気温は寒いけど、ビデオ〇プションは激熱だぜ(^^

昨日は「寒ッ!!」が、最初の一言だった人も多いはず!!冷たい雨が降り続き最高気温も15℃程…秋を超えて早くも冬を感じた一日でしたが、仕事には熱く取り組んでるので、御依頼お待ちしています!!そんな熱いご要望の一台…

IMG_3670

御存じ、コペン専門の激熱ショップ「も。ふぁく」さんの、日本一速いであろうGRコペン、11:50辺りからビデオオプションにも出てて過激な走りと評されてる(笑)

この走行後に、かなり草臥れてるエンジンを点検分解する為、村のモータース屋でバラしてニューエンジンにチェンジ!

IMG_3210

同時に、海外製のドグタイプミッションが搭載され、クラッチを踏まずにアクセル全開のままシフトアップが可能なフラットシフトとかいうのをV-Pro制御させ、飯田章が座ったシートに座り、フラットシフトテストしてみたのが前回の動画

IMG_3470

IMG_3673

20201006_152735

シフト操作時の、僅かな金属歪みを検知し信号出力するデバイス(←コレが凄い!)からV-Proで認識出来るように回路を作り、V-Proのパラメーターで有効時間等を設定、まるでレーシングカーのようなラグの無い走り!!

さらにV-Pro機能の一つ、アンチラグもテストしてみた!アンチラグとは、GTカーやラリー等でアクセル抜いてる時にも加給を上げてターボラグを減らす目的で作動させるシステム。レースの世界では常識なんだけど、使った事が無いしストリートカーで使うとどうなるのか分からないので、色々、テストしてみた

20201009_181153

IMG_3672

作動条件や燃調等かなり難しく、まだまだ発展途上だけど、ブレーキングしても加速していく程ブーストが掛かる事も分かった!!でもその時は凄い恐怖でした(^^;  これを有効に制御出来れば大きなターボでもラグなく使えるのでテストしていきます!

そして、こちらも見慣れた熱い面々が登場するビデオ〇プション!!(笑)見てね~(^^

ハードとソフトと、まぁまぁ大変!!(^^;

10月に入り涼しくなってきたので、仕事は捗るはずが結構な重整備や難題が多く思うように進まない作業が…(^^; 車検序でに各部アップデートでお預かりしていた33GTR、作業完成!!RB26のウィークポイント、油圧系を強化する為にHKS強化オイルポンプ、ニスモバッフルプレート、ニスモウォーターポンプに交換

IMG_3458

IMG_3505

IMG_3511

IMG_3514

IMG_3519

コーナーリング中の横Gでオイルのエア吸いが発生するので、オイルを貯めるバッフル構造!ウォーターポンプも高回転対応ニスモでエア噛み対策!タイベルもHKS強化に変更し、マグロのようなミッションは降ろした序でに、クラッチをHKSツインに交換!!

IMG_3521

IMG_3603

IMG_3601

IMG_3609IMG_3602特大トルクゲージで約40kで絞めるクランクプーリー!!ま、トラックのホイルナットよりは低いので、問題無し!!(^^

こちらは先行予約が入ってるので先に製作している36用前置きI/Cのコア、ある程度の加工を済ませ、入庫してフィッティングや取り付け時間を短縮!!順次入庫するので、もう少しお待ちください!!(^^

IMG_3615

こちらは3670エディターで入庫のワークス!!レギュラー対応データ入りで本体価格¥6万なので、ファーストステップにお勧め!!後で3680や3685、36100とアップデート時にもデータ書き換え出来るのも魅力!!IMG_3610

IMG_3611

IMG_3613

IMG_3614

こちらのもファクさんのGRコペン、ジェットがアレなので蓋がアレしてるけど…(笑) 「折角ドグ入れてるんやから、アクセル全開でシフト出来るようにしてや~!!」とのご要望なので、ジェットがアレだけど、V-Pro制御で作動テストしてみた!!これ、クラッチも踏まずにアクセル全開だけどレーシングカーみたいに綺麗に繋がってイイ感じです(^^

IMG_3616

36ワークス前置きI/C最終形完成!!(^^

ご要望の多かった、性能と見た目に拘ったノーマルバンパーにフィットする前置きインタークーラーが、ようやく形に!!(^^ コアは高さは開口部に合わせ、奥行きは上置きジムニー等で使用してたサイズと同じ、バンパーの奥行きが少ないので、少~し出てる感じですが車検には通る範囲だと思います(^^;

IMG_3576

IMG_3583

IMG_3580_LI

外気温センサーも純正サポートに付いてるので温度のズレも無いですよ!吸気温度は50~60℃くらいまでが理想だけど、ノーマルの上置きI/Cはスポーツ走行するとみるみる上がり100℃超える事も有るけど、これではパワーは下がる一方だし、条件悪ければブローする領域!!!

