K-CARミーティングまで10日無いじゃん(^^;

早くも10月折り返し地点、10日後にはK-CARミーティング…あまり先の事は考えないで目の前の事を一つづつ片付けて行きます!申し込み未だの方は早めにお願いします(^^;

キャドカーズは、村のモータース屋なので車検もガンガン入って来ます!!車種も色々、少しややこしそうな車両でも、キチンと保安基準に適合するように整備してラインに通してます!!(^^

20200911_132958

20200917_155147

20200910_155855

20201009_131129

20201009_095813

20201016_135708

20201016_152048

IMG_3608

コチラは一般修理で入庫したコペン、たま~に引っかかり感が有るとの事で入庫。普通に走るけど、ごくたまに不整脈感が有るのでプラグを調べると

20201015_115816

沿面プラグのように見える電極が落ちた、かなり劣化したプラグ…シリンダや燃焼室にも傷があると思われるので、プラグ類の点検等もしっかり行って下さい!!

こちらはO/H中のK6エンジン、腰下は完成しヘッドはバルブ当たり修正と燃焼室加工で、バルブスプリングは回る君で12000rpmまでOK!!キャドカーズでK6エンジン製作する時は、150ps以上のハイパワーでもヘッドガスケットやピストンは純正を使用してます!  この動画のラパンも、勿論ノーマルですよ(^^

IMG_3476

IMG_3477

IMG_3479

IMG_3480

新品のヘッドボルトでヘッドを締め付けハイカムを載せバルブクリアランスを調整しバルタイを測定、スプロケはクラセンが違うタイプの流用ハイカムを使用するので、現車のスプロケを使用

IMG_3486

IMG_3483

IMG_3490

IMG_3488

IMG_3484

カムスプロケは嵌め込みなので、スライド式みたいに簡単には行かないんだよね(^^;  狙ったバルタイになるまで抜いては嵌めてと手間は掛かるけど、エンジンの性格を決める最重要な調整の一つ!!カムエンドを見て「あれ?!」って思う人はマニアです

IMG_3494

IMG_3639

完成したエンジンはクスコLSDが組み込まれたミッションとドッキングして搭載待ちなんだけど、ボディ側の腐食部分の手直しも有るので、そちらも作業進行中!

IMG_3617

IMG_3495IMG_3645

既に手直しされてるトコも有り再修正不可のパネルが多く、かなり手古摺ってますが、もう少しでボディ側は完成!その後は車輌にエンジンを搭載し、F5タービンのフィッティングや前置きI/C,V-Pro取り付けと、まだまだ結構な作業量!!

各EGやMTオーバーホール作業も承ります(^^

エンジンやミッションのオーバーホール作業が、いつもより増えてるのは、秋の走行会シーズン前だから??走行準備やアップデートは、早目にお願いしますね(^^  こちらはJBエンジンのオーバーホールで入庫していたミラ

IMG_3249

IMG_3288

IMG_3335

IMG_3348

廃盤パーツや加工に手間と時間が掛かりますが、OHしたEGとMTを車輌に搭載、始動確認まで来ました!!残りは細かい調整や試運転を残すのみ!!

こちらは同じJBエンジンでも、880コペンに積むJB単体2機!!経年劣化は有るけど、比較的綺麗な2台のJB

IMG_3326

IMG_3256

IMG_3334

IMG_3336

フルフローピストンとコンロッドをセット、バルブシールは全数交換してバルブは当たり修正、カムを組んでタペット調整!!IMG_3344

IMG_3342

紙に3台分のタペット隙間を計測した数値が書き込んでるんだけど、一発で決まる事は無く違う気筒から割り振っても足らない合わない場合は、多すぎる在庫のタペットから探すので一苦労(笑)

こちらは、久しぶりな感じのK6エンジンとミッションのO/H!最近はKFやR06が多かったので、少し新鮮な感じが(^^

IMG_3251

IMG_3307

IMG_3350

今回、約150ps仕様になる予定なので、現状分解して各部点検、計測して組み込み作業途中!!K6エンジンは強いので強化品に交換する必要ないのが魅力(^^  ミッションはクスコLSDに交換、入りの悪いギヤのシンクロ等を交換しリフレッシュ!!
IMG_3343

IMG_3347

IMG_3351

車両に搭載してから、F5タービンや前置きインタークーラーにV-Pro取り付け等、ハードとソフトの作業!!(^^

今日も注意しながら営業しています!!(^^

4月も中盤!本来なら今頃はGWの予定を立てたり会社の新人歓迎会等で活気が有る筈ですが、今年は自粛の春(^^;   大阪も自粛要請が出て在宅ワーク等を推進してますが家でエンジン組んだり現車セッティングは出来ないので、CADCARSの現場スタッフは感染注意しながらマスクをしての作業で元気に営業中!!(^^

IMG_1979

IMG_1980

IMG_1981

そんなコロナの影響で景気悪化が懸念される中、世間で好調なのは飲食店のデリバリーサービスらしいですが、車業界で需要が増えたのが部品販売!!

