暑さは少しマシに?!

少し前の40℃近い酷暑に比べると、ここ数日の30℃越えですら和らいだような錯覚を覚えたり、台風も東から通過したり真っ赤な夕空等、異常気象続きですが体調管理には気を付けて乗り切りましょう

20180728_191350

さて山梨からタービン軸折れで入庫したアルト改F5タービン、V-Pro仕様、修理と使用変更、リセッティング完成で無事納車。9800rpmレブの高回転仕様、製作から5年近く?オーバーホール無で走行したので、各消耗品やヘッドのガイドまで交換しリフレッシュ!NewプロフィールK6用ハイカムも装着し、380ccインジェクター使用率92%、35℃超えの気温でも144psを計測、この時期は真冬のブーストを考慮して少し下げておく必要があります

20180601_172455

20180602_103954

20180608_112758

20180610_190739

20180610_194742

20180701_170227

20180722_105721_LI

20180722_105732

遠藤アルト

こちらもK6仕様変更で入庫したHA21ワークス、今までのHT07タービンは排気温が高く白煙も少し出てたので、エキゾースト側を大に変更してV-Proセッティング!!コンデンサーを変更してるのでC系に見えますが、HA21です

20180727_144541

20180727_144558

20180727_144612境ワークス

青はデータの日付から去年の冬の1/16に仕様変更してセッティングした事がわかります、そして赤が今回のエキゾースト変更仕様したグラフ、この酷暑でも約20psアップで完成!!

そして暑い中、汗ダクで車検してる検査官の方々の感情を刺激しないように…ソッとラインに並んでるド派手なアルト、無事に合格(^^;

20180724_104554_LI

20180724_135654_LI

こちらは何かとトラブルの続くLS、エンジンが掛からないとの事で点検するとセルモーターNG、勿論、ポンとは交換出来ず、エキマニ脱着も必要で、交換工賃指数表は3.8時間!!交換後、何事も無く10日程経って今度はステアリング系統チェックランプ点灯…ディーラーに持って行った所、ギヤボックスとCPU交換必要で、まあまあの軽自動車が購入できる見積もりとの事で、今回は中古で対策しました

20180729_102942_LI

20180629_203512

20180729_105735

20180729_102935

セルのトラブルは続く物で、こちらはトラックのセルモーター交換!!しかし比較的交換スペースは有るので作業はLSよりずっと楽!!

20180730_164053_LI

トラック系の作業も続くもので道路清掃維持車両の修理や、発電機の修理まで入庫中!!

20180729_103008

20180729_103022

…そして、残り2週間を切った、富士サーキットで開催されるK4GP、毎回、手を付ける時間が無くギリギリに完成する段取りは、今回も変わらず、まだエンジンすら完成していない状態で非常に焦ってます

20180727_184233

20180727_201558

20180727_204934

20180727_205316

20180730_191409エンジンスタンドにセットする時間すら勿体ないので、ブロックは適当に転がして、作業の空いた時間にクランクやピストンを組み込み腰下は完成。圧縮比を計算する為、ある程度正確に計測!ビュレット代わりに注射器を使用し、ヘッド面研量を決定

暑いですが全開作業中!!

連日の酷暑で現場はオーバーヒート、流石に扇風機では耐えれない領域に来たので、去年導入したスポットクーラー登場!!これで作業ペースアップ予定!?

20180716_184950

さて人気の3685:36100仕様や、エディターをインストールしたMax仕様、皆さんそれぞれ自分の理想の36に仕上げて行くのが楽しみなようで、少しずつステップする方が多いです(^^  こちらは1年ほど前に85仕様で乗ってましたが、「リミッター我慢の限界、やっちゃえ!!Max!」とエディター導入、有難うございます(^^

20180630_103431

20180630_103414

20180630_105600

こちらの36は、吸排気済みで、今回85ps+エディターの85Max仕様を施工!!純正タービンを120%使い切るメニューと日帰りOKなのも人気の理由!!エディター追加で8000rpmレブ、スピードリミッタカット、バルタイ変更とフルコン並みのスペックになるのが人気!!

20180715_110304_LI

20180715_111430

20180715_150757_LI

20180715_150745_LI

こちらの36ワークス100仕様は、通常の36100Max仕様から、もう少し速くしたいとのご要望!!リターン式にしてても100psで燃料が使い切りなので大容量I/Jに交換し現車セッティング!!高回転が更によくなり、暑い中ジェット出力で110ps超える好結果!!勿論8200rpmまで回ってます(^^

20180705_134534

20180705_140211

三野ワークス

こちらは、少し前にV-Pro取り付けセッティングした36RS!!タービンや補機類交換といったハード系は仲間内で作業し、セッティングや調整といったソフトを当店が担当といったケース、最近多いです(^^  前回のGT12タービンから今回GT15へ変更してのセッティング依頼!!セッティング開始した所、マフラーからの白煙や、排気系の見直しが必要でこちらで作業!

