暑いですが全開作業中!!

連日の酷暑で現場はオーバーヒート、流石に扇風機では耐えれない領域に来たので、去年導入したスポットクーラー登場!!これで作業ペースアップ予定!?

20180716_184950

さて人気の3685:36100仕様や、エディターをインストールしたMax仕様、皆さんそれぞれ自分の理想の36に仕上げて行くのが楽しみなようで、少しずつステップする方が多いです(^^  こちらは1年ほど前に85仕様で乗ってましたが、「リミッター我慢の限界、やっちゃえ!!Max!」とエディター導入、有難うございます(^^

20180630_103431

20180630_103414

20180630_105600

こちらの36は、吸排気済みで、今回85ps+エディターの85Max仕様を施工!!純正タービンを120%使い切るメニューと日帰りOKなのも人気の理由!!エディター追加で8000rpmレブ、スピードリミッタカット、バルタイ変更とフルコン並みのスペックになるのが人気!!

20180715_110304_LI

20180715_111430

20180715_150757_LI

20180715_150745_LI

こちらの36ワークス100仕様は、通常の36100Max仕様から、もう少し速くしたいとのご要望!!リターン式にしてても100psで燃料が使い切りなので大容量I/Jに交換し現車セッティング!!高回転が更によくなり、暑い中ジェット出力で110ps超える好結果!!勿論8200rpmまで回ってます(^^

20180705_134534

20180705_140211

三野ワークス

こちらは、少し前にV-Pro取り付けセッティングした36RS!!タービンや補機類交換といったハード系は仲間内で作業し、セッティングや調整といったソフトを当店が担当といったケース、最近多いです(^^  前回のGT12タービンから今回GT15へ変更してのセッティング依頼!!セッティング開始した所、マフラーからの白煙や、排気系の見直しが必要でこちらで作業!

20180630_192617

20180713_204454

20180708_203402

20180708_203355

排気系の球面フランジ部がφ42だったり、36マフラー交換時の差し込み部分が純正のφ35のままで細く、排気抵抗になってるので、フルφ50仕様に変更してジェットで計測

20180715_135800

排気比較

赤の入庫時のラインから、2か所の球面フランジをオリジナルφ50球面フランジに変更してフルφ50仕様に変更したのが赤のグラフ、3500rpmから上で全体的にパワーアップしてるのが分かりますね

最近は仕様変更や修理:O/Hでエンジン単体のみでの持ち込みも増えましたが、こちらも異音点検修理で持ち込まれたS660エンジン。初めてバラスので各部確認しながらの作業

20180709_224929

20180709_225752

20180709_225800

20180712_202958

20180712_203003

100ps出てないのに1本だけコンロッドが曲がってます、ダイハツのKFエンジンのように軽量に設計されてるようで、出力アップにはコンロッドの強化対策が必要ですね!最近のエンジンはカムを外す場合、フロントカバーやオイルパン脱着が不要な設計になってるので、その部分は凄く助かります(^^

20180713_210000

チューニングも主婦目線で!!(^^;

ここで数字の話をする時は、50馬力アップ等の表現より「ビフォーアフターでの比較で〇%アップ」の方が誤解も無く分かり易い!と良く言ってるのに…先日、晩飯の食材買い出しへ、ダイエーで1本108円の長ネギや他の食材を買ってレシートを嫁に渡すと「は~ッ!?ネギ高すぎッ!!業務ス〇パ〇ならもっと安いし!」と叱られ…(・・;  「ホンマに??」と後日、行ってみると

FB_IMG_1528370774089長ネギ1本76円で売ってたので「たった32円の差やんか!」と思ったけど…これを%にするとやね、42%も高い!…って事は、「1.8Lの焼酎黒霧1560円で買えるのに2215円で買ってた事になるのと同じやん!コレは高過ぎッ!!」と痛感したので、最近はスーパーの広告を見たりしてます(^^;      で、何の話かというとタービンやエンジンは変更せずにカムシャフト交換だけで、どう変化するか?!まづはF6エンジン改、ギャレットGT15ターボ、F-CON iSで110psのカプチーノに、CADオリジナルF6用ハイカムを装着!!

