ハイパーレブ.36アルトワークス・RS発売!!

車種別チューニング・ドレスアップの決定版、「Vol220ハイパーレブALTO WORKS」が発売!!36の色々なチューニングやドレスアップが沢山載ってるので36オーナーの方は、とても参考になると思います!

IMG_4136

IMG_4138

 

CADCARSも3685.36100と取材して頂いた記事が掲載されてます!!そして一番のニュースは、コレでしょう!!

IMG_4137

待望の36用HKSフラッシュエディターが発売間近の記事!!(^^ 従来通りのフェイズ1・フェイズ2と、オリジナルのカスタムデータの3パターン、そして何といってもスピードリミッターカット、VVTも任意でコントロール、F-CON iSでは触れなかった場所が出来ます!!ブーストはEVCで145Kpa程掛けて燃料・点火はF-CON iS、VVTとSLDをエディターコントロールと理想の制御、CADCARSでもテスト開発しますのでお楽しみに!!(^^

そしてこちらは新しい26年式ムーブ、バッテリーが上がり量販店で交換しても、また上がり電圧も12Vを切りエアコンオンで10Vを切るとの事…通常ならオルタネータの不良だけど新しいしアイドルストップや充電制御付きなので、なにか別の原因かも?とOBD診断機とオシロで確認

IMG_4105

IMG_4101

IMG_4103オルタフィールドデューティとかいう項目が100%にも関わらず11.6Vしか発電してない…CPUは制御しようとしてるけど、ホンマに信号が出てるかは別なのでオシロで見ると

IMG_4102IMG_4104

ホンマに信号出てるので、やはりオルタネーター壊れてます…部品交換で完治しました。年式が新しくても電装品トラブルは無関係とは言えませんね(^^;

IMG_4125

IMG_4127

タイコがボロボロだったKeiワークス・新品HKSマフラーに交換終了!!デフ下を通るので地面とのクリアランスが心配だったけど、結構クリアランス有るので大丈夫そうです!!

IMG_4132

こちらは140PS近い出力になるのでキャレロコンロッドを組み込み中の400コペンのKFエンジン!!パット見、6気筒エンジンを組み上げ中に見えますが、3気筒2台分です(^^;  スンナリとは付かないので調整・確認しながらバルブ曲がりの1機完成!!

IMG_4098

IMG_4121

IMG_4120

 

 

 

 

 

暑さ対策!!

いつものピット風景ですが、何か違いが分かりますか??

IMG_4084

IMG_4085

夏の酷暑対策に、「来年こそ…来年こそ…」と言い続けて10年以上…念願のスポットクーラー導入!!(^^

IMG_4080

IMG_4081

しかも一人一台で3台導入です!!これで現場は快適な作業環境になったので、作業効率アップでガンガン仕事が捗る事間違い無しですよね!?

車検・整備や一般修理もガンガン熟してます!!(^^  ピットに2台の黄色が眩しい、1台Keiワークスはクラッチ交換作業で入庫!!序でに固着したインナーサイレンサーを外すと、タイコの内部がボロボロでした…遅かれ早かれ交換が必要ですね

IMG_4090

IMG_4110

こちらはV-Pro取り付けセッティングで入庫した最終型880コペン!!リターン式に変更して300ccI/JでDX30をブン回す通常通りのメニューでしたが、ATから5速MTに変更されてる関係でメインCPUが燃料ポンプ制御を止めてましたが、FポンプをV-Pro制御する事で解決!!

IMG_4071

IMG_4083

IMG_4086

IMG_4087

 

ことらはホンダモビリオの足回り交換作業!!今までダウンサスのみで走行してたので、今回はTEIN車高調に交換、段差やコーナーが別物になりました

IMG_4075

IMG_4074

他にも車検・整備、修理の車輌はガンガン入庫中

IMG_4034

IMG_4028

IMG_4035

IMG_4027

IMG_4052

 

 

 

 

 

 

 

エンジン製作7機待ち…

エンジンの分解・組み立て作業は時間の掛かる作業、特に外注に出してのエンジンの機械加工は時間の掛かる事が多い…こちらも納期が遅れるので急かしたいトコだけど、向こうは仕上がり精度命な「急ぎなら他所出しな!」って言われるバチバチの職人さん…だから、作業に出す際に「少~し急ぎ目でお願いしま~す!」くらいが精いっぱい(^^; 今、立て込んで7機以上作業中!

