怒鳴り声の中で仕事してます(^^;

ブログ等のモニター越しの文字情報では、レーシングでカッコイイマフラー音!!とか、ハイカムのラフアイドルのサウンド等は伝わりにくいと思うので、分かり易いように表を見て想像して下さい…

20181105_094432

20181104_161222

20181104_110707

20181104_113732

電ファン4重奏の騒音レベルは96.8db…直近で犬が吠えてる中でのセッティング作業は神経を使いますが、3速4速5速とシャシダイナモ上で引っ張ると水温、油温、吸気温が半端無く上がる温度対策!!V-Proでセッティング完成し問題無く走行してた車輌が、何かの拍子にトラブルが出る車両の検証作業での一コマ!!電ファンタワーはウケ狙いでも無く真面目に検証してるから4機掛けです!

20181029_125743

20181029_132140

今回はHKSからF-CON開発の方を交えてのトラブル検証中の一コマ、様々な角度からトラブル原因を探り情報を交換しながら消去法で原因を絞り込み、対策等を施しての実地確認作業の繰り返し…簡単に壊れず速い車なんか造り出せません!!なので今日も極めて煩いカラオケ店の中でも頑張ってセッティング(^^;

20181104_164041

羊の革を被った….あるあるパターン!(^^

早い物で今日から5月です!!余り知られてませんが、タカタのエアバックリコールが大きな問題になりましたが、国交省からの通達で5月から、このエアバック未改修車輌は、車検が受けれない事になりました。これは乗員の生命を守る事が目的、該当車輌は先にリコールを済ませてからの車検になるので気を付けて下さい

IMG_7386

 

さてタイトルのアルアルねた、「パット見ノーマルですが実は速いんです!!」ってパターン(^^   マフラー音が大きいと弄ってると思われるので音量を小さくしたり、追加メータは敢えて付けない!ってパターンもそんな感じだね(^^

IMG_7419_LI (2)

IMG_7411_LI (3)

IMG_7417

 

車高もマフラーもノーマル、室内もウッドベースで統一されてるけど…マニュアルシフトがAT→5速に変更されてる、バンパー上部のダクトがターボ車って事をさりげなく主張していたり(笑)エンジンスワップと5MT換装公認のミラジーノ最終型

IMG_7418_LI

IMG_7420

ボンネットを開けると、「何でKF-DETやねん!何でコンソール開けたらEVCが埋め込まれてんねん!!」と突っ込まれる事が目的!!今回は吸排気すらノーマルのまま、もう少し速くして欲しいとの事でF-CON とEVCセットのブーストアップに決定(^^

IMG_7403

IMG_7414

EGとCPUが変更されてるので、どの車種??入れ替えられた端子を確認しながらF-CONハーネスを割り込ませて始動!今回はiSなので純正CPUの信号をデータモニターしながらセッティング!!吸排気ノーマルなので無理せずEVCのマップを使用して普通に速い仕様で完成!(^^

IMG_7405

こちらも違和感大のHA21ワークス…HA22やKeiのツインカムターボに完走され、今回コンデンサー周りが大改修されてます(^^;

IMG_7383

GWも36ウィーク!!(^^

今回で山口から4回目の御来店になるRS!!前回は36100Max仕様で完成したんですが、「幼稚園に孫を迎えに行くには少し音が大きすぎて気を遣う!」との事で、消音加工で入庫!!

IMG_7296_LI

 

IMG_7298

排気効率を下げずに音量を下げるには大きなサイレンサーが必要、スペース的な問題も有るけど希望通りになるように製作し、テールも5ZIGEN改の下向きで純正風に仕上げた結果はノーマル並みに静かになりお客様も大満足!!最近、流行りの静かで爆速仕様、お勧めですよ!

IMG_7299

IMG_7300_LI

 

こちらは3回目の福山から入庫の36ワークス100ps仕様!!パワー上がって速くなったらブレーキ性能も上げないと危ないのでエンドレスキャリパー装着!!ボディーも補強パーツを追加し、バチッと仕上がりました!!

