程よいサイズの260ccインジェクター新発売!!

今回、軽自動車等で使用しやすい260ccのインジェクターを新発売!!純正は約90ps程で全噴射になるので、ポン付けターボ等でパワーを出す時はインジェクターの容量が足りなくなるんだけど、そんな時に丁度良いサイズのインジェクターが無い。かなり大きなサイズのインジェクターを入れると、始動性や応答性に不満が出る時が有る、特にサブコン制御の場合!

IMG_3215

260ccインジェクターは880コペンにボルトオンで取り付け可能。容量は4気筒だと約150ps、3気筒で約125ps程度までカバーできるので、90ps以上の軽自動車には丁度いいサイズです!!

1本 ¥14000+税 (コネクター付き、高抵抗)

血圧油圧発熱オーバーヒート心電図オシロとか人も車も同じ

故障診断は症状から原因を特定していくんだけど、たまに想定と異なる事が有る。「オーバーヒートしてエンジンが掛からなくなった」との症状で関東から持ち込まれたKFターボのムーブ…セルを回した瞬間「あ~、コンプレッション無い」と分かる程、ヤル気の無い軽いクランキング音

IMG_3176

IMG_3177

ゲージで確認すると、全気筒とも0.3MPa前後しか無い。「ヒートで全気筒圧縮下がるか?」と、疑問を持ちながら他にコンプレッションが下がる原因…VVT異常なら有り得るけどコレはVVT無しKF、オーバーレブでバルブ曲がりも有り得るけどATなので有り得ない…ウォーターハンマーでコンロッド曲がりなら異音が出るし…

IMG_3193

IMG_3196

バラした結果、ヘッドとシリンダー上面の歪みを合わせると0.5ミリ以上も有る(・・;  「こりゃ、エンジン掛からん事も有り得るわ」と納得。ただ何でガスケットが抜けたのか…ここまで酷くなる前兆が有ったハズ…温度管理は大事です!!

温度と同じくらい大事なのが圧!!加給圧や油圧、ラジエターキャップのプレッシャー圧や電圧や燃圧等、車輌の圧力管理も重要!!特に人間でいう血圧と同じくらい大事な油圧や電圧は、トラブると即ブローに繋がるので、どんな車両でも純正メーターには警告灯が有るでしょ?!

IMG_3208

タービンブローで入庫したRB26、なかなか厄介なタービン交換が終わり、ブーストの掛かり確認で試乗点検

IMG_2725

加給圧も問題無かったのに会社に付く寸前に、メーターの油圧警告灯が点灯して消えないとの報告… 「えッ(・・;!?」と、いちお大事を取ってゆっくりリフトアップ。オイルは入ってるので、油圧センサーかハーネスのトラブルだろうと安易に考えながら調べたけど「ストレーナーかオイルポンプ破損しか有り得ない」という診断結果に…オイルポンプは人間で言うトコの心臓に当たるので故障すると即ブロー、早速外科治療開始

IMG_3179IMG_3181

コペンやワークスのKFやR06ならオイルポンプ修理作業は4~5時間程度で終わるし、もし誤診断でもリカバリーは効く範囲だけど、RB26は時間指数で見たら21H!?ま、RBのポンプトラブルは定番だし間違い無いだろうと、ミッションやメンバーやアレやコレも外してオイルポンプまで辿り着き外して見ると

IMG_3185

やっぱり割れてました…警告灯に気付かずそのまま踏んでたら…早期発見で最悪は免れました(^^; 皆さんもメータ追加等で車両管理にはクレグレも気を付けて下さいね!ホンマに気を付けて下さいよ!!「…何か、たまにワーニングがピーッて鳴ってたけど、そのまま乗ってました」とか良く聞く話なのでッ!!!!!追加メーターは、飾りじゃないですよ!!!!!!!

9月末まで24回無金利キャンペーン、予約はお早めに~(^^

朝や夜の空気感は秋の気配の8月も終盤、24回無金利のキャンペーン期間は9月末までですよ!アルミホイルや3680や3685ブーストアップ、エンジンパーツ等、商品内容や金額指定無しなので、この機会に愛車のアップデート如何ですか?!(^^

IMG_1348

こちらは、パッと見のナンバープレートが3685に見えるワークス、スポーツ走行に向けて足回りの見直しやホイルの交換で入庫

IMG_3136

IMG_3167

前後キャンバー追加にダンロップβ、エンケイアルミ、純正流用5ミリ延長ロアアームで、一気にスポーツモードオーラ全開のワークスになりました!!ここから自分に合ったセットアップを探して下さい!(^^

そして36ワークス用フロントパイプ、Φ50:SUS材で新しくなって、ラインナップ!!価格は¥24000+TAXです(^^

IMG_3155

こちらはランサーのエボ…何やろ!?多すぎて分からない(笑)ワゴンなのでタイプMRかな??

