再々再々再修理!!とか

「2度有る事は、3度ある」「3度ある事は、4度ある」「4度ある事は、5度ある」と、なるか!?「5度目の正直」と、なるか!?…ジムニーミッションの異音修理、前回、ドリルで回す等、確認して積み込んだけど完治せず( ;∀;) なので今回はケースにも加工を施しベアリング類も、もう一度新品にして組み込んでみます

IMG_0771

 

こちらは、オリジナルハイカム交換依頼で単体で持ち込まれた400コペンKFエンジン。最近のチェーン式ベルトは、オイルパンやフロントカバーを外し全バラに近い状態にしなくても、カムだけ交換なら比較的簡単(と言っても少し難しいが)に作業出来るようになってます

IMG_0754

IMG_0765

20191114_143622

 

タペット調整後、タイミングズレが無いようにカムを組み込んで完成!!サブコン制御の場合はアイドル回転数の変更が出来ないので、過度なプロフィールやタペット隙間はチェックランプ点灯の要因になります

こちらは、クランク:ブロックNGのエンジン、スラストメタルがズレて段が出来て再使用不可

IMG_0760

 

IMG_0762

IMG_0758

IMG_0759

新品クランク:シリンダーブロック:フルフローピストン:フルフロー加工コンロッドを組み込み中!!

エンジン関係の作業が多く順番待ちなので、単体で持ち込まれたり加工のみの御依頼も頂いてます。最近増えたのが、880コペン等で使用しているJBエンジンのーバーホール序でに、CADオリジナルKFピストンを組む競技用仕様の加工依頼。純正JBコンロッドは小端部がKFより太いのでフルフローと同時に幅の調整加工も必要IMG_9951

IMG_9945

IMG_9952

 

ボーリングするのでシリンダーも新品同様になり、700ccの排気量と圧縮比アップで、トルクの薄いJBエンジンが、かなり扱いやすくなり、燃費も上がり耐久レース等でアドバンテージになります!!コンロッドのフルフロー加工は、KFは1本2000円、JBは小端部サイズ加工も必要なので1本3000円になります

整備関係も多く入庫し、車検や修理、パーツ取り付けと寒波襲来でも汗をかくほど動きまわってるので丁度いい感じです(^^

20191114_095040

20191114_152554

IMG_0719

IMG_0723

IMG_0669

 

今日はブログ2つアップ!なかなかスンナリ行かんね(^^;

比較的、穏やかに過ぎた3連休の最終日。なのでジックリ作業が進み、エンジン脱2機、MTバラシ1機、シリンダーヘッド脱1機…そして

IMG_0729

IMG_0730

 

IMG_0738

IMG_0737

中で作業している石川社長が見えるオプティは耐久仕様製作の為、バラシ作業開始!!解体作業開始1時間程でコノ状態…(^^; ハンドル握る方は、手伝いに来て頂いて構いませんよ~!

現場作業もハード…まづは、昨日、岡崎から周回仕様の36ワークスがタービン交換で入庫したんですが、クラッチ踏んだら違和感…「あ~、コレもやわ…」と、エンジンを降ろすと

IMG_0735

IMG_0739

クランク削れでスラストが落ちてました…このままターボ交換して走ってたら間違いなくエンジンブローしてましたね!先にエンジンの修理から着手します(^^;

こちらは少し前にエンジン、MTのオーバーホール作業で入庫したジムニー。納車後、少ししてから冷気時にMTから「ガ~ッ」と異音が発生するとの事で再入庫。クラッチを踏むと止まるFFでは良く有る症状ですが、縦置きMTは初めてなので、インプット周りやパイロットベアリング周りを疑い、降ろしてグリスアップし積んでみたけど変わらず…なので内部を確認の為、再度降ろしてバラシてみると

IMG_0731

 

IMG_0732

IMG_0733

IMG_0734

 

ベアリングやシンクロは全て新品に交換してるので問題無し!考えられる場所を検証すると、ケースとベアリングの当たり面に不自然な干渉痕…20万キロ走行してるのでケース自体の痩せや、始動時の硬いMTオイルの影響と思われるので、調整して組み付けてみます!

