3度目の正直!?(^^;

今週の関西地方は、本当に穏やかな快晴で絶好の花見日和でしたね、 明日からは新生活がスタートする4月、頑張って行きましょう!(^^

20180328_112107

さて、そんな平和で穏やかな天気とは程遠いCADCARSの現場!!車検・整備、エンジンO/Hやセッティングと全開ですが、その中のオーバーホール依頼でエンジン単体で持ち込まれたJB、リビルトエンジンらしいんですがバラシて行くと…

20180329_145933

20180329_173231_LI

IMG_7058

IMG_7060

インテークカムの組み間違いや、コンロッドが曲がった痕跡のシリンダーが使用されて組まれてます 本人がブローしたエンジンで再生されたリビルトエンジンと納得してるなら問題ないですが、気持ちよく思わない方も居ると思うので気を付けて下さい

コンロッド曲がりはKFに多発するトラブル、90ps程でも曲がる事が有り、先日もブログで紹介したKF-DETで曲がったばかり…

IMG_6964

GT1544でブースト80kPaで曲がったので、今回はコンロッドフルフロー加工で組み込み、ピストンはハイコンプに変更してブースト控えめでトルクを稼ぐ仕様に変更して再セッティング開始!!

IMG_7063

IMG_7066

ハイコンプでピックアップも良くなり、コンロッドが曲がったブーストでも問題無く、「良し!イケる!」とコンマ1ブーストを上げて100psオーバー手前のトコで

IMG_7086

ブースト90kPaでまた曲がってしまいココロも折れました…(^^;   やっぱりKFのコンロッドは大きなトルクには負けるようなので、170psでもビクともしない事は証明済みのキャレコンに変更して、1544をブン回してやります!!!

IMG_7093

IMG_7095

IMG_7090急いで組み直し中のエンジン!!完成、慣らし後にリセッティング予定は明後日!?

IMG_7041

IMG_7042

IMG_7044

IMG_7036

IMG_7069

IMG_7088

IMG_7096

20180329_145749今週は何故か、カイエンやルーテシア、LC500まで…(^^;

行楽シーズン来たね~!そだね~!(^^

ようやく春が来ましたね!今年の桜の開花は少し早いらしいので、花見の予定は早めがお勧め!!店の近くにも桜の名所は有るので、良ければ行楽も兼ねてお立ち寄り下さい!店の前の道はハイキングコースにも繋がってるようで、こんな団体さんが良く通ります (^^

IMG_7045

さてチューニング度合いが上がれば、比例して大きくなるのはマフラー音!音は心地よいモノや煩いモノまで人の感性で決まる事も有るので一概に、コレがイイ!!ってのが無く拘る方は拘ります!今回、36100に比較的静かで排気効率の高いモンスター製を取り付けましたが、もっと静かでノーマル風とのご要望で、出口の変更と中間に大きなサイレンサーを装着!

IMG_6723_LI

IMG_7023

IMG_7022_LI

パット見、ノーマル?って雰囲気ですがパイプはΦ50なので排気効率は下げずに静か…近接音量は純正より静かな75dbで完成!!敢えてノーマル風で速い36100仕様、イイです(^^

エンジン製作も、久し振りのK6やキャレロKF、JBと順次進めてます!エンジンオーバーホールの御依頼も多く頂いてますが、加工屋からの上がり具合や部品の納品等で約1カ月程掛かる事もあるので、急ぎの方はお早めにご相談ください!久し振りのK6は伸びたチェーンを新品に交換!!IMG_6999

IMG_7000

キャレコンKFは、ピストンのフルフローとシリンダーブロック、オイルジェットの加工後、組み込んで完成!暖気促進や水の流れを調整するらしいジャケットのスペーサーは、バラしたら撤去!

