V-Pro(R06+F5ターボ+ハイカム+NOS)=163ps (・・;

車の楽しみ方は千差万別、他人に迷惑を掛けなければ色々なジャンルや遊びが有ってイイと思う!そんなモータースポーツの中で、ゼロヨンカテゴリーに軽自動車で参加するには出力不足やトラクションを稼ぎにくい事もあって、絶対人口は少ないんだけど、自分のペースでゼロヨンを楽しんでる36ワークスの御紹介!(^^  ゼロヨンはスタートの瞬発力とパワーがモノを言う競技!!このワークスはJDDAのドラッグイベントにも参加する程、ゼロヨン仕様に偏りつつあります(笑)

1年以上前に36ワークスでは初めてとなるHKS F-CON V-Proでの制御に変更し、660ccには大きいIHI F5タービンをゼロスタート時からブーストが掛かるようにミスファイヤでスタートタイムを稼ぎ、後はゴールまでフル加速!!でも、やっぱ軽自動車の排気量では140ps程度ではパワーが少ない…かと言ってデカイタービンにすると回らない…軽量はしたくないし、ダイエットなんかもっと無理!!でもタイムアップしたい…とのジレンマに耐えれなくなり「エンジン壊れてもイイのでNOSを付けてくれ!!」とのご要望で入庫!!(^^

IMG_9316

IMG_9371

海の向こうから届いたままの丸投げ状態のパーツと英文だらけの取説(笑)…まあシステム図を見ながら付ければ、ソレっぽく何とかなるだろう…と取り付け開始!!ボンベの固定とスイッチングシステムを付けて作動条件をV-Proマップで制御し完成!!

IMG_9354

IMG_9355

IMG_9344

NOSガスと燃料を同時に吹くウェットショットなので、作動時にガスやガソリンの漏れも確認しながら、いざシャシダイで噴射させてテスト!!ブースト掛かり始めはブ~~~ンと今までと同じ吹け上がりですが、NOS噴射ポイントに来ると、それまでの排気音とエンジン音が激変!!

IMG_9358

IMG_9359

ドガ~~ッッッ!!みたいな排気音!!

IMG_9352

IMG_9357_LI

…え??マジ??(・・; 何、このパワーの盛り上がり方?! 青のラインはNOSを吹いて無いF5タービン、ブースト150Kpa時のグラフ、これでも十分、速かったんだけど、NOSを吹くと一気にパワーが上がり、この湿度と30度の気温でも163ps!!これは、楽しい車になりました!!タイムに期待ですね!…何も壊れなければ

 

 

 

 

 

 

っぽく無いアイキャッチ~(^^

キャドカーズは田舎のモータース屋なので耕運機からトラックまで入庫する車種や作業は色々!原動機や変速機の機構は、ほぼ同じなので解説書や要領書が有れば何とかなるんですが…

IMG_8802

IMG_9218

IMG_9051

日産が誇るスポーツカー35GTRは少し勝手が違う。簡単に触れないようにしているのか、触らせないようにしているのか、整備要領書を公開していないし日産ディーラーの中でも設備や技術限定されたハイパフォーマンスセンターでしか修理等を受け付けていないのでトラブルが発生した時はかなり厄介な車種

IMG_9001

IMG_9002

GTRの高性能を可能にしている4WDシステムやデュアルクラッチの整備要領書等は一切公開されてなく、内部パーツの単品供給も無く、トラブル発生するとASSY交換200万円~と、一般人にはビックリするような費用が掛かるので独自でパワーアップ対策や修理トラブル、クラッチプログラムの変更を行ってる凄いチューニングショップも有るよね!