こちらは水が減るとの症状で入庫した36ワークス。ホースや繋ぎ目から漏れてるのか?直ぐに治るだろうと確認した結果…

IMG_0682

IMG_0692

IMG_0693

何とヒーターコアのチューブからダダ洩れ…(ToT

こちらは、先日完成した下置きF5ターボのカプチーノ。納車後にセントラルサーキット走行した後から、異音がするとの事で確認すると、確かに大きなカタカタ音が聞こえるので再度入庫。ラッシュのようなメタルのようなピストン打音のような…ハードな周回を何度も走行してるので、確認の為、ヘッドをおろして検証してみます

IMG_0740

 

すべて順調にすんなり行く方が少ないけど、S6やKF、R06のエンジンやミッショントラブル等、一つづつ原因を突き止め対策して行くしかないですね(^^;

 

類は友を呼ぶ、ジムニーはジムニーを呼ぶ(^^

類は友を呼ぶって言うけど、カプチーノばかりの時も有れば普通車ばかりの時も有ったり、ジムニーが続けて入庫したり…

IMG_9083

IMG_0439

 

IMG_0471

IMG_0473

 

JB23ジムニーはインタークーラーを前置き化して空いたスペースにトラストの上置きオイルクーラーを取り付け。8年くらい前に、まだ上置きオイルクーラーとか無かった時に、ワンオフでJB23上置きて製作した事が有るんだけど、レイアウトやフィッティング角度がトラストのキットと似てるのを見て「やっぱ、こうなるよね~」と納得!!(笑)

011 (30)

さて試乗や問い合わせの多いJB64ジムニーのパワーエディター、簡単に10ps程パワーが上がるけど、グラフで見る程の体感が無いのはジムニーの車重が1t超えてるのが原因

jb64比較

IMG_0376

ジムニーが52psから10ps上がってるって事は19%のアップ。これを36で例えると64psから19%アップって事は76psと同じなので、結構体感できると思うんだけど、パワーウェイトレシオで比較すると、ジムニーの62psは36ワークスだと40psと同等なんだよね(^^;   もちろんギヤ比等も違うので加速性能での比較は出来ないけど、パワーは確実の上がってるし、64ジムニーのオーナーなら違いが分かると思います!!いずれは36ワークスより360kgも重いので、やっぱりF-CON等を使用した6485メニューが必要ですね(^^

64ジムニー 驚きのパワーエディター!(^^

HKSから発売されている64ジムニー用、エキゾースト&ブーストアップセット。パワーアップするには、細いマフラーを交換する必要が有るので、最初から両方がパッケージングされているお得なパーツ!先日の告知どおり、CAD64ジムニーに装着して早速、効果を見てみる!!

IMG_0372

IMG_0370

IMG_0373赤がフルノーマル、青がマフラーを交換、緑がマフラーとパワーエディターを付けたグラフ!!結果は御覧の通り簡単に約10ps以上のパワーアップ、恐るべし!!って事で次に、パワーエディターのデータ編集が可能なイージーライターを使用し、もう少しパワーアップしないか編集して検証してみると

IMG_0376

IMG_0379

jb64比較

書き込む際にビックリするような警告画面が出て来るけど、恐れることなく編集して書き込んでパワーチェック!!緑がノーマル、青がHKSのストックデータ、赤がCAD編集データのグラフ。青のHKSの数値が最初の66psと違うのは、何度もシャシダイで回すうちに、パワーダウンが著しかったので、熱ダレ具合がほぼ同じ条件での比較だと思って欲しい。HKSデータから編集した結果は、1psと、ほんの少しアップしたけど、体感は出来ない範囲かな?!(^^;   それに編集したらノックも聞こえるポイントが有ったので大きく編集は無理っぽいから、HKSストックデータでも十分?!データ取りも出来たし…消費税は上がるけど、64ジムニー乗りの方には、多くの方に購入して欲しいので、今なら取り付け工賃サービスでセット販売します!!エフコンデータ取りの前なら、このパワーエディタージムニーの試乗出来ますので、気になる方は連絡下さいね(^^

IMG_0357

 

 

JB64ジムニーマフラー装着!

