ハズキル〇ペ風に言うと…

過去の経験をベースに机上で計算して、チョチョッとサイズ変更で、「ハイ、パワーアップ完成!!」なんて簡単なモンじゃないのが、チューニングの奥深さ!!何度も言うけど、数字だけで判断したら駄目!!今、開発中のS660、CVT用のターボ作ってるんだけど、パワーは上がってるのは間違い無いんだけど内容が納得できない

20181116_160951

S6比較

 

S660のCVTは4輪で回さないとフェイルセーフが入り、パワーチェックやセッティングが出来ないけどダイノジェットは4輪回す事が可能!!2輪の動力で重い4つのドラムを回すためロスが出るので数値は低めですが、比較なので問題無いし係数掛けた馬力数字なんか、本当は何馬力なのか分からないしね(^^   ノーマルは50ps、そしてブーストアップオリジナルデータ入りフラッシュエディターがノーマル比30%アップの青グラフで65ps、そして今回、CVTに限定して開発してるターボがノーマル比42%アップ緑のグラフで71ps…

S6比較 (2)_LI

「字が小さすぎて見えな~い!!下のトルクが薄すぎて意味無~いッ!!」サーキット走行やスポーツ走行メインでは無く、CVTユーザーはストリートや高速巡行等の方が多いと思うので、扱いやすい下のトルクで高回転まで回るってのが理想なので、今4個目ターボテスト中!!数字はブーストアップより10%アップだけどレブ付近の話だし、4000~6500rpm辺りは3ps程しかアップしてない…ピーク馬力は同じでも中間メインで開発してるんだけどそんな簡単にイイ物はでまへん…ってか純正タービンが良すぎるんですよね(^^;

20181105_144236

っぽくしないとね(^^

軽自動車の魅力はコンパクトで、パーツやチューニング費用、消耗品といった維持費が普通車に比べ、抑えれる事が有るよね!?だからチューニングやワンオフで作る際は、手を抜く訳では無いけど、材料や手間を抑えて造るように心掛けてます(^^

IMG_6862

IMG_5476

性能が一緒なら価格は安い方がいい!材料でも価格が違ってくるので吟味して使い分ける事も有る….で、新車で外車でF1で培ったテクノロジー満載のルノー….これのワンオフマフラーの製作の御依頼は、そうは行かない

IMG_7584

IMG_7586

現物合わせでのワンオフは、性能は勿論、見た目のクォリティーも大事なので、フルステンレスTIG溶接仕様で製作中!!時間は倍以上掛かるけど費用も倍以上掛かります(^^;

20180526_162501_LI

20180526_164212

20180526_165816

20180526_200649

20180526_202047

IMG_7585

ここからサイレンサーを通して純正の2本出しから1本に変更、ディフューザー付けたら何も見えないけどね(^^;   でも、っぽく製作しないと!!

あ、このブログのトップアイキャッチも、っぽく変わってるから見てね~(^^

20180528_125102

36ワークス・RSにKYBローファースポーツ!

36ワークス・RSの問い合わせで85psやMax仕様の次に多いのが、足回りの問い合わせ!!HKSやTEINといった全長調整式の車高調は、スポーツ走行にはお勧めなんだけど、金額が高いし、乗り心地は硬い傾向になるので、「サーキット走行なんかしない、峠を攻めるような走りもしないけどノーマルより程良く下がって、ストリートで快適に走りたい!」といった方に、カヤバのローファースポーツセットをお勧めします!

IMG_7521

IMG_7520

純正のスプリングレートはRSもワークスも同じでダンパーの減衰が違うだけ。車高下げる目的でダウンサスのみ組み込むと、ロールした時やギャップ超えた時に落ち着かないし、ワークスの純正ダンパーは兎に角硬くて突き上げ感が大きい、RSは逆に乗り心地重視の設定なので、フラツキ感が気になる!

