今日はブログ2つアップ!なかなかスンナリ行かんね(^^;

比較的、穏やかに過ぎた3連休の最終日。なのでジックリ作業が進み、エンジン脱2機、MTバラシ1機、シリンダーヘッド脱1機…そして

IMG_0729

IMG_0730

 

IMG_0738

IMG_0737

中で作業している石川社長が見えるオプティは耐久仕様製作の為、バラシ作業開始!!解体作業開始1時間程でコノ状態…(^^; ハンドル握る方は、手伝いに来て頂いて構いませんよ~!

現場作業もハード…まづは、昨日、岡崎から周回仕様の36ワークスがタービン交換で入庫したんですが、クラッチ踏んだら違和感…「あ~、コレもやわ…」と、エンジンを降ろすと

IMG_0735

IMG_0739

クランク削れでスラストが落ちてました…このままターボ交換して走ってたら間違いなくエンジンブローしてましたね!先にエンジンの修理から着手します(^^;

こちらは少し前にエンジン、MTのオーバーホール作業で入庫したジムニー。納車後、少ししてから冷気時にMTから「ガ~ッ」と異音が発生するとの事で再入庫。クラッチを踏むと止まるFFでは良く有る症状ですが、縦置きMTは初めてなので、インプット周りやパイロットベアリング周りを疑い、降ろしてグリスアップし積んでみたけど変わらず…なので内部を確認の為、再度降ろしてバラシてみると

IMG_0731

 

IMG_0732

IMG_0733

IMG_0734

 

ベアリングやシンクロは全て新品に交換してるので問題無し!考えられる場所を検証すると、ケースとベアリングの当たり面に不自然な干渉痕…20万キロ走行してるのでケース自体の痩せや、始動時の硬いMTオイルの影響と思われるので、調整して組み付けてみます!

こちらは水が減るとの症状で入庫した36ワークス。ホースや繋ぎ目から漏れてるのか?直ぐに治るだろうと確認した結果…

IMG_0682

IMG_0692

IMG_0693

何とヒーターコアのチューブからダダ洩れ…(ToT

こちらは、先日完成した下置きF5ターボのカプチーノ。納車後にセントラルサーキット走行した後から、異音がするとの事で確認すると、確かに大きなカタカタ音が聞こえるので再度入庫。ラッシュのようなメタルのようなピストン打音のような…ハードな周回を何度も走行してるので、確認の為、ヘッドをおろして検証してみます

IMG_0740

 

すべて順調にすんなり行く方が少ないけど、S6やKF、R06のエンジンやミッショントラブル等、一つづつ原因を突き止め対策して行くしかないですね(^^;

 

見えるトコも、見えないトコも(^^

今、キャンペーン中の「24回まで分割手数料当社負担!」でのパーツ購入やチューニング相談が増え、毎週末は36フィーバー状態!!待ち作業も多く頂いてるので、作業等の御予約は早目がお勧めです。画像は日帰り作業で入庫の2台の36ワークス

IMG_0711

IMG_0710

IMG_0364

人間でいうトコの心拍数や血圧、体温管理と同じで車両コンディションの把握に必要な追加メーターを取り付け!カッコ良さで付けるのでは無く、異常早期発見のがメインだから見易い位置に4連装着!!オイルクーラー付いて無い状態で油温油圧を見ても…ね(^^; カッコイイリヤウィングも付いてかなり仕上がってきてます(^^

もう一台は排気系のアップデート作業で日帰り作業、センターパイプ入口の絞りが小さく、純正のΦ35ほどのパイプ系も抵抗になってるので可能な範囲で排気効率を上げる方向でワンオフ製作

IMG_0712_LI

IMG_0713

IMG_0717

IMG_0714

上の画像はHKS中間サイレンサーの入り口部分で系はφ38、ここだけは拡大のヤリヨウが無いので、Φ50からΦ38に絞る事になってしまうけど、そのままだと写真のようにテーパーに絞っても段付きが出来てしまう。そんな事情は無視して上からΦ50のパイプをサイレンサーに直接溶接すれば、パッと見はフルφ50仕様に見えるけど、Φ12差の段付きが出来てしまい排気抵抗が増え本末転倒…そんな仕事は出来ないので、可能な限りスムーズに流れるよう段付きを無くす溶接加工。効果は???だし、見えないトコだけど少しでも良くなるならね(^^;

IMG_0715IMG_0716