20180630_192617

20180713_204454

20180708_203402

20180708_203355

排気系の球面フランジ部がφ42だったり、36マフラー交換時の差し込み部分が純正のφ35のままで細く、排気抵抗になってるので、フルφ50仕様に変更してジェットで計測

20180715_135800

排気比較

赤の入庫時のラインから、2か所の球面フランジをオリジナルφ50球面フランジに変更してフルφ50仕様に変更したのが赤のグラフ、3500rpmから上で全体的にパワーアップしてるのが分かりますね

最近は仕様変更や修理:O/Hでエンジン単体のみでの持ち込みも増えましたが、こちらも異音点検修理で持ち込まれたS660エンジン。初めてバラスので各部確認しながらの作業

20180709_224929

20180709_225752

20180709_225800

20180712_202958

20180712_203003

100ps出てないのに1本だけコンロッドが曲がってます、ダイハツのKFエンジンのように軽量に設計されてるようで、出力アップにはコンロッドの強化対策が必要ですね!最近のエンジンはカムを外す場合、フロントカバーやオイルパン脱着が不要な設計になってるので、その部分は凄く助かります(^^

20180713_210000

車検対応が前提の車両製作

大雨で交通機関のマヒや災害が各地で起きてます。当店裏もアイキャッチのような小規模な土砂崩れが…(^^;   皆さんも雨の情報や警報には十分に気を付けて下さいね

さてキャドカーズは認証工場なので、チューニングする際、排気ガス数値や触媒、マフラー音量は保安基準適合内での製作を心がけてるので、HT07、V-Pro仕様の極上AZ-1や、エブリーワゴン改HT07、V-Pro4WD仕様でもスンナリ1発OK!?

20180705_132114_LI

20180706_114328_LI

他店で触った車両は特に厄介、今回、V-Proセッティングで入庫したジムニーも入庫時は、AF特性異常のエンジンチェックランプが点灯してたので、車検には通らない状態…最近の車輌はO2センサーの理論空燃比では無くAFセンサーでフルに監視してる車両が多い。V-Proでチェックランプ回避のフィードバック制御で、今の所、点灯も無くガス数値も余裕でOK!!

20180705_170834

20180705_170745

またEVC6にスロットル信号と回転信号が入力されてなかったので、それぞれ配線し、3次元マップを使用してブースト制御でトルクフルに!!(^^

20180705_170912

プリウスはハイブリッドモーターとウォーターポンプ交換、エンジンとモーター両方の水回りトラブルで修理!

20180703_103553

20180703_103600

他にも色々…Wエブリーとか豪雨にビビりながらのLS修理

20180702_172845

20180702_160621

20180705_133916

20180705_134534

トラブルシューティング、初夏!!

物事が上手く行かない時に限って、色々な難題が降りかかってくる。対処法が分かってれば作業時間も読めるけど、原因が不明な場合は近道すること無く一つずつ調べる必要があります…そんな修理の一つ、カプチーノのエンジン不調、1発死んでるとの事でエンジンブローかと焦って調べてみると

20180701_104944

20180701_104826

3番のプラグコードがグズグズで火が飛んで無い。見るとプラグホールに水が溜まってるんですよね3番だけ…実はこの景色は10日程前のこの車輌の納車時にクスぶり感が有ってコードを抜くと水が溜まってたので、その時はエンジンルームスチームしたせいだと思いエアブローして納車したんだけど、また同じ3番だけ溜まってるので原因を探ると

20180701_105312

カーボンボンネットにウォッシャーノズルが付いてるんだけど、隙間が大きくなってて、ここから連日の豪雨で水が下に落ちて3番に溜まった事が原因でした(^^;

こちらは、かなり手古摺ったコペンのアクティブトップ作動不良…正常に作動する時もあればイキナリ動かない…トランクだけ作動しない…等、症状がバラバラで、原因も一つでは無く重複してるようで各部の寸法等を調整して、かなり良くなったけど、最後のトランク部のガッチャンて閉まる動作だけ出来ない!!

