(KF-DET+GT1544)F-CON iS=失火大(^^;

久し振りにトラブル続きで悩まされた275ミラのOEMスバルプレオ(^^;   KFのNAエンジンから、100ムーブのKF-DETに載せ換えられ、エンジンハーネスはNA275のまま、CPUはアトレーカーゴで制御し、ブーストアップ仕様で耐久レースを楽しんでたらしいけど、もっと速くしたいと当店へ

入庫時の仕様、ノーマルEG.ノーマルターボ.ブースト約90kPaで約65psを計測、フルノーマルなので、数字的には妥当だけど5000rpm辺りからのグラフは綺麗に吹けて無い感じ…このグラフが後になってドツボにはまる原因に…(^^;

IMG_6271

IMG_6268

IMG_6269

ここからターボをGT1544に変更し、I/Cを前置き化、燃料強化にF-CON iSで制御しEVC6でブーストコントロールで100psチョットくらいの出力予定だったのが、ブースト80kPaで曲がり、フルフロー加工でも90kPaで曲がり、弱すぎて話にならんとキャレロを投入!

IMG_7063

IMG_6964

IMG_7086

IMG_7093

IMG_7113

20180403_200206

コンロッド曲がりの不安が無くなったのでブーストを100kPaに上げると5000rpm辺りで失火症状が出たので、定番のプラグやコイルを交換で完治するかと思いきや全く治らず…オシロで見ると波形の乱れが見られ、スワップされて配線も加工されてるので漏電や電圧降下の可能性を疑い、配線追加やノイズ対策を施しても変わらず…

20180402_131810

ドライバッテーリー交換、クラセン交換、F-CON本体交換、点火コンデンサ追加etc…と、ノイズに関係する疑わしい箇所を対策しても、一切症状は変わらず…ブースト90kPaでは出ないのに100kPaに上げると5000rpm辺りで必ず失火する…その後、入庫前から出てた症状との情報が有り確かに入庫時も5000rpm辺りで失火っぽいグラフの乱れが有った!繋がって無い線を辿ったり…VVT無しのムーブKFとハイゼットカーゴのクラセンが違う?!高圧縮でノック補正?!O2ズレで学習値が上乗せ?!と4日間、嵌まりに嵌まり悩みに悩み…

20180405_183613

IMG_7116

そんな時は難しく考えずに基本に戻りOBDの情報やグラフに惑わされず、1から確認し解決した時の爽快感をCADCARSの近所で撮影した画像で表現してみました!(^^)

IMG_7117

20180402_123847

20180403_102455

サブコンでのパフォーマンスとしては十分!!レブ上げにはフルコンが必要だけど、まづはこの仕様で次のステップまで楽しんで下さい!(^^

IMG_7149

IMG_7148

 

3度目の正直!?(^^;

今週の関西地方は、本当に穏やかな快晴で絶好の花見日和でしたね、 明日からは新生活がスタートする4月、頑張って行きましょう!(^^

20180328_112107

さて、そんな平和で穏やかな天気とは程遠いCADCARSの現場!!車検・整備、エンジンO/Hやセッティングと全開ですが、その中のオーバーホール依頼でエンジン単体で持ち込まれたJB、リビルトエンジンらしいんですがバラシて行くと…

20180329_145933

20180329_173231_LI

IMG_7058

IMG_7060

インテークカムの組み間違いや、コンロッドが曲がった痕跡のシリンダーが使用されて組まれてます 本人がブローしたエンジンで再生されたリビルトエンジンと納得してるなら問題ないですが、気持ちよく思わない方も居ると思うので気を付けて下さい

コンロッド曲がりはKFに多発するトラブル、90ps程でも曲がる事が有り、先日もブログで紹介したKF-DETで曲がったばかり…

IMG_6964

GT1544でブースト80kPaで曲がったので、今回はコンロッドフルフロー加工で組み込み、ピストンはハイコンプに変更してブースト控えめでトルクを稼ぐ仕様に変更して再セッティング開始!!