IMG_312920200709_132103

IMG_3127

IMG_3133事前に計測したコーナーウェイトの軸重数値をメーカーに伝え設定してもらったエンドレス車高調とパッドを交換、同時にリヤデフはクスコ製を組み込んで完成!エンジンも手が入ってるようなので、「走る止まる曲がる」は大事です(^^

※アイキャッチは、アッと言う間に減ってたオリジナルシール(^^;  また補充しときました

IMG_3092

IMG_3191

NA車輌も熱いze!!(^^

和泉市納花町の空のようなサツキが住んでる松郷の夕焼けアイキャッチ!(^^   このブログの原点が「ジブリ」と「北の国から」なので、アニメだけど夕焼けのアイキャッチに違和感無いでしょ!?(笑)

IMG_3145

そんなジブリの猫バスのキーホルダーが付いたミラバンが、eマネージ取り付け現車セッティングで入庫!エンジンは前に組んだ高圧縮KFだけど、ミッションがCVTなので少し手古摺りそうですが、まずはハーネスを造ってメーター付けてジェットオン!!

IMG_3139

IMG_3140

IMG_3141

ノーマルEcoモード付CVTなので、アクセル全開で踏むと滑りながら一定回転数を保持したまま車速だけが上がって行くので、グラフ横軸を回転数で表示すると

275mirarpm

イナバウワーみたい(笑) で、もう少し特性分かるように横軸を車速に変えると

275mira

一定横ばいでパワーとトルクが続くグラフ…パワーは51psと、NAのKFにしては出てるほうじゃないかな?!スポーツCVTと違うから、ちょっと難しいすね(^^;

そしてL275ミラと並んでNA660選手権で増えて来るであろう次期CAD開発車輌のアルトNA5速デモカー!!メインCPUを弄る前に、まづはノーマル状態で計測!!

IMG_3111

VVT付きR06Aの右肩上がりの更け上がりが気持ちイイ!との評価が有るので、暖気を終わらせ、いざ全開ッ!!レブまでストレスなく回り、皆が見守る中、叩き出された数値に思わず「嘘やろッ!?」

36NA

「…たった42ps!?(・・; 」 まぁ、上げシロしか無いって事でボチボチ開発して行きますね(^^;

今日から後半戦スタート!

長い休みを頂きまして今日から営業開始のキャドカーズ。休みに入り、冷房の効いた部屋でキンキンに冷えたビールを飲みながら、昼の酷暑のニュースを対岸の火事のように見てたのに…盆明ける頃にはマシになってるだろうと余裕で構えてたら、未だ酷暑は収まらず((+_+))

Screenshot_20200817-155555_Twitter

皆さんも熱中症とコロナには気を付けて!!休み明けは出張タイヤ修理や点検からスタート、OBDの診断機で水温が90℃程なのに、ヒートしたみたいに水が吹き返してくるコペン…

20200817_172858

20200817_091011

通常は沸騰する前に95℃辺りで電動ファンが回り出すのに…物理的に100℃にならないと水は沸騰しないので、OBDの数値が正しいのか、ホンマに100℃になってるのか…アナログの温度計でも計測すると

IMG_3115

IMG_3118

アナログの方が100℃なのに、電圧で温度を判断するCPUは「まだ90℃でっせ~」と勘違いしてるようで…原因は、たまに有るF-CONハーネスや割り込みしてる信号等が悪さしてズレまくり!!新品のF-CONハーネスに変えて、温度のズレは治りました!!が、ヒート傾向は収まらず(^^;

もう一台、コペン、エンジンMT降りました

IMG_3124

お手頃でエコでも、かなり速い3680、人気です!!(^^

もうすぐ日本は盆…本来は宗教的な意味合いが強く、親戚一同が本家に集まり御先祖様を家にお迎えして持て成し、15日にお送りする。そして盆の間は殺生禁止、セミや魚取りも我慢してた子供時代の記憶(笑)そんな昭和の風景、令和の今では少なくなってるんでしょうね

001 (50)

