気温は寒いけど、ビデオ〇プションは激熱だぜ(^^

昨日は「寒ッ!!」が、最初の一言だった人も多いはず!!冷たい雨が降り続き最高気温も15℃程…秋を超えて早くも冬を感じた一日でしたが、仕事には熱く取り組んでるので、御依頼お待ちしています!!そんな熱いご要望の一台…

IMG_3670

御存じ、コペン専門の激熱ショップ「も。ふぁく」さんの、日本一速いであろうGRコペン、11:50辺りからビデオオプションにも出てて過激な走りと評されてる(笑)

この走行後に、かなり草臥れてるエンジンを点検分解する為、村のモータース屋でバラしてニューエンジンにチェンジ!

IMG_3210

同時に、海外製のドグタイプミッションが搭載され、クラッチを踏まずにアクセル全開のままシフトアップが可能なフラットシフトとかいうのをV-Pro制御させ、飯田章が座ったシートに座り、フラットシフトテストしてみたのが前回の動画

IMG_3470

IMG_3673

20201006_152735

シフト操作時の、僅かな金属歪みを検知し信号出力するデバイス(←コレが凄い!)からV-Proで認識出来るように回路を作り、V-Proのパラメーターで有効時間等を設定、まるでレーシングカーのようなラグの無い走り!!

さらにV-Pro機能の一つ、アンチラグもテストしてみた!アンチラグとは、GTカーやラリー等でアクセル抜いてる時にも加給を上げてターボラグを減らす目的で作動させるシステム。レースの世界では常識なんだけど、使った事が無いしストリートカーで使うとどうなるのか分からないので、色々、テストしてみた

20201009_181153

IMG_3672

作動条件や燃調等かなり難しく、まだまだ発展途上だけど、ブレーキングしても加速していく程ブーストが掛かる事も分かった!!でもその時は凄い恐怖でした(^^;  これを有効に制御出来れば大きなターボでもラグなく使えるのでテストしていきます!

そして、こちらも見慣れた熱い面々が登場するビデオ〇プション!!(笑)見てね~(^^

今日から後半戦スタート!

長い休みを頂きまして今日から営業開始のキャドカーズ。休みに入り、冷房の効いた部屋でキンキンに冷えたビールを飲みながら、昼の酷暑のニュースを対岸の火事のように見てたのに…盆明ける頃にはマシになってるだろうと余裕で構えてたら、未だ酷暑は収まらず((+_+))

Screenshot_20200817-155555_Twitter

皆さんも熱中症とコロナには気を付けて!!休み明けは出張タイヤ修理や点検からスタート、OBDの診断機で水温が90℃程なのに、ヒートしたみたいに水が吹き返してくるコペン…

20200817_172858

20200817_091011

通常は沸騰する前に95℃辺りで電動ファンが回り出すのに…物理的に100℃にならないと水は沸騰しないので、OBDの数値が正しいのか、ホンマに100℃になってるのか…アナログの温度計でも計測すると

IMG_3115

IMG_3118

アナログの方が100℃なのに、電圧で温度を判断するCPUは「まだ90℃でっせ~」と勘違いしてるようで…原因は、たまに有るF-CONハーネスや割り込みしてる信号等が悪さしてズレまくり!!新品のF-CONハーネスに変えて、温度のズレは治りました!!が、ヒート傾向は収まらず(^^;

もう一台、コペン、エンジンMT降りました

IMG_3124

JB改CAD製KFピストン組み込みコペンの現車!

