ようやく梅雨明け、ジェットは全開!!(^^

梅雨開けした途端、一気に真夏がきましたね(^^; 今年は去年のような酷暑やモーレツな台風が来ない事を祈りつつ、熱中症にならないよう皆さんも気を付けて、今年の夏を乗り越えましょう!!昨日の車両引き取り時に見た、綺麗な虹が夏本番を告げてます(^^

20190725_181742

さて暑くなってくると現車セッティングには辛い季節ですが、ガンガン依頼が入ってるので順次、進めてます!!まづは、東海から入庫頂いたHA22ワークス4WD、前期なので電動スロットルモデルは当時としては珍しかった機構ですが後期からはワイヤースロットル仕様に戻りました。このワークス、既にチューニングショップでセッティングされてますが、現車でセッティングしなおしたら良くなるか?との御依頼

IMG_9558

IMG_9560

ザッと車両確認すると、ターボはHT07、ブーストはブリッツSBCでコントロール、380ccインジェクターをトラストの青マネ制御と一通り完成しているので、「現車セッティングしても大差は出ないと思いますよ?」と説明しても、それでもお願いしますとの事なので、エンジンの状態を確認し計器類を付けて、青マネージのままセッティング開始!!

IMG_9562

IMG_9563

安藤様22ワークス比較緑が入庫時、赤が現車セッティング後のパワーグラフ、結果は18%程パワーアップで完成、有難う御座いました!!(^^

こちらは、「も。ファク」さんから、エンジン製作と現車セッティングの御依頼で入庫したコペンローブ!!勿論、KFのCADオリジナルピストンコンロッドハイカム3点セットを組み込んだ最強仕様、タービンは「もファク」のF5タービン400コペンキットがセットされており、制御は今回はじめてのF-CON V-ProのVer3.4!今までのVer4.0との大きな違いは、3.4では電動スロット制御が出来ないので、リミッター関係はメインで制御してる所が大きく違う

IMG_9329

IMG_9337

IMG_9341

IMG_9556

IMG_9570

IMG_9572

400ローブ黒F5.V-Pro3.4

燃料関係もリターン変更、ポンプ交換、大容量インジェクターにレギュレター追加とフルに手を加えてるので、ハイブーストでも安定した燃圧供給が可能!!結果は、35℃の外気温でも150psオーバーで完成しました!!(^^

そしてこちらはお馴染み「もファク」さんのデモカー、400ローブワイドボディー仕様!!こちらも、今回エンジン製作と現車セッティングの御依頼で入庫!夏の富士耐久に向けてのモディファイなんだけど、もっと馬力が欲しい!!との事で今回は通常より大きい200PS以上狙えるF5ターボを付けて来るとの事ですが、「耐久仕様なのに、そんなアホみたいにデカいの付けて大丈夫~?!」

20190707_162237

IMG_9470

IMG_9486

ピストンは今までの鍛造仕様から、STDサイズの軽いCADピストンに交換!ピストンの耐久性も知りたかったので、キャレロに組み込み、ハイカム組んで完成!!こちらはVer4.0制御でセッティング開始!!

IMG_9609

IMG_9610

IMG_9611

モファクケローブラージF5

結果はこの暑さと湿度のなか、ブースト165Kpaで約170馬力をマーク!!!!660ccの排気量のままで170馬力って結構なインパクト有る数値ですよ?!むか~しに造った表彰台常連のアルトのチビック660ccで155馬力チョットでしたからね!スズキのR06やホンダのS07と比較して、ダイハツのKFエンジンだけ群を抜いたパワー、恐るべしですが、7000回転でフルブーストなピーキー過ぎる仕様なので耐久レースには無理!!もう少し小さいF5ターボに交換するとの事です(^^;

コンロッド色々!(^^

まづは写真を見て頂きたい。現行のターボスポーツ軽自動車に使用されているコンロッドの比較。ダイハツのKFエンジンは400系コペンローブ等に採用、スズキのR06は36ワークスやRS、ホンダのS07はS660やNBOXシリーズに採用

IMG_9525

IMG_9524各メーカー特色が有って、トコトン軽量化してるダイハツやホンダに比べて、スズキは短いし太くて頑丈な造りが凄い!!そりゃ、160馬力超えても純正で持つよね!!って事で36乗りの方は、迷わずにガンガン、パワー上げていきましょう!!(^^

3685.36100や36110ガンガン増殖中!!(^^

最近、加速に慣れてしまったから?!増税前からか?!少し大きな作業やカスタムが増えてきたような気がする!そのせいも有ってか、入庫が増えてる3685や36100.36110メニュー!85馬力仕様は朝入庫し、代車で大阪観光をしている間に作業完成し夕方には乗って帰れます!(^^

こちらのワークスはLSDや足回りを中心にモデファイ済み、今回F-CON EVCの85セットにエディターも購入で85Max仕様!!吸排気が通常とは少し変わってたので、ブースト特性をソレに合わせて完成!!

