っぽくしないとね(^^

軽自動車の魅力はコンパクトで、パーツやチューニング費用、消耗品といった維持費が普通車に比べ、抑えれる事が有るよね!?だからチューニングやワンオフで作る際は、手を抜く訳では無いけど、材料や手間を抑えて造るように心掛けてます(^^

IMG_6862

IMG_5476

性能が一緒なら価格は安い方がいい!材料でも価格が違ってくるので吟味して使い分ける事も有る….で、新車で外車でF1で培ったテクノロジー満載のルノー….これのワンオフマフラーの製作の御依頼は、そうは行かない

IMG_7584

IMG_7586

現物合わせでのワンオフは、性能は勿論、見た目のクォリティーも大事なので、フルステンレスTIG溶接仕様で製作中!!時間は倍以上掛かるけど費用も倍以上掛かります(^^;

20180526_162501_LI

20180526_164212

20180526_165816

20180526_200649

20180526_202047

IMG_7585

ここからサイレンサーを通して純正の2本出しから1本に変更、ディフューザー付けたら何も見えないけどね(^^;   でも、っぽく製作しないと!!

あ、このブログのトップアイキャッチも、っぽく変わってるから見てね~(^^

20180528_125102

っぽく無いね(^^;

軽自動車のNAとほぼ同じ出力:57psを1気筒の220ccで絞り出したKF-DET搭載のL400コペン、機械的に弱い部分は素材や形状の見直しで対策済みだけど、変更していない部分で心配なのがコンロッドメタル…KFに使用してるH断面はI断面よりコンロッドに掛かる負担は大きく、メタルトラブルはフルブローに繋がる重要なパーツ

20180518_141238

20180518_131839

FB_IMG_1526899439697なので、恐らく日本で1番サーキットで酷使されてるKF-DETのメタル状態確認の為、取り外して見ると、上も下も綺麗で一安心!純正メタルは、かなり薄いので、オイルクーラー装着やメーターでのオイル管理が重要です(^^

こちらは傾向的にパワステトラブルの多いスバル車ですが、このインプレッサもパワステポンプがロックしたので交換!!序でに高加給時に、何処からかピ~音がするとの事でパイピング類の圧漏れチェックをしようとSSTを探すも、基本的に軽自動車サイズしか持って無いので、急遽SSTを製作(^^;

20180518_161748

20180518_170100

20180521_180418

圧を掛けて行くと前置きI/Cキットのパイピングの抜け止めビートが浅くて漏れてたので、この部分を切ってビートメーカーで新規に製作

20180521_191004

20180521_185403

した所、分厚いアルミ材なので返しには限界が…って事で見栄えは悪いけどビード部分を溶接で肉盛り!!ブースト250kPaでも抜けない実績有るので、ここは問題無し!! しかし、だいたい、こういうパターンは、次に弱い所から漏れてくるから再度点検です(^^;

こちらは、注文車で入庫したの80スープラ、カッコ良すぎ!!15年以上前の大排気量ターボ車ブームの名車、大事に乗って下さいね!!そして珍しく普通車が多い敷地

20180521_111135

20180521_111044_LI

20180521_115840

20180521_111253

20180521_180907_LI

 

20180520_141642

こんな内容はウチっぽくないので….軽トラのミラー交換や、懐かしいコペンのオイル交換、HA22のワークスにF-CON iSとEVCのブーストアップ、ヘッド抜けのJBコペンエンジン修理とかのほうがホットしますね(^^;

20180518_143003_LI

20180519_101654_LI

 

20180519_103620_LI

20180519_141510

IMG_7574

IMG_7575

20180519_161130

20180519_171743

20180519_170043_LI

 

気温もKeiワークスも熱い!!

関東から入庫したKeiワークス、GT15タービンでF-CON iS仕様から今回V-Proに変更し、K6用ハイカムシャフト、強化バルブスプリングで9300rpm仕様、完成しました!(^^

IMG_7391

IMG_7466

 

今までサブコンのF-CON iS仕様では7800rpmレブなので、パワーバンドが狭くターボの本領発揮出来ず…で、今回、高回転化に変更した結果、ピーク出力は大差ないですが、高回転まで綺麗に回る仕様になりました!!(^^

20180518_113228

IMG_7572

IMG_7571

IMG_7573_LI

20180518_112919_LI

20180518_112926

ビフォーアフターのグラフ…このレブの差は大きいよね!(^^;  マフラーや吸気系の見直しでもっと上は見込めるけど、今回はココでストップ!!しっかり車検にも対応したジェントル仕様です!!(^^

で、この仕様に近い店頭中古車のKeiワークスが、今回大幅値引きで売り出し中!!

