64ジムニー 驚きのパワーエディター!(^^

HKSから発売されている64ジムニー用、エキゾースト&ブーストアップセット。パワーアップするには、細いマフラーを交換する必要が有るので、最初から両方がパッケージングされているお得なパーツ!先日の告知どおり、CAD64ジムニーに装着して早速、効果を見てみる!!

IMG_0372

IMG_0370

IMG_0373赤がフルノーマル、青がマフラーを交換、緑がマフラーとパワーエディターを付けたグラフ!!結果は御覧の通り簡単に約10ps以上のパワーアップ、恐るべし!!って事で次に、パワーエディターのデータ編集が可能なイージーライターを使用し、もう少しパワーアップしないか編集して検証してみると

IMG_0376

IMG_0379

jb64比較

書き込む際にビックリするような警告画面が出て来るけど、恐れることなく編集して書き込んでパワーチェック!!緑がノーマル、青がHKSのストックデータ、赤がCAD編集データのグラフ。青のHKSの数値が最初の66psと違うのは、何度もシャシダイで回すうちに、パワーダウンが著しかったので、熱ダレ具合がほぼ同じ条件での比較だと思って欲しい。HKSデータから編集した結果は、1psと、ほんの少しアップしたけど、体感は出来ない範囲かな?!(^^;   それに編集したらノックも聞こえるポイントが有ったので大きく編集は無理っぽいから、HKSストックデータでも十分?!データ取りも出来たし…消費税は上がるけど、64ジムニー乗りの方には、多くの方に購入して欲しいので、今なら取り付け工賃サービスでセット販売します!!エフコンデータ取りの前なら、このパワーエディタージムニーの試乗出来ますので、気になる方は連絡下さいね(^^

IMG_0357

 

 

JB64ジムニーマフラー装着!

構想2分で決まったJB64ジムニーのパワーアップ!早速、HKSから発売されているマフラーとパワーエディターがセットになったエキゾーストブーストアップパッケージを購入し装着!!

IMG_0346

 

IMG_0349

IMG_0348

IMG_0347

ノーマルとHKSマフラーを並べての比較写真が撮りたかったけど、既に装着されており断念…かなり細い純正マフラーなので、交換するだけでも、かなりの効果が期待出来そう!!そして、センサーに割り込ませるだけで装着に10ps程アップするパワーエディターを装着してパワーチェック!IMG_0351

したいんだけど、86がジェットに張り付いてるので、順番待ち(^^; この86はエンジンをO/Hしてハイカムや各部変更した状態で持ち込まれ、セッティングのみの御依頼。NAだからターボのように各ブーストで合わせる必要が無い分、燃料、点火、バルタイとシビアに合わせる必要が有るので難しい

IMG_0353

IMG_0312

IMG_0316

4AGは過去にターボ化したV-Proしか作業した記憶が無く、サブコン、しかもかなり古いF-CON SZでのセッティング依頼なので、作動やSZでの制御可能なのかの確認からスタート!

IMG_0313

IMG_0315

抜け止めのピンが付いた懐かしいカプラーを外し、インジェクターは高抵抗に交換!車両はハイカムが組まれるとの事で、かるくジェットで回して見ると、なかなか厄介なグラフ…ここからバルタイを中心に、セッティングしていきます(^^

IMG_0350

64ジムニー、やりますyo!!(^^

車検ライン中にスマホでアップしたから今日は、もう上げなくても、ええか~と思ってたけど、ネタが豊富に有るので更新!!タイトルに有る様に、64ジムニーを購入して、半年以上。ノーマルの素性も分かったし、チューニングの相談も多くなってきたので、すこしづつ進めて行きます!!今はフルノーマルなので、まづは現状のパワーチェック!

IMG_0317

IMG_0319

IMG_0320

JB64ノーマル

フルノーマルの結果は、ダイノジェット計測で52ps!!36ワークスと比較する良く似たパワーカーブだけど、全体的な比率でみるとワークスより中速トルクが高い事が分かる。次はHKSのマフラーとパワーエディターを装着して、オリジナルデータを作ってから、次はF-CON iSとEVCで3685のように、ハイパワーな6485を開発します!!ジムニー乗りの方、お楽しみに~(^^

IMG_0324

HKSマフラー繋がりで…フルノーマルの36ワークスの御紹介。チューニングは、まず吸排気からのセオリー通り、エアフィルターとマフラーを交換!!剥き出しタイプのエアクリーナーアは吸気の音が大きくなるので、今回は純正置き換え高効率タイプを選択!マフラーは中間からのレーシングサウンドが気持ちイイ、サイレントハイパワー!