IMG_7524

IMG_7526

カヤバから減衰調整が付いてるストリート用のローファースポーツプラスの設定が有るけど、一番閉め込んだ減衰よりローファースポーツの方が減衰は硬いのでスポーツ向き!純正でも採用されてる正規メーカーの商品なので、耐久性や品質は安心して使用できます(^^

IMG_7529

IMG_7536

IMG_7537

IMG_7538

IMG_7539

キット取り付け後は、リヤアクスルに付いている車高センサーが光軸とEBD制御をコントロールしてるので、OBDから診断機を使用してメインECUにアクセスしてデフォルト処理後、念の為に光軸テスターで確認し微修正して作業完了!!  F:R共に約30mmダウンで、程よく下がり、それに合わせてストローク設定れてるので乗り心地を損なわず、ワークスはギャップを超えた時の不快な突き上げが無くなり、RSはギャップ超え時の収まりの悪さやロール時の不満が解消され、実にシックリ来ます!!

IMG_7518

IMG_7552

IMG_7553

これくらいの車高だとコンビニ等の輪留めに干渉する事も有りません!!「純正では満足出来ないけど、車高調整までは必要無い!」って方には是非お勧め!!試乗車、有ります(^^

商品代・取り付け作業・診断機設定一式込み ¥83,860 (TAX別)

何でも、致します!!(^^

師走の忙しさでバタバタして、中々更新出来ず(^^;  忙しい時期に限って色々な物が壊れたりトラブったり…売り上げ管理と領収発行の短縮で新規導入したレジに当店のロゴが入るように、設定したり

20171201_131548

20171201_202143

長年活躍したカッティングマシーンの後期モデルを導入したら、今までのシートが使えないトラブル発生で、使えるように試行錯誤したり

20171130_131603

20171202_131755

手間の掛かる整備以外の作業に追われてました(^^;  タービン交換で入庫してたウェイクも完成!!純正改ハイフローから、B31スポーツターボをワンオフで取り付けし、iSでセッティング!

IMG_5867

IMG_5936

IMG_5937アクセルべた踏み、ずっと6500rpmでスピードだけが上がって行くCVT仕様のウェイク!!(笑)デジャブなアイキャッチ…84psでフィニッシュ!(^^

こちらは人気のトルクロッド、今回は純正新品トルクロッドに補強加工、ブッシュ組み込みASSYでの通販での注文(¥13000)!!商品が届いたら付け替えるだけなのも人気ですが、程よい強化具合が大人気です(^^

 

IMG_5934

 

4AG、EF、JBと加工から上がって来たヘッドも!!

IMG_5926

IMG_5918

 

 

 

 

トルクロッドASSYも発売開始!!(^^

新発売のHA36ワークス・RS用トルクロッド(¥8800)の注文を多く頂き有難う御座います!!新品純正のトルクロッドASSY(¥3050)に組み込み済での御問合せが多く、御注文も頂いたので、強化ブッシュ組み込み・補強溶接済みで¥13000で承ります!!届いたら車両のトルクロッドを外して、交換するだけなので無駄も少なく済みます(^^)

IMG_5615

IMG_5617

IMG_5618

IMG_5642

IMG_5634

今日はロッドのみ持ち込みで溶接補強・圧入の御依頼もあり、やはり皆さん、ここの動きが気になってるんですね!特にAGSは丁度良い強化なので乗り心地も損なわずピッチングを抑制するので人気です!!トルクロッドを交換するにはスタビライザーをズラす必要が有るので1時間程作業時間が掛かります(^^

IMG_5641

IMG_5631

IMG_5637

IMG_5636_LI

 

 

HA36用、強化トルクロッドブッシュ発売!(^^

今回HA36で不満だった前後のピッチングを抑制するトルクロッドブッシュセットを発売します。エンジンの前後の動きが大きいのでアクセルに一瞬遅れて動くようなフィーリングが気になる方も多いと思います。

IMG_4542_LI

しかしゴムブッシュ部を硬くしすぎたり材料を変えると、今度は振動が大きくなり不快になるので、程よい硬さでピッチングを抑える事が可能なゴム硬度を数種類テストして選びました。