コレは15万キロ超えのJBエンジン、かなりのスラッジと2番バルブの機密不良でかなり草臥れてますが、消耗品交換と部品洗浄、各部調整で元通りになります

IMG_4045

IMG_4048

IMG_4044

IMG_4047

こちらは少し圧縮の低いJBエンジン、ノーマルと思ってバラシて行くと既に手が加えられておりシリンダー内は、かなりの状態でした。本来はV-Proでのセッティング依頼でしたが、事前の点検時の違和感でエンジン製作になりましたが、これで本来の性能を引き出す事が出来るでしょう

IMG_4055

20170723_190547

20170723_18472320170723_185103

IMG_4067

こちらはキャレロコンロッド組み込みのKF-DETが2機!!そのうちの1機は全気筒ピストンヒットの跡がありました

20170720_180353

IMG_4038

IMG_4073

IMG_4077

IMG_4078

他にも加工中のEF-DET、JBが3機、F6が1機…何でこんなに固まるの??ってくらいに入ってますが、加工上がりやパーツの入荷状況で組み上げてます!!最近はエンジンに囲まれて作業してる姿が、ドラムセットに囲まれたYOSHIKIみたいで笑えます(^^;

IMG_4070

IMG_4069

20170720_145633

20170724_183904 (2)

そして….戻って来たコイツを、そろそろ始めないと(^^;

IMG_4040

 

ATコペンをHKS F-CONV-Pro Ver3.4で制御する!

梅雨が明け学校は夏休みに入り、喜んでる子供達が多いと思いますが、連日の猛暑で大人はフラフラだと思います(^^;  当店のピットの中はサウナ状態ですが、扇風機全開で作業中です!!

IMG_4011

さて、5速ミッションよりフルオープンでの高速クルージングやツーリングにはATが快適なので、敢えてATを選ぶ方も多い880コペン!!今回はDX30タービン、F-CON iSでストリートからスポーツ走行を楽しんでいた仕様からフルコンのV-Proへ仕様変更!

IMG_4021

 

ATでもフルコンが必要??と思うかも知れないけど、このコペンは出力アップに伴い大容量I/Jに交換済み。AT・MTに限らず大容量インジェクターに交換してるコペンは、サブコン制御の場合、純正CPUが軽負荷領域で燃料を間引きしてるので、ギクシャク感やリッチ過ぎになりバンパーが煤で汚れる傾向に有ります 一般使用が最も多い3000rpm~4500rpm領域で顕著に出ますが、フルコン制御化でストレス無い走りに、ATのシフトアップ:ダウン時の燃料:点火もV-Proで制御!!フルコン化によるメリットは他にも、電動ファン作動温度を純正95℃から90℃といった任意の温度に変更可能、空燃比計を付け信号をV-Proに取り込んでアイドリング時のAF:14.7 フルブースト時は出力空燃比にフィードバック等、EGチェックランプの点灯も無く保安基準対応で純正ECU以上のパフォーマンスに納得して頂けると思いますよ!!(^^

IMG_3960

 

多摩・八王子・春日井etc 派手系も(^^

他府県からのご来店が多く、賑やかに終わった3連休!!3685コンプリート注文頂いてたRSも無事に完成し、連休にご来店頂き納車しました!!85psセットにTEIN車高調、3連メーター他、シンプルに完成!

IMG_3830

IMG_3834

IMG_3934

IMG_3936

IMG_4002

IMG_4000

IMG_4001

IMG_3998何十台も36にF-CONハーネスを取り付けたので、配線図無しで結線出来るようになりました!(笑)エンジンは慣らし済みなので、帰りの高速で全開走行もOK!!今回はナビが付いて無いのでバックビューはバックミラーに取り付けたモニター内臓ミラーで確認可能です!!自分仕様の36新車コンプリート、お気軽にお問い合わせください!!(^^

IMG_4009

こちらは、日帰りブーストアップで東海から入庫の36ワークス!エアクリ・マフラーは交換済みなので、EVCとF-CONの22万円STDメニュー!!部品台だけでも15万円を超えるハイスペックが売り、後でターボを交換したり、エンジンの仕様やI/Jを交換しても、F-CONとEVCのデータを書き換える事で対応可能な拡張性が嬉しいですね!!