IMG_7006

IMG_7007

IMG_6994

IMG_7010

IMG_7012

IMG_7014

IMG_7013

ヘッドとブロックの隙間?からLLC漏れしてたJBは面研後、バルブシール全数交換、バルブ当たり修正、親:子メタル類は一式交換、フルフロー済ピストンを組み込んで完成!!ヘッドの研磨量は過去にも作業済なら更に研磨量が増えノッキングが出たり危険な事も有るので、ヘッドのココの深さで面研量を計測してます(^^

IMG_6917

IMG_7028

IMG_7024

IMG_7002

IMG_7001

IMG_7025

IMG_7030

36は新車・中古車・カスタムOK!!

IMG_6612_LIEVCやF-CON装着済みのCADCARSデモカー3685RS、店頭中古車でネットに出す前にご成約!!ワークスやRSを購入する方はフルノーマルでは物足らないと思うので、3685や3670の新車コンプリートが人気ですが、最近は3670コンプリートが人気!

IMG_6640_LI (2)

IMG_6685

IMG_6693_LI

オリジナルトルクロッドと70psエディター付きが4万円で付いてくる、お得な新車コンプリート!!慣れた頃にF-CON とEVCを追加すれば85Maxで更に過激になります(^^

こちらは、フルノーマルから85Max仕様で、栃木から入庫したワークス!F-CON,EVC、HKSマフラー、エアクリキット、エディター、トルクロッドまでのフル装備で帰りはご機嫌だったはず!?(^^

IMG_6859_LI

IMG_6875_LI

IMG_6869

IMG_6874

IMG_6876

IMG_6872_LI

振動大きめの外品トルクロッド装着ワークスに、当店オリジナルトルクロッドに交換、程よい硬さが人気です(^^ 赤のワークスもトルクロッドブッシュ交換!!1時間程の待ち時間で交換出来るので、電話予約してご来店下さいね(^^

IMG_6924_LI

IMG_6905

こちらのコペンは、272カム、F5タービン、V-Pro仕様でサーキット走行を楽しんでたんですが、大きなサーキットだと155psでも馬が足らないとの事で…エンジンは既にハイカムが入ってるので、今回はタービンだけ更にデッカイF5に交換されて、セッティングで入庫!!「回るんかいな!?」

IMG_6942

IMG_6981_LI

結果はいつもと同じで安牌なセッティングだと160ps程…これでも充分速いんだけど、パワーバンドが高回転にズレてるので逆にタイムは落ちる事も有り得るし、面白く無いよな~という事で、壊れないようにマージンを削り?!ブーストも上げて、たまにノックが出たりしながら合わせ込んだ結果は172psでフィニッシュ!!5000rpmで75psしか出てない(笑)車両状態やEGコンディションを把握しながらの走行前提で、6300rpmでフルブースト200kPaのドッカン仕様だけど、こんな仕様もメリハリが有って面白いね!!

received_1212118875585109

 

超アナログ仕様は逆に難しい(^^;

「いきなりエンジンが始動出来なくなった」との症状で入庫したHB11ワークス、軽トラだろうがレクサスだろうがフルチューン車だろうが、内燃機関で燃料を使う車輌なら機構はドレも同じ!

IMG_6991

IMG_6935

20年経過してるので何がトラブってもオカシク無いし、少しチューニングされてる様子。定番の燃料ポンプ系は問題無し…プラグも火は飛んでるのでクランク角センサー系も問題無し…って事はインジェクターも作動してるはず….ん?音を聞くとインジェクターが作動してないのでCPUの配線を見ると、ココで初めてサブコンのアルティメイトが装着されてる事が判明

IMG_6936

IMG_6937

これなら作動しない事が有り得る、オシロで確認するとインジェクターの信号入力は問題ないのに、出力信号が出てない。しかし、たまにEGが始動する事も判明したので、対策のスイッチを装着して始動不可の問題解決!!しかし、オーナーから「最近購入した車両で仕様も良く分からないしセッティング内容も確認して現車合わせて欲しい」との御依頼追加でデータを確認し、計器類を装着してジェットでセッティング!