しかし今年の盆は友達と集まってBBQや、故郷に帰省しようとしても判断が難しい…移動する事で自分がコロナに感染する分には自業自得だけど、友達や親、子供に移してしまったらどうしよう!?って考えると…CADCARSは明日から16まで休みになりますが、皆さんも節度ある行動で注意して盆休みを過ごして下さいね!(^^

世間は既に長期休みに入ってる所も有るようで、当店は他府県からの入庫や作業で3密ならない程度の賑わい

IMG_3085

IMG_3090

IMG_3101

IMG_3102

メーカーが休みで部品が入らないので、手待ちな間にステッカーやシール類作業も進めましたよ(^^   新しいメニュー3680のシールも追加製作!!

IMG_3094

IMG_3093

IMG_3097

IMG_3107

その新しいF-CON iSだけのブーストアップ80馬力仕様はEVCが不要で作業時間の短縮と費用が安いのが魅力!!スピードリミッタカットはメインECUで書き換え!今回はRSに3680を施工!5次元マフラーも同時に交換

IMG_3077

IMG_3064

IMG_3086

IMG_3074

IMG_3075

F-CONのディップスイッチでレギュラーとハイオクマップを選択出来るので、通勤や普段乗りは経済的に安いレギュラーガソリン仕様ですがトルクフル!!ちなみにスイッチ選択を有効にするか、マップ固定にするかは、パラメーターで決定してるのでF-CON付きの3685等でスイッチを変更しても何の変化も無いですよ(^^;

IMG_3071

IMG_3072

IMG_3066_LI

F-CONに同封されてるフロントパネルのネジを外すレンチを使用してスイッチを変更、全部下(ON)でレギュラー仕様、スイッチの2と4が上(OFF)の位置でハイオクマップに切り替わるので、自分で選択してね!!(^^  拡張性も高く、この先85仕様や100馬力、140馬力にアップデート時でもデータ書き換えや現車セッティングで絶対必要なので、まづは80からスタート如何ですか?!(^^  今なら24回無金利を利用すれば、月々約6000円×24でもOKです(^^

IMG_3081

36レギュラーハイオク比較 (2)

36NAアルト始めます!!(^^

パッと見、綺麗な社用車御用達ミラバンが1台入庫、ここまでは普通の話。でもナンバーが関東、そしてエンジンルームを見ると

IMG_3053

IMG_3051

「ありゃ、プロキットが付いとる!」そしてCADで組んだエンジンが乗ってるとの事……思い出した!!「無事に始動して問題無く走れるんかな?!」と、色々手探りで去年の10月組み込んで出荷したKFや!!IMG_0598 (2)

IMG_0606

地元で車輌に搭載し慣らし運転が終わったとの事、これから各部点検し、サブコンでの現車作業予定!!

最近のNA660選手権では今回入庫の275ミラやダイハツ勢が元気らしい。一時期、過半数を23アルトバンが占めてた程だけど、タマ数が激減し価格も上がってるとか…逆に手頃な価格になってきたのが現行の36アルトNA5速MT!!

IMG_3062

お買い物アルトといっても、やっぱ現行!!23のようなヤレ感は皆無!!普通に乗れるし、エアコンなんか、この暑さでも寒いくらいに冷える!!

IMG_3059

IMG_3058

って事で、「36NAアルト5速マニュアルの開発始めます!!」(^^ 勿論NA選手権での走行でのハイパフォーマンスがターゲットなので、メインECUの解析とチュー二ング、F-CON制御等、テスト開発していきます(^^

今でもラパン人気!!(^^

今回のラパンSS、他店ショップオリジナルターボが付いてて、燃料リターンとF-CON取り付け作業、現車セッティング約90psで完成したのが約1年半前の話

IMG_8526

IMG_8551

IMG_8552_LI (3)

ターボの風量がもう少し有るけど純正インジェクターの限界で終了したんだけど、今回、そのもう少しの風量を使い切りたいとの事で、インジェクターを大容量に交換してセッティングの為、1年半ぶりに再入庫!

20200806_110320

北村ラパン比較130kpa以上はアクチュエーターが弱くHKS強化に交換!!青が1年半前で赤が今回の比較グラフで結果は約5psのアップ。立ち上がりの遅れは熱ダレやターボの1年半の草臥れ具合が有ると思われるけど、この時期でも95ps近く出てるのでHT07同等で充分速いです(^^

こちらは、AGS4WDのOS技研製LSDを組み込んでるワークス!!エンジン始動まではOK!今は外装修理に出てるので戻ってきたら、細かい修正や部品の取り付けです

IMG_2927

IMG_2962

IMG_2973

IMG_3033IMG_3034

他にもナンやカンやと作業多数です(^^;

IMG_3049

IMG_3047

IMG_3031

IMG_3030

20200806_175424

IMG_2777

IMG_3050

 

温故知新じゃ無く温新知故?!