IMG_1982

IMG_1996

恐らく自宅待機で、手を持て余してるので車のメンテやアップデートを行ってるんでしょうね!この機会に是非、愛車のメンテやカスタムをお勧めします!!(^^

さて、HA24アルトの日産版ピノ、NAからターボ仕様に変更中で、ボルトオンターボだと、ハイブーストやタービン交換に対応出来ないのでターボ用ピストンに交換作業が前までの御紹介

IMG_1919

IMG_1914

IMG_1933

ターボのオイルライン取り出しをブロックに穴を開けるんだけど、ドリルで穴を開けタッピング作業でギャラリーに入り込んだアルミカスは完全に掃除し、純正ターボを組み付けて行き、次第に形になってきたんだけど24アルトの電動スロットルがインタークーラーと全く協調性無い方向に向いてる…

IMG_1977

IMG_1976

なので前置きI/Cに変更してF-CON とEVCで約80psオーバーの予定!!まだオイルクーラー取り回しや燃料系、本来はブーストが掛からないのでゴムで刺さってるだけの圧力センサー等、走行会に参加予定らしいのでタコメーターとシートの交換を強く推奨します!

IMG_1985IMG_2000

 

そして36アルトに好評の24回無金利キャンペーン!!台数限定なので早目の予約をお勧めします!!今日も1台、F-CON、EVC取り付け3685完了!!他にもブレーキ足回りLSDと多数の作業が有るので急ピッチで作業中です!!(^^

IMG_1963

IMG_1968

IMG_1969

 

IMG_1964

IMG_1967

IMG_1990

IMG_2005

 

ワークス2型AGS フラッシュエディター大人気!!(^^

在宅勤務やテレワークなんかカンケーネーのがこの業界、店の周りは狸やイタチやアライグマがウロウロしてる環境なので納花町民は免疫抜群!!(^^   皆さんはシッカリ予防して下さいね

20190924_085834

20190924_085814

さて、HKSのフラッシュエディターが2型対応になり、レブ.スピードリミッター解除で程よくトルクアップの3670が大人気!!データ入りで6万円なので気になる方はお気軽にお問合せ下さい!

IMG_1759

IMG_1758

IMG_1757

IMG_1772

IMG_1784

 

こちらはミッショントラブルのジムニー、シンクロが痛んでギヤの入りが悪くなり、胡麻化して乗ってた所、ギヤやシンクロの鉄粉等がシールを痛め、オイル漏れが発生

IMG_1739

IMG_1740

IMG_1741

IMG_1743

IMG_1746

IMG_1748

汚れも酷く分解洗浄し消耗パーツは新品に交換!スリーブ等、まだ使えるパーツは再使用して費用を抑えて修理完了!!異常が有る時は早めの対策が重要です!(^^

こちらもミッションの分解作業の36アルトワークス…何故か岡山国際サーキットの土が付いてたので、ソレも綺麗にしておきました(笑)

IMG_1755

IMG_1756

IMG_1767

こちらはエンジン修理中のR06A、新品ブロックに新品クランクを組みフルフローピストン:コンロッドでフリクション対策済み!!エンジンは完成し、搭載待ち!!

IMG_1753

IMG_1760

IMG_1761

IMG_1762

IMG_1763

IMG_1765

IMG_1786

こちらはJB改CADオリジナルKFピストン仕様のエンジン単体作業!距離が多くなったJBのシリンダーは痩せや傷も目立つので、KFピストン仕様用にボーリングされたシリンダーは新品と同じ!!トルクも上がり走りがシッカリします!!コンロッドはキャレロですがKFピストンに組む時はアイキャッチ画像のように小端部を削る加工が必要!!ヘッドもシールやすり合わせも行いリフレッシュ!!

IMG_1729

IMG_1734

IMG_1736

IMG_1737

IMG_1742

クランクキャップを絞めて回転抵抗の確認。抵抗なく手で軽く回るエンジンは、老け上がりも軽い気がします!!(^^

合間で進めてるエッセ改F5タービン仕様、細かいオイルラインや水回りの現物合わせ、各部位置決めもほぼ決まり全体のレイアウトが見えてきました。I/Cやパイピング系は大幅な見直しと変更、サクションやマフラー径はコストも考えて一部修正で可能か検討中

IMG_1726

IMG_1725

IMG_1783

IMG_1779

他には400コペンのV-ProをVer4.0から4.1にアップデートしてリセッティングや、LAコペンにABAコペンのインジェクター付けてブースト120kpaで足りるかどうかの確認したり、まぁまぁなテンヤワンヤ状態(汗

IMG_1781

IMG_1782

IMG_1773

IMG_1774

IMG_1775

IMG_1777

 

 

 

 

 

高過ぎはダメだけどね!