IMG_7363_LI

IMG_7372

IMG_7368

IMG_7375_LI

そして、こちらは新車3685Maxコンプリート完成!!ETCやナビ、ドラレコは勿論、F-CON iS、エンジンルームにEVCとエアクリーナー、マフラーが新車状態で装着され、納車後すぐに全開可能なジェット慣らし済み!!絶対お得でバリューなコンプリートプラン、是非、この機会に手に入れて下さい!!(^^

IMG_7341_LI

IMG_7328

IMG_7329

IMG_7315

IMG_7316

IMG_7332

IMG_7335

IMG_7327_LI

こちらのRSは人気の3670エディター仕様で乗ってましたが、今回オリジナルエアクリと5ZIGENマフラーに交換し、85仕様へのステップアップ準備は万全です!?(^^

IMG_7319

IMG_7320

IMG_7321

 

こちらは、フルノーマルのワークスAGS、吸排気は音が大きくなるし馬力や速さは、そこまで求めて無い…けど、もう少しトルクが欲しい!とのご要望で、まさにそのご要望通りのCAD70デモカーに試乗した所、即決で取り付け!!レギュラーガソリン対応なのもポイント、更にステッカーのプレゼント付き(^^

IMG_7322

IMG_7325

IMG_7324_LI

そして、こちらの36ワークス排気系がノーマルとは違うので、今回F-CONとEVCを取り付けし、85仕様をデータインでは合わないので、現車セッティング!!馬力は暑い事もあり84psで完成!!(^^

IMG_7342

IMG_7376

しかし…100ps仕様のハイフローターボに交換されてるとの事で、「え??ノーマルのブーストアップじゃないの?」良く見ると、タービンは36と同じだけど、アクチュエータがターンバックルだし、ノックポイントも???だったので、サクションを外してインペラーの羽を確認すると…純正では無い…100psなんか出ないよ~…困りました(^^;

 

 

 

ようやく稼働!!(^^;

当社のダイノジェットが1週間ぶりに使用可能になりました!!長年使用したモデルのジェットのメインCPUのサポートがもうじき終了という事も有りアップグレード!!

IMG_7241

IMG_7234IMG_7235

途中、まさかのパーツ違いでアメリカからのパーツ待ちが発生しましたが交換、アップデートは無事終了しました!ただ、使いこなすには、まだまだで説明書も無ければ、各項目や設定画面は全て英語…

IMG_7239

IMG_7260

IMG_7259

回転数の設定だけでも9パターン有るようで、何のこっちゃ??画面項目の製作や選択後、細かい変更はプロパティで…イライラしながら全く進まないながらも、パワー計測はボタンを押せば可能なので、溜まったセッティング車両をジェットオンで開始!!ただ、手元で操作するコマンダーは、断然前より便利でGood!!

IMG_7251

IMG_7250

IMG_7257

IMG_7263

 

グラフのX.Y軸、各数値の単位、MAX、MIN、スケール、インフォ内容、3D表示等…その他、まだまだ沢山項目が有るけど、必要最低限の比較グラフ作成が出来るくらいまでは完成(^^;  また詳しく紹介しますが、Keiの入庫時とリセッティングの比較グラフは、こんな感じで完成!ここから、このCPUをネットワークに入れてプリンター設定出来るようにしないといけないんだけど…そのうち、さっきゅうに、ちかぢか、時間が空いたらね(^^;

 

ジェットもVerアップ!!(^^

当店で一番、高価な機材はシャシダイナモのダイノジェット、4WD対応、1500psまで計測可能らしいけど、日本で1500psも出てるストリートカーなんか…でもジェットの段階式負荷装置や2WD車両でも4輪同時で回せるシステムはダイノジェットだけ!!最近の車輌は、FFやFRの2駆車輌でも、4つのタイヤが同時に回り4つのホイルからの回転信号がCPUに入らないとフェイルセーフが入り、セッティングやパワー計測が出来なくなってきます!!S660のCVTが通常のシャシダイナモではパワーチェック出来ないんですが、ジェットなら計測もセッティングも問題無く出来ます!(^^

IMG_7190

IMG_7194

で、今回、性能が大幅にVerアップされたシステムに一式変更する為、2日間かけてダイノジェットJAPANさんが機材の入れ替え作業(^^ CPUも高スペックが必要との事で新規導入!!…が、ジェットの部品が一つ間違えてたので作業ストップ!!アメリカから空輸で週明け到着予定なので、それまでセッティング作業も出来ず、空いたまま放置プレー今日で3日目、勘弁して欲しいわ~(・・;

IMG_7223

なのでカスタム部はエンジン作業等を優先で進めてる中の1台、ガスケット抜けのコペンのヘッドを車上で降ろしてると、色んな寸法がズレてるらしく、インマニまで外す羽目に…定番のバルブシール漏れは同時に修理!

