事になるのと同じやん!コレは高過ぎッ!!」と痛感したので、最近はスーパーの広告を見たりしてます(^^;      で、何の話かというとタービンやエンジンは変更せずにカムシャフト交換だけで、どう変化するか?!まづはF6エンジン改、ギャレットGT15ターボ、F-CON iSで110psのカプチーノに、CADオリジナルF6用ハイカムを装着!!

 

20180518_153352

20180518_153021

20180518_174047まづはノーマルブーストで調整式スプロケをIN・EX変更しながら、仕様に合った美味しいグラフで固定し、そこからブーストを上げてセッティングで合わせ込む。結果はブーストは、ほぼ同じで121ps、10%アップで完成!!(^^

こちらも、タービンやエンジンの変更は無く今までのCADオリジナル272°ハイカム200ps仕様から、更にハイプロフィールカムへ交換した、もファクデモカーコペン! まづはイニシャルバルタイで合わせて行きます。この時点で恐ろしい数値を叩き出しましたが更にレーシング方向にバルタイを振ってセッティングした結果は…

20180603_110838

20180604_160752

常に6000rpm以上でのレーシングが必要ですが(笑)この30℃近い外気温でも210psで完成!!次はエンジン本体の見直しとターボの変更で220psオーバーを目指します(^^