12月も残り3週間(;’∀’)

12月とは思えない連日の昼の暖かさは!寒いのが苦手な方には有難いですが、来週から一気に寒くなるそうなので、心の準備をしておきましょう!!ウチもソロソロ、廃油ストーブを使う準備をしとかないと!さて、セッティング中に火災発生で一時中断した400ローブ!V-Proのverを4.1に上げ、VVTコントロール等を確認しながらジェットセッティング開始

IMG_4298

IMG_4318

IMG_4317

 

F5タービンのカム無し仕様は、ひっさし振りだったので勘が狂ったのか数字的には低く感じたけど、実際に走ると、フルブースト時のF5吸気音と加速は、数字以上でした(^^

こちらは色々な加減で後回しになってた36100現車セッティングのRS、カム無しの上置きI/Cなので無理は出来ないけど、それでも106ps!!ポン付けでは100に届かない事が多いので、十分な数字です!!(^^

IMG_4203

IMG_4320

IMG_4319

 

うがい

こちらは、ブーストアップの最上級メニュー3685施工中の3685っぽいナンバープレートのワークス、少しづつステップアップしながら、それぞれで変わる走りを楽しんでます!!次は、ドレ行く??(^^

IMG_4208

IMG_4209

こちらも少しづつ、ディアゴスティーニ風に仕上がったワークス(笑)!前置きI/C製作で入庫したんだけど諸事情で3回に分けて入庫する事に。1回目は前置き化するにあたり、既設のオイルクーラとバッテリーの移動で一旦終了…2回目の入庫時でI/Cを組んで現車セッティングまでの予定が

IMG_3675

I/Cの取り付けで1日掛かり、セッティングは次回に持ち越しで…3回目の入庫で、I/Jを交換し、念願の現車セッティング開始~!!我慢した甲斐が有ったのか驚きの結果が!!

IMG_3986IMG_3987

higuti 比較

緑が吊るし状態、青がリプロしたエディターデータを書き換え、赤がソレに合わせてF-CONで現車した結果、115psと過去最高をマーク!!恐るべし前置き現車…(・・;  その後にセントラル走ったらしいけど、ブッチギリでタイム更新したんだって!!スポーツ走行してたら吸気温度60とか70℃とか超えて行ってないですか~?!

2WDのワークスAGSがカタログ落ちで人気上昇!!

今回の36ワークスモデルチェンジ分から、2WDのAGSの販売が無くなった加減で、この先、人気が上がると想定されるAGS!!AT感覚で楽に運転できるし、パドルでも操作出来る所が一番楽しい!!

IMG_4233

IMG_4239

IMG_4241

そんなワークスAGSを店頭販売車として仕入れたので、ネット掲載前に気になる方は連絡してね(^^   フルノーマル 6.7万K 車検有り 車輌本体¥80万 税別

CADのデモカー、NOS付けて160ps程の面白くて速いAGSなんだけど、今回、OS技研のシングルプレートを装着してみたら

IMG_4159

IMG_4171

 

エンジン掛かってる間、AGSがクラッチを切ってるので、誰も乗って無くてもずっとシャラシャラ音がしてるし…(笑)心配だった繋がる時の衝撃は、大した事なくて普通に扱える!!そんなCADワークスのリヤに張ってある、オリジナルの36シリーズのシール

IMG_4228

IMG_4180

こんな感じで、モノクロだけど自分の写真を入れる事も出来ますよ(^^  2枚で¥1000くらでワンオフ製作しますよ!!忙しく無ければその場ですぐ製作出来るので、欲しい方は聞いてみてね(^^

K-CARミーティングが終わって検証動画

36ワークスも発売から約5年経って、少しづつですが確実に開発を進め試行錯誤し純正パーツでの限界点を探りながら村のモータース屋と言われながらも、今回のK-CARミーティングの36ワークスクラスでTEAM.CADCARSが1.2フィニッシュ達成出来ました!!(^^

IMG_3770

車両は開発当初からF-CONとEVCのセット、途中から発売されたHKSフラッシュエディター追加でV-Pro並みの性能になった事でエンジンのAFやバルタイまでフルコントロール制御、各温度の補正介入も冷却系を強化して対策した結果、スプリントレースでも熱ダレの影響ほぼ無し!