20180702_095341

20180702_095326テスターで調べると、スイッチの1つが10秒前まで正常だったのに、いきなりNGになってる!!このスイッチを交換すれば治る!と調べると、単品供給が無くトンでも無い金額になるので、疑似信号抵抗スイッチで解決しました(^^

20180702_113803

こちらの他店でV-Proセッティングされたジムニー、違和感が有るとの事で当店でリセッティング、かなり出力やフィーリングも改善され1度は完成したものの、マップ数値やアイドル安定感に違和感が有ったので再度、クランク信号等の確認や数値の見直しでセッティングをやり直す事に…1度目のビフォーアフターは、こんな感じで全体的にパワーアップし、良くなったけど違和感があったグラフ

20180629_150400

 

そしてもう一度見直して1からやり直したグラフがコレ、ピークパワーの数値は、ほぼ同じだけど綺麗なグラフになりました!(^^

20180703_183517

現場がパニック(^^;

局地的な雷雨の季節到来、毎回、大雨の度に事務所は浸水!!毎回毎回、水掃け作業が大変なので、工場の裏の排水工事をお願いして、現在施工して貰ってます!!そして重機が入れるようにエアのコンプレッサーやモノ置きでゴッタ返していた裏を掃除!!重機やトラックはシャシダイを超えて入るのでシャシダイゾーンも、かたづけ~(^^

20180624_152720

20180624_095616

20180624_104709

20180625_170958

20180626_132508

シャシダイエリヤや裏の置き場は預かり物等の置き場にもなっていたので、移動して置き場に困り、ピットにエンジンや2機のコンプレッサーを移動してるのでエライ事に…(^^;

20180626_150534作業してる横でコンプレッサーフル稼働、湿度マックスで、現場作業中なので、暫く現場ピットには近づか無い方がいいですよ(^^;

立て込んでるエンジン作業ですが、長い事待って頂いてようやくバラシに入れたEF-SEからEF-VE換装のミラエンジン!EFは色んなメニューが有るので、現状確認からの加工出しです

20180630_142623

20180630_140815

こちらは点検で降ろされた高出力JBエンジン、製作後、ほぼスプリントレースしか使用してないので走行距離は少ないけど、エンジンの負荷は大きいので、この領域になると早めの点検、修正が必要ですね

20180628_142413

20180628_143213

20180628_144310

20180628_145648

20180628_152113

こちらは助手席に載せ換えるエンジンを積んできたコペン(笑)ノーマルのJBからノーマルのJBへ換装ですが加工したタービンのエキゾーストハウジングを装着してフィーリング重視!

20180614_173338

20180626_172208

 

こちらはV-Proセッティング中のジムニー!ビフォーアフターで、かなり良くなったので、これで大丈夫かな?!マップに違和感が有りながらもメーター上の数値やノックも問題無いので試乗すると…やはり違和感が有る…もう少し時間が掛かりそうです

20180628_184734

20180629_150400

 

 

S6+エディター+EVC iR+F-CON iS=

今朝の地震で、会社の被害確認での為に早めに出社したので、今のうちに更新!!まず原因不明のメタルトラブルが発生した36ワークス、クランクシャフトとメタル類を新品に交換し、エンジン始動してみる

20180611_150710

20180614_162138

20180616_19162320180617_170911異音も消えて、一安心、各部最終点検中。こちらはGTウィング取り付け中のS660、特徴あるボディ形状なのでGTウィングが良く似合いますね!

20180617_101433

20180617_124516

そしてこちらもS660、入庫時には既にハイフローターボ、EVCとエディターが装着されており、今回、F-CON iSを追加しての初めての制御!まず燃料をリターン式に変更する為、タンクを降ろし加工して搭載し、プレッシャーレギュレターを追加。それにしてもS6のタンクの形状って、限られたスペースでの配置や重量配分等に拘って造り込みしてますよね

20180605_155331

20180615_172807

S6も最近の車両と同じで、メインCPUがエンジンルームに有るので、F-CONハーネスは、延長してリヤのエンジンルームから室内に引き込む。通常のセンターコンソール廻りや助手席足元等に置く場合は4M以上のハーネス製作が必要…

20180611_141458

20180611_185114 (2)

20180617_123500

リターン式に変更して、インマニ圧で燃圧が変わるのでエディターとリンクさせてF-CON iSで燃料補正を掛け、チェックランプ点灯等を考慮しながらセッティング。ブースト制御はEVCなので立ち上がりや安定度は純正と比較すると正確で細かいコントロールが可能!!エディター内のブーストMapを把握して制御、中間はEVCのマップ画面で130kPa近く上げて、上は80kPaまで下げる制御。リターン式に変更しても6800rpmで燃料が足りず、数字的には約90psで完成