こちらはサーキット仕様で組まれた880コペンの燃料リターン有りの前期型でJBエンジンにCAD製KFピストンを組み込んだ仕様!ボアが大きくなりトルクと圧縮アップで、かなり楽しい仕様になります!!(^^

IMG_2754

組み合わせるタービンはHKS製DX30Kai、純正インジェクターだと100馬力手前で打ち止めだけど、ターボの風量はもう少し有るので勿体ない…そこで300cc辺りを入れると、純正コンピューターの制御の関係で引っ掛かり感が出る事が有り、非常に不快になる。そこで純正比1.2~1.3倍のインジェクイターを使用してF-CONで制御

IMG_2760

IMG_2762

IMG_2763_LI

Mウェーブ

結果は噴射率94%で、この季節にも関わらず115psの好結果で完成!!(^^    880のJBは圧縮比が8.1と低いので初期のミラやムーブに搭載されてる高縮比ピストンを使ってみるのも面白いかもね(^^   今、入庫してるエンジンとミッションのO/Hで入庫してる500ミラのピストンも高圧縮タイプ

IMG_2755

IMG_2785

IMG_2787

今は加工に出してるので戻ってきたらフルフローで組み込み予定!!

こちらの車上でヘッドが降ろされてるムーブに搭載されてるJBのピストンは低圧縮タイプ、ピストンの頭が凹んでるのが分かるかな?!(^^; 敷地にエンジンバラバラな預かり車両ばかりで、作業アラート発令中💦

IMG_2795

品切れ続出!?(^^;

最近のニュースは新型ウィルスばかりで、外出時や他人との接触時の不安で店頭からマスクが無くなる事態に…そして最近はトイレットペーパー類も無いとの事で会社近くのスーパーに行ってみると…

20200302_122407

20200302_122456

 

「何じゃコレ!?」トイレットペーパーやティッシュの棚がガラガラ!!世間に「当分、無くなるかも知れない」との情報が出回り、一斉に買いだめするんでしょうね…トイレットペーパーやティッシュの在庫は国内にも豊富にあるらしいけど、不安になる心理が、そうさせるんでしょう…って事で

IMG_1697ここで4月からの特価セールのお知らせ!!コレを逃すと次は無い!?人気の3685のF-CON.EVCセットが、お求めやすくなるキャンペーン!!台数限定!!次のキャンペーンはもう無いかも知れないので、やるなら今ですよ!!先行予約受付中!!24回無金利も4月から再スタートします!!コレも台数限定!?早く早くッ!!

排気比較 (2)

さて、もファクさんから、リセッティングで御依頼のコペン。以前にDX30のV-Pro仕様で完成、今回、オーナーが変わるとの事でリセッティングでジェットにセット、この仕様だと大体100~110がアベレージ

20200301_181132

ジェット上では60psだろうが200psだろうが、車は1ミリも動かないので乗ってても、パワー感は一切感じない(笑)回転の上昇スピードで判断するくらいなんだけど、入庫時のこのコペンは、少し回転上昇が鈍いしEVCでブーストを幾ら上げても一定ブースト以上、上がらないので加給漏れを調べるとメッシュの中のゴムが割けてました

20200301_192737

こちらは、「も。ふぁく」さんのデモカー、Nos噴射時に250psを絞り出す恐ろしいコペン…これもジェット上では1ミリも動かないのでパワー感は感じられないけど、NOSを吹いた時のエンジン音で、オッカナイって事は分かります(^^;

IMG_1701

 

 

良いお年を~!!(^^

今年は残す所、残り4日。来年は、スタッフ増強して更に飛躍の年にしたい!!(笑) キャドカーズの今年の営業は本日が最終日なので、今も最後の追い込み作業中です!一般整備は効率よく回す必要が有るので、点検、部品手配、車検ライン、整備作業、洗車等の一連の流れをテンポよく!合間に入って来るクイック作業もね!36ワークスはリヤシューを定番のエンドレスに交換!エンジン不調、チェックランプ点灯で入庫したステップワゴンはホンダアルアルのコイル不良、中古で買ったばかりという22ワークスは電気系トラブル修理で入庫、中途半端に残されてるセキュリティーの配線撤去やキースイッチ、漏電の修正で完治!勿論多数のオイル交換や他の整備も有るんだけど…覚えて無いです(^^;