IMG_2752

IMG_3675

IMG_3441

出力が上がれば冷却性能が足らなくなる事は明確なので、前置きI/C化やサブラジエターの追加、それに伴う各部の変更等、キチンと性能テストしてからお客さんの車輌にフィードバックしてます。コレが一番重要で、トータルで車両製作をしないと意味が無いんですよ…本当に…必要無いパーツ付けたりデチューンになってる車輌も良く見るので…今回のお客さんのオンボードで検証すると…

konisi_LI

コレは今回クラス優勝した小西さんの36オンボード、画像が4Kサイズなのでブーストや各温度までクッキリ(^^;   お陰でF-CON iSのビデオ出力機能でナビモニターの右上に出てる吸気温も丸見え、F5タービンの133ps仕様で吸気温度は45~60℃で安定してるのが良く分かる(^^  優勝おめでとう! (フル動画はユーチューブで

そして今回のCAD36AGSオンボードもアップ!AGSの変速異常やNOS噴射の比較等検証して見たけど変速も問題無くNOS吹かなくても充分速い事も分かった!!今回は、36ワークスのセントラルコースレコードを持つお客さんが、AGSに初めて乗ってたんだよね!!MTのようなカミソリシフトは出来ないけどパドルシフトで、ここまで走れる事は驚異的だと思うよ! 皆さんは、タイムアップ出来てますか~?!

ボトルヒーター装着!!コイツも激熱だぜっ!!(^^

日に日に寒くなってきましたね。そろそろ熱燗の美味しい季…じゃなくて走行会シーズンにはイイ季節!寒くなれば、空気密度が増えパワーも出るし熱ダレもマシになる。ただ冷える事で、圧力関係は下がってしまうので、エアコンガスが充填しにくくなったりするんだけど、Nosに充填してるガスも液状で入ってるので温度が下がると圧力が下がり、ガソリンとの比率が変わって空燃比がズレてしまう

IMG_3427

そこでボンベに圧力制御式のヒーターを付けて安定したガスが出るように、ボトルヒーターを取り寄せ、どんな感じで温まるのかテストしてみたら…うかつにヒーター部に触ると火傷する程熱くなり、結果圧力も安定!!これは凄いッ!!

IMG_3722

IMG_3721

早速NOSボンベに装着し、インタークーラーも変えたのでジェットで現車セッティング!R06エンジン、F5タービン、ブースト135kPa+NOS噴射の結果は??

IMG_3720

気温は寒いけど、ビデオ〇プションは激熱だぜ(^^

昨日は「寒ッ!!」が、最初の一言だった人も多いはず!!冷たい雨が降り続き最高気温も15℃程…秋を超えて早くも冬を感じた一日でしたが、仕事には熱く取り組んでるので、御依頼お待ちしています!!そんな熱いご要望の一台…

IMG_3670

御存じ、コペン専門の激熱ショップ「も。ふぁく」さんの、日本一速いであろうGRコペン、11:50辺りからビデオオプションにも出てて過激な走りと評されてる(笑)

この走行後に、かなり草臥れてるエンジンを点検分解する為、村のモータース屋でバラしてニューエンジンにチェンジ!

IMG_3210

同時に、海外製のドグタイプミッションが搭載され、クラッチを踏まずにアクセル全開のままシフトアップが可能なフラットシフトとかいうのをV-Pro制御させ、飯田章が座ったシートに座り、フラットシフトテストしてみたのが前回の動画

IMG_3470

IMG_3673

20201006_152735

シフト操作時の、僅かな金属歪みを検知し信号出力するデバイス(←コレが凄い!)からV-Proで認識出来るように回路を作り、V-Proのパラメーターで有効時間等を設定、まるでレーシングカーのようなラグの無い走り!!

さらにV-Pro機能の一つ、アンチラグもテストしてみた!アンチラグとは、GTカーやラリー等でアクセル抜いてる時にも加給を上げてターボラグを減らす目的で作動させるシステム。レースの世界では常識なんだけど、使った事が無いしストリートカーで使うとどうなるのか分からないので、色々、テストしてみた

20201009_181153

IMG_3672

作動条件や燃調等かなり難しく、まだまだ発展途上だけど、ブレーキングしても加速していく程ブーストが掛かる事も分かった!!でもその時は凄い恐怖でした(^^;  これを有効に制御出来れば大きなターボでもラグなく使えるのでテストしていきます!