IMG_3973

IMG_3988

こちらは、オーナーが変わり東京へ行ったチビックがド派手になって凱旋!!ここまで目立つと、本当に悪い事出来ませんね?!(^^;

IMG_3978

IMG_3979

IMG_3983

こちらも派手なカラーリング!!今回はロールケージの取り付け

 

IMG_3984

IMG_3985

IMG_3994

こちらも派手?目立つカラー?の御成約頂いた店頭中古車カプチーノ!まだ20歳前の若い青年、初めて乗る車がカプチーノとは羨ましい!!年式経ってるのでミッションのO/Hや各部手直し、しっかり整備して納車しました!!軽自動車で唯一のFRオープンカー!!これからのカプチーノライフを楽しんで下さいね!!(^^

IMG_3920

IMG_3965

IMG_3971

IMG_4016

IMG_4015

 

 

 

 

 

ウチはモータース屋です(^^;

連日、車検・整備にカスタムと作業に追われてますが、点検時の目視点検は最も重要な項目で、無意識で作業してると見過ごしそうな事がある。違和感を感じたまま、スルー後に問題発生「やはり、あの違和感が原因だった」と反省する事は出来るだけ回避したい

IMG_3933

比較的新しめ目のRV車、車検で入庫。一通りブレーキ・タイヤ・各部要所を点検し、タイヤをローテーションして後軸のホイルを前に取り付けると

IMG_3932

スポークで見えないがバランスウェイトが、まだかなり多く貼り付けてあるのが気になった。元々駆動輪の前軸に付いてたホイルを見ると、ウェイトは30g未満。ここで気になるのはホイルの歪みや外国製格安タイヤ等…もしかしたらタイヤが滑ってホイルを歪ませたのか?など細心の注意が必要。今回ローテーションしたのでウェイトの多いホイルが前輪に来てしまうが、その性でハンドル振れが発生し、お客さんに苦情を言われるかもしれない…かと言ってローテーションしないと、それはそれで、お客さんに何故ローテーションしてくれなかったのか?と、呆れられても困る。だからと言って、バカ正直に「こうこうこういう理由でウェイトが多いのが気になったので今回はローテーションしませんでした」と伝えた場合、お客さんが最近、車輌を購入した販売店に問い詰めに行かれても困る….

と、ローテーションするだけでかなり悩む事も有るんですよ(^^; 愛車の点検・修理は信頼できるお店で、お互いのコミュニケーションがとても大切ですね!(^^

IMG_3906

IMG_3922

モンスター製I/C!!

ターボ車の吸気温度上昇はパワーダウンを引き起こすので、空冷式インタークーラーが装着されてる事が多いんだけど、コストやデザインの関係もあり、かなりコンパクトで走行風を取り込む為に色々工夫されてますね!

IMG_3879

ノーマルだと問題無い吸気温度ですが出力が上がれば直ぐ100℃超えて130℃以上にも…ボンネットとバンパーの隙間から取り込んだ走行風では限界がある!対策として一番有効なのはコアの表面に可能な限り空気を当てる!前置き等がその代表だけど、今の車はバンパー内に、そんな余裕は無い!!なのでコア面積の多いモノに交換が手っ取り早い!!という事で、

IMG_3882

IMG_3880

新しく発売されたモンスター製に交換!!コア面積は1.8倍、フィンの感覚は広いので、セットのカーボンシュラウドから入った走行風の抜けも良さそう!!今回は取り込み口は純正を使用するAタイプだけど、間もなく口の広いBタイプが発売予定です

IMG_3881

IMG_3883

IMG_3884

サイドタンクは鋳型成型されたアルミで、抵抗も少なく凝った造り!!付属のシュラウドには、隙間を埋めるシーラーも付属されており、造りや配慮も流石はモンスター製と納得!!こういった機能パーツは性能が一番重要だけど、見た目のクォリティーも大事!!早速、36100に装着して全開にしてみる

IMG_3885

IMG_3886

 

20170706_154328走行風の取り込み口は同じなので風の容量は足らないけど、コアが変わってカロリーは増えた分、温度の上昇スピードは緩やかになり、アクセルオフ時の温度の下がるスピードは速くなりました、純正のような130℃超えまでは上がらなかったけど、それでもスポーツ走行時は100℃近くまで上がったので、取り込み口の広いBタイプの発売が待たれますね!!(^^

スタッフ募集よ!!(^^;

 

 