20180617_145502_LI

20180617_145016

上のグラフは、エディターで通常制御したのが緑のラインで90ps 赤がエディターにEVCのマップでブースト制御しF-CONiSでリアルタイム制御したラインで92ps、たった2psの差だけど内訳が全く違うよね!?4600rpmからレブまで90ps以上をキープ、ピークパワーと同等数値が4600で発生し、そのままレブまで維持してるトコがポイント!右肩上がりでは無いので体感が鈍るけど、確実に下から速い仕様はこんなグラフになるので、自分のパワーグラフが有るなら曲線を比較してみてね!(^^

そしてこちらは、既に他店でV-Pro制御されたハイフローターボ仕様のジムニー、「違和感のある加速や制御が気になるので何とかならないか?」と、入庫 まづは現状確認でパワーチェック後に各部診断と処置方法を検討、セッティングのズレも大きいようです

20180611_142814_LI (2)

20180611_145606_LI (3)

 

引き続きスタッフは募集してます(^^

EG作業…

最近、エンジン作業が立て込んできたので、急ぎたいんですが、すんなり行かない仕様が多くて…少し時間が掛かりますが、少々お待ちくださいね!!部品が入らない物は、どうしようも無いので…人気のKF-DETハイカムも納期未定の一つ…

IMG_7447

100ps前後で曲がるキャレロコンロッドも納期は1カ月~となっております…KF用鍛造ピストンも納期1か月~となってます(^^;    そんなコンロッドとピストンを組み込んだKFーDETのショートエンジン完成

20180604_150534

こちらは動画のラパンに搭載されていたK6エンジン、その後アルトにそのまま換装され、F5タービン:約150ps:V-Pro仕様、製作して5年程は経過してるかな? 各部、かなり消耗してると思われるので計測・修正が必要

20180602_101446

20180602_112524

20180608_112758

20180608_144420

シリンダーヘッドを点検すると、強化バルブスプリング入り9800rpm仕様なので、カム山剥離やバルブシート当たり不良が見られる、コレはバルブとガタガタのガイドを交換で対策!!純正ピストンは問題無く清掃で再利用、クランク歪はOKだけど新品メタルで組んでも回転が少し渋かったので、手修正すると軽く回るようになりました(^^

20180602_141949

20180610_190739

20180610_194742

20180610_204657

 

こちらはエンジン異音で入庫した36ワークス、タペット音のような軽い金属音がするのでヘッド廻りを中心に点検し対策・調整・部品交換するも完治せず…まさかメタル??と確認

20180607_103139

20180607_113314

 

こちらはS660、今回はEVCとF-CONとフラッシュエディターのプラチナセットで制御するので、まづは大容量ポンプ、燃料リターン式に変更!次はF-CONハーネスを純正ハーネスに割り込ませる加工に入ります!!S6のF-CON制御は、どうなるか?!

20180607_181337

こちらの安定のF-CON制御の400コペン!CVT仕様でも、ブーストアップで、かなり速くなりますyo!(^^

20180605_162308_LI

 

ターボ車は、まづは吸排気から(^^

就業後にブログ更新する時間が取れないので、朝イチ更新を試みるも…他にやる事が割り込んでくるので、今回は昼休憩に更新!!ルノーのルーテシアワンオフマフラー完成!(^^ メインΦ60からΦ70に変更しサイレンサー見直しで排気効率アップ!!

IMG_7586

IMG_7584

20180526_164212

20180529_113642

20180531_130457

20180601_184147

20180602_114938_LI

ただ完成してもディフューザーが付くのでリヤビューに1ミリも変化が無いのが残念(^^;   排気と同時に吸気側も効率を上げる目的でHKSのパワーフローを使ってワンオフで製作!!

20180602_115313

20180602_150508

20180602_150419

20180602_172231

Φ200パワーフローとアルミパイピングが目立つエンジンルーム、これは見た目にも音的にも変化が分かりますね(^^   これで1stステップは完成、次は…制御系かな?!

こちらはマフラーから大量の白煙で入庫したアルト、エンジンもクランクで回らないので降ろして確認

20180601_172455

20180602_101446

20180602_103954

20180602_104100

ターボの軸が破断してました…エンジンダメージも確認して、NewK6カムシャフトも有るので仕様を検討します

20180602_141706

20180602_141949

GWは何かと忙しいし部品が…!?