IMG_0302

IMG_0305

IMG_0307

IMG_0306

IMG_0308

IMG_0309

IMG_0310

マフラーを外して真っすぐ切断し、バリ取りした後、ジョイントで繋いで完成!!次は、パワーアップもだけど、ブレーキや足回りのチューニングも進めていきたいですね(^^

今回はEA11カプチーノの3台!!(^^

今回はカプチーノネタ!!1台目は出力120psチョットでセントラルを32秒台で走るカプチーノの御紹介!有り余るパワーで直線タイムを稼ぐのは簡単だけど、そこそこのパワーでタイムを出すには、スピードを下げずにコーナーを旋回できる、高い車両性能とドライビングが必要なんだけど中々難しい

IMG_7578

20180623_185918エンジンルームはノーマルエキマニにポン付けGT15なのでシンプル!トラクションは、足回りやダウンフォースで稼ぎタイムが上がって行くに連れて燃料のエア吸い症状が出だし、タンクに3/4程入ってても出るとの事なので、かなりの旋回Gが掛かってる事になる!オープン時にルーフパネルを収納するトランクスペースは確保したかったけど、エア吸い対策を優先しコレクタータンクを搭載!

IMG_8415

IMG_8408

IMG_8416

重量物を取り付ける時の配置位置は、重量配分や整備性を考慮してホイルベース内、重心の近くで低くってのがセオリー、さらにガソリンが入ってるので他車に突っ込まれた時の事も考慮してスペアタイヤスペースに取り付け、タワーバーさんには変形してギリギリで避けてもらいました(^^;

IMG_8418

IMG_8419

コレクター効果は抜群らしく、ガソリン残量が1/4以下でも全く症状が出なくなったとの事!!

もう一台も青系のカプチーノ、軽自動車としては珍しいゼロヨン仕様、10年くらい前にラージF5タービンやウェストゲートワンオフエキマニを製作し、F-CON Sで制御、約170psでゼロヨンは13秒0!今も当時と変わらない仕様で車検が切れたまま2年近く放置されてました

004 (17)

003 (33)

002 (30)

今回、車検を受けるために合法ゼロヨン仕様変更で入庫!!かなり尖った仕様だけど、パワーを下げないように純正触媒やスポーツキャタライザーを付けたので車検は問題無く通りました!!なのでゼロヨン走行して、そのまま車検ラインに入っても排気ガスもOKな合法仕様です(^^

IMG_8424

こちらのカプチーノはF4ターボのスポーツ仕様!エンジンをリフレッシュしたり外装を全塗したりとカプチーノを大事に乗ってるのが伝わる1台!今回は、ダッシュパネルの交換作業で入庫!!廃版パーツが多いので新品でメーカーに有るのか確認すると、まだ在庫ありとの事!!

IMG_8009

IMG_8008

紫外線や経年劣化でヒビ割れたりしてる事が殆どだけど、目に見えるとこなのでココが新品になると…

IMG_8019

IMG_8080

IMG_8106

IMG_8107

チョー綺麗!!一気に質感が上がり、新車の雰囲気!!ここまで綺麗になると、他の内装パーツの劣化具合も気になりだし、どんどんレストアに嵌まって行きそうだけど、ダッシュパネル新品は、イイッ!!(^^

 

 

 

開発車両JB64ジムニー納車(^^

発表と同時に注文が殺到した為、納期待ちだったNewジムニー、最近はチラホラ街中で見かける事も有り、早く乗りたいな~と思ってましたが

20180804_162741CADCARS開発車両JB64Wジムニー納車されました!!(^^ 36ワークスと同様にVVT付きR06エンジンの特性を活かしたブーストアップやターボ交換を中心に開発を進めていく予定!!5MTでもクルーズコントローラーやレーン維持機能も付いてて高速巡行等も快適そうです

20180804_161125

20180804_163016

20180804_163021

I/Cはスペースの有る場所に縦置き、エアクリBOXはエンジンの上、CPUは36と同じミツビシ製…もう既に3685みたいな、6485メニューが頭に浮かんで来ました!!お楽しみに~(^^

20180806_101340

20180806_101346

 

コーナリングを制す!!(^^;

今日でG/Wも終わりですが、皆さんはイイ休日を過ごせましたか?!大型連休中は、レッカーサービスでの入庫が多いんですが、今回は大きなトラブルモ無く比較的、ユックリと作業できました!こんな時しか出来ないデモカーのAGS交換作業等かなり捗ったので、序でにドライバーの負担を減らす目的でスタビライザーを、この機会に取り付け!!