IMG_6954

IMG_6970

まず入庫時のブースト110kPaとサブコンデータで計測すると80.5ps!仕様が分からないので注意しながら現車で合わせていくと…この型のワークスは点火とスロットルが触れないので、燃料とエアフロしか触れない超アナログ仕様…AF値、ノッキング、排圧を見ながらデストリビューターで点火時期調整していった結果

IMG_6973

IMG_6983

IMG_6982

入庫時は、セッティングズレで7000rpm以上吹けなかったんですが、7800rpmレブまで回るようになり、最終ジェットで96psで完成!

引き続きメカニックスタッフ募集!!(^^

 

400ローブ×F5×ハイカム×鍛造ピストン=(^^

結局、朝イチ更新継続出来ず…(^^;     今回はKF-DFTネタ!400コペンや新型のタント等、ダイハツの新型車両に搭載されてるエンジンはKF型メイン!ブーストアップ程度では、壊れないと思いきや90ps超えた辺りで壊れる事が有れば100ps超えでも壊れなかったり…その見極めが難しいんだけど今回分かった事は…90~100psがKFコンロッドのK点です!!

IMG_6956 (2)

IMG_6964

そんな時は「安心して下さい!!キャレコンが有りますから!!」って言いたいんですが…エンジン割る必要が有るので、費用もそれなりに掛かる、スピードリミッター解除すら簡単に出来ない400コペンは他車に比べチューニングスピードが遅い傾向にあります。しかし、お馴染みのコペンプロショップ「も。ファク!」さんのデモカー400コペンは純正ピストン、純正ガスケット、キャレロコンロッドF5ターボで140psを絞り出しS6、36ワークス、400コペンの3車種で断トツのハイパワーを絞り出しサーキットで暴れてましたが今回、外装もリニューアルしてVerアップ!!

IMG_6889

IMG_6896_LI

迫力のワイドボディーにコノ色で登場…(・・;     今回新規製作したエンジンは、CADオリジナルのハイカムシャフト、そしてCADオリジナル鍛造ピストン!!ボアは同じなので排気量も660cc、コンロッドはキャレロなので強度は充分!!心配なのは純正のヘッドガスケットとコンロッドメタルですが、持つかどうかのテストも兼ねてジェットでセッティング開始!!

IMG_6797

IMG_6805IMG_6813

 

IMG_6827

IMG_6894

ピストンコンロッドの機械的強度の心配は無くなったけど、純正のヘッドガスケットとコンロッドメタルは心配ですが、デモカーだしテストも兼ねて各計器類の数値とノッキングに注意しながら、「壊れなくて速い!」相反する要素を両立して合わせこんだ結果

IMG_6986

…え!?数字がオカシイ(^^;    ジェットが壊れた?しかし何回テストしても結果は同じ!!充分速かった前回までの140ps仕様との比較グラフは、まるで別物!!最近のエンジンはオーバーラップゼロのバルタイなので、ハイカム効果は絶大!!KF-DETでF5タービン、ブースト200kPaで170psオーバーな400コペンが誕生!!

IMG_6898

IMG_6899_LI

 

36ワークス:F-CON iSでI/Cスプレー制御!(^^

熱に弱いターボ車、最近の36ワークスやS6のようなターボ車は吸気温や水温上昇による各補正がキツく、パワーダウンが特に激しい!前に紹介したV-Pro制御にした36ワークス、I/Cスプレーを回転数:吸気温度の条件でV-Proで一定時間吹くように設定して効果絶大だったので、今回は3685や36100に付いてるサブコンのF-CON iSでI/Cスプレー制御してみました!!

IMG_6930 (2)

IMG_6932

IMG_6933F-CON iSのマップを使用して、エンジン負荷と吸気温度の条件で、ダクトに装着したノズルからI/Cにスプレー噴射!!スポーツ走行しない限りスプレーは作動しないし、吸気温を見ながらスイッチングする必要も無いので、コレはお薦めですyo!!(^^

りーずなぶるぷらん!?(^^;

今回は普通に90psを選ぶでしょ!(^^

HA21SのB3スポーツターボのみを装着してハイオク仕様で乗ってたんですが、ビミョーに燃料・点火がズレてて気持ち良い加速感が無かったので、F-CON iSで補正したビフォー・アフターがアイキャッチの数値!