IMG_7561_LI

IMG_7567

IMG_7564

IMG_7565

IMG_7562_LI

IMG_7563

B3スポーツターボに、ハイカム、強化バルブスプリング、ロールケージ、車高調、燃料リターン変更、大容量ポンプ、F-CON V-Pro etc…全て当店での作業管理車両なので安心!!早い者勝ちの大幅値引きで

車両本体価格¥60万税込み センサーネットも観てね(^^

他にも3685ワークスやF5タービン・V-Proラパンの中古車も有ります!

IMG_7570

 

36ワークス・RSにKYBローファースポーツ!

36ワークス・RSの問い合わせで85psやMax仕様の次に多いのが、足回りの問い合わせ!!HKSやTEINといった全長調整式の車高調は、スポーツ走行にはお勧めなんだけど、金額が高いし、乗り心地は硬い傾向になるので、「サーキット走行なんかしない、峠を攻めるような走りもしないけどノーマルより程良く下がって、ストリートで快適に走りたい!」といった方に、カヤバのローファースポーツセットをお勧めします!

IMG_7521

IMG_7520

純正のスプリングレートはRSもワークスも同じでダンパーの減衰が違うだけ。車高下げる目的でダウンサスのみ組み込むと、ロールした時やギャップ超えた時に落ち着かないし、ワークスの純正ダンパーは兎に角硬くて突き上げ感が大きい、RSは逆に乗り心地重視の設定なので、フラツキ感が気になる!

IMG_7524

IMG_7526

カヤバから減衰調整が付いてるストリート用のローファースポーツプラスの設定が有るけど、一番閉め込んだ減衰よりローファースポーツの方が減衰は硬いのでスポーツ向き!純正でも採用されてる正規メーカーの商品なので、耐久性や品質は安心して使用できます(^^

IMG_7529

IMG_7536

IMG_7537

IMG_7538

IMG_7539

キット取り付け後は、リヤアクスルに付いている車高センサーが光軸とEBD制御をコントロールしてるので、OBDから診断機を使用してメインECUにアクセスしてデフォルト処理後、念の為に光軸テスターで確認し微修正して作業完了!!  F:R共に約30mmダウンで、程よく下がり、それに合わせてストローク設定れてるので乗り心地を損なわず、ワークスはギャップを超えた時の不快な突き上げが無くなり、RSはギャップ超え時の収まりの悪さやロール時の不満が解消され、実にシックリ来ます!!

IMG_7518

IMG_7552

IMG_7553

これくらいの車高だとコンビニ等の輪留めに干渉する事も有りません!!「純正では満足出来ないけど、車高調整までは必要無い!」って方には是非お勧め!!試乗車、有ります(^^

商品代・取り付け作業・診断機設定一式込み ¥83,860 (TAX別)

お疲れ様でした (^^

K-CARミーティングに参加された皆さん、お疲れ様でした!生憎の雨模様でしたが楽しめましたか?(^^  これから走行会シーズンに入るので、ガンガン参加して腕を磨きましょう!!昨日はCADCARSの店舗も通常営業してましたが、大雨で整備より事務所浸水の水はけに追われてました(^^;

 

received_906878649492352

received_906878662825684

received_906953242818226

received_906878696159014

received_907036989476518

 

20180513_185846

さて、他店でミッション分解作業を施工してからギヤの入りが悪いとの事で入庫した36ワークス、早速、降ろして点検、正規の状態に組み込み、降ろした序でにLSDも組み換えて完成!(^^

IMG_7460

IMG_7481

IMG_7482

IMG_7484

 

 

では、明日(^^

取りあえず…明日のK-CARミーティングに備え、まだエントリー車両の作業中ですが、明日参加される方は楽しんできて下さい!!雨予報との事ですがクレグレモも自走で帰れるようお願いします!(^^;    CADCARSの店舗は通常営業してますのでお気軽にお立ち寄り下さい!

IMG_7511

IMG_7512

IMG_7514

IMG_7515

コーナリングを制す!!(^^;

今日でG/Wも終わりですが、皆さんはイイ休日を過ごせましたか?!大型連休中は、レッカーサービスでの入庫が多いんですが、今回は大きなトラブルモ無く比較的、ユックリと作業できました!こんな時しか出来ないデモカーのAGS交換作業等かなり捗ったので、序でにドライバーの負担を減らす目的でスタビライザーを、この機会に取り付け!!

IMG_7441

IMG_7462

IMG_7461

って、積車ですけどね(笑

「スタビが要る程のスピードでコーナー走り抜けんやったらええやん!」って突っ込みは無しで、何より下から見た時のインパクトが凄いっしょ?!これで、配送時間の短縮に繋がるばい!!(^^

 

IMG_7464

こちらは、少し前に製作した「よく見たらGT1544が付いてる」関東から入庫したKeiワークス、今までのF-CON iS制御から今回V-Pro制御に変更し、8800rpmで発生するバルブサージ対策で強化バルブスプリングに交換、そしてK6用ハイカムシャフトもテスト!!

