セッティングにも大活躍のジェット!!(^^

パワーチェックより、セッティングツールとしての役割の方が大きいシャシダイナモのダイノジェット!!今月に入ってからも、セッティングでほぼ毎週稼働!

もファクさんから多数入庫のコペン、その中でエヴァカラーの880コペン、まあまあ大きなタービンが付いててV-Pro.Ver3.3で現車153psで完成!

IMG_1543

エヴァカラー2

最近流行りの!?ポン付けDXの開発でABAやLAや、5MTやATや色々…発売からかなり経過してるので車両コンディションの差も目立ち始めた880は、燃料強化無しで約85~100ps、燃料強化で約100~115ps

IMG_1573

IMG_1570

IMG_1642

DX比較

上は純正ターボのブーストアップとのポン付けDXブースト100kpa時の比較グラフ、圧倒的な中間からのパワー差が分かるよね!?燃料を強化すると、もう少しパワーが上がって

DX30吊るし

こんな感じ。純正インジェクターだと100kpaでほぼ全噴なので、インジェクターを交換したポン付けブースト120kpa仕様、使用や予算に応じて選択してね(^^

そして、こちらは古いサブコンF-CON Sから、V-Pro Ver3.4に変更セッティングのドラッグカプチーノ!!「そもそもVer3.4はF6には対応していない!」とのHKSの見解の中、始めたV-Pro化なのでスンナリ行かないのは覚悟の上。定番の高負荷時の失火症状等、色々有りましたがブースト約190kPaで160psで完成。今回はゼロヨンスタートに集中出来るように、V-Pro機能をフル活用!

IMG_1493

IMG_1516

 

20200123_191952

20200215_113134

スイッチ類が増えたのでスタートまでの儀式?が多く…まずラインロックスイッチオン→バーンアウト→プロスタートスイッチオン→ドライホップ走行→その時のグリップ感でスタート回転数をミクスチャーで補正→ステージング→プロスタートスイッチオン→スロットル全開でスタートし2速でEVCのスクランブルスイッチオン…1本走る為に何回、スイッチ押さなアカンねん…少し慣れるまでイメトレが重要ですね(^^;