IMG_3592_LI

エディタのIN-Tが吸気温なので、見たらわかるけどノーマルインタークーラーだと御覧のように96℃とかアッと言う間…で、前置きだと少し涼しくなったとはいえ40~50℃で安定、現車セッティングで約10%のアップ!

IMG_3572

馬場さん比較_LI

前置き化にするにはバッテリーの移動が必要なのと、水温が上がり易くなるのでサブラジエター等の追加をお勧めします!!君の36ワークスに如何ですか??

IMG_3578

3685+NOS=ノーマルタービンK点超えすぎ!!(^^

多くの入庫で賑わった連休も終わり、秋本番と同時に走行会シーズンイン!!今年も軽自動車だけのK-CARミーティングが10月25日に開催されます!!春はコロナの影響も有り完全燃焼出来なかった方が多いと思うので、秋は皆さん参加して盛り上げましょう!!(^^

ご当地ナンバーの「飛鳥」がカッコいいアルトワークス、3685施工で日帰りで入庫!!朝入庫で夕方には完成してるので遠方の方に人気のメニュー!!F-CONだけのブーストアップ3680なら2時間程で完成するので、お気軽にお問い合わせ下さい!!

IMG_3412

さて36にノスを装着したワークスが2台(笑)ドラッグ仕様のワークスはノス作動時の燃調の見直しでV-Proの補正変更!!もう一台の36は、昨日からの引き続きでパージキット装着し作動確認…ガスは見える所の方がイイでしょうから、ボンネットの隙間からパージ!!(笑)

IMG_3399

IMG_3400

IMG_3416

IMG_3415

まぁまぁカオスなエンジンルームなので、バッテリーは移動前提で取りあえず配管配線一式装着して、ジェットでの作動確認!!

IMG_3432

IMG_3427

IMG_3430

IMG_3433

かなり涼しくなってきたせいで、ボンベは満タンでも開始時の圧力はイエローを下回ってたのでヒートガンで内圧を上げてからセッティング開始!!

IMG_3435

IMG_3434

 

Nos無しで83ps、Nos噴射で42%アップの118ps(通常のローラータイプだと約140ps)とノーマルタービンでは驚異の結果!!!!ここまで36で出すには、ポン付け100psタービンにハイカム、前置きI/Cまでやらないと出ない数字がアッサリ…恐るべしNosパワー!!

そして今入庫してる36ワークス、丁度100psタービン仕様で、今回、前置きI/Cを製作してる所!!結構、吸気温度の上昇を甘く見てるかも知れないけど、ターボ車で70℃とか80℃まで上がると補正が入り、どんどんパワー下がって来る温度です…上置きの外品とか装着してもブーストアップで普通に90℃~100℃超えるから、全然冷えてないんですよね

IMG_3438

 

IMG_3441

IMG_3439

そこで前置き化で走行風で冷やすようにすると安定するんだけど、純正バンパーの懐が無いので大きなコアだと前に飛び出してしまい一体感が薄れてしまう…何とか機能と見た目の両立が出来ないか試行錯誤中!!  そのワークスの前のケイワークスも、これからF5ターボ取り付けや前置きI/C製作でリフトアップ中、製作中のエンジンはヘッドの加工待ちで、腰下はほぼ完成!!

IMG_3410

IMG_3424

 

IMG_3423

腐食したフロアの修理も有るので、まづは状態を確認!!かなり広範囲の修理が必要なので、こちらも時間が掛かりそうです!(^^;

 

 

関西人にはお馴染み、551蓬莱「Nosが有る時~www」

世間はシルバーウィークらしいね!?どおりで、近辺の道路の混雑が半端無い訳です…今年はコロナで花火大会や祭り、イベントが軒並み中止の我慢の夏だったので、少し落ち着いた秋の行楽シーズン、感染対策はシッカリした上で、ドライブや行楽地で想い出作って下さい!キャドカーズは通常営業してますよ!(^^

20200920_180613

コロナ禍でも盛り上げうようキャンペーンだった、金額:商品関係無く24回無金利ローンは今月末までなのでお早めに!! こちらの36ワークス、今までの3670から3685Maxへ今回Verアップ!!