IMG_7063

IMG_7066

ハイコンプでピックアップも良くなり、コンロッドが曲がったブーストでも問題無く、「良し!イケる!」とコンマ1ブーストを上げて100psオーバー手前のトコで

IMG_7086

ブースト90kPaでまた曲がってしまいココロも折れました…(^^;   やっぱりKFのコンロッドは大きなトルクには負けるようなので、170psでもビクともしない事は証明済みのキャレコンに変更して、1544をブン回してやります!!!

IMG_7093

IMG_7095

IMG_7090急いで組み直し中のエンジン!!完成、慣らし後にリセッティング予定は明後日!?

IMG_7041

IMG_7042

IMG_7044

IMG_7036

IMG_7069

IMG_7088

IMG_7096

20180329_145749今週は何故か、カイエンやルーテシア、LC500まで…(^^;

超アナログ仕様は逆に難しい(^^;

「いきなりエンジンが始動出来なくなった」との症状で入庫したHB11ワークス、軽トラだろうがレクサスだろうがフルチューン車だろうが、内燃機関で燃料を使う車輌なら機構はドレも同じ!

IMG_6991

IMG_6935

20年経過してるので何がトラブってもオカシク無いし、少しチューニングされてる様子。定番の燃料ポンプ系は問題無し…プラグも火は飛んでるのでクランク角センサー系も問題無し…って事はインジェクターも作動してるはず….ん?音を聞くとインジェクターが作動してないのでCPUの配線を見ると、ココで初めてサブコンのアルティメイトが装着されてる事が判明

IMG_6936

IMG_6937

これなら作動しない事が有り得る、オシロで確認するとインジェクターの信号入力は問題ないのに、出力信号が出てない。しかし、たまにEGが始動する事も判明したので、対策のスイッチを装着して始動不可の問題解決!!しかし、オーナーから「最近購入した車両で仕様も良く分からないしセッティング内容も確認して現車合わせて欲しい」との御依頼追加でデータを確認し、計器類を装着してジェットでセッティング!

IMG_6954

IMG_6970

まず入庫時のブースト110kPaとサブコンデータで計測すると80.5ps!仕様が分からないので注意しながら現車で合わせていくと…この型のワークスは点火とスロットルが触れないので、燃料とエアフロしか触れない超アナログ仕様…AF値、ノッキング、排圧を見ながらデストリビューターで点火時期調整していった結果

IMG_6973

IMG_6983

IMG_6982

入庫時は、セッティングズレで7000rpm以上吹けなかったんですが、7800rpmレブまで回るようになり、最終ジェットで96psで完成!

引き続きメカニックスタッフ募集!!(^^

 

サボり過ぎました(^^;

連日業務が終わってからブログ更新する気力が無かったので、今日は開始前に更新!!(^^; え~と…かなり前まで遡って…400ローブのV-Pro取り付け現車セッティング!簡易スピードリミッター解除デバイスが出回って無いダイハツの400ローブ。現状では電動スロットルを独立制御可能なフルコン等が必要なので、HKSのV-Pro Ver4.0を使用してたけど廃版になるそうです…今回はまだ在庫が有るのでVert4.0でフル制御!

IMG_6834

IMG_6844

純正ターボを使い切るブーストアップですが、更に燃料をリターンに変更し140kPa以上のブーストを掛けるのでレギュレターで必要な燃圧を確保、霧化の促進、シリンダー内の冷却、インジェクター通電時間の短縮、そして燃圧が上がる分、燃料ポンプの吐出量が減るので130Lポンプに交換し、ワンランク上のブーストアップ仕様!後は各数値とノックコントロールで車両の持っているパフォーマンスをフルに発揮出来るようダイノジェットでセッティング!!