IMG_1153

IMG_1197

IMG_1195

IMG_1053

20191212_214550

IMG_1148

IMG_1164

IMG_1192

IMG_1196

車検も不具合箇所無しで全て1発合格!今年の年度末の車検場は、かなり空いててスムーズに終わりました!!30セルシオはスーパーチャージャー付きですが、車高もガスもノータッチで車検に通る合法車!!ローバーは部品が比較的入手しやすい車種ですが、年式に因っては廃盤や本国手配等もチラホラ

IMG_1186

20191224_104835

IMG_1191

20191226_112740

IMG_1201

IMG_1198

1577148446565

カスタム部は3685からポン付けタービンの36100へVerアップしたワークス!燃料強化とF-CON iS、EVC、エディター、データをソレゾレ書き換えて完成!!このタービンはお客さんの御下がり…同じ仕様でセントラル35s台を記録してるのでタイム比較される事、必至です(笑)

IMG_1017

IMG_1019

こちらは、36を購入したら、まずはエディター!のLT仕様、車速や回転リミッター、レギュラー対応ブーストアップで程よいトルクアップが人気!データー入り本体価格は¥6万!!

IMG_1114

IMG_1115

こちらは3670LTから、今回、F-CONiSとEVC追加の3685仕様、もちろん、エディターも書き換えてMax仕様の完成!!RSは街乗りメインでの使用に丁度良い変速時間やヒーター付きシート等の装備付きなので、生産が終わったこれからは稀少になってきますよ!!

20191224_094417

IMG_1189

IMG_1190

 

エンジン単体製作のKFは完成、キャレロコンロッドにCADピストンで耐久性大幅アップ!!36のミッションはギヤ比変更等、組み換え可能か各部検証中!今までのエヴァカラーから、色々なキャンディー系に変わったコペンはNos噴射と耐久性の確認!恐怖を感じるエンジン音でした(笑)

IMG_1137

IMG_1138

IMG_1126

IMG_1139

 

IMG_1154

IMG_1187

IMG_1193

IMG_1194

 

 

モータース屋なので、何でもします!(^^

年末が近いせいか、一般整備やカスタムの入庫多数!!こちらは、タイヤの変摩耗修理で入庫したLS、この型はブッシュやアームトラブルが多く、今回もアームのブッシュ千切れでのアライメント変化が原因、車両重量や高速移動等の絶対車速が高いので、この辺にストレスが溜まる構造のようです

IMG_0999

IMG_1000

タントカスタムはATフィルター交換、EKワゴンは腐食したマフラー交換、デイズは板金修理やバイザー取り付け、白煙大で入庫したS660はタービン軸折れでターボからオイル漏れながら、暫く走行したらしく、念の為、車上でのメタルチェック!スイフトはパッドやローターをリフレッシュ!

IMG_1007

IMG_1008

20191203_103136

20191203_103142

IMG_1013

IMG_1016

IMG_1012

フラッシュエディターも人気!!赤のワークス、入門編のレギュラーガソリン対応の3670仕様お買い上げ、各リミッター解除と街乗り領域のバルタイ見直しで程よいフィーリングが人気です!!

IMG_0966

IMG_0967

S660は、オリジナルデータ入りエディター書き換えで入庫したんですが、注文で御来店時はレギュラーガソリンだったので、「書き換え時はハイオク仕様でお願いします」と伝えたんですが、入庫時確認するとがレギュラー半分残ってたので、そこからハイオクを満タンまで入れたとの事

IMG_0968

IMG_0969

レギュラーとハイオク混合だと間違いなくノッキングが出て最悪エンジンブローなので、今のガソリンを使い切るまで全開は控える事になりました。オクタン価の低いハイオクでも簡単に壊れる事が有るので、ガソリンは、かなり重要です

秋晴れに映える?個性的な2シーター軽スポーツが並んでたので記念撮影、赤カプは車検での入庫、F5ターボ青カプはエンジン修理からのセッティング完成、225psエヴァコペは更にパワーとタイムアップの為、色々検討中!