IMG_3277

20200905_150510

新しいEVC7は4つのブーストモードが選択可能、コレにエディターとF-CON制御で85Max仕様コンプリート、ブーストアップしてる車輌で3685を超えるトルクは見た事が有りません。高回転は燃料が足らないので、「85仕様でも高回転のパワーは他の店と大差無い」とか賜ってくれてる人とかいるみたいだけど、ソコまでの到達時間が違うから、絶対に差は広がっていく一方ですよ~(^^  で、このワークス85Max仕様でドラッグフェスティバルに参加したんだとか…パワーがモノをいう競技なので、85psじゃ足らないと、再度即入庫!!

IMG_3391

それは「Nosキットの取り付け!!」パワーが正義とは言わないけど、「ノスが有る時~、無い時~」の加速の違いは確かに中毒になる!!コレをF-CONで制御するんだけど、間違えて噴射したらエンジン破損等になるので、噴射条件に何重ものセキュリティーを掛けて誤発射を防止、まづはメインスイッチをオンにして

IMG_3407

次に電スロなので、アクセルペダル側にスイッチを付けて全開判定でオンに

IMG_3408

次に押してる間だけオンになるプッシュスイッチをシフトに

IMG_3406

ここまですべてオンになって、更にF-CON内部で設定した噴射条件が全て揃えば、Nosを噴射する徹底ぶり!!

IMG_3409

Nos噴射時はF-CONで燃料と点火も補正するので、Nosポン付け吹きっぱなしより、ハイパフォーマンス!!3685から、ドレくらいアップするかセッティングが楽しみ!!(^^   マニが割れなければね…(・・;

(S660+GT100+Nos)F-CON iS=イイ感Gの44G~

「高速道路を走行中にバッテリーランプ点いたけど何やろ?エアコンもHSAも効かんしヒューズ切れか?」と閉店間際に来店したのは

IMG_3325

カメラを向けただけで、このポージングな44Gのヨシタク君!!運良く?!完成した44GデモカーS6を引き取りに来る途中に積載車のダイナモが終わったらしく、そのまま預かりの流れに!

IMG_3312

まるで44Gプロショップのキャドカーズ(笑)積車のダイナモを正規リビルトに交換し無事に復活!!積んで帰ったデモカーのS6は、今回F-CON iS制御で現車セッティングで、イイ感じに!

IMG_3296

IMG_3291

Nosはガソリンと一緒に吹くウェットショットなので、本来NA前提のシステムに燃圧が加わると必然的にガソリンの吹く量も変わり空燃比がズレるけどトラブルが出る程では無い。しかし、NOSが作動した時の燃圧変化のズレをF-CONで補正してあげればパフォーマンスが上がる!

44Gnos

ターボはGT100ps仕様、青がF-CON無しNos噴射、赤が今回のF-CON補正でNos噴射時のグラフ。ブーストゼロの2500rpm辺りから補正しながらNos噴射してるのでブーストの立ち上がりが別物ですね(^^

 

S660も戦闘力上がってます!!(^^

S660の6MTは、比較的チューニングしやすいんだけど、CVTはセッティングするにも何かとトラブルが出やすい!CPU品番も5種類程有り、トルク監視が厳しくなってるようで、チェックランプが点灯しやすい傾向

IMG_3169

しかもCVTは4輪が回らないとフェイルセーブが入り、通常のシャシダイナモではセッティングが出来ないんだけど、ダイノジェットはリンクシステムで4輪回す事が可能なので問題無い!今回、比較的新しいCPU品番用のエディターマップを再構築してみた

IMG_3157

IMG_3173

IMG_3171_LI

560CVThikaku

エディタ表示の排気温度は想定温度なので、センサーで計測する実温度とは、かなりズレて参考にならない。ノーマルとの比較グラフ、2輪駆動で前後ドラムを回してるので、出力される数字は参考ね!青ラインのノーマル比30%アップなので64psだとしたら約83psくらいかな?!今の所、不具合は出てないのでコレで様子見です

一方、6MTはトラブルが少ないのでパワー重視のセッティングがメイン!前回、158psと驚異的な仕様を造ったTレーシングさんのS660が再入庫!パワーは出てるんだけど、トルクが細かったので、そこを重点的に仕様変更して、エディターでリセッティング!

