厄介なトラブル…

エンジン関係のトラブルは軽症な物も有れば重症な物もある。大半はエンジンを降ろす、または車上でヘッドを外したり、ピストンを取り出したりという作業が必要で、人間でいうトコの外科手術に当たるので出来れば、そういった修理は未然に防ぎたい…

IMG_0563

IMG_0506

しかし、この車輌で頻発しているスラスト異常摩耗トラブルはランダムで発生し防ぎようが無く、軽症の段階で修理しないと、クランクが焼き付く事になるので、対策したいトコだが点検して摩耗量を判断するしか無いのが現状。

IMG_0106

IMG_0108

既に10台以上修理してるんだけど最近はとりわけ多くなり、週1ペースでの作業。粘度の低いエンジンオイルを使用してる車両や、走行中クラッチを踏み込んだ時に、カクッとした感触がペダルやシフトに伝わったり異音が有れば、注意が必要!

IMG_0491

IMG_0661

IMG_0662

IMG_0493

IMG_0663

IMG_0497

初期段階なら、クランクASSYとメタル交換で治る(コレだけでも重症)けど、酷くなるとシリンダーブロック交換が必要になります。ウチでは交換時、折角外してるので、ピストンとコンロッドはフルフロー加工して組み込みます!!

IMG_0632

IMG_0633

IMG_0639

今、修理でフルフロー加工中のピストンコンロッド3台分…11月分の修理予約は既にほぼ埋まってるので、毎週降ろしての作業が続きます(^^;

こちらは木っ端みじんになったCAD エス6のエンジン、時間が空いたのでバラシて何がどうなったか確認すると

IMG_0673

IMG_0676

IMG_0679

コンロッドは使えませんが、コンロッドメタルは使えそうなのでケチなキャドカーズは再利用予定!!(^^