RS現車セッティング完成!!(^^

セッティングのみの依頼で入庫したRS!!仕様は今までのCAD85psから、ターボは純正からB3スポーツタービンに変更され、メインECUをフルレンジスポーツタイプに、燃料はリターン式に交換したもののF-CONでセッティング出来なかったとの事で当店に持ち込まれたRS、他にも補強パーツやOBDからのインフォメーターにアナログ4連メーターやAF計にデジタルスピードメータ等、パドルシフトはキャンセルされ付けれる物は全部付けたような仕様です

IMG_3857

IMG_3842

IMG_3865排気温センサーを取り付け、後付けメーターや装着パーツの把握、そして肝心なスポーツECUの内容を確認すると、燃料・点火・VVT適正・AGS適正化・ブースト、車速リミッター解除、回転レブ上げ・のフルコンが、当社の85psデータ入りF-CONに追加されてるので燃調や点火時期が狂ってしまってます、純正コンピューターに合わせたF-CONデータなので、後でメインCPUをチューニングCPUに交換すると最悪壊れるので絶対に止めて下さいね(^^;  さて、ジェットで現車セッティング開始!!

IMG_3866

IMG_3870

IMG_3872

IMG_387130℃近い気温でしたが、最大ブーストは140Kpa、補正無で約105ps・トルク13.2kでした!!チューニングECUをF-CONで補正してるので、同じ仕様の特性との比較は難しく、レブは確かに7200rpmから7700rpmに引き上げされてますが7000rpm手前でスロットルが閉じ始め50%近くまで閉まってるので高回転はパワーダウンが見られます しかし4800rpmで既に90psを超え6800rpmまで谷も無く加速し速いです!(^^

さて36RS・36ワークスは同じようで違う部分の一つ、それは

IMG_3890

IMG_3888

IMG_3889

真ん中のステッカー!!って事で燃費が違うんですが、27年がワークスで32年基準はRS・前のブログでも明記した通り、ガス基準が違うのでリターンに変更した後のサブコンデータもワークスとRSでは違います!!RSは新車購入時の減免措置も有るので、似てるようで違う2台です!!

そしてセッティングで入庫のC系ワークス、HT07・大容量I/Jを純正CPU中古持ち込みアルティメイト・中古F6用ハーネスでセッティング!と、嵌まりそうな気配がしてましたが、想定の範囲内でかなり嵌まってます…

20170706_141235パワトラ内臓CPUなので基盤加工で点火信号取り出し、インジェクターは増減、エアフロ補正のみと至って普通の制御ですが、5000rpmやブースト90Kpa辺りで急に濃くなり吹けなくなる….点火戻したり、アース引き直し、各アダプター追加しても一向に改善されず、補正無しでインジェクターをアルティメイトに入出力させると不具合が出る…サブコンがおかしいのかも?とメーカーに問い合わせても窓口に出てくれないので…オシロで色々調べるとバグの瞬間をキャッチ!!

20170706_190845

赤はノーマルのインジェクターパルス、黄色がアルティメイトが出してるパルスで時間は左から右へ流れる、重ねて見た時に見やすいようにグランドは逆。左の吹いてる時間幅は同じなのに、次のカウントはアルティメイトが2倍吹いてるのが確認できる!!が次のカウントは綺麗に切れてる…これで急に濃くなる原因は、トランジスターが誤作動してる事が確認出来たが、原因が何処に有るのか…代わりのアルティメイトが有れば分かるんだけどね(^^;

今日はダイハツメイン!!(^^;

遂に蝉の声がしてきました!!夏がソコまで来てますが、台風も来ているようなので気を付けて下さい!!連日、36作業が多く他の作業はしてないのか?と思われるかも知れませんが、そんな事は有りません!(^^; キャドカーズの表の顔(A面)は認証工場・モータース屋なので車検・整備に代表される一般修理がメインですが車販やチューニング・カスタムも多いですyo!!今日は36アルトと同じく作業の多いコペン!エンジン台が足りなくてチェーンブロック作業中!!ドレが何か把握するので精一杯です!!(^^;  宇宙戦艦ヤマトに見えてきたJBエンジンはアイキャッチ画像で!

IMG_3848

IMG_3837

IMG_3823

IMG_3820

IMG_3818

IMG_3828IMG_3804

そして昨日紹介した、他店で製作されたタービン交換仕様の36RS、燃圧確認でサージ圧を取り燃圧確認するとブースト分の燃圧がプラスしてたので取り付けは問題無し!!85psF-CONデータにスポーツECUが後付けされてるので、かなりズレてるしエンジンにダメージが無いかどうか…(・・;    各モニター類のセット後、ジェットで慎重にセッティングです!!