IMG_7441

IMG_7462

IMG_7461

って、積車ですけどね(笑

「スタビが要る程のスピードでコーナー走り抜けんやったらええやん!」って突っ込みは無しで、何より下から見た時のインパクトが凄いっしょ?!これで、配送時間の短縮に繋がるばい!!(^^

 

IMG_7464

こちらは、少し前に製作した「よく見たらGT1544が付いてる」関東から入庫したKeiワークス、今までのF-CON iS制御から今回V-Pro制御に変更し、8800rpmで発生するバルブサージ対策で強化バルブスプリングに交換、そしてK6用ハイカムシャフトもテスト!!

IMG_7391

 

IMG_7433

 

IMG_7436

 

純正風に拘って製作したので、触媒やサクションホース、タービンからインタークーラーへ行くフランジまで純正を使って製作!!今回、強化アクチュエーターを追加したので立ち上がりポイントも改善!!作業はヘッドを降ろさず、車上で強化バルブスプリングとバルブシールを交換、バルブが抜け落ちたら終わりだけど、交換は無事に終わりました!(^^

IMG_7440

IMG_7439

IMG_7467

IMG_7475

後は組み上げてI/Jを大容量に交換しV-Pro Ver3.4化です(^^   それから、明日から当店は3連休になりますので、宜しくお願いします

 

 

超アナログ仕様は逆に難しい(^^;

「いきなりエンジンが始動出来なくなった」との症状で入庫したHB11ワークス、軽トラだろうがレクサスだろうがフルチューン車だろうが、内燃機関で燃料を使う車輌なら機構はドレも同じ!

IMG_6991

IMG_6935

20年経過してるので何がトラブってもオカシク無いし、少しチューニングされてる様子。定番の燃料ポンプ系は問題無し…プラグも火は飛んでるのでクランク角センサー系も問題無し…って事はインジェクターも作動してるはず….ん?音を聞くとインジェクターが作動してないのでCPUの配線を見ると、ココで初めてサブコンのアルティメイトが装着されてる事が判明

IMG_6936

IMG_6937

これなら作動しない事が有り得る、オシロで確認するとインジェクターの信号入力は問題ないのに、出力信号が出てない。しかし、たまにEGが始動する事も判明したので、対策のスイッチを装着して始動不可の問題解決!!しかし、オーナーから「最近購入した車両で仕様も良く分からないしセッティング内容も確認して現車合わせて欲しい」との御依頼追加でデータを確認し、計器類を装着してジェットでセッティング!

IMG_6954

IMG_6970

まず入庫時のブースト110kPaとサブコンデータで計測すると80.5ps!仕様が分からないので注意しながら現車で合わせていくと…この型のワークスは点火とスロットルが触れないので、燃料とエアフロしか触れない超アナログ仕様…AF値、ノッキング、排圧を見ながらデストリビューターで点火時期調整していった結果

IMG_6973

IMG_6983

IMG_6982

入庫時は、セッティングズレで7000rpm以上吹けなかったんですが、7800rpmレブまで回るようになり、最終ジェットで96psで完成!

引き続きメカニックスタッフ募集!!(^^

 

確かに馬力は下がったけどね

車の馬力は運動性能を表す数字なので、一般的には馬力は高い方が偉い!!ってのが常識だけど、「必ずしもそうでは無いですよ!」と何度も伝えてますが、今回のパワーチェックは正にその分かり易い例(^^

IMG_6854_LI

エンジンルームで分かるように吸排気フルノーマルのZC32がパワーチェックで初めての御来店。話を伺うと来週に、モンスターのエアクリとマフラーを交換するので、ノーマルとの比較検証をしたいとの事!まずフルノーマルでは121.2psの結果でした。で、1週間後、パーツを装着して再び計測で御来店!

IMG_6922

IMG_6923_LI

新品のエアクリーナーキットとマフラーが装着されNAらしいフィーリングとサウンドが大人のチューニングっぽくて好感が持てる!で、計測した結果は、120.8psと僅かに数字はダウン…でもグラフを見れば性能は明らかに良くなって事が分かる!

IMG_6926

この結果を見たら数字は参考だと分かるでしょ!?レブ手前は少しずつスロットルが閉じてるのでグラフはほぼ同じ、でも低速~中間トルクは明らかに向上してますね!!馬力だけで車の性能は語れないって事です(^^

φ50 球面フランジProキット

スズキ ダイハツ 軽自動車

¥7000(税別)ご注文>>>


軽自動車の触媒後に採用されてる事の多い球面フランジを

入り口・出口ともにφ50に交換することでトルクが向上します

純正をカットし溶接で取り付けます

SUS材 フランジボルト径:M10 1.25
パイプストレート長さ・60mm