人気のジーノ、イイね(^^

泉州地方の祭りも終わり、少し落ち着いた感じが有りますが、秋のイベントと言えば、K-CARミーティング!!今年は少し早く、10/21に開催され、まだ参加受付中との事!!今年もCADCARSから36ワークスを中心にお客さんやCAD36100AGSで参加しますので是非一緒に走りましょう!!

23760219_820931151420436_1170450248_o (1)

K-CAR

さて個性的なルックスで今だに根強い人気なのが、ダイハツミラジーノ!!エンジンもEFやJB、ターボ仕様やNA仕様と豊富な選択も人気の一つ!!このジーノはEF-SE搭載モデルで外観は3ドア!確かジーノは3ドアの設定は無かったハズなので顔面移植モデルかな?メニューは人気のEF-SEから、ノウハウ満載なEF-VEに載せ換え!ミッション側は変更無しだったけど、インプットシールからの滲みが酷かったので、ここはサービスで交換しときました(^^

20180811_145332

20180914_173411

20180908_163733

20180908_172323

 

エンジン載せ替え時に、スロットルワイヤーやパワステの加工後、エンジンハーネス引き換えて車両ハーネスをSEとVEで繋ぎ変えて、同時にイーマネージ制御用ハーネス追加!!各メータ類、チェックランプ点灯も無く、ジェットで現車セッティング完成です!!

20180916_111640

20180916_180253

20180918_092352

 

20180918_151249

20181012_104129_LI

 

 

こちらも、ミラジーノ、EF-DET!症状は1.2速のギヤの入りが悪いとの事で、EG,MT一緒に降ろして、まづは分解してみる

20180922_172850_LI

20180923_191918

20180924_110655

20180924_110120

20180924_110648

シンクロを外して見ると色が変わってて「何かコーティングしてる?」と思ったけど、良く見ると溝も無いし、1速シンクロが割れてました(^^;  正規の状態に組み直して搭載し完成!!同時に車検も有難う御座いました(^^

1539344709089

20181012_154414_LI

 

 

開発車両JB64ジムニー納車(^^

発表と同時に注文が殺到した為、納期待ちだったNewジムニー、最近はチラホラ街中で見かける事も有り、早く乗りたいな~と思ってましたが

20180804_162741CADCARS開発車両JB64Wジムニー納車されました!!(^^ 36ワークスと同様にVVT付きR06エンジンの特性を活かしたブーストアップやターボ交換を中心に開発を進めていく予定!!5MTでもクルーズコントローラーやレーン維持機能も付いてて高速巡行等も快適そうです

20180804_161125

20180804_163016

20180804_163021

I/Cはスペースの有る場所に縦置き、エアクリBOXはエンジンの上、CPUは36と同じミツビシ製…もう既に3685みたいな、6485メニューが頭に浮かんで来ました!!お楽しみに~(^^

20180806_101340

20180806_101346

 

コーナリングを制す!!(^^;

今日でG/Wも終わりですが、皆さんはイイ休日を過ごせましたか?!大型連休中は、レッカーサービスでの入庫が多いんですが、今回は大きなトラブルモ無く比較的、ユックリと作業できました!こんな時しか出来ないデモカーのAGS交換作業等かなり捗ったので、序でにドライバーの負担を減らす目的でスタビライザーを、この機会に取り付け!!

IMG_7441

IMG_7462

IMG_7461

って、積車ですけどね(笑

「スタビが要る程のスピードでコーナー走り抜けんやったらええやん!」って突っ込みは無しで、何より下から見た時のインパクトが凄いっしょ?!これで、配送時間の短縮に繋がるばい!!(^^

 

IMG_7464

こちらは、少し前に製作した「よく見たらGT1544が付いてる」関東から入庫したKeiワークス、今までのF-CON iS制御から今回V-Pro制御に変更し、8800rpmで発生するバルブサージ対策で強化バルブスプリングに交換、そしてK6用ハイカムシャフトもテスト!!

