S660:6MT用スポーツターボ+EVC=最強説(^^

令和スタートまで、残り2週間足らず…今年はG/Wが10連休のトコも有るとか?!キャドカーズは5/6~8が連休となりますので宜しくお願いします(^^

20190409_115901

20190409_123601

さてホンダ軽自動車の最高峰のS660!右肩上がりの気持ちイイ加速が味わえるCVT用スポーツターボは以前に御紹介しましたが、続いて6MT用のターボをS660プロショップ:T-RACINGさんと共同開発!!MT用スポーツターボはCVTより高回転パワーに振った味付けでブーストはEVCで制御!100ps出るか出ないかのパワーなので燃料はノーマルのままでセッティング!!

IMG_8670

IMG_8668

レスポンス抜群な純正ターボのブーストアップも十分速いけど、下のトルクがイイ分、高回転が物足りなく感じるので6MT用スポーツターボは、立ち上がりは、ほぼ同じで高回転まで加速が続く仕様!!

T-RACINGポン付けhikaku純正ターボのエディターブーストアップ制御が青グラフ、今回のスポーツターボ:EVC:エディター制御が赤のグラフ、4800rpm以上ズット90ps以上を維持する特性なのが分かるよね?!燃料は変更無しの使い切りなので、コストパフォーマンスにも優れた仕様!!ブーストアップの加速では物足りなくなった方には、かなりお勧め!!ピークパワーの数字よりパワーカーブ特性の方が大事ですよ!!(^^

 

マージン削ってくれ!って言うけどね~(^^;

今回はデモカーみたいなオーナーカーのS660!!ノーマルタービン限界仕様の現車セッティングの御依頼で入庫、でかいインタークーラーや見るのが大変な程の追加メーターが装着されており、ブーストはEVCコントロールでフラッシュエディターで制御!「タービンやエンジンは壊れてもいいので、セッティングは詰めて下さい!」との注文ですが、流石に壊れては駄目なので、通常よりマージン少な目で(^^;

20190217_180104

20190217_175855

20190217_175621

ブーストコントロールは純正のソレノイドバルブでは無くEVC制御なので、フラッシュエディターのブースト値を近くしないとチェックランプ点灯等、少しややこしいんですが、羽が曲がる手前までブーストを上げ、燃料、点火、VVTを詰めていった結果、壊れずに燃料も風量も使い切りで完成!!(^^

IMG_8191

IMG_8195

DTM

そして、もう一台はお馴染み「も。ファク」デモカーのエヴァコペン!!前回のセントラルタイムアタック直前にトラブルでブローし、今回、新規に製作したNewエンジンを搭載!!こちらも「2周持てばイイので限界まで詰めてくれ!」との御依頼ですが…(^^;

20190222_152432

20190217_172241

IMG_8242

今までの210ps仕様でも恐ろしい加速なのに、今回はソレ以上でも壊れなくて速いセッティングが求められるので、エンジン側の対策や調整は施工してますが、当然マージンも削らなくてはいけません。セッティング時、いつも細心の注意は払ってますが、今回の2台共更に更に最新の注意を払って…(^^;

EVA CTAC

最終ブースト235kPa  225ps:7308rpm で完成。 鍛造では無い普通の純正ピストンですが、1個当たり軽自動車並みのパワーを受け止めてる数値…2周なら持つかな?!(^^;

N-ONE プロジェクト!!(^^

「急に色気付いてホンダのN-ONEヤルとか、どげんしたと??」と、思うかも知れないけど…ウェイクと同じノリで軽でターボで面白いし、フラッシュエディターが使えるんだから絶対に楽しい車になる!!って事で始ったN-ONEプロジェクト、サーキット走ったりしないけど、楽しく快適に乗れる軽ターボの魅力を更に引き上げるのか目的!(^^ 早速フルノーマルで試乗して見ると…

IMG_8023

IMG_8026

IMG_8041

IMG_8039

IMG_8044

「マジで??ノーマルの36ワークスより速くない!?(・・;  」パーシャル領域や100キロまでの走りはビックリするほどトルクフル!!装備もかなり充実してて、7速モードパドルシフトやクルーズコントロール、Aピラーにエアバック、楽々ベンチシートに高速道路はクルーズオンでドライブ!!踏めばターボパワーで気持ちイイ加速!!(^^  ほら、少し気になって来たでしょ?!で、まづは体力測定。ノーマルとエディターのフェイズ2(車速リミッターカット、ブーストアップ)を比較してみる!!

