セッティングにも大活躍のジェット!!(^^

パワーチェックより、セッティングツールとしての役割の方が大きいシャシダイナモのダイノジェット!!今月に入ってからも、セッティングでほぼ毎週稼働!

もファクさんから多数入庫のコペン、その中でエヴァカラーの880コペン、まあまあ大きなタービンが付いててV-Pro.Ver3.3で現車153psで完成!

IMG_1543

エヴァカラー2

最近流行りの!?ポン付けDXの開発でABAやLAや、5MTやATや色々…発売からかなり経過してるので車両コンディションの差も目立ち始めた880は、燃料強化無しで約85~100ps、燃料強化で約100~115ps

IMG_1573

IMG_1570

IMG_1642

DX比較

上は純正ターボのブーストアップとのポン付けDXブースト100kpa時の比較グラフ、圧倒的な中間からのパワー差が分かるよね!?燃料を強化すると、もう少しパワーが上がって

DX30吊るし

こんな感じ。純正インジェクターだと100kpaでほぼ全噴なので、インジェクターを交換したポン付けブースト120kpa仕様、使用や予算に応じて選択してね(^^

そして、こちらは古いサブコンF-CON Sから、V-Pro Ver3.4に変更セッティングのドラッグカプチーノ!!「そもそもVer3.4はF6には対応していない!」とのHKSの見解の中、始めたV-Pro化なのでスンナリ行かないのは覚悟の上。定番の高負荷時の失火症状等、色々有りましたがブースト約190kPaで160psで完成。今回はゼロヨンスタートに集中出来るように、V-Pro機能をフル活用!

IMG_1493

IMG_1516

 

20200123_191952

20200215_113134

スイッチ類が増えたのでスタートまでの儀式?が多く…まずラインロックスイッチオン→バーンアウト→プロスタートスイッチオン→ドライホップ走行→その時のグリップ感でスタート回転数をミクスチャーで補正→ステージング→プロスタートスイッチオン→スロットル全開でスタートし2速でEVCのスクランブルスイッチオン…1本走る為に何回、スイッチ押さなアカンねん…少し慣れるまでイメトレが重要ですね(^^;

アルトパワーチェック大会!!

今日は、ダイノジェットを使用してのパワーチェック大会、お陰様で無事に終わりりました!!関東や北陸方面からの御来店も有り、ソコソコ盛り上がったんじゃないでしょうか(^^; パワー数値や車両スペック等は次号の3月発売のアルト本に掲載される予定です!!また機会が有ったら、開催したいですね!(^^

それにしても、こんなに綺麗なシャシダイスペース…設置完了以来の景色です(笑)

IMG_1639

IMG_1605

 

IMG_1606

 

IMG_1608

 

IMG_1615

IMG_1616

IMG_1619

IMG_1622

IMG_1629

IMG_1628

IMG_1635

IMG_1636

IMG_1641

 

IMG_1640

明日はパワーチェック来てね(^^

前回の告知通り、明日はダイノジェットを使用して、アルトワークス限定のパワーチェックを行います!!店は通常営業してますので、一般のお客様の来店等も有りますが、出来るだけスムーズに計測出来るようスタッフが進行しますので、宜しくお願いします!!(^^

明日のパワーチェックに参加予定で1週間前に関東から入庫したワークス、ワンオフでターンフロー式前置きインタークーラー製作の御依頼で完成しました、効果は明日の結果で分かるかな?!

IMG_1572

IMG_1598

20200221_202459

IMG_1600

 

2/23日 K-STYLE取材付き36アルト、パワーチェック開催!!(^^

お知らせ!!今度の日曜日に、36アルトワークス、RS限定でパワーチェック料金通常¥15000の所、今回¥5000で計測いたします!!しかも、軽自動車雑誌オートスタイルムック「アルトワークス&アルト’06号」の取材付きなので、紙面にも載るチャンスですよ!!