世間一般的に数値は関係無く、高い方がイイ物って何が有りますか?…学歴とか収入とかタワーマンションの居住階数、預貯金の利息とかも高い方がいいですね(^^  エンジン関係で高い方がイイと言われているモノに、圧縮比がある!

IMG_0256

IMG_0257

IMG_0260

IMG_0266

IMG_0380

今回、走行会仕様のエンジン製作依頼でNAのKF単体が入庫。バラシて各部確認しフルフロー加工済みピストン、コンロッドを組み合わせて高圧縮で製作!!圧縮比12.0手前なので、メンケンしたヘッドとピストンヘッドが当たらないように燃焼室形状を調整して仮組みし、干渉しないか確認

IMG_0575 - コピー

IMG_0577 - コピー

IMG_0595

IMG_0579

スキッシュ加工でピストントップが干渉する事も無く完成!!梱包して発送準備中!!車両に搭載したら、当店に持ち込んで現車セッティング予定なので、どんな感じになるのか楽しみですね!(^^

IMG_0647

 

可視化って大事よね!!(^^

目に見えない物を見えるようにする道具の一つにコーナーウェイトゲージって物が有る。車重の計測や各タイヤに何キロの加重が掛かってるのかを測定する機械で、御存じの方も多いと思う。当店でも公認車検やスポーツ仕様の車両製作時に使用して確認する

IMG_0012

前後、左右の車重バランスを理想の数値に合わせる時には絶対に必要な機械でコレが無かったら、まず調整は無理!!このアルトは約150ps仕様で、ブレーキング時に真っすぐ止まらない症状が有り、タイヤに掛かる左右の荷重を合わせる目的で計測すると

IMG_0008

左右で前は13%、リヤは20%近い差が有るので、コレを少なく調整して合わせて行くんだけど、バネレートとレバー比で計算しながら車高を変更していく。この時、対角で修正する、そうすれば車高変化は、極少なくて左右バランスが取れる

IMG_0010

調整後が上の数値、ドライバーが乗れば若干変わるけど、ほぼ理想で完成!!フルブレーキングでも、真っすぐ停まる様になりました!!(^^

こちらも可視化には絶対必要なツールの一つ、排気ガステスター!!車検時には排気ガスを計測するので、事前に問題無いかの確認に使うのは勿論、エンジン不調の原因探求でも使用する事多々有り!!ちなみに指定工場や認証工場は所有が義務化されてます

IMG_9671

IMG_9670

IMG_9668

このカプチーノは、F4ターボ、ハイカムのV-Pro120ps仕様ですが、排気ガスも問題無し!!(^^

和泉製作所、エンジン部フル稼働!!(^^

問題!!今預かってるエンジン、見えてる範囲で何機有るでしょう?!正解は最後に

IMG_9396

エンジンオーバーホールや修理が凄く増えたのは、CADオリジナルKFピストンを使ったエンジン製作や、36アルトのスラストメタルのトラブル対策、夏の耐久シーズン前のレースエンジン製作等が、重なった事も理由の一つ!

IMG_9171

IMG_9207

IMG_9277

IMG_9305

IMG_9306

IMG_9426

IMG_9428

既に5機以上製作し、現在3機ほど入庫しているオリジナルKFピストン組み込み仕様!ピストンはフルフロー仕様なので、キャレロ等のフルフローコンロッドに組み込む際は、サークリップ固定、フルフローじゃ無いコンロッドに組む場合は圧入でピンを固定すればOK!!CADではコンロッドフルフローお勧めなので、オイル通路も加工して組み込む!100ps前後で曲がるKFコンロッドはH断面キャレロコンロッドがお勧めです!

IMG_9329

順次組み込み製作中なので、お待ちください!!(^^ さて冒頭のエンジンの数の答えは

IMG_9396_LI (2)

JB、KF、R06合わせて8機でした~(^^ 見えてないトコに4機…(汗

 

和泉製作所フル稼働!!(^^;

平成最後の年度末ラッシュで全開の現場、ササッとアップ出来るブログネタは、たまに上げてたけど、大きな作業系は中々アップ出来ず…季節感がオカシイような過去の作業を遡ってアップする事が有るかも知れないけど気にしないでね(^^;   さて1年ほど前にキャレコン、F5ターボのV-Pro仕様を製作したワイドボディー公認のコペンローブ、今回、CADオリジナルハイカムと鍛造ピストンを組んでのリセッティングで入庫が1月末(^^;

IMG_7942

IMG_7881

IMG_7899

IMG_7918

100ps前後で曲がるコンロッドは既に前回キャレロに交換してるので今回は鍛造ピストンにキャレコンの組み合わせ、コンロッドもピストンもフルフロー仕様なので、加工無しで組めます、ピストンサイズは純正と同じなので660cc!!