IMG_7391

 

IMG_7433

 

IMG_7436

 

純正風に拘って製作したので、触媒やサクションホース、タービンからインタークーラーへ行くフランジまで純正を使って製作!!今回、強化アクチュエーターを追加したので立ち上がりポイントも改善!!作業はヘッドを降ろさず、車上で強化バルブスプリングとバルブシールを交換、バルブが抜け落ちたら終わりだけど、交換は無事に終わりました!(^^

IMG_7440

IMG_7439

IMG_7467

IMG_7475

後は組み上げてI/Jを大容量に交換しV-Pro Ver3.4化です(^^   それから、明日から当店は3連休になりますので、宜しくお願いします

 

 

3度目の正直!?(^^;

今週の関西地方は、本当に穏やかな快晴で絶好の花見日和でしたね、 明日からは新生活がスタートする4月、頑張って行きましょう!(^^

20180328_112107

さて、そんな平和で穏やかな天気とは程遠いCADCARSの現場!!車検・整備、エンジンO/Hやセッティングと全開ですが、その中のオーバーホール依頼でエンジン単体で持ち込まれたJB、リビルトエンジンらしいんですがバラシて行くと…

20180329_145933

20180329_173231_LI

IMG_7058

IMG_7060

インテークカムの組み間違いや、コンロッドが曲がった痕跡のシリンダーが使用されて組まれてます 本人がブローしたエンジンで再生されたリビルトエンジンと納得してるなら問題ないですが、気持ちよく思わない方も居ると思うので気を付けて下さい

コンロッド曲がりはKFに多発するトラブル、90ps程でも曲がる事が有り、先日もブログで紹介したKF-DETで曲がったばかり…

IMG_6964

GT1544でブースト80kPaで曲がったので、今回はコンロッドフルフロー加工で組み込み、ピストンはハイコンプに変更してブースト控えめでトルクを稼ぐ仕様に変更して再セッティング開始!!

IMG_7063

IMG_7066

ハイコンプでピックアップも良くなり、コンロッドが曲がったブーストでも問題無く、「良し!イケる!」とコンマ1ブーストを上げて100psオーバー手前のトコで

IMG_7086

ブースト90kPaでまた曲がってしまいココロも折れました…(^^;   やっぱりKFのコンロッドは大きなトルクには負けるようなので、170psでもビクともしない事は証明済みのキャレコンに変更して、1544をブン回してやります!!!

IMG_7093

IMG_7095

IMG_7090急いで組み直し中のエンジン!!完成、慣らし後にリセッティング予定は明後日!?

IMG_7041

IMG_7042

IMG_7044

IMG_7036

IMG_7069

IMG_7088

IMG_7096

20180329_145749今週は何故か、カイエンやルーテシア、LC500まで…(^^;

超アナログ仕様は逆に難しい(^^;

「いきなりエンジンが始動出来なくなった」との症状で入庫したHB11ワークス、軽トラだろうがレクサスだろうがフルチューン車だろうが、内燃機関で燃料を使う車輌なら機構はドレも同じ!

IMG_6991

IMG_6935

20年経過してるので何がトラブってもオカシク無いし、少しチューニングされてる様子。定番の燃料ポンプ系は問題無し…プラグも火は飛んでるのでクランク角センサー系も問題無し…って事はインジェクターも作動してるはず….ん?音を聞くとインジェクターが作動してないのでCPUの配線を見ると、ココで初めてサブコンのアルティメイトが装着されてる事が判明

IMG_6936

IMG_6937

これなら作動しない事が有り得る、オシロで確認するとインジェクターの信号入力は問題ないのに、出力信号が出てない。しかし、たまにEGが始動する事も判明したので、対策のスイッチを装着して始動不可の問題解決!!しかし、オーナーから「最近購入した車両で仕様も良く分からないしセッティング内容も確認して現車合わせて欲しい」との御依頼追加でデータを確認し、計器類を装着してジェットでセッティング!