IMG_7185

IMG_7188

IMG_7220

こちらのJBは、色々おかしな事になってたリビルトエンジン!各部消耗品交換にフルフロー加工済ピストンを組み込みO/H完成です(^^

IMG_7189

IMG_7193

IMG_7198

こちらは当店人気のTE37ソニック組み換えメニュー!!純正タイヤを使用するので費用も抑えられるし、外した純正ホイルはスタッドレス用に使用するのがベスト!!

IMG_7139_LI

IMG_7140

装着写真は無いんかい?って突っ込みは聞き流して、こちらは懐かしいS15シルビア、ギヤが入らないとの事で早速、降ろしてバラし原因判明、比較的軽症ですね(^^

IMG_7211_LI

IMG_7212

IMG_7215

週末なので今日も高い36来店率!!新車12カ月点検を兼ねて三重からの御来店もありました。キャドカーズは、認証工場なので色んな車輌の点検・整備・エンジン・MTやATの分解整備は勿論、カスタムやチューニング、コンピューターの現車セッティングまで、全て自社管理のモトで行ってます。

IMG_7205

IMG_7208_LI

IMG_7209_LI

IMG_7201_LI

 

特にチューニングに関しては、パーツの選択や取り付け、エンジン各部修正や調整内容等が明確でないと、不安ですよね?!「店でチューニングしてもらったけど、イマイチ納得できていない」といった相談や、チューニング確認、手直し依頼が多いのも事実…実際に車輌を見ないと診断やアドバイスは出来ないので、現状に不安の有る方はお気軽にご来店下さい(^^

20180329_173231

IMG_7108

IMG_6982

IMG_7019

IMG_7017

 

IMG_7196

 

最後に、当店でギャレットGTタービンにV-Pro制御したお客さんが、プロスタートでゼロヨンチャレンジ36ワークス初見シーン,ど~ぞ~(^^

 

ソッコーでSOLD OUT!(^^

IMG_7114_LI

36100Max仕様の36ワークスの店頭中古車を御紹介しましたが、ソッコーで御成約!有難う御座います(^^   ノーマルから全てCADCARSで製作したワークスなので、安心して全開して楽しんで下さい!!(^^

そしてワイドボディーの400コペンローブ、キャレロコンロッドを組んだエンジンに載せ換え、も。ファクでF5タービンが装着され、I/JやCPUはノーマルのまま、慣らし走行を終えて入庫!

IMG_7165IMG_7167

HKS F-CON V-Pro Ver4.0で制御するので、コレだけの配線を割り込ませて結線する必要があります。燃料ポンプを大容量に変更し、システムはリターン式になるのでリターンパイプはワンオフ製作、I/Jは380ccに変更し噴射率70%程で約140psをターゲットに現車セッティング開始!!

IMG_7169

IMG_7175

IMG_717820180408_192647

 

最終ブースト190Kpa、噴射率73%MAXでジェット出力144ps、トルクは約17kと同じ仕様で過去最高の数値で完成!400コペンは空力がイイので、この仕様だと200キロ以上出ますが、36は空力が余り良くないのか、どんなにパワーを上げても175km程で頭打ちしますね(^^;

しかしパワウェイトレシオでは断然有利な36ワークス!!0-100キロ加速なら、400コペン・S6と勝負しても間違い無く36ワークスがトップ!!当店人気の3685Max仕様で入庫したワークスも別物トルクになって完成です(^^

IMG_7171

IMG_7170

こちらは3670エディターとトルクロッド取り付けした2台の36!!この2点セットはフルノーマルからのファーストステップにお勧めですyo!!(^^

IMG_7151_LI

IMG_7152

IMG_7155_LI

IMG_7157

相変わらず週末は色々な36やアルトで一杯です(^^

IMG_7158_LI (2)

IMG_7164_LI

 

(KF-DET+GT1544)F-CON iS=失火大(^^;

久し振りにトラブル続きで悩まされた275ミラのOEMスバルプレオ(^^;   KFのNAエンジンから、100ムーブのKF-DETに載せ換えられ、エンジンハーネスはNA275のまま、CPUはアトレーカーゴで制御し、ブーストアップ仕様で耐久レースを楽しんでたらしいけど、もっと速くしたいと当店へ

入庫時の仕様、ノーマルEG.ノーマルターボ.ブースト約90kPaで約65psを計測、フルノーマルなので、数字的には妥当だけど5000rpm辺りからのグラフは綺麗に吹けて無い感じ…このグラフが後になってドツボにはまる原因に…(^^;

IMG_6271

IMG_6268

IMG_6269

ここからターボをGT1544に変更し、I/Cを前置き化、燃料強化にF-CON iSで制御しEVC6でブーストコントロールで100psチョットくらいの出力予定だったのが、ブースト80kPaで曲がり、フルフロー加工でも90kPaで曲がり、弱すぎて話にならんとキャレロを投入!