IMG_1574

IMG_8344

事前予約が必要なので申し込みは弊社に直接電話か、コチラのフォームから受付中!台数に限りが有るので、お早めに!!(^^

※ 時間の関係上、シャシダイナモセットに時間の掛かる、かなり車高の低い車両や4駆、また爆音車両は計測出来ませんので御了承下さい。

※ 弊社常連さんや、過去に弊社でセッティングやダイノジェットでパワーチェックした車両も応募多数の場合は計測出来ませんので悪しからず(^^;

ようやくワークス2型AGS、フラッシュエディター対応!とか色々(^^

ここ数日は痺れる寒さで、廃油ストーブ全開作業中のキャドカーズ!風邪やウィルス対策をシッカリしてこの寒さを乗り切りましょう

IMG_1501

これは富士耐久で抜けてしまったヘッドガスケット。完全に抜けてる3番、ジワジワ燃焼室から抜けて行きジャケットまで残り1ミリの1番。純正ガスケットでは限界のようなので、強化ガスケットが欲しいんですが、そんなもん市販されてないので対策を検討中!!誰か強化ガスケット造ってくれてイイですよ(^^

こちらは、タービン白煙大で入庫のスズキエブリー、外して見ると以前にリビルトターボに交換されてるようだけど、再度ブロー?!

IMG_1459

IMG_1456

IMG_1461

メタル焼き付きで軸折れしターボはフルブロー、原因はオイル管理不良でフィルターにスラッジが溜まったままのターボオイル供給バンジョーを再利用して組み込んだ事が原因。今回、新品のターボとボルトとパイプに交換して修理完了。

車検で入庫の36アルト、発売から3年経過してるので色んな所のメンテが必要になって来る中で、キーレス電池残量の警告灯が点灯してる車両もチラホラ

IMG_1506_LI

IMG_1507

完全に電池が無くなるとエンジン始動が出来なくなるので、車検時等に転倒してる車輌は交換!!警告灯類が点灯、点滅してるのに無視してると痛い目に合いますよ(笑)電池品番はCR2032

IMG_1508

こちらも車検で入庫のF5タービン周回仕様のカプチーノ、カムスプロケを見た分かるようにギリギリ負圧が有る範囲でラフアイドルしてるハイカムなのでHCがキツイ(^^;   可変VVTならマップ調整でチャチャッと出来るけど、固定なのでバルタイ調整でなんとか車検OK!!

IMG_1467

IMG_1468

20200207_145150

こちらのV-Pro Ver3.4で現車セッティング中のドラッグカプチーノ、F6は対応していないらしく!?ブースト160kPa超えた辺りから失火症状が出るので点火パワーを上げるパーツを装着して電圧を確認してみると確かに16V近くまで昇圧してるのが確認出来る。これで解決すればいいんだけど、なかなかすんなり行きません

IMG_1514

IMG_1515

この2台のカプチーノ、サイズは違うけど同じF5タービン仕様でも全く違うエンジンルームが個性的でイイですね!!
IMG_1511

IMG_1513

IMG_1512

そしてようやく2型ワークスAGSがHKSフラッシュエディターに対応となり、スピードリミッターもカット出来ました!!(^^  なので3670や85Max仕様もOK!!ご注文、お待ちしています!!

20200208_143153

20200208_143109

20200208_143009

 

K4GP富士7時間耐久レース結果

富士耐久に参加された皆さま、関係各位様、今回も極寒だったようでお疲れ様でした!今回は、去年の時点で開催されないとの事だったので、夏の耐久でクラッシュした黒山羊ミラは廃車、1年半かけて時期車両を製作する予定が、「やっぱ冬はやります!」となり、急遽、ミラのエンジンが乗る車輌で手元に有る手っ取り早い車両と言う事で、採用されたオプティクラシックの5ドア!(笑)

IMG_0519

IMG_0729

この、近くのお買い物仕様のオプティクラシック、店頭中古車で5万円で2年近く売れず突貫工事で作業が始まり2カ月後には

IMG_1446

IMG_1443

こんな仕様に…(笑)  で、レース結果は、1時間程でヘッドガスケットが耐えれなく終了!残念です  また次回、オプティで爆走します(^^;

IMG_1465

FB_IMG_1580721502943