IMG_6843IMG_6842
received_1203482919782038

結果は何と約94psとKF-DETの過去最高の数値!!大型のI/Cや効率重視のマフラー、霧化や通電時間まで考慮した燃料システム、排気・水温・油温や負荷で発生するポイントが変わるノッキングが出ないよう点火時期を細かくコントロール、そしてバリアブルに動くバルブタイミング・VVTの制御…と全てが1つのパッケージングとして完璧に機能した結果ですが、機械強度不足までは予想出来ませんでした…(^^;

660cc~4600cc~ファイヤートラックetc

世間はオリンピックで賑わってますが、キャドカーズは車検・修理・カスタムで賑わってブログ更新もさぼり気味でした(^^; 少しヘビーな車検だったLS460、アーム類のブーツ破れは車検に通らないので、交換必要なんですが、通常は破れたブーツのみの部品供給が有り、部品代は500円程で工賃5000~1万円と常識の範囲内で収まるんですが、LSは特殊な形状のブーツで単品供給が無く、ブーツが付いているナックルASSYでの交換片側2万×2の部品代が必要…工賃も片側で4万×2

IMG_6659_LI  IMG_6654

IMG_6658

そしてブレーキフルード・ATF交換時には漏れなくテスターでの作業が必要と手間と工賃が半端無いんですが、そんな事でゴチャゴチャ言う人は乗らないで下さい!って車ですね(^^;

IMG_6666

IMG_6712

こちらは吸気系をアップデートした為にビミョーにズレた燃調をフラッシュエディターで補正したインプレッサ!フェイズ2をインストールして様子見です(^^

IMG_6688

IMG_6687

IMG_6686

エンジン製作も順次組み立て!!JBは定番のバルブシール交換は勿論、各部、出力や耐久性を考慮して修正・調整中IMG_6665

IMG_6669

IMG_6670

IMG_6672

IMG_6675

IMG_6679

IMG_6660

IMG_6751

IMG_6736

IMG_6755

IMG_6757

IMG_6741IMG_6744

IMG_6745

IMG_6747

通販で今、一番人気の36用強化トルクロッドASSYは、無駄なピッチングを抑える事ができ強化ブッシュ組み込み新品ASSYで13000円とリーズナブルなのも人気です!!随時、製作発送してますので、暫くお待ち下さいね(^^

こちらは3685から36100へのアップデートが二台…埼玉と兵庫から入庫で2台共AGSでクラッチ強化、LSD交換

IMG_6722_LIIMG_6709

IMG_6705

IMG_6710

IMG_6713_LI

IMG_6714_LI

IMG_6715

IMG_6707

IMG_6724

IMG_6721

IMG_6719

IMG_6729

3685から36100に変更と同時に、各データ:EVCのブースト設定値、F-CON iSのデータ補正値、フラッシュエディターデータ、診断機でのAGS学習・クラッチ学習と全てのデータ書き換えと車輌に合わせてズレを補正する事で、チェックランプ点灯回避や出力を調整!ターボ・燃料・データ変更等が必要なので、日にちは1泊2日~の期間が必要、100馬力仕様に掛かる費用は85馬力からのアップデートだと約30万円で可能!!インタークーラー、オイルクーラー、強化クラッチ、フロントパイプ未装着の場合は、充分な性能を発揮出来ないので交換が必要、勿論、F-CON とEVC装着済みが前提です!(^^

他にも色々有るけど次回に…(^^;

IMG_6735

IMG_6752

IMG_6754

 

 

 

 

 

 

スロースタートのつもりが(^^;

年始はスロースタートで、ご近所さんのKeiのH4バルブ切れ修理や

IMG_6147_LI

 

エンジンオイル交換に36リヤスプリング交換、オプティのタイミングベルト交換等、一般整備メインでイイ感じ(^^

IMG_6150_LI

IMG_6200

と思っていたら…シャシダイナモから強烈なジェット音が響いて来たり、ゼッケンやステッカーを張ったド派手なコペンがウロウロしてたり…

IMG_6185

IMG_6199

IMG_6186

IMG_6187

IMG_6194

東海のプロショップ製作JB改DX30・V-Pro仕様ミゼット、アイドル暴走やブースト制御不可の修理等でウェストゲートの作動確認したり…ノンビリスロースタートな訳が有りませんね(^^;