 

20180518_153352

20180518_153021

20180518_174047まづはノーマルブーストで調整式スプロケをIN・EX変更しながら、仕様に合った美味しいグラフで固定し、そこからブーストを上げてセッティングで合わせ込む。結果はブーストは、ほぼ同じで121ps、10%アップで完成!!(^^

こちらも、タービンやエンジンの変更は無く今までのCADオリジナル272°ハイカム200ps仕様から、更にハイプロフィールカムへ交換した、もファクデモカーコペン! まづはイニシャルバルタイで合わせて行きます。この時点で恐ろしい数値を叩き出しましたが更にレーシング方向にバルタイを振ってセッティングした結果は…

20180603_110838

20180604_160752

常に6000rpm以上でのレーシングが必要ですが(笑)この30℃近い外気温でも210psで完成!!次はエンジン本体の見直しとターボの変更で220psオーバーを目指します(^^

 

36ワークスもジェットで130ps超え!!(^^

少し前に紹介したGT1544ターボ:F-CON V-Pro仕様36ワークス、前回はジェット出力で約115psを絞り出し、かなりのパフォーマンスを発揮したんですが、エンジンの限界や他の不安要素が有り、ブースト低めでの設定だったので、今回エンジンは触らず水温と燃料関係の見直しを施工し、ブーストを通常セッティング時の合わせ方で上げリセッティングした結果…

IMG_6479

IMG_6588

何とジェット出力で131psを計測!!通常ローラータイプだと150ps超える数値!!ピストン、ヘッドガスケット、コンロッド、全て純正のままでこの出力なので、エンジン強度は高いですね!!ブーストアップ最強の85仕様との比較グラフを見ると、ドッカンターボまでは行かないブーストの立ち上がり方で、出力特性が右肩上がりになので、エンジンのガスの量とターボ風量のバランスがイイ感じに使える仕様になってきました!!R06はハイコンプレッションエンジンなので、エンジンを加工すれば、もう少し出力は望めますが…次は…カム?!(^^IMG_5691

 

IMG_5410 (2)

S15、GT・RS、V-Pro完成!!

寒い…とにかく寒いですね…積雪や凍結でスリップ等しないように、気を付けて運転して下さい!!工場のシャッターを閉めてる時も有りますが、営業してますので、お間違いないように(^^;

IMG_2251

IMG_2125

F-CON iSに付属しているビデオ出力端子、F-CONのデータの一部が、車輌側オーディオ映像入力でモニタリング出来る機能が有るんですが、最近はバックカメラやドラレコの映像出力性能が上がってるので、F-CONの映像にノイズが入ったりするようです。上が正常な画面、下が対応不可な場合の画面

IMG_2198

IMG_2201昭和のブラウン管テレビで良く見かけた画面が、エンドレスで下から上へスクロール・・・この場合は対応出来ないので、どうしても見たい場合は違うモニターを追加して下さい!(^^;

さてタービン交換で入庫していた、S15シルビア・完成!!仕様は購入した時から付いていたという、GTRS並みの風量のギャレットタービンにVQ35エアフロでパワーFC制御でした・・・今回、HKS・NewGT・RSタービンに交換、パワーFCを捨てHKS F-CON V-Pro Ver3.4制御に変更!!

IMG_2212

IMG_1998

IMG_2002比べてもほぼ同じサイズなので、今までのターボも400近い風量は有るはずだけど、体感は全くなのでハイフロータービン??交換はボルトオン!!V-Proハーネスもカプラーオン!!ハーネス車種設定が無い軽自動車は配線図を見ながら1本づつハンダで割り込ませないといけないのに、カプラーオンなんで凄くラク!!しかも最初からV-Proに車両データが入ってるのでエンジン掛けるまでも,メチャラク~!!

IMG_2215

IMG_2214ただ、シルビアのV-Pro制御は初めてなので、色んなマップや補正は1から入力!!何となく出来た所でジェットにセットし、現車開始!!今回は大人の事情で前後ろ逆で(^^;

IMG_2244

IMG_2245

ノーマルヘッドガスケットなので、ブーストは100Kpaまでしか上げて無いんだけど、ブーストが掛かるとスリップだらけでマトモに合わせられない!!マイナス近い外気温のせいかタイヤが全く喰わないので5速で合わせました。助手席にジェットとV-ProのPC2台体制で5速で合わせた結果、ブースト105Kpa・700ccインジェクター・噴射率85%で完成!!普通車のジェットセットは、やはりオッカナイですね(^^;

20170122_151429

IMG_2247

他にも色々進行中な現場

IMG_2240

IMG_2258

IMG_2256

IMG_2248

IMG_2249

IMG_2250

 

 

 

 

 

 

 

Garrett GT1241×K6=110ps

スズキのターボエンジンで、定番なボルトオンターボと言えば、HT07!!ほぼポン付け装着が可能な上に風量が稼げるので、K6やF6エンジンでは定番メニュー!!当店でも多数装着し安定して90~100ps前後のパワーを絞り出してましたが、ターボの特性上ラグが多く、程度のイイ中古も少ない、メタルが弱くアイドリングで白煙が出る事も・・・そこで、660ccで回せる100ps前後の出力で、高性能なターボを検討した結果GARRETT・GT1241タービンが風量的に近いので、HA22ワークスに装着開始!!