IMG_9064

IMG_9061

IMG_9056

GTRではトラブルの多いバルブボディーを外して確認するも、異常な程の鉄粉も見られず綺麗なモンでした、ド初期には付いてないクリップは追加して組み込んで試乗してみたけど改善されず…油圧表示の異常が見られるので原因がセンサーのボケなのか、本当に油圧ポンプが壊れてるのか、またはドレーンし切れてないのか…データが無いので困りました(^^;

こちらはエンジンから異音がするとの事で持ち込まれたKFエンジン!異音等は、大体原因を突き止める事が出来るのでバラシて行くと、今まで見た事の無い程のカーボンで汚れた燃焼室とピストンヘッドに只事では無い予感…

IMG_9236

IMG_9239

しかし、オイル上がりが見られるのでシリンダーが痩せてるのかと計測すると、痩せ具合は基準値内。となると、オイル上がりは低張力ピストンリングのヘタリが原因。オイル下がりは定番のバルブシールからダダ洩れなので交換、すり合わせでリフレッシュして対策!しかし肝心の異音の原因が見当たらない…メタルも問題無い…タペットクリアランス?チェーンテンショナートラブル??音を聞いて無いのでこちらの修理も、困りました(^^;

何年式?ワシはS46年式(^^

普通一般の人は、車の事を車名で呼ぶ。例えば「今度、アルト買うけドライブ行くばい!」ってな感じ。少しマニアになると、「どっか安い36ワークスのAGS無い?」とか「ABAにTAのエンジン使える?」とか車両型式やグレードで言うんだけど、「HBのⅡ型K6エンジン持ってへん?」とか「うわ、コレ91000番以降やん」とエンジンの型式や車体番号を言い出すと立派なオタクレベル

で、これはワークスのエンジン修理!ラダー式なのでエンジンはK6で、フライホイルボルトピッチからⅠ型だと気付いた貴方は立派なオタクです。同じHBワークスでも初期だけに採用されたクランク形状とフライホイルが稀少で高回転エンジン!

IMG_8490

IMG_9040

IMG_9039

IMG_9038

IMG_9042

 

IMG_9043

で、欠けたたピストン交換とオーバーホール予定でバラシていくと、メタルダメージが大きくクランクシャフトに結構な傷が有るけど、貴重なⅠ型なので修正すればOK!…が、ピストンの刻印に違和感を覚え、計ってみると何とオーバーサイズッ!!!Ⅰ型クランクを使うには、このⅠ型ブロックしか使えないので、残念だけど2型以降のK6を使用して復活する事に決定!勿論、そのまま組むのでは無く、Ⅰ型以上のスペックで仕上げます(^^

IMG_9144

IMG_9145

IMG_9146

こちらはプラグ割れ修理のJBエンジン、シリンダー修正に出してる間に、ヘッド廻りもリフレッシュでバルブシール交換や、擦り合わせをしたのですがプラグが割れた気筒は、手修正ではバルブの当たりが出ない程のダメージ

 

IMG_8958

 

IMG_8963

こちらも加工に出して修正待ち!エンジン作業が多く次から次へと持ち込まれて、まぁまぁなパニック状態ですが、手は抜かず1台づつ進めてますので、もう少しお待ち下さい(^^;

IMG_9192

IMG_9193

IMG_9208

 

 

意外性が齎すインパクトは計り知れないね(^^

ここ最近、世間はブレーキ踏み間違えや児童が犠牲になるような痛ましいニュースが続いてましたが、よーやく明るいニュースが!!(^^   少し前まで気持ち悪いと言われてた芸人と、トップ女優の電撃婚!!皆さんも聞いてビックリしたでしょ!?

Screenshot_20190606-093425_Chrome

 

IMG_9205

20181122_145249

 

美男美女のカップルなら「お似合いだね!」で終わるんですけど、まさかアノ、キモキャラの芸人が女優さんと…の意外性で世間の話題を独り占めにするほどの衝撃!