IMG_1004

 

IMG_0995

IMG_0970

IMG_0987

 

IMG_1018

「わし、失敗しないので!!」

なんてカッコ良く言えたらいいんだけど…(^^;    僕らのような保守業に絶対は無いから、完璧な仕事に徹するしかない。純正やノーマル状態から手を加えたり出力を上げたりする場合は尚更、慎重に確認しながらトラブルや異変を見つけた場合は原因を特定する必要がある。漠然とバラシて組んでたら、それ以上のモノは造れないし進歩も何も無く、タダの作業と一緒です

IMG_0286

20190923_194619

少し前に仕様変更で入庫したコペンのKFエンジン、オリジナルピストンとキャレロコンロッド交換の御依頼、大きな損傷も見当たらないので通常通りの消耗品交換だけで大丈夫だろうと思ってたのが、クランクの4番メインジャーナルに有り得ない傷。通常ならジャーナル手前で僅かなゴミもオイルフィルターで取ってしまうはずなのに、コレだけの傷を与えるモノ…見ると過去にフロントカバーのオイルフィルター取り付けボルトが折れて修正し形跡が有り、その時の金属片がギャラリー通路の最後の4番に流れた事が原因!!コンロッドも交換する序でなので新品クランクに交換して、組み込んで完成!

IMG_0282

IMG_0420

IMG_0427

IMG_0430

今まで何機も製作してるKFエンジンなので特に問題無く車両に搭載され、F-CONは既に装着済みのブーストアップ仕様から今回現車セッティングで入庫したんですが、スロットル開き始めだけ吹けない症状が発生…失火っぽいような、燃料が薄いような、バルタイがズレてるような…アクセル踏み始め以外は問題無く更けるしブーストも普通に掛かるIMG_0505

最初に点火を疑うけどプラグやコイルは問題無し、たまにF-CONハーネストラブル等も有るから、キャンセルしてみたけど変わらず…VVT異常?位相ズレ??が症状の原因として考えられるけど、そうなる原因はVVTが動いて無いかタイミングチェーンがズレてるしか考えられない…組む際に確認はしてるけど、じゃあ絶対に今この現状で100%ズレてないのか?という保証はない。組む時は、絶対に確認したけど千パーセント間違えてないと言い切れるか??確認する方法は一つしか無い

IMG_0538

実際にバラシて今のタイミングがズレて無いか見る事。早速、先週組んだエンジンを車上でばらして見ると…タイミングチェーンやその他の組み間違えは無かった。でもコレで迷宮入りしそうだけど、おそらく単純な事が原因なのでもう少し調べます(^^

K点の見極め!(^^;

世間は2回目の3連休らしいですが、キャドカーズは祭日も通常通り営業してますので、是非お気軽に、お土産持参で遊びに来て下さいね!!さて溜まった作業を遡って…まずは、880コペンF-CON現車セッティングの御依頼!

IMG_0034

IMG_0035

仕様はシングルポートF3ターボのブーストアップ現車合わせ。燃料系はリターン変更も触らずフルノーマル状態なので、燃料が足りる範囲で合わせてくれとの事!って事で噴射率95%辺りで綺麗なパワーグラフで完成!!セッティングがズレて無い限り、パワーの一番出るトコと燃料噴射率の最大の回転数は、ほぼ同じなので分かり易い!(^^

IMG_0036

 

IMG_0038

 

880ターボF3

こちらは、400セロCVTのF-CON iS現車セッティングで「も。ファク」さんからの入庫!前回のスポーツターボで約90psチョイで燃料使い切り仕様。CVTが壊れる3秒前の出力で止めてましたが、今回はCVTはプログラムを強化したとの事で、ターボを大きなF5に交換!!CVTのF5仕様なのに「ナンボでもブースト掛けてエエで~!」との事…(・・;