色んなパーツを付ける場合、純正オプション的な仕上げやフィッティング感で仕上げるとクオリティーがグッと高くなる。

IMG_2721

IMG_2726

IMG_2745

IMG_2748

IMG_2751

IMG_2753

加工作業も同じで違和感が少ないように目立たずフィッティングするように心掛けながら、効果も考慮する必要が有るので難しい!!最近、36ワークスのフォグランプが有った場所に、水やオイルの冷却コアを設置し走行風で冷やすレイアウトが増え、効果は抜群!!ノーマルラジエターでもスポーツ走行でヒートする事は、ほぼ無くなったんだけど

IMG_2752

IMG_2816

IMG_2259

加工されたバンパーに見慣れて無いせいか…加工され具合が36ワークスのバンパーシルエットのクォリティーに対して、切り抜き方なのか昔ながらのネット加工のせいなのか…シックリ来ない気が…(^^;    それに対して、既に「何でも有り!」のこの雰囲気のアルトバンフロントフェイスに

IMG_2261

IMG_2263

バンパー内のコアに走行風を当てる為、36アルトのフォグランプフィニッシャーを付けると

IMG_3045

IMG_3023

「おおッ!!切った貼った満載な感じに、ジャストフィットしてない?!」まるで純正オプションで有りそうな雰囲気!!エア導入効果も有るし色々な純正バンパーに使えるかもね(^^

※アイキャッチは店の近くの雰囲気ある薬屋さん

色々な不具合や故障診断とか

オイル漏れてる…部品割れてる…作動してない等、目で見て特定出来る箇所の修理は比較的難しくなく、寸法の測定も精密機械等を使用すれば1/100ミリ単位で異常かどうかの判断が出来る

IMG_3002

IMG_3006

IMG_3000

目に見えない電気類はテスター等を使ったり波形から確信を持って原因の特定が出来る、エアコンコンプレッサー作動して無いからとASSY交換なんか勿体ない

IMG_3025

IMG_2661

しかし修理で厄介なのは、CANやLINのような多重通信系のトラブル…これの診断はオシロで波形は見れるけど、それがどのアクチュエーターへの信号なのかの資料は無く、メーカーの診断手順に沿って確認していくんだけど

IMG_3027

20200802_130654

順番にチャートに従って確認していき抵抗値等問題無ければメインのユニットを交換、それでも治らない場合は、次のユニットを交換…って…簡単に記載してるけど部品代で8万…(・・; それで治らない場合は更に追加交換とか、まるで他人事みたいに書いてる(^^;

こちらも故障判断が手古摺ったATラパン。既にHT07タービンと少し容量アップのインジェクターやEVC5をメイン書き換えECUで制御して走ってたらしんだけど、気持ちよく走らないとの事で、今回燃料リターン変更、大容量ポンプ追加、F-CON iSでの現車セッティングの御依頼で入庫!

IMG_2811

IMG_2818

IMG_2823

K6の定番仕様だし何の問題も無く作業は進み、EVC5のブースト補正マップを使用して最大145kpaまで掛けインジェクターも85%程なので、暑い時期だし90psくらいかなと、最後にパワー計測すると

児玉ラパン22

「…え!?75ps??(・・;   」ブーストを幾ら上げようが下げようが、馬力に大差が無い。加給漏れや点火時期ズレ、ジェットがボケた?等、色々診断したけど、どこも異常は無く「ターボノーマル??」と疑いたくなるような数値..でも間違い無くHT07が付いてるとの事なので「じゃあ考えられるのはココしか無い!」と、ジェットから降ろして作業開始

IMG_2971

IMG_2972

一番怪しいのは、ATコンバーター!ここで出力がロスされてると思うけど、正常かどうかの試しようが無く、もし新品に交換して治らなかったら部品代8万円が…不安ながらコンバーターを交換して、再度、セッティング

IMG_2824

IMG_2978

IMG_2979

児玉ラパン比較

この酷暑の中、綺麗なパワーカーブ93.7psで完成!!排ガスも勿論車検対応!(^^