IMG_8049

IMG_8052

IMG_8053

CVTなんで回転数ほぼ一定のフラットトルク、青がノーマル。オレンジがフェイズ2、確かに少しパワーアップしてますね(^^    吸排気ノーマルなので、変更すれば更に上がります。ここからエディターを編集してオリジナルデータ製作予定!!ホンダのエディターはS660でかなり勉強したのでソレをベースにセッティング!!エディターが完成すると、その後はポン付けターボまで行く予定!!まぁ合間で進めるので次のN-ONEプロジェクト更新は忘れた頃になるかもですが、お楽しみに~(^^;

IMG_8051

S660 CVTスポーツタービン大好評!!(^^

今年はスズキやダイハツに加え、ホンダのカスタム車もラインナップに増やして行く予定なんだけど、先にブログでS660CVT専用スポーツターボリリース記事を上げてから、価格やキット内容等の問い合わせを多く頂いてました

IMG_7683

高回転までの気持ちイイ加速が味わえるCVT専用ターボと専用フラッシュエディターデータのインストールがセットで¥16.3万(税別)  

で販売中!!工賃とLLC、ショートパーツで約¥4万で取り付け可能です!!CVT乗りの方で気になる方はお気軽にお問い合わせください(^^

※フラッシュエディター本体は付属してないので、持って無い方は本体を購入して下さい

次の開発車両はコレの予定!乗って走って楽しい仕様をお楽しみに(^^

IMG_7892

 

S660 CVT専用sportsターボ!(^^

多忙な年末シーズンやその他モロモロで放置気味だったブログは、また少しづつアップしていく予定!(^^ まづ年末からの宿題だったS660CVT専用のターボ!!あれからA/Rのや羽の変更に変更を重ね、ひとまづ納得の行く仕様が完成!

20181226_103119

 

20181105_144236

 

20181225_193809

CVTなのでハードなパワーユースより、一般走行や高速巡行といったフィーリングメインで開発した専用のターボチャージャー、そしてそれに合わせたフラッシュエディターのデータインストールで完成するコストパフォーマンスも優れる仕様

S660 CVT最終比較 (3)

青がフルノーマル、緑がフラッシュエディターのカスタムデータ仕様、オレンジが前回までの開発タービン、そして赤が今回のタービン仕様、立ち上がりから、純正と変わらない特性を維持しつつ高回転までパワー感が持続するので気持ちイイ加速!工賃や価格等は数台装着テスト後に!!

ハズキル〇ペ風に言うと…

過去の経験をベースに机上で計算して、チョチョッとサイズ変更で、「ハイ、パワーアップ完成!!」なんて簡単なモンじゃないのが、チューニングの奥深さ!!何度も言うけど、数字だけで判断したら駄目!!今、開発中のS660、CVT用のターボ作ってるんだけど、パワーは上がってるのは間違い無いんだけど内容が納得できない

20181116_160951

S6比較

 

S660のCVTは4輪で回さないとフェイルセーフが入り、パワーチェックやセッティングが出来ないけどダイノジェットは4輪回す事が可能!!2輪の動力で重い4つのドラムを回すためロスが出るので数値は低めですが、比較なので問題無いし係数掛けた馬力数字なんか、本当は何馬力なのか分からないしね(^^   ノーマルは50ps、そしてブーストアップオリジナルデータ入りフラッシュエディターがノーマル比30%アップの青グラフで65ps、そして今回、CVTに限定して開発してるターボがノーマル比42%アップ緑のグラフで71ps…

S6比較 (2)_LI

「字が小さすぎて見えな~い!!下のトルクが薄すぎて意味無~いッ!!」サーキット走行やスポーツ走行メインでは無く、CVTユーザーはストリートや高速巡行等の方が多いと思うので、扱いやすい下のトルクで高回転まで回るってのが理想なので、今4個目ターボテスト中!!数字はブーストアップより10%アップだけどレブ付近の話だし、4000~6500rpm辺りは3ps程しかアップしてない…ピーク馬力は同じでも中間メインで開発してるんだけどそんな簡単にイイ物はでまへん…ってか純正タービンが良すぎるんですよね(^^;

20181105_144236