img_0995

img_0996

img_0997入庫時は他店で製作された前置きインタークーラー、パイピングが装着されたノーマルエアクリーナー仕様!!早速ノーマルターボを外して、1241を合わせてみると、全てギリギリのクリアランスでは有るが収まる事を確認!!水冷ラインやオイルラインの取り回しレイアウトは工夫すれば問題無さそうなので現物合わせで製作!!

img_1136

img_1027

img_1138タービンハウジングとウォーターパイプ・水冷パイプとアクチュエーターロッドクリアランス等、各部かなり追い込んだので、エキマニとアウトレットは純正が使用でき、パッと見は純正ターボっぽく見えるK6改ギャレットタービン!!ノーマル位置にアウトレットを装着出来たのでフロントパイプも、そのままOK!!ですが、今回はリヤピースを和泉管仕様に変更・インジェクターと燃料ポンプも大容量に交換!!ブーストはEVC6で制御し、F-CON iS制御でセッティング開始!

img_1139

img_1163

img_1150

img_1148

img_1155赤がHT07仕様、青が1241ターボの比較グラフ。どちらも前置きIC仕様なので比較対象としては、ほぼ同じスペックです。HT07より下から立ち上がり、上はHT07を超えてるので、ギャレット1241ターボは、かなりハイパフォーマンスなターボと言えるでしょう。ポン付けとは行きませんが、ブーストアップの次のステップや、白煙でお悩みのHT07タービンユーザーの方、Garrettターボ如何ですか!?(^^

img_1161

CADCARS TV アップ!!(^^

今回のCADACRS TVは貴重なC系アルトワークスのワークスRをF-CONでセッティング!!ノーマルのC系F6コンピューターをサブコンで補正する際はCPUの点火対策や、スロットル信号を接点式からリニアに変更してアクセル開度での補正等を追加する事で、ブローのリスクを最小限に抑えながら抜群のパフォーマンスを発揮できるようになります!!ブースト150Kpaでジェット馬力140ps(165ps)越えのワークス、面白く無い訳が無いでしょ!?(^^

サブコンのHKS F-CON iS とEVCの3次元ブーストマップをリンクさせ、回転数×エアフロ、圧力、アクセルの3面マップで構築されるエンジンマネージメントのマッピング風景です(^^

CADCARSでは現在、正社員・アルバイトを募集しています(^^

年齢・資格不問・要普通免許  ヤル気が有ればOK!!

業務内容は一般整備、車検、各種チューニング、来店されたお客様への接客、店頭中古車の販売準備や営業等、車に関する業務全般です

応募要領や面接日時、ご質問はお気軽にTEL・Mailして下さいね!(^^

LA400コペンGARETT・GTタービン完成!!

今日は蒸し熱くて汗ばむ一日でしたね?!どうやら勘違いで関西は梅雨明けしてないんですかね?!申し訳ないです!!浴衣で花火に行くカップルは、梅雨明けて無くても勝手に行って下さ~い!!

20150724_144629さて今日は新車のRSが慣らしでディーラーから入庫しました!!納車前に慣らしを終わらせてから納車して欲しいとの依頼ですかね?ジェットで無駄なく慣らしを終えオドも200キロ以内!!納車前にオドが1000キロ越えてたら・・・ですからね!?エンジンやタービンを交換して、地道に自走で慣らし運転をするのもイイ思い出になったり、愛車に愛着が沸いたりしてナカナカいいもんです!!僕も過去に何度も経験してるし、普段行かないトコに慣らし運転で行ったり、行きと帰りで明らかにフィーリングが違う!!なんて感じたりして地べたを自走で慣らすのも楽しいもんです!(慣らし道中のトラブルが無ければ)

20150724_160938

20150724_144706

ダイノジェットは安全に無駄なく慣らしを終わらせる事が出来るので、例えばエアコンレス車や競技車両、慣らしに行く時間が無いなどの時に使ってみては如何ですか??料金や詳細はお気軽にお問い合わせくださいね!!

そして、コペン専門店様からタービン交換後のV-Proセッティングで入庫したL400コペン・ローブ完成!!どこまで進化するねん?って感じですが・・・まずスピードリミッターが切れないので、V-Pro Ver4.0を導入し1年前には実測180キロをマーク!!その後も色々進化しパワーアップしながらノーマルターボに見切りを付けDX30Kaiを装着!!インジェクターは300ccに変更しパワーは100PSをオーバー!! 
20150324_09583220150326_111130

20150324_152659

 

 

 

 

 

今回はさらにモワパワーを求めDX30Kaiより風量のあるGARETTタービンに変更してセッティング!!そろそろ、燃料ポンプも限界が近いので燃圧計も付けて確認しながらセッティングした結果、ダイノジェット数値で110PSで完成!!燃料ポンプはリターンレスのまま、ブースト175Kpaでも足りてましたが、もう限界でしょうね!!

20150710_190347

20150723_202459