IMG_0206

IMG_9992

IMG_0208

400セロCVT比較

 

燃料は約90psで使いきりなので、大容量ポンプ、大容量インジェクターには交換したけど、ハイブーストは掛けれないしサブコンでのセッティングなので、今回はリターン式変更はしていない。結果は、ブーストを幾ら上げてもジェット105ps以上は出ないのでCVTが限界!特性はF5らしい5000rpmからの本領発揮でパワーバンドを外さずに7速パドルシフトで走れる楽しい仕様ですよ(^^

マージン削ってくれ!って言うけどね~(^^;

今回はデモカーみたいなオーナーカーのS660!!ノーマルタービン限界仕様の現車セッティングの御依頼で入庫、でかいインタークーラーや見るのが大変な程の追加メーターが装着されており、ブーストはEVCコントロールでフラッシュエディターで制御!「タービンやエンジンは壊れてもいいので、セッティングは詰めて下さい!」との注文ですが、流石に壊れては駄目なので、通常よりマージン少な目で(^^;

20190217_180104

20190217_175855

20190217_175621

ブーストコントロールは純正のソレノイドバルブでは無くEVC制御なので、フラッシュエディターのブースト値を近くしないとチェックランプ点灯等、少しややこしいんですが、羽が曲がる手前までブーストを上げ、燃料、点火、VVTを詰めていった結果、壊れずに燃料も風量も使い切りで完成!!(^^

IMG_8191

IMG_8195

DTM

そして、もう一台はお馴染み「も。ファク」デモカーのエヴァコペン!!前回のセントラルタイムアタック直前にトラブルでブローし、今回、新規に製作したNewエンジンを搭載!!こちらも「2周持てばイイので限界まで詰めてくれ!」との御依頼ですが…(^^;

20190222_152432

20190217_172241

IMG_8242

今までの210ps仕様でも恐ろしい加速なのに、今回はソレ以上でも壊れなくて速いセッティングが求められるので、エンジン側の対策や調整は施工してますが、当然マージンも削らなくてはいけません。セッティング時、いつも細心の注意は払ってますが、今回の2台共更に更に最新の注意を払って…(^^;

EVA CTAC

最終ブースト235kPa  225ps:7308rpm で完成。 鍛造では無い普通の純正ピストンですが、1個当たり軽自動車並みのパワーを受け止めてる数値…2周なら持つかな?!(^^;

EA21カプチーノ、セミオーバーホール(^^

当店人気のEGセミオーバーホール!!エンジンを車両から降ろして全バラするんでは無くて、車上でシリンダーヘッドやオイルパンを外しピストン、コンロッドを取り出して消耗部品を交換するメニュー。費用も少し抑えられるし駆動系やクランクまで修正必要無い場合にお勧め!車種に因っては降ろした方が早い車両も有るけど今回のカプチーノはセミオーバーホールで入庫

IMG_8158

綺麗な黄色に全塗され、エンジンはK6が搭載された珍しい後期型!吸排気ノーマルだけど距離やオイル喰い、少しメタル音も有りチューニングの前にエンジンリフレッシュでバラして行くと

IMG_8189

 

IMG_8190

IMG_8182

IMG_8181

IMG_8188

ピストンクリアランスが少し広いので確認すると、出てきたのは何と鍛造ピストン!!しかもターボも大きいのに変わってる!!要のコンロッドメタルは寸止め、ヤバいトコでした(^^; それにしても何で鍛造ピストンが!?

こちらはJB改エンジンのオーバーホール!こちらはクランクまで触るので全バラ。エンジンやミッションのオーバーホールは基本ベースで、調整箇所や修正はアドリブを効かせて組み上げる事も有ります。人間で言う所では外科手術と同じ、正確な作業が必要です (^^

IMG_7879

 

IMG_8162

20190217_125856

20190217_151213