IMG_6954

IMG_6970

まず入庫時のブースト110kPaとサブコンデータで計測すると80.5ps!仕様が分からないので注意しながら現車で合わせていくと…この型のワークスは点火とスロットルが触れないので、燃料とエアフロしか触れない超アナログ仕様…AF値、ノッキング、排圧を見ながらデストリビューターで点火時期調整していった結果

IMG_6973

IMG_6983

IMG_6982

入庫時は、セッティングズレで7000rpm以上吹けなかったんですが、7800rpmレブまで回るようになり、最終ジェットで96psで完成!

引き続きメカニックスタッフ募集!!(^^

 

400ローブ×F5×ハイカム×鍛造ピストン=(^^

結局、朝イチ更新継続出来ず…(^^;     今回はKF-DFTネタ!400コペンや新型のタント等、ダイハツの新型車両に搭載されてるエンジンはKF型メイン!ブーストアップ程度では、壊れないと思いきや90ps超えた辺りで壊れる事が有れば100ps超えでも壊れなかったり…その見極めが難しいんだけど今回分かった事は…90~100psがKFコンロッドのK点です!!

IMG_6956 (2)

IMG_6964

そんな時は「安心して下さい!!キャレコンが有りますから!!」って言いたいんですが…エンジン割る必要が有るので、費用もそれなりに掛かる、スピードリミッター解除すら簡単に出来ない400コペンは他車に比べチューニングスピードが遅い傾向にあります。しかし、お馴染みのコペンプロショップ「も。ファク!」さんのデモカー400コペンは純正ピストン、純正ガスケット、キャレロコンロッドF5ターボで140psを絞り出しS6、36ワークス、400コペンの3車種で断トツのハイパワーを絞り出しサーキットで暴れてましたが今回、外装もリニューアルしてVerアップ!!

IMG_6889

IMG_6896_LI

迫力のワイドボディーにコノ色で登場…(・・;     今回新規製作したエンジンは、CADオリジナルのハイカムシャフト、そしてCADオリジナル鍛造ピストン!!ボアは同じなので排気量も660cc、コンロッドはキャレロなので強度は充分!!心配なのは純正のヘッドガスケットとコンロッドメタルですが、持つかどうかのテストも兼ねてジェットでセッティング開始!!

IMG_6797

IMG_6805IMG_6813

 

IMG_6827

IMG_6894

ピストンコンロッドの機械的強度の心配は無くなったけど、純正のヘッドガスケットとコンロッドメタルは心配ですが、デモカーだしテストも兼ねて各計器類の数値とノッキングに注意しながら、「壊れなくて速い!」相反する要素を両立して合わせこんだ結果

IMG_6986

…え!?数字がオカシイ(^^;    ジェットが壊れた?しかし何回テストしても結果は同じ!!充分速かった前回までの140ps仕様との比較グラフは、まるで別物!!最近のエンジンはオーバーラップゼロのバルタイなので、ハイカム効果は絶大!!KF-DETでF5タービン、ブースト200kPaで170psオーバーな400コペンが誕生!!

IMG_6898

IMG_6899_LI

 

確かに馬力は下がったけどね

車の馬力は運動性能を表す数字なので、一般的には馬力は高い方が偉い!!ってのが常識だけど、「必ずしもそうでは無いですよ!」と何度も伝えてますが、今回のパワーチェックは正にその分かり易い例(^^

IMG_6854_LI

エンジンルームで分かるように吸排気フルノーマルのZC32がパワーチェックで初めての御来店。話を伺うと来週に、モンスターのエアクリとマフラーを交換するので、ノーマルとの比較検証をしたいとの事!まずフルノーマルでは121.2psの結果でした。で、1週間後、パーツを装着して再び計測で御来店!

IMG_6922

IMG_6923_LI

新品のエアクリーナーキットとマフラーが装着されNAらしいフィーリングとサウンドが大人のチューニングっぽくて好感が持てる!で、計測した結果は、120.8psと僅かに数字はダウン…でもグラフを見れば性能は明らかに良くなって事が分かる!

IMG_6926

この結果を見たら数字は参考だと分かるでしょ!?レブ手前は少しずつスロットルが閉じてるのでグラフはほぼ同じ、でも低速~中間トルクは明らかに向上してますね!!馬力だけで車の性能は語れないって事です(^^

年内残り5日ッ!!