IMG_7063

IMG_6964

IMG_7086

IMG_7093

IMG_7113

20180403_200206

コンロッド曲がりの不安が無くなったのでブーストを100kPaに上げると5000rpm辺りで失火症状が出たので、定番のプラグやコイルを交換で完治するかと思いきや全く治らず…オシロで見ると波形の乱れが見られ、スワップされて配線も加工されてるので漏電や電圧降下の可能性を疑い、配線追加やノイズ対策を施しても変わらず…

20180402_131810

ドライバッテーリー交換、クラセン交換、F-CON本体交換、点火コンデンサ追加etc…と、ノイズに関係する疑わしい箇所を対策しても、一切症状は変わらず…ブースト90kPaでは出ないのに100kPaに上げると5000rpm辺りで必ず失火する…その後、入庫前から出てた症状との情報が有り確かに入庫時も5000rpm辺りで失火っぽいグラフの乱れが有った!繋がって無い線を辿ったり…VVT無しのムーブKFとハイゼットカーゴのクラセンが違う?!高圧縮でノック補正?!O2ズレで学習値が上乗せ?!と4日間、嵌まりに嵌まり悩みに悩み…

20180405_183613

IMG_7116

そんな時は難しく考えずに基本に戻りOBDの情報やグラフに惑わされず、1から確認し解決した時の爽快感をCADCARSの近所で撮影した画像で表現してみました!(^^)

IMG_7117

20180402_123847

20180403_102455

サブコンでのパフォーマンスとしては十分!!レブ上げにはフルコンが必要だけど、まづはこの仕様で次のステップまで楽しんで下さい!(^^

IMG_7149

IMG_7148

 

2度有る事は3度….無いッ!!

穏やかな春の陽気の日曜日の今日は学校は春休みなので朝のコンビニは家族で花見にでも行くのか子供連れが多く…

20180328_111615ワンボックスの後ろのスライドドアが開くなり子供が2.3人降りてきて、楽しそうに母親と手を繋いでコンビニへお菓子屋やジュースを手にレジに並ぶ姿を….疲れが抜けずコンビニで購入した栄養ドリンクを飲みながら、家族の風景を微笑ましく見て始まった今日の4/1のエイプリルフール(^^;    コンロッドが2度も曲がったKFで精神的にも少しヤラれ、昨日の16時の時点で

IMG_7086この状態から、今日の17時には見事に復活!!「170psでもビクともしないキャレコンをぶち込んだので、今度こそGT1544を、ブン回してやるぜ!!」と再びジェットオン!!

IMG_7113

 

IMG_7116

…………今度はブースト100kPa辺りから失火症状が出て来てタイムオーバー…すんなり行かない時は、トコトン上手く行かないですね(^^;

こちらは広島から入庫した36ワークス、他店で色々チューニングされておりタービン交換とメインCPU書き換えでセッティングされたとの事ですが、「ブースト制御が不安定で加速感も違和感が有る、インジェクタは100%噴射のままで不安」との事で入庫…まずは現状のパワーを計測すると

IMG_7106

 

パワーは97psを計測しましたが、メインCPU制御のブーストコントロールが上手く行ってないのか、150kPa掛かって110kPaまで下がりまた150kPaまで上がるようなブースト制御なので、こんなグラフ曲線…違和感が有るのも頷けます…お客様の「安心して全開したい」との当たり前の御要望に御答えする為、まず強化クラッチに交換し、燃料ポンプ交換と燃料リターン式に変更し、ブーストは純正ソレノイドをキャンセルしEVC6で制御、ズレた燃調はF-CONiSで現車セッティングでジェットオン!!IMG_7068

IMG_7104

IMG_7105

IMG_7108

かなりズレてるAF値や点火時期、VVTタイミングをF-CON iSで辻褄合わせしながら現車に合わせ、安全に壊れず全開出来るセッティングで合わせた結果、ブースト値は下がったにも関わらず綺麗なカーブで99.96psで完成!!(^^

 

超アナログ仕様は逆に難しい(^^;

「いきなりエンジンが始動出来なくなった」との症状で入庫したHB11ワークス、軽トラだろうがレクサスだろうがフルチューン車だろうが、内燃機関で燃料を使う車輌なら機構はドレも同じ!