構想2分で決まったJB64ジムニーのパワーアップ!早速、HKSから発売されているマフラーとパワーエディターがセットになったエキゾーストブーストアップパッケージを購入し装着!!

IMG_0346

 

IMG_0349

IMG_0348

IMG_0347

ノーマルとHKSマフラーを並べての比較写真が撮りたかったけど、既に装着されており断念…かなり細い純正マフラーなので、交換するだけでも、かなりの効果が期待出来そう!!そして、センサーに割り込ませるだけで装着に10ps程アップするパワーエディターを装着してパワーチェック!IMG_0351

したいんだけど、86がジェットに張り付いてるので、順番待ち(^^; この86はエンジンをO/Hしてハイカムや各部変更した状態で持ち込まれ、セッティングのみの御依頼。NAだからターボのように各ブーストで合わせる必要が無い分、燃料、点火、バルタイとシビアに合わせる必要が有るので難しい

IMG_0353

IMG_0312

IMG_0316

4AGは過去にターボ化したV-Proしか作業した記憶が無く、サブコン、しかもかなり古いF-CON SZでのセッティング依頼なので、作動やSZでの制御可能なのかの確認からスタート!

IMG_0313

IMG_0315

抜け止めのピンが付いた懐かしいカプラーを外し、インジェクターは高抵抗に交換!車両はハイカムが組まれるとの事で、かるくジェットで回して見ると、なかなか厄介なグラフ…ここからバルタイを中心に、セッティングしていきます(^^

IMG_0350

64ジムニー、やりますyo!!(^^

車検ライン中にスマホでアップしたから今日は、もう上げなくても、ええか~と思ってたけど、ネタが豊富に有るので更新!!タイトルに有る様に、64ジムニーを購入して、半年以上。ノーマルの素性も分かったし、チューニングの相談も多くなってきたので、すこしづつ進めて行きます!!今はフルノーマルなので、まづは現状のパワーチェック!

IMG_0317

IMG_0319

IMG_0320

JB64ノーマル

フルノーマルの結果は、ダイノジェット計測で52ps!!36ワークスと比較する良く似たパワーカーブだけど、全体的な比率でみるとワークスより中速トルクが高い事が分かる。次はHKSのマフラーとパワーエディターを装着して、オリジナルデータを作ってから、次はF-CON iSとEVCで3685のように、ハイパワーな6485を開発します!!ジムニー乗りの方、お楽しみに~(^^

IMG_0324

HKSマフラー繋がりで…フルノーマルの36ワークスの御紹介。チューニングは、まず吸排気からのセオリー通り、エアフィルターとマフラーを交換!!剥き出しタイプのエアクリーナーアは吸気の音が大きくなるので、今回は純正置き換え高効率タイプを選択!マフラーは中間からのレーシングサウンドが気持ちイイ、サイレントハイパワー!

IMG_0302

IMG_0305

IMG_0307

IMG_0306

IMG_0308

IMG_0309

IMG_0310

マフラーを外して真っすぐ切断し、バリ取りした後、ジョイントで繋いで完成!!次は、パワーアップもだけど、ブレーキや足回りのチューニングも進めていきたいですね(^^

開発車両JB64ジムニー納車(^^

発表と同時に注文が殺到した為、納期待ちだったNewジムニー、最近はチラホラ街中で見かける事も有り、早く乗りたいな~と思ってましたが

20180804_162741CADCARS開発車両JB64Wジムニー納車されました!!(^^ 36ワークスと同様にVVT付きR06エンジンの特性を活かしたブーストアップやターボ交換を中心に開発を進めていく予定!!5MTでもクルーズコントローラーやレーン維持機能も付いてて高速巡行等も快適そうです

20180804_161125

20180804_163016

20180804_163021

I/Cはスペースの有る場所に縦置き、エアクリBOXはエンジンの上、CPUは36と同じミツビシ製…もう既に3685みたいな、6485メニューが頭に浮かんで来ました!!お楽しみに~(^^

20180806_101340

20180806_101346