人生、色々な場面で、潮時や衰えを感じる事が有る。スポーツ選手なら体力や視力の衰えで引退を考えたり・・・。僕が現役引退(何の?)を考えたのは、FMから聞こえてくる当時人気だったグループのディーンとワンズの違いが分からなくなった時だったな~(^^; 「コリャ~駄目だ…付いていけて無い(汗)」 と、その頃からスナックでカラオケを唄うのは控えるようになった(笑)

img_1934

img_1937

そんな事を思い出したのは、つづりは違うが、ウチのアルバイト君が昨日の休みに買ってきたというディーンっていうメーカ?の工具箱を見たからなんだけどね!(^^; 彼はウチに来てまだ2か月程、ノーライセンスで整備未経験なので、工具を握るような作業は殆ど任せて貰え無いのに、工具箱と基本工具セットを購入して来る姿勢が素晴らしいッ!!そういうトコは先輩達は見てて、「少し工具を使う作業でもヤラせるか~」ってなったり・・・頑張ってね!!(^^

img_1941

スタッフ募集

CADCARSでは現在、スタッフを募集しています(^^

年齢・資格不問・要普通免許  ヤル気が有ればOK!!

当店は各新車・中古車販売から車検・整備・カスタムや各種走行会へのサポート等、より良い充実したカーライフをお客様に提供出来るよう、スタッフ一同が日々全力で業務に当たっていますので、私達と一緒に働きましょう

さて、そんな悠長な事は言ってられないピット!!コンロッドフルフロー加工・メタル交換、ヘッドO/H、DXタービン取り付け、ATクーラー・オイルクーラー取り付け、EVC、F-CON取り付けセッティングで入庫していたコペン完成!

 

img_1752

img_1829

img_1694ダイハツのエキゾーストのバルブシールは痛みやすく、ガイドから外れて乗ってるだけの状態を良く見ます。距離が10万キロ近い、走行会などで高回転を多用する、始動時マフラーから白煙が出る等、早めのO/Hがお勧め!!このコペンは20万キロ目前なので、シールは全滅でしたが、O/HでOK!!

img_1932

img_1933ターボとエンジンパーツが新品なので、ジェットで負荷慣らしを行いオイルチェック後、F-CONでの現車セッティング。今回はインジェクターは交換せず、強化ポンプとリターン式に変更で対応

img_1905

img_1951燃圧一定だと高いブースト時に噴射時間が増えインジェクターの負担が増えるので出力を上げる場合はリターン式は有効です。同時にタンク内の純正レギュレターキャンセルもお忘れ無くね!!

img_1942

 

img_1943

img_1950入庫時にDスポーツタービンに純正改ターボが付いてましたが、今回はDスポーツCPUをF-CONで補正するという贅沢仕様。中身DスポーツCPUがどんな仕様に合わせてるのかは不明だけど現車セットだから関係無い話。燃料・点火を各計器の数字と音で合わせ込んでいき、最後にマージンを入れ、MAXブースト150Kpa、ジェット出力108psで完成!!(^^

こちらはV-Pro Ver4.0制御で入庫の400コペンセロ、完成です!!正確にはVer4.1、少し要領が変わってるようですね、電動スロットル制御…シビアです

img_1899

img_1920

img_1908

img_1919気温が低い事や5000キロ行ってないエンジンという事も有り、出力数字は、かなりイイ結果でした!!

ほかにもデカイ外車のマスターシリンダー交換や車検整備・エンジン作業、セッティング待ちと、コンプリート製作とパンパンです!!ここでもう一度

スタッフ募集w

 

img_1955

img_1954

img_1952

img_1928

img_1939

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイト調整スペーサー

ダイハツ コペン・エッセ・ミラ リヤ用

2枚¥3000(税別)ご注文>>


20130618_123515イハツ・リヤ用 車高調整スペーサー
ライドハイトやスプリングとボディーの間に挟む事で車高を約20mm上げる事が出来ます
ゴム製 厚さ20mm 内径95mm