そして、こちらも見慣れた熱い面々が登場するビデオ〇プション!!(笑)見てね~(^^

色々な原因が有るね(^^;

半年ほど前に、ガラスが割れて交換修理したワークスAGS。レーダーサポート付きの車輌はガラスやセンサー交換時にはテスターを使用して校正しないと、チェックランプ点灯や作動しない等のエラーが出るので、診断機を使って修理完了

IMG_1850

IMG_1851

IMG_1849

それから問題無かったんだけど、つい先日レーダーブレーキ異常のチェックランプが点灯して消えないとの事で入庫、少し前にも点灯したらしいんだけど、ガラス面を綺麗にすると消えたとの事で、今回もガラスやレーダーの異常や校正が必要なのかと診断すると

IMG_3522

IMG_3523

IMG_3524

診断結果は、まさかのコラムのハンドルセンターズレ…少し前にAGSミッションの脱着作業やハンドルを交換してズレたハンドルセンターをタイロッド側で修正した経緯が有るので、CPUが「数値がズレてるけど、オタクの車、何かズレてませんか~?」と、メッセージを出してたんだよね!!AGSはハンドルセンターまで監視してるので賢い!

そこから1週間後…またハンドルがズレてるとの事で再入庫…「憑りつかれた様に次から次と、どないしたんや!?」と状況を聞くと、スポーツ走行後にズレてる事に気が付いたとの事なので、左右の脚の位置を目視すると、左右のキャンバー角が違う

IMG_3622

IMG_3624_LI

IMG_3625

原因は安易にキャンバー調整出来るようにショックブラケットを長穴加工してて、走行時の衝撃で固定位置がズレ、ハンドル位置が狂った事が原因でした。従来通りのアナログと、デジタルと両方の診断が必要!これから便利なアシスト機能付き車両が増えるけど、複雑で総合制御してるので、安易に変更出来なくなりますね(^^;

コチラの36ワークス、フロントからの異音の修理、外して見るとベアリングがガッタガタ!スポーツ走行してるとかなりの確率でハブ周りにトラブルが出るので定期メンテは絶対に必要ですよ!!IMG_3635

IMG_3637

IMG_3634

S6100もイイね(^^

立て続けに珍しくS660にF-CON取り付け作業の御依頼。今回は既にGT100キットが装着されエディター制御されてるんだけど、過去にブローしてる事も有り、「将来的にNosも付けるかも」との事で、エディターにF-CONでの制御を追加

IMG_3359

ブースト制御はレスポンス抜群のEVC!S6はトルク管理が厳しいので、ブーストが低いとか高いと判断するとチェックランプが点いてしまうんだけど、F-CONを追加するので、EVCのモード選択でノーマルでもハイブースト150Kpaまで掛けたりしてもチェックランプは点かない(^^

IMG_3373

 

IMG_3375

コンロッド強度とタービンブローに注意しながら、入庫時のGT100キット計測は約80ps…そこから少しエディターでVVTやAF変更で約88ps…そこからF-CONでの現車セッティングで101ps

奥和田S6比較IMG_3403

インジェクタ変更時やNos補正等にもF-CONは対応してるのでS6にも有効!!ただF-CONハーネスの関係でシート背面に本体が(^^;

こちらは、荷物を安全に速く届ける為に、HKS車高調キットと延長ロアアームの取り付け中の貨物仕様ワークス!!次は100ps仕様ですね(^^

IMG_3382

IMG_3387

IMG_3386

人気の24回無金利ローンは今月末までですよ!(^^

金額や商品に関係無く、24回払いまで無金利ローンは今月末まで!人気の3685は、月々約1万円、3680なら月々約6千円でOK!!VVTや空燃比制御が可能なフラッシュエディターは月々約2500円の追加でOK!!まだノーマルで乗ってるなら今がチャンスですよ!!(^^ こちらは3685で御成約のワークス、エディターとEVC7のフルセットでワークスライフを満喫!!