IMG_9119

IMG_9115

IMG_9481

IMG_9482

IMG_9484

こちらは、関東から2回目の入庫のワークス!今までの3685から、更にパワーアップのポン付けタービン36110仕様へ変更、同時にクラッチ、トルクロッドやスタビも同時に交換!85馬力で燃料が足らなくなるので、燃料リターンとインジェクター大容量変更は必項です

IMG_8965

IMG_8966

IMG_8968

3685や36100.36110で使用しているF-CON EVC フラシュエディターの最強トリオは、仕様が変わっても内部データを変更して対応出来るので結果的にコストも抑えられるしパフォーマンスも抜群なので、これも必項です!!(^^

こちらは、鳥取からドアミラーがオシャレなワークスが3685メニューで入庫!エディターも追加で3685Max仕様ですが、エアクリーナーがノーマルBOXなので吸気音が静か!!剥き出しタイプは吸気抵抗が減るぶん、音がおおきくなり、それが好きな人もいるけど、大人しいのを好むひとにはノーマル置き換えがお勧め!吸気負荷を考慮して、ブーストをほんの少し下げて設定!(^^ ミッション関係で少しトラブル抱えてましたが、クラッチ交換と同時に修理し一安心!(^^

IMG_8979

IMG_8937

IMG_8940

IMG_8984

IMG_8985

IMG_8983

CADデモカーと同じ、オリジナルサイズのTE37が白には似合ってます!!そろそろ加速にも慣れた頃だと思うので次のステップお待ちしています(^^

こちらは岐阜から3685で入庫のワークス、フルノーマルからF-CON EVC、エアクリ、マフラーの32.8万円のお得なセットメニュー!!マフラーとエアクリーナーが付いてる場合は、F-CON EVCで取り付け込み22万円で、ノーマルタービン最強ブーストアップに化けます!!(^^

IMG_8925

IMG_8927

IMG_8928

IMG_8934

こちらは、36オリジナルデータ入りフラッシュエディターのみの36入門編、3670仕様のワークス!!85馬力や110馬力、140馬力仕様でもエディターは必要になるので早目に導入して損は有りませんよ!!(^^

IMG_9154

IMG_9157

こちらは3670仕様で乗ってたワークス、今回、F-CONとEVC追加で3685Max仕様に!!最後のブースト設定確認は、全車、実走で合わせますが夏のこの季節は少し低めで合わせてるのは、真冬になるとブーストが高すぎになるから!(^^  写真が一枚しか無くて申し訳ない(^^;

IMG_9469

こちらは鈴鹿ナンバーがカッコイイワークス、85からポン付け最強110仕様へVerアップ!!同時に付けたリヤの補強バー、左右のトリム形状が違うので、左はほぼ寸分違わず穴開け成功したのに、右に関してはトリム形状が違う関係でナットが見えてしまう設計でした(^^;

IMG_9380

IMG_9417

IMG_9415

IMG_9421

こちらは和歌山から3685の22万円メニューで入庫頂いたワークス!!色んなアイテムがピンポイントで変わってる所がグーです!!定番の37ソニックも似合ってます(^^

IMG_9324

IMG_9327

 

和泉製作所、エンジン部フル稼働!!(^^

問題!!今預かってるエンジン、見えてる範囲で何機有るでしょう?!正解は最後に

IMG_9396

エンジンオーバーホールや修理が凄く増えたのは、CADオリジナルKFピストンを使ったエンジン製作や、36アルトのスラストメタルのトラブル対策、夏の耐久シーズン前のレースエンジン製作等が、重なった事も理由の一つ!

IMG_9171

IMG_9207

IMG_9277

IMG_9305

IMG_9306

IMG_9426

IMG_9428

既に5機以上製作し、現在3機ほど入庫しているオリジナルKFピストン組み込み仕様!ピストンはフルフロー仕様なので、キャレロ等のフルフローコンロッドに組み込む際は、サークリップ固定、フルフローじゃ無いコンロッドに組む場合は圧入でピンを固定すればOK!!CADではコンロッドフルフローお勧めなので、オイル通路も加工して組み込む!100ps前後で曲がるKFコンロッドはH断面キャレロコンロッドがお勧めです!

IMG_9329

順次組み込み製作中なので、お待ちください!!(^^ さて冒頭のエンジンの数の答えは

IMG_9396_LI (2)

JB、KF、R06合わせて8機でした~(^^ 見えてないトコに4機…(汗

 

HKSからV-Proやエディターの開発情報!

遅い梅雨に入り、気付けば既に1年の半分を過ぎました!残り半分もアッと言う間に過ぎると思うので、皆さんも

って書き出しで保存したままなのが4日前(笑)作業段取りが立て込み、全く更新時間が作れず…こんな忙しい時に限って年に一回、恒例のシャシダイナモのトラブルがこのタイミングで発生し、適当すぎる代理店のサポートは諦め、自力での復旧に二日程無駄に(^^;

IMG_9398

IMG_9409

20190623_171110

でも復旧する度にアップデートされ、今回はアメリカから最新Verのソフトをダウンロードし、画面も一新!!メーターやログ解析等が更にスムーズになり使いやすい!!この復旧を急いでたのは理由があって、F-CON V-Proのエラー検証の為にHKS開発部の来社予定が決まってたから!なのでV-Pro制御、ノイズが入ってるのか急におかしな回転数になる事があるので、センサー類を交換して見たけどダメ…V-Proハーネスの見直しとノイズ対策のハーネスに交換してもダメ…V-Proソフトの内部を色々変更してもダメ…って事でHKSから来社!

20190704_133707

IMG_9410

信号取り出しの為に0.1ミリ以下の線をV-ProVer4.0基盤のチップの脚にハンダ付けするという神業を簡単にこなすHKS開発の人…見てて感動しました(・・; で、新しくなったジェットでの再現検証の結果、症状の出やすくなる要因が判明!!まさかの原因に開発の方々も驚いてましたが、今後の開発や対策の参考になりました!!(^^    また、お願いしていた2型36ワークスAGSのフラッシュエディター対応の為にHKSに送っていたメインECUもデータ取りが出来たとの事で、間もなく2型ワークスAGSもフラッシュエディターが使えるようになるので、もう少しお待ちくださいね!(^^

IMG_9349

IMG_9350