IMG_1225

リスクを減らす努力や確認も必要です(^^;

年始という括りですが、新年から急に物事が変わる事は無く、必死のパッチで作業を進めてます!作業が割り込んできたり部品の入庫が未定だったり…ここのブログは去年と変わらずランダムで進めますね!(^^

こちらはV-Pro付きDX30仕様のコペン、既に完成してる状態なんだけど、「もう少し何とかならないか?」との事でV-Proのセッティングのみの御依頼!ココで何度も言うてるけどチューニングは美容整形と同じで、触る人が変われば完成形も変わる訳で正解や間違いは存在しない。触り方が違うのは当然なので、キャドカーズ流のアプローチで変更したりハーネスを改造してセッティング!

IMG_1226

IMG_1218

 

オレンジJB

結果はDX30なので予定通り100psチョイで完成したんだけど、違う店で製作したこの車両「ウチのカム入ってない?!」って感じのグラフなのが不思議…追加メータも一通り装着されてるけど、排気温は狂ってたらブローに繋がるので、念の為にセッティング時に使用してるメーターを追加して比較すると

IMG_1224

2つ共センサーはターボハウジングで取ってて、位置は30ミリ程の違いだけど、やっぱり100℃近いズレが有った…セッティングで880℃と思ってて実際は980℃とかだったら、かなり危険な領域!お客さんは、メーター数値がズレててもピーク値さえ覚えてたら、それより高い低いで判断したらいいんだけど、曖昧な数字はセッティングの判断材料にならないので信用できる計器類を使います!

こちらは今組み立て中のエンジン、内部から出て来たエンジンオイルの色がコーヒー色…って事は水分が多いんだよね

IMG_1261

IMG_1262分かって使用してるならイイけど、意味も無くキャッチタンク付いててホースが無駄に長かったり、大気開放になってる車両見るけど、この時期は特に注意が必要、オイル管理がシビアになるのを知ってて付けてるなら問題ないけどね(^^;

整備で入庫のタント、ブレーキングに違和感が有るとの事でマスターシリンダー交換修理!

IMG_1231

IMG_1230

IMG_1229

こちらは関東から入庫した稀少な72ワークス!!オイル漏れが酷いとの事で修理依頼での入庫!早速確認すると…

IMG_1220

IMG_1228

クランクのフロントシールが脱落してオイルが漏れてました。さっきのコーヒー色のエンジンオイルとは違う車輌だけど、これもキャッチタンクのブローバイホーストラブルが原因。色々なパーツを付けるのは自由だけど、ハイリスクノーリターンとかスモールリターンになってるかもよ…?!(^^;