IMG_3277

20200905_150510

ワークスで最近、激熱なメニューが「アーム交換!!」ノーマルより約5mm長く強化タイプのブッシュ付きなので、キャンバーが増えコーナリング性能がアップ!!

IMG_3304

IMG_3320

更に延長したタイプは、パット見た目で違いが分かるでしょ!?

IMG_3338

事前に予約頂ければ待ってる間に作業出来ます!!  24回払いで車高調とセット等、如何ですか??

温故知新じゃ無く温新知故?!

色んなパーツを付ける場合、純正オプション的な仕上げやフィッティング感で仕上げるとクオリティーがグッと高くなる。

IMG_2721

IMG_2726

IMG_2745

IMG_2748

IMG_2751

IMG_2753

加工作業も同じで違和感が少ないように目立たずフィッティングするように心掛けながら、効果も考慮する必要が有るので難しい!!最近、36ワークスのフォグランプが有った場所に、水やオイルの冷却コアを設置し走行風で冷やすレイアウトが増え、効果は抜群!!ノーマルラジエターでもスポーツ走行でヒートする事は、ほぼ無くなったんだけど

IMG_2752

IMG_2816

IMG_2259

加工されたバンパーに見慣れて無いせいか…加工され具合が36ワークスのバンパーシルエットのクォリティーに対して、切り抜き方なのか昔ながらのネット加工のせいなのか…シックリ来ない気が…(^^;    それに対して、既に「何でも有り!」のこの雰囲気のアルトバンフロントフェイスに

IMG_2261

IMG_2263

バンパー内のコアに走行風を当てる為、36アルトのフォグランプフィニッシャーを付けると

IMG_3045

IMG_3023

「おおッ!!切った貼った満載な感じに、ジャストフィットしてない?!」まるで純正オプションで有りそうな雰囲気!!エア導入効果も有るし色々な純正バンパーに使えるかもね(^^

※アイキャッチは店の近くの雰囲気ある薬屋さん

BLITZタービンキット改F-CON iS現車セットでパワーアップするか?

来ましたね、昼の危険な日差しの夏が…想像して見て?!あの酷暑の中でシャシダイやエンジンの騒音だらけの密室の中で

IMG_2982

IMG_2990ヒーター全開でのセッティング作業!!( ;∀;) ヘッドフォン部分も汗だくになるし、エンジンルームの熱気も半端なく冬とは比較にならない熱ダレ具合で、この時期はパワーは出にくい(^^;    涼しい部屋でこのブログを見ている君に、セッティング現場の過酷な状況や計測条件ってのは理解して見て欲しい(笑)そんな中でも好結果の車輌も!!

今回のブリッツタービンとCPUのセットが付いた36ワークス、排気系も一通り手が入りブースト制御はEVCで約110kpa仕様、ここから更に燃料強化とF-CONを追加して現車セッティングの御依頼なので、まづは入庫時の車両チェックからスタート

IMG_2898

谷口ワークスbifore

結果は約91ps!?「めっちゃ出てるやん!?ってか燃料足りてるの!?」と不安に思いながら、まづは今回の入庫目標の1つ、車検へGo!(笑)

20200721_093954

20200721_094320

20200721_095628

すみずみまでチェックされ新規ラインに回されたけど無事合格しました!戻ってタンクを降ろしてポンプ交換、リターンライン製作、レギュレター追加、330ccインジェクターと燃料系フル強化作業やF-CON取り付け作業開始

IMG_2931

IMG_2952

IMG_2930

IMG_2934

IMG_2977

ブリッツCPUデータの中身は分からないので、だいたいのVVT目標値やAF値を確認しながらジェット現車で合わせて行った結果

IMG_2899

IMG_2982

IMG_2986

谷口ワークス比較

結果は17%アップで106psの結果、5500rpm以上は20ps近く上がってるので、ビフォーと比較すると、もう一回り大きなターボに交換したようなグラフ!この時期でポン付けターボとしてのパフォーマンスは高いと思う!!チューニングメーカーから続々36用タービンが発売されてるので、楽しみですね(^^