IMG_3189

IMG_3190

IMG_3188

エキマニレスの660ccの排気量で大きなF5タービンを回してるので、トルクが足りない所が有るんだけど、今回の仕様変更でかなり改善されパワーも上がった。最終ブースト約170kPaで164ps、この酷暑の中でのダイノジェットの実数値なので、ローラータイプのシャシダイナモだと180psを超えますね!

こちらもアップデート中のS6、CAD36デモカーと同じようにNos噴射時の制御をF-CON iSで追加補正する予定で作業進行中

IMG_3259

IMG_3274

程よいサイズの260ccインジェクター新発売!!

今回、軽自動車等で使用しやすい260ccのインジェクターを新発売!!純正は約90ps程で全噴射になるので、ポン付けターボ等でパワーを出す時はインジェクターの容量が足りなくなるんだけど、そんな時に丁度良いサイズのインジェクターが無い。かなり大きなサイズのインジェクターを入れると、始動性や応答性に不満が出る時が有る、特にサブコン制御の場合!

IMG_3215

260ccインジェクターは880コペンにボルトオンで取り付け可能。容量は4気筒だと約150ps、3気筒で約125ps程度までカバーできるので、90ps以上の軽自動車には丁度いいサイズです!!

1本 ¥14000+税 (コネクター付き、高抵抗)

NA車輌も熱いze!!(^^

和泉市納花町の空のようなサツキが住んでる松郷の夕焼けアイキャッチ!(^^   このブログの原点が「ジブリ」と「北の国から」なので、アニメだけど夕焼けのアイキャッチに違和感無いでしょ!?(笑)

IMG_3145

そんなジブリの猫バスのキーホルダーが付いたミラバンが、eマネージ取り付け現車セッティングで入庫!エンジンは前に組んだ高圧縮KFだけど、ミッションがCVTなので少し手古摺りそうですが、まずはハーネスを造ってメーター付けてジェットオン!!

IMG_3139

IMG_3140

IMG_3141

ノーマルEcoモード付CVTなので、アクセル全開で踏むと滑りながら一定回転数を保持したまま車速だけが上がって行くので、グラフ横軸を回転数で表示すると

275mirarpm

イナバウワーみたい(笑) で、もう少し特性分かるように横軸を車速に変えると

275mira

一定横ばいでパワーとトルクが続くグラフ…パワーは51psと、NAのKFにしては出てるほうじゃないかな?!スポーツCVTと違うから、ちょっと難しいすね(^^;

そしてL275ミラと並んでNA660選手権で増えて来るであろう次期CAD開発車輌のアルトNA5速デモカー!!メインCPUを弄る前に、まづはノーマル状態で計測!!

IMG_3111

VVT付きR06Aの右肩上がりの更け上がりが気持ちイイ!との評価が有るので、暖気を終わらせ、いざ全開ッ!!レブまでストレスなく回り、皆が見守る中、叩き出された数値に思わず「嘘やろッ!?」

36NA

「…たった42ps!?(・・; 」 まぁ、上げシロしか無いって事でボチボチ開発して行きますね(^^;

今でもラパン人気!!(^^

今回のラパンSS、他店ショップオリジナルターボが付いてて、燃料リターンとF-CON取り付け作業、現車セッティング約90psで完成したのが約1年半前の話

IMG_8526

IMG_8551

IMG_8552_LI (3)

ターボの風量がもう少し有るけど純正インジェクターの限界で終了したんだけど、今回、そのもう少しの風量を使い切りたいとの事で、インジェクターを大容量に交換してセッティングの為、1年半ぶりに再入庫!

20200806_110320

北村ラパン比較130kpa以上はアクチュエーターが弱くHKS強化に交換!!青が1年半前で赤が今回の比較グラフで結果は約5psのアップ。立ち上がりの遅れは熱ダレやターボの1年半の草臥れ具合が有ると思われるけど、この時期でも95ps近く出てるのでHT07同等で充分速いです(^^

こちらは、AGS4WDのOS技研製LSDを組み込んでるワークス!!エンジン始動まではOK!今は外装修理に出てるので戻ってきたら、細かい修正や部品の取り付けです

IMG_2927

IMG_2962

IMG_2973

IMG_3033IMG_3034

他にもナンやカンやと作業多数です(^^;

IMG_3049

IMG_3047

IMG_3031

IMG_3030

20200806_175424

IMG_2777

IMG_3050