世間はG/W真っ只中ですが、いかが、お過ごしでしょうか!?皆さんと同じで僕らも新幹線のホームからの乗車率130%報告とか、国際線からの出国ラッシュの中継より、和泉の国での作業の方が興味ありますよね!?(^^;   1週間後に開催されるK-CARミーティングの用意も有りますし、GWもセッセと作業中!!CAD36100AGSは、今回ポン付けタイプのNewタービンを装着して参加します!!2か月程前からテストしてますが、シャシ上で合わせた時は以前の36100仕様より12%アップで完成

IMG_7048

IMG_7051今までの36100仕様95ps時は、燃料リターン式に変更してもインジェクターは全噴射で足らなかったので、今回は大容量I/Jに変更しF-CON iSとフラッシュエディターで調整しジェット107psで完成!!もう一つ、スポーツ走行時、たまに変速異常が発生していたAGSユニットも交換

IMG_7435

IMG_7434

AGSユニットを外す前に、診断機でユニット減圧処理や各項目確認処理後、バッテリーを外して作業に入ります

IMG_7442

 

取り外されたAGSユニットと新品ユニット、対策しようにもエラーコードが残らないフェイルセーフなので、怪しいと思われる個所に対策して組み込み後、診断機でAGSとタワー学習を終了し作業は完成!!後はセントラルサーキットの全開走行でターボとAGSのテストです(^^

IMG_7451

 

IMG_7452

こちらは綺麗なノーマルのHA11ワークス、たまに発進時やシフトアップ時に吹けない時が有るとの事で入庫

IMG_7424

こういう場合は、試乗しても出ないパターンが多いんだけど、これも例に漏れず…ただ症状的に、良く有る配線トラブルかスロットルセンサー接点不良?!に的を絞って、暫くレーシングしてたら…出ました!!スロセン本体が反応しない時が有ったので交換で完治ですがGWなので…

IMG_7426

こちらは、チャージランプが点灯したままとの事で入庫したカプチーノ、F6なので良く有るダイナモNGだろうと思ってエンジンルーム見ると…

IMG_7428

20180503_102529

分かりにくいけどクランクプーリーのダンパが千切れてプーリーが飛んでます…F6はウォーターポンプがタイミングベルト駆動なのでオーバーヒートしませんでしたが、通常ならヒートも起こしてアウト!!クランクプーリーを交換すれば完治ですが、GWなので…(^^;

(KF-DET+GT1544)F-CON iS=失火大(^^;

久し振りにトラブル続きで悩まされた275ミラのOEMスバルプレオ(^^;   KFのNAエンジンから、100ムーブのKF-DETに載せ換えられ、エンジンハーネスはNA275のまま、CPUはアトレーカーゴで制御し、ブーストアップ仕様で耐久レースを楽しんでたらしいけど、もっと速くしたいと当店へ

入庫時の仕様、ノーマルEG.ノーマルターボ.ブースト約90kPaで約65psを計測、フルノーマルなので、数字的には妥当だけど5000rpm辺りからのグラフは綺麗に吹けて無い感じ…このグラフが後になってドツボにはまる原因に…(^^;

IMG_6271

IMG_6268

IMG_6269

ここからターボをGT1544に変更し、I/Cを前置き化、燃料強化にF-CON iSで制御しEVC6でブーストコントロールで100psチョットくらいの出力予定だったのが、ブースト80kPaで曲がり、フルフロー加工でも90kPaで曲がり、弱すぎて話にならんとキャレロを投入!

IMG_7063

IMG_6964

IMG_7086

IMG_7093

IMG_7113

20180403_200206

コンロッド曲がりの不安が無くなったのでブーストを100kPaに上げると5000rpm辺りで失火症状が出たので、定番のプラグやコイルを交換で完治するかと思いきや全く治らず…オシロで見ると波形の乱れが見られ、スワップされて配線も加工されてるので漏電や電圧降下の可能性を疑い、配線追加やノイズ対策を施しても変わらず…

20180402_131810

ドライバッテーリー交換、クラセン交換、F-CON本体交換、点火コンデンサ追加etc…と、ノイズに関係する疑わしい箇所を対策しても、一切症状は変わらず…ブースト90kPaでは出ないのに100kPaに上げると5000rpm辺りで必ず失火する…その後、入庫前から出てた症状との情報が有り確かに入庫時も5000rpm辺りで失火っぽいグラフの乱れが有った!繋がって無い線を辿ったり…VVT無しのムーブKFとハイゼットカーゴのクラセンが違う?!高圧縮でノック補正?!O2ズレで学習値が上乗せ?!と4日間、嵌まりに嵌まり悩みに悩み…

20180405_183613

IMG_7116

そんな時は難しく考えずに基本に戻りOBDの情報やグラフに惑わされず、1から確認し解決した時の爽快感をCADCARSの近所で撮影した画像で表現してみました!(^^)

IMG_7117

20180402_123847

20180403_102455

サブコンでのパフォーマンスとしては十分!!レブ上げにはフルコンが必要だけど、まづはこの仕様で次のステップまで楽しんで下さい!(^^

IMG_7149

IMG_7148