IMG_8096

 

IMG_8104

IMG_8241

ツッパリで悪い恰好してるのにしっかり勉強して偏差値高いヤンキーとか、メガネ外して束ねた髪をホドクと美人になったり…見た目とのギャップが大きければ大きいほど、違う一面を知った時のインパクトは大きく、中にはそれを狙ってる場合もあるよね(^^

IMG_8238

IMG_8347

IMG_7915

IMG_8379

IMG_8372

優しいフォルムで女性に人気のムーブラテ、コラムATのベンチシートなので若いカップルが手を繋いで運転してたり、ドリンクホルダーにはカフェで購入したカプチーノ、リヤシートにはチャイルドシートが有るような平和な車内風景が一般的なんだけど…

IMG_8911

IMG_9167

IMG_9189

IMG_9196

IMG_9173

IMG_9202

このラテを見て、まさか5MTに換装されフットブレーキからハンドブレーキ移植、エンジン内部にまで手が入り、燃料はリターン化されて、スポーツタービン、インジェクタ交換、EVCにF-CON制御、交差点ではデフのバキバキ音がするなんて1ミリも考えないと思う…(^^   大幅なモデファイに加えマウント方式の違いやATのキャンセル、もちろん公認を取得するのでメーターチェックランプエラー等の作業で預かり期間が長くなってますが、先日エンジンに火も入り公認取得の準備段階!ただ、フロアシフトにするとベンチシートに当たる事までは予想出来ず…(^^; 完成までもう少しです!!
IMG_9200

 

 

色んなトラブル事例(^^;

「最近、加速が悪くターボ周りから変な音もするので見て欲しい」と香川県から36ワークスが2度目の入庫。3カ月程前に85ps仕様で入庫したばかりなので、「ブーストアップでタービンブロー?」と、今までタービンブローした車両は1台も無いのに何でやろ?とターボを外すと

IMG_9175

IMG_9178

IMG_9176

羽が曲がり異物を吸い込んだ形跡が有るので、原因を調べていくと外品エアクリーナーキットが装着され、タワーバーとの距離が近すぎて、シフトアップやダウンでエンジンが動いた時に、タワーバーとエアクリが干渉し、エアクリ本体のフィンが割れて吸い込まれた事が原因

IMG_9179

IMG_9182

IMG_9177

エンジンはシフトアップ時やダウン時にかなり動くので、異音がする場合は注意が必要です!!今回はエアクリーナーが干渉しないようにパイプを曲げタービンは中古に交換して対応しました

IMG_9183

 

こちらのトラブルは、盛大にシフトミスした36ワークス…巡行5速から加速態勢に入ろうと4速にシフトダウンしたつもりが2速にシフトミスし、走行不能になり修理で入庫!メタルダメージも気になるので、車上バラシでは無く、降ろしてから確認していくと…

IMG_9089

IMG_9092

IMG_9090

IMG_9093

IMG_9095

エキゾーストバルブが全部ピストンと当たり、そのうちの1本は曲がったままの状態で、戻らない。ヘッドのガイドもクラックが入り、かなりのダメージ、バルブ、ガイド交換にピストンも交換し序でにメタル、ピストンリングも交換しリフレッシュ!

IMG_9152

ジェットで慣らしも済ませて完成!36は、ダブルコーンシンクロ等で、普通では入らないような回転数でも入り易いので気を付けて運転して下さいね(^^

こちらは気になるトラブル事例…しかも1台2台では無い。加速感等は問題ないけど、エンジン内部から少し異音がするとの症状が多い。診断していくと確かにアクセルのオンオフ時や一定走行時に、メタルのようなカラカラ音がする。メタルブローの場合はかなり深刻なので確認の為オイルパンを外すと…

20190512_161644

20190512_164845

IMG_9020

この症状の車輌は絶対にスラストメタルが外れてる。スラストメタルはクランクが前後に動くのを抑制する軸受けなので、コレが外れるとクラッチを踏んだ時にクランクが前後に動き、ブロックと当たって削れてしまい重症…クランクシャフトは再利用不可なので交換、酷い場合はシリンダーブロックも交換が必要になる

IMG_9023

異音や今までと何か違う、と感じた時は、トラブルを発症してる場合が有るので放置せずに、車屋さんで診てもらうようにしてくださいね!!人間も同じ、重症になる前に、初期症状の段階で病院で診てもらって下さい!(^^;