IMG_5571

IMG_5570

作業は純正ロッドからプレスでブッシュを抜き、分割式のCAD強化ブッシュを挟み込み、センターアルミカラーを挿入して完成です

価格¥8,800 (TAX別)

 

寒いっすね!(^^;

急に真冬の気温になり、ギヤオイルの注入が辛い季節になってきました・・・年内の預かっての作業は、ほぼ予約で一杯なので、点検や整備等の御依頼はお早めにお願いします!(^^

こちらは今回、エンケイPF01 15インチ・7J・+41をミリ単位の調整で195サイズを組み込んだ馴染みのあるコペン!!

img_1600

img_1610パッと見た雰囲気のボリューム感がイイ感じですね!!(^^

こちらは3685コンプリート、ターボ車は気温が低い事もあって出力高めで完成!!(^^

img_1593

img_1594

img_1596こちらは、オリジナルエキマニProキットのご注文!近くの車屋さんで加工取り付けが困難な場合は、ノーマルエキマニを送って頂ければ溶接してお送りするサービスも承ってます!!車検対応でリーズナブルな本格的なエキマニProキット、どうですか??NAのダイハツKFエンジン・スズキK6エンジン対応

img_1603

img_1604

img_1607

 

 

EA11圧縮比9.6・B4ターボV-Pro完成!!

少し前に作業した36ワークスのご紹介、今回は横浜から入庫頂きました!!関東からの入庫が多いのは、首都圏の交通事情も有るんだと思いますがルートは東名から名神経由では無く、伊勢湾岸からの名阪国道ルートのほうが近くて安いので、そちらで来てください!!

20160517_105234

20160517_132919

20160517_125939

20160517_170924今回は4WDのワークスなのでマフラーは藤壺製!!5ZIGENも静かでパワーが出ますが、こちらも静かで同じような特性でした!!ターボ車はマフラーでかなり性能差が出るので色々調べてみたら面白いですよ!!

さてエンジンの制作、V-Proの取り付け・セッティングで入庫頂いたカプチーノが完成しました!!圧縮9以上のエンジンは前回も当店で製作し制御は青いe-manageで制御してました。今回は前回より、まだ圧縮を上げ制御をV-Proに変更。

20160418_143031

何処かでVマウント化されており、今回のターボに合わせてパイピングを作り替えるんですが、当店オリジナルのΦ42アルミパイピングでワンオフ制作!!Φ42はあまり設定が無いサイズのアルミパイプですが、軽自動車のスロットル周りやI/Cのサイズに多く使われてるしジャストサイズなので、ワンオフで制作する際はお勧めです!!ぜひ当店のH/Pのパーツページで確認して下さい!!(^^

20160517_102251

20160517_102218

20160516_174056

20160519_115551曲げ角度は30°60°90°と有りますので、無理なく違和感無く制作するには、必要!!さて取り回しも決まり、ジェットでのセッティング開始!!かっなりの高圧縮なので、ノックに最大の注意を払いながら進めて行きますが最初にバルタイを決めます!!

20160519_171903

大きめなB4ターボ、9.6の高圧縮、ピークトルク、排気温度・・・全てを考慮しながら、IN・EXをそれぞれ変更しながら、ジェットを回して確認し、またズラシテ確認し・・・と何度も調整してこのエンジンで、理想のバルタイを決定。後はノッキングに注意しながら、ブーストを上げて行き

20160519_170308

20160519_171702 (2)

相定どおり中間の燃料はかなり増量され、平行に走るトルクカーブが高効率である事を証明してますね!!そんなに大きく無いサーキットがターゲットなので、中間メインのバルタイとセッティング、4500手前でフルブースト145Kpaまで上がる150psピックアップ、NAフィーリングで気持いいですよ!!(^^

ハイト調整スペーサー

ダイハツ コペン・エッセ・ミラ リヤ用

2枚¥3000(税別)ご注文>>


20130618_123515イハツ・リヤ用 車高調整スペーサー
ライドハイトやスプリングとボディーの間に挟む事で車高を約20mm上げる事が出来ます
ゴム製 厚さ20mm 内径95mm