IMG_6176_LI

IMG_6195

IMG_6178

IMG_6183このミゼット、DX30がアクチュエーター制御不可だったらしく??ウェストゲートにしても、ブーストが制御出来ないとの事で入庫…ワンオフだらけなので点検する前に、まず各部の把握からスタートです(^^;

引き続きメカニックスタッフ募集!!(^^

 

 

 

 

今日はいぶいぶらしいね!?

当店で取り付け率の高いエンドレースブレーキキット!対抗6Potで安全に止まれる優れ物、ベルとボルト留めされてるローターのみ交換可能なので、パッド3回に付きローター1回の割合で交換!

IMG_6074

IMG_6075

こちらは購入した中古車が吹けが悪いとの事で入庫したKeiワークス…既にイーマネージや、懐かしいE-01でブーストコントロールしてる様子です

IMG_6085_LI

IMG_6087

IMG_6089

IMG_6086試乗して見ると、ブースト0.7キロ程しか掛からず、ギクシャクしてノーマルより遅い…メインCPUにモンスタースポーツのステッカーが貼ってあったり、青マネの補正値をE-01で見ると明らかにズレてるようなので、サブコンをF-CON iSに変更して補正してE-01でブーストコントロール予定!キチンとセッティングすればK6は気持ちよく吹けるエンジンです!!(^^

エンジン作業も大詰め!!傷だらけのクランクも修正して組み込み完成!!EFも各部調整で完成!!しかし運悪くバルブ欠けたエンジンの修正に手古摺りそうです

IMG_5993

IMG_5992

IMG_6054

IMG_6068

IMG_6073

IMG_6078

IMG_6090

IMG_6092

 

 

エンジン室…要るね!!(^^;

冬だから寒いのは仕方無いけど雪が降って喜ぶのは、スタッドレスが売れるタイヤ屋さんや、夜景見てるカップルくらいちゃいます?(^^; エンジン作業は細かい作業や感覚が重要なので素手が基本、しかし感覚が無くなるまで手先は冷えるし、キンキンに冷たい工具や計器類を持つのも辛いので…

20171216_194322

20171216_200944

誰も居ない遅い時間に、室内で組み込み~!!(^^    快適だし組み立てもスムーズ!!老体にはエンジン室、必要ですne!エンジンがコンパクトなので小スペースの事務所で擦り合わせや組み立て完成!!(^^ 傷が多かったクランクは修正から戻って来て最終ラッピング中…

IMG_6051

IMG_5992

IMG_6054

IMG_6058 そして一部のマニアは激しく反応したと思われるアイキャッチ!(笑400コペン等に搭載されているKFエンジンは110ps前後でまずコンロッドの強化が必要!!これは当店オリジナルのキャレロH断面で解決!!次は純正ピストンが何処まで持つか…ジェット出力140ps(一般シャシダイ約165ps)までは壊れて無いけど、そろそろ限界なので…

IMG_1618

IMG_6033

IMG_6026

IMG_6039

KF-DET用ピストンを造りました!!(^^   純正は軽量に造られてるので、当店オリジナルピストンは150ps超えるような高出力に耐えれるように製作!!これでGYARRETTやF5でブーストガンガン掛けてみたいですね~!!(^^

御意!!