IMG_7919

IMG_7880

KF-DET用ハイカムは、純正の選択タペットでクリアランスが収まるプロフィールなので、好みの数値で調整可能。バルタイはインテークは可変なので不要、触るならEXだけど、搭載すると簡単には変更出来ないので、調整式スプロケ出ないかな~?(^^  組み込み、慣らし終了後、ジェットで現車セッティング!

IMG_7944

400ローブLB比較青い142psのグラフが前回のノーマルカム仕様、赤線の164psが今回の鍛造ピストン:ハイカム仕様のグラフ!ブーストの掛かり始めから全域で出力アップしてる事が分かるよね!!もちろん、排ガスも問題ないので、このまま車検通ります(^^

IMG_7954

IMG_7955

こちらは単体O/Hと仕様変更で預かった、最終型JBエンジン。最終型と言ってもエンジン本体に違いは無くて、パワトラ別体のIGコイルに変更されてる程度なのでO・H作業は同じ!ただ今回はAT車両なのでピストンを高圧縮に変更しての組み込み!

20190110_131849

20190110_174734

まあまあの草臥れ具合なので洗浄:計測:調整して高圧縮仕様に変更しピストン、コンロッドはフルフロー加工、下準備が終われば後は組み込んで行くだけ!どんな作業も同じだけど、セッティングや組み込み作業より、下準備が一番大事です!!

IMG_7979

IMG_7980

IMG_7982

IMG_7978

IMG_7983

IMG_7938

IMG_7939

無事に完成し納車したのが、400コペンと今回の880コペン2台共、2月頭の話…(^^;  まだまだ、アップしてない和泉製作所ネタは、追々!!

20190304_154838

IMG_7977

EA21カプチーノ、セミオーバーホール(^^

当店人気のEGセミオーバーホール!!エンジンを車両から降ろして全バラするんでは無くて、車上でシリンダーヘッドやオイルパンを外しピストン、コンロッドを取り出して消耗部品を交換するメニュー。費用も少し抑えられるし駆動系やクランクまで修正必要無い場合にお勧め!車種に因っては降ろした方が早い車両も有るけど今回のカプチーノはセミオーバーホールで入庫

IMG_8158

綺麗な黄色に全塗され、エンジンはK6が搭載された珍しい後期型!吸排気ノーマルだけど距離やオイル喰い、少しメタル音も有りチューニングの前にエンジンリフレッシュでバラして行くと

IMG_8189

 

IMG_8190

IMG_8182

IMG_8181

IMG_8188

ピストンクリアランスが少し広いので確認すると、出てきたのは何と鍛造ピストン!!しかもターボも大きいのに変わってる!!要のコンロッドメタルは寸止め、ヤバいトコでした(^^; それにしても何で鍛造ピストンが!?

こちらはJB改エンジンのオーバーホール!こちらはクランクまで触るので全バラ。エンジンやミッションのオーバーホールは基本ベースで、調整箇所や修正はアドリブを効かせて組み上げる事も有ります。人間で言う所では外科手術と同じ、正確な作業が必要です (^^

IMG_7879

 

IMG_8162

20190217_125856

20190217_151213

 

210psコペンにコレクタータンク取り付け(^^

1/20にセントラルサーキットで、強烈に速い車が集まりタイムアタックするイベント「CTAC」が開催され、弊社がエンジン製作から燃料系、V-Pro制御を担当している「も。ファク」さんのコペンが唯一軽自動車でチャレンジします!!「速くするには、軽くする!」のセオリー通り燃料も少ない方がイイんだけど、少なすぎるとコーナリング時等の強烈な横Gでエア吸いを起こして失速する事が有るので、少ない燃料でも燃圧を確保出来るようにSARDのコレクタータンクを装着!

IMG_7841

IMG_7845

コレクター容量は2L、これで足りるの?と思うかも知れないけど、メインのタンクが空にならない限り、まず容量が半分を切る事は無い。550ccインジェクター使用率、約70%でブースト200kPa時の燃圧で計算すると、毎分約1.8L使用する事になる。ポンプの吐出量は165L/hだから毎分2.75Lだけど、ブースト2kPa時の燃圧は4.5kを超えるので吐出量は毎分2.0L程になるけど、それでもインジェクター吐出量よりは多いのでコレクターに戻ってくるからまず大丈夫!!駆動系やエンジン、タービンが持つかどうかも心配だけど、ビックリするようなタイムを期待しましょう!!(^^

20180603_110221

20180604_111422

880EVA