IMG_7391

 

IMG_7433

 

IMG_7436

 

純正風に拘って製作したので、触媒やサクションホース、タービンからインタークーラーへ行くフランジまで純正を使って製作!!今回、強化アクチュエーターを追加したので立ち上がりポイントも改善!!作業はヘッドを降ろさず、車上で強化バルブスプリングとバルブシールを交換、バルブが抜け落ちたら終わりだけど、交換は無事に終わりました!(^^

IMG_7440

IMG_7439

IMG_7467

IMG_7475

後は組み上げてI/Jを大容量に交換しV-Pro Ver3.4化です(^^   それから、明日から当店は3連休になりますので、宜しくお願いします

 

 

GWは何かと忙しいし部品が…!?

世間はG/W真っ只中ですが、いかが、お過ごしでしょうか!?皆さんと同じで僕らも新幹線のホームからの乗車率130%報告とか、国際線からの出国ラッシュの中継より、和泉の国での作業の方が興味ありますよね!?(^^;   1週間後に開催されるK-CARミーティングの用意も有りますし、GWもセッセと作業中!!CAD36100AGSは、今回ポン付けタイプのNewタービンを装着して参加します!!2か月程前からテストしてますが、シャシ上で合わせた時は以前の36100仕様より12%アップで完成

IMG_7048

IMG_7051今までの36100仕様95ps時は、燃料リターン式に変更してもインジェクターは全噴射で足らなかったので、今回は大容量I/Jに変更しF-CON iSとフラッシュエディターで調整しジェット107psで完成!!もう一つ、スポーツ走行時、たまに変速異常が発生していたAGSユニットも交換

IMG_7435

IMG_7434

AGSユニットを外す前に、診断機でユニット減圧処理や各項目確認処理後、バッテリーを外して作業に入ります

IMG_7442

 

取り外されたAGSユニットと新品ユニット、対策しようにもエラーコードが残らないフェイルセーフなので、怪しいと思われる個所に対策して組み込み後、診断機でAGSとタワー学習を終了し作業は完成!!後はセントラルサーキットの全開走行でターボとAGSのテストです(^^

IMG_7451

 

IMG_7452

こちらは綺麗なノーマルのHA11ワークス、たまに発進時やシフトアップ時に吹けない時が有るとの事で入庫

IMG_7424

こういう場合は、試乗しても出ないパターンが多いんだけど、これも例に漏れず…ただ症状的に、良く有る配線トラブルかスロットルセンサー接点不良?!に的を絞って、暫くレーシングしてたら…出ました!!スロセン本体が反応しない時が有ったので交換で完治ですがGWなので…

IMG_7426

こちらは、チャージランプが点灯したままとの事で入庫したカプチーノ、F6なので良く有るダイナモNGだろうと思ってエンジンルーム見ると…

IMG_7428

20180503_102529

分かりにくいけどクランクプーリーのダンパが千切れてプーリーが飛んでます…F6はウォーターポンプがタイミングベルト駆動なのでオーバーヒートしませんでしたが、通常ならヒートも起こしてアウト!!クランクプーリーを交換すれば完治ですが、GWなので…(^^;

羊の革を被った….あるあるパターン!(^^

早い物で今日から5月です!!余り知られてませんが、タカタのエアバックリコールが大きな問題になりましたが、国交省からの通達で5月から、このエアバック未改修車輌は、車検が受けれない事になりました。これは乗員の生命を守る事が目的、該当車輌は先にリコールを済ませてからの車検になるので気を付けて下さい

IMG_7386

 

さてタイトルのアルアルねた、「パット見ノーマルですが実は速いんです!!」ってパターン(^^   マフラー音が大きいと弄ってると思われるので音量を小さくしたり、追加メータは敢えて付けない!ってパターンもそんな感じだね(^^

IMG_7419_LI (2)

IMG_7411_LI (3)

IMG_7417

 

車高もマフラーもノーマル、室内もウッドベースで統一されてるけど…マニュアルシフトがAT→5速に変更されてる、バンパー上部のダクトがターボ車って事をさりげなく主張していたり(笑)エンジンスワップと5MT換装公認のミラジーノ最終型

IMG_7418_LI

IMG_7420

ボンネットを開けると、「何でKF-DETやねん!何でコンソール開けたらEVCが埋め込まれてんねん!!」と突っ込まれる事が目的!!今回は吸排気すらノーマルのまま、もう少し速くして欲しいとの事でF-CON とEVCセットのブーストアップに決定(^^

IMG_7403

IMG_7414

EGとCPUが変更されてるので、どの車種??入れ替えられた端子を確認しながらF-CONハーネスを割り込ませて始動!今回はiSなので純正CPUの信号をデータモニターしながらセッティング!!吸排気ノーマルなので無理せずEVCのマップを使用して普通に速い仕様で完成!(^^

IMG_7405

こちらも違和感大のHA21ワークス…HA22やKeiのツインカムターボに完走され、今回コンデンサー周りが大改修されてます(^^;

IMG_7383