「え~それではカンファレンスを行います、最初の患車は11才、病名は駆動伝達装置摩擦材剥離に因る手動式変速機不全です。術式は原動機・及び変速機同時摘出での分離後、新摩擦材総移植で行います、もう一台は自動変速機油圧低下による前進不良、こちらも部分切除後に新品移植で2台同時摘出で進めます。容体はどう?」

IMG_5708

「2台共、油圧1.2Kpa、回転数750rpmでサイナス!」

「いや~ドクターXって、車にも使えるよね~」って話は別として、2台共、緑色のコペンを同時に駆動系トラブルでエンジン降ろしてるのは事実!!(^^; ミッションの方のコペンはクラッチがこんな感じになるまで走行するとフライホイル一式交換必要になるので、違和感を感じたらすぐに点検して下さい

IMG_5713

IMG_5715もう一台のコペンはATのオーバーホールメニューとF-CON iS、EVC取り付けメニューで入庫!!走行距離20万キロ超えなので、ATのリフレッシュはかなり効果あります(^^

IMG_5711

こちらは、水温上昇対策の為、サブラジエターを追加してる72アルトワークス!!狭いエンジンルームなのでコア設置場所が無く、前置き化したI/Cで空いたスペースに、追加コアを設置し走行風をダクトから取り込んで冷やす予定!!

IMG_5693

他にも、電子式加給圧調整弁総移植や車速計断線による車電図波形不良修理等有るけど、次回に…(^^;

IMG_5720

IMG_5729

 

 

 

 

 

 

問診と診断は大事です(^^

体の異変や風邪で病院で診てもらう時には必ず問診を受けます、イツごろから?どの辺りが?どんな感じで?等々…車の修理も一緒で問診はとても重要!「吹けが悪く引っかかりが有る」との症状で半年程前に入庫したコペン、その時は失火の症状でプラグ交換で完治、また似た症状が出たとの事でオーナーがネットで安い海外製外品コイルを自分で購入し装着、完治して喜んでいたのだが、最近になってまた症状が…オーナーが「やっぱり海外製の安モンはアカンな」と、新品のダイハツ純正コイルに全数交換した所…

IMG_4492

まさかの症状が変わらないので、見て欲しいと入庫…試乗すると、以前とは違い、引っかかりというより加給掛かり始めから0.5キロ辺りまでギクシャク感が有り、そこから上は普通に加速していく、症状的に燃料が薄い、点火時期ズレ大の感じなんだけど、原因が失火なのか??まず診断機で見るとチェックランプ点灯もエラー履歴も無く、アイドル時は数値も問題無いIMG_4470

IMG_4473O2センサーは、きちんとリーンリッチと作動してるが、回転数を上げて行くと、O2が薄いと判断しているので燃料が増量方向の数値を示すから、O2ボケてる??と、思いながらも違和感が有るので燃料が薄くなる原因をもう一度、調べて行くと…

IMG_4471

IMG_4472_LI (2)

この車輌は、かなり前に他店でシングルポートターボやスポーツCPUにチューニングされており、その際のEVCの配管取り回しが悪くブレーキパイプの保護チューブに干渉し、穴が開いて加給がかかるとエア漏れを起こしていた、そしてこのホースが純正の圧力センサーから分岐してたので、圧力センサー電圧と燃調がズレて、あのギクシャク感になった訳だ…ホースを交換して完治!!信頼できないパーツとの思い込みから無駄な出費となってしまったんだけど、皆さんも注意して下さいね(^^;

そして今日、ターボ交換予定でお客さんから届いた中古品もハウジングオイル漏れた感じで濡れてるし、ボルト折れまくってるし不安満開です(^^;

IMG_4490

IMG_4491

IMG_4489

こちらはド派手なエブリー!スパ西浦サーキット等でスポーツ走行を楽しんでるんだけど、F-CON iS制御、大き目なターボの性で純正の7500rpmレブではパワーバンドが使えずターボラグでタイムロス!今回、V-Pro化により8600rpmまでレブを引き上げ、純正のO2センサーを使用して理論空燃比にフィードバック、豊富なオプション制御で電動ファン制御とウォータースプレー作動も追加!!覚醒したエブリーターボV-Pro仕様、これは楽しいですね!(^^

IMG_4474

IMG_4475

IMG_4476

IMG_4477