IMG_6901

IMG_6914

今回はEVC等のブーストコントローラーは装着せずに、ターンバックルで調整してるので、リーズナブルプランってタイトルなんだけど、イニシャルブーストだけでも充分ですが、EVC等で制御すればブーストの立ち上がりも早くなるしマップ等を使用すれば、もっとブーストを掛けれるポイントが増えるので予算に合わぜて選択してね(^^

IMG_6911

 

メカニックスタッフ募集中!(^^

CADCARSでは現在、スタッフを募集しています(^^

年齢・資格不問・要普通免許  ヤル気が有ればOK!!

当店は各新車・中古車販売から車検・整備・カスタムや各種走行会へのサポート等、より良い充実したカーライフをお客様に提供出来るよう、スタッフ一同が日々全力で業務に当たっていますので、私達と一緒に働きませんか?

応募要領や面接日時、ご質問はお気軽にTEL・Mailして下さい!!

確かに馬力は下がったけどね

車の馬力は運動性能を表す数字なので、一般的には馬力は高い方が偉い!!ってのが常識だけど、「必ずしもそうでは無いですよ!」と何度も伝えてますが、今回のパワーチェックは正にその分かり易い例(^^

IMG_6854_LI

エンジンルームで分かるように吸排気フルノーマルのZC32がパワーチェックで初めての御来店。話を伺うと来週に、モンスターのエアクリとマフラーを交換するので、ノーマルとの比較検証をしたいとの事!まずフルノーマルでは121.2psの結果でした。で、1週間後、パーツを装着して再び計測で御来店!

IMG_6922

IMG_6923_LI

新品のエアクリーナーキットとマフラーが装着されNAらしいフィーリングとサウンドが大人のチューニングっぽくて好感が持てる!で、計測した結果は、120.8psと僅かに数字はダウン…でもグラフを見れば性能は明らかに良くなって事が分かる!

IMG_6926

この結果を見たら数字は参考だと分かるでしょ!?レブ手前は少しずつスロットルが閉じてるのでグラフはほぼ同じ、でも低速~中間トルクは明らかに向上してますね!!馬力だけで車の性能は語れないって事です(^^

サボり過ぎました(^^;

連日業務が終わってからブログ更新する気力が無かったので、今日は開始前に更新!!(^^; え~と…かなり前まで遡って…400ローブのV-Pro取り付け現車セッティング!簡易スピードリミッター解除デバイスが出回って無いダイハツの400ローブ。現状では電動スロットルを独立制御可能なフルコン等が必要なので、HKSのV-Pro Ver4.0を使用してたけど廃版になるそうです…今回はまだ在庫が有るのでVert4.0でフル制御!

IMG_6834

IMG_6844

純正ターボを使い切るブーストアップですが、更に燃料をリターンに変更し140kPa以上のブーストを掛けるのでレギュレターで必要な燃圧を確保、霧化の促進、シリンダー内の冷却、インジェクター通電時間の短縮、そして燃圧が上がる分、燃料ポンプの吐出量が減るので130Lポンプに交換し、ワンランク上のブーストアップ仕様!後は各数値とノックコントロールで車両の持っているパフォーマンスをフルに発揮出来るようダイノジェットでセッティング!!

IMG_6843IMG_6842
received_1203482919782038

結果は何と約94psとKF-DETの過去最高の数値!!大型のI/Cや効率重視のマフラー、霧化や通電時間まで考慮した燃料システム、排気・水温・油温や負荷で発生するポイントが変わるノッキングが出ないよう点火時期を細かくコントロール、そしてバリアブルに動くバルブタイミング・VVTの制御…と全てが1つのパッケージングとして完璧に機能した結果ですが、機械強度不足までは予想出来ませんでした…(^^;