IMG_6991

IMG_6935

20年経過してるので何がトラブってもオカシク無いし、少しチューニングされてる様子。定番の燃料ポンプ系は問題無し…プラグも火は飛んでるのでクランク角センサー系も問題無し…って事はインジェクターも作動してるはず….ん?音を聞くとインジェクターが作動してないのでCPUの配線を見ると、ココで初めてサブコンのアルティメイトが装着されてる事が判明

IMG_6936

IMG_6937

これなら作動しない事が有り得る、オシロで確認するとインジェクターの信号入力は問題ないのに、出力信号が出てない。しかし、たまにEGが始動する事も判明したので、対策のスイッチを装着して始動不可の問題解決!!しかし、オーナーから「最近購入した車両で仕様も良く分からないしセッティング内容も確認して現車合わせて欲しい」との御依頼追加でデータを確認し、計器類を装着してジェットでセッティング!

IMG_6954

IMG_6970

まず入庫時のブースト110kPaとサブコンデータで計測すると80.5ps!仕様が分からないので注意しながら現車で合わせていくと…この型のワークスは点火とスロットルが触れないので、燃料とエアフロしか触れない超アナログ仕様…AF値、ノッキング、排圧を見ながらデストリビューターで点火時期調整していった結果

IMG_6973

IMG_6983

IMG_6982

入庫時は、セッティングズレで7000rpm以上吹けなかったんですが、7800rpmレブまで回るようになり、最終ジェットで96psで完成!

引き続きメカニックスタッフ募集!!(^^

 

400ローブ×F5×ハイカム×鍛造ピストン=(^^

結局、朝イチ更新継続出来ず…(^^;     今回はKF-DFTネタ!400コペンや新型のタント等、ダイハツの新型車両に搭載されてるエンジンはKF型メイン!ブーストアップ程度では、壊れないと思いきや90ps超えた辺りで壊れる事が有れば100ps超えでも壊れなかったり…その見極めが難しいんだけど今回分かった事は…90~100psがKFコンロッドのK点です!!

IMG_6956 (2)

IMG_6964

そんな時は「安心して下さい!!キャレコンが有りますから!!」って言いたいんですが…エンジン割る必要が有るので、費用もそれなりに掛かる、スピードリミッター解除すら簡単に出来ない400コペンは他車に比べチューニングスピードが遅い傾向にあります。しかし、お馴染みのコペンプロショップ「も。ファク!」さんのデモカー400コペンは純正ピストン、純正ガスケット、キャレロコンロッドF5ターボで140psを絞り出しS6、36ワークス、400コペンの3車種で断トツのハイパワーを絞り出しサーキットで暴れてましたが今回、外装もリニューアルしてVerアップ!!

IMG_6889

IMG_6896_LI

迫力のワイドボディーにコノ色で登場…(・・;     今回新規製作したエンジンは、CADオリジナルのハイカムシャフト、そしてCADオリジナル鍛造ピストン!!ボアは同じなので排気量も660cc、コンロッドはキャレロなので強度は充分!!心配なのは純正のヘッドガスケットとコンロッドメタルですが、持つかどうかのテストも兼ねてジェットでセッティング開始!!

IMG_6797

IMG_6805IMG_6813

 

IMG_6827

IMG_6894

ピストンコンロッドの機械的強度の心配は無くなったけど、純正のヘッドガスケットとコンロッドメタルは心配ですが、デモカーだしテストも兼ねて各計器類の数値とノッキングに注意しながら、「壊れなくて速い!」相反する要素を両立して合わせこんだ結果

IMG_6986

…え!?数字がオカシイ(^^;    ジェットが壊れた?しかし何回テストしても結果は同じ!!充分速かった前回までの140ps仕様との比較グラフは、まるで別物!!最近のエンジンはオーバーラップゼロのバルタイなので、ハイカム効果は絶大!!KF-DETでF5タービン、ブースト200kPaで170psオーバーな400コペンが誕生!!

IMG_6898

IMG_6899_LI