IMG_3846

IMG_3853

こちらのアルトは旧車に入る部類の72ワークス!!ターボがF5に交換されてるので冷却系が辛く油温・水温共にヒート気味…今回、ラジエタのコア増しと、経年劣化した弱いモーターと少ない羽根のファンを、羽の枚数の多い新規格用に羽とモーターを加工取り付け!!

IMG_3850

IMG_3849狭いエンジンルームなので冷却性能は辛いですが、モーターもファンもハイスペックになったので、かなり改善されると思います!!温度管理をしながらクルマと長く楽しんで下さいね!!(^^

 

 

 

山麓:サンロク:36(^^

梅雨明けまで秒読み段階に入ってるのは、空の色を見れば分かりますが中々明けてくれません!雨が好きな方が居れば嫌いな方も居ますが、雨が降ればワイパーを使います。一般的な軽自動車や36アルトもそうですが、ワイパーの作動速度は一定周期で動くインターバルとロー、ハイがりますね

IMG_3806普通車はインターバルの間隔を任意に変えれる間欠スイッチが標準で採用されてる事が多く、この機能は便利なので36ワークスに流用!!ボルトオン装着可能で部品代は7000円程なので、これはお勧めですよ!!(^^

20170630_090802さて人気の36100、使用してるスポーツターボは最初は少し羽が重く、ドッカンターボ的なフィーリングですが、慣らしをシッカリする事で下から立ち上がるようになり、気持ちイイ加速が味わえるのが特徴、御予約も多く頂いてますが最短で1泊2日での作業となりますので、早めの予約でお願いします!!(^^  前回は浜松からの入庫でしたが、入れ替えで今回は福岡からの入庫!

IMG_3778

エアクリ以外ノーマルなので、最初は85ps仕様をお勧めしたのですが、一気に100ps仕様にするとの強いご希望でしたので、EVC・F-CON・マフラー・クラッチ・ターボ・燃料ポンプ・レギュレター・リターン式変更・I/C・O/C・シート変更etc 100万コースで2泊3日で作業完成し納車いたしました!!(^^

IMG_3782

IMG_3780

IMG_3794

IMG_3799

IMG_3777

こちらも人気の85ps仕様!!日帰り作業が可能なので遠方からの方の入庫を多く頂いています!!EVCでブーストを3モード設定出来るので、MAX145Kpa.120Kps.100Kpaと3段階に設定しています。オフにすればブースト60Kpa程しか掛からないので燃費も良く普段はオフでも充分です!!(^^  今回の日帰りブーストアップは滋賀県から入庫!!

IMG_3811

IMG_3808

IMG_3809

IMG_3814

もう一台、千葉県の柏市から日帰りで入庫の36ワークスMT!!圧倒的に5速MTが多いですね!!(^^

IMG_3822

IMG_3817

IMG_3821

 

F-CON・EVCはステップアップメニューの100ps仕様時には、データリプロで対応出来るのも魅力です!!一気に100psもイイですけど85psからのステップアップをお薦めです!!(^^

そしてこちらは、少し前に当店で85ps仕様にブーストアップした綺麗な36RS!!2度目の今回は36100セットでの来店では無く、セッティングのみで入庫、話を伺うと…

IMG_3844

IMG_3840

IMG_3845

 

速さに慣れたオーナーの方が、他店オリジナルの110ps程出るタービンに交換し、燃料リターン式変更も行い、近くのHKSパワーライター店でセッティングしてもらおうと尋ねた所、「出来ない」と断られたらしく、他のお店でスポーツCPUやEVCで何となく合わせた結果、ブースト110Kpsで87psしか出ず、お手上げ~!という事で持ち込まれました。今は可変レギュレターのバキュームを繋いで無い状態で普通に動いてるので、タンク内の純正のレギュレターやスポーツECUのデータ確認が必要、全て解決後に現車セッティングですね!!(^^

IMG_3842

IMG_3847

そしてこちらは作業進行中の3685コンプリートパールRS!!今回は足回りや内装パーツが多く、新車なので取り付け作業には気を使いますが進めて行ってますので、少しお待ちくださいね!!(^^